BRIDGE

タグ sansan

〈東京スタートアップ・オフィスツアー〉名刺管理のSansanが新オフィスに移転、「どこでもスキャン計画」でユーザの利便性を向上

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 本稿は、「東京スタートアップ・オフィスツアー」シリーズの一部だ。 多くの読者は、我々がこれまでに Sansan のことについて、何度も取り上げたのを覚えているだろう。2007年のローンチ以降、同社は企業向けに Sansan(旧称:Link Knowledge)、個人向けに Eight など、名刺による連絡先管理ソリュ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

本稿は、「東京スタートアップ・オフィスツアー」シリーズの一部だ。

多くの読者は、我々がこれまでに Sansan のことについて、何度も取り上げたのを覚えているだろう。2007年のローンチ以降、同社は企業向けに Sansan(旧称:Link Knowledge)、個人向けに Eight など、名刺による連絡先管理ソリューションを提供してきた。

最近、筆者は自分のモバイルにインストールされた Eight のアプリから、Sansan で働く社員の人たちのプロフィールが変更になったと、複数の告知を受け取った。Sansan のオフィスが移転したからだ。新オフィスは、多くのファッション・ブランドが拠点を構える、東京の渋谷と表参道の中間にある。社員のみならず、ローカル・コミュニティの人々も利用可能な居心地のよいスペースを備えており、街が一望でき、面白い樹木や植物が置かれている。

同社がオフィスを移転した最大の理由の一つは、チームの人員が急激に増えたことだ。Sansan のソリューションを使うクライアントの数は、昨年6月の1,000社から12月には1,500社にまで増えた。個人向けのフリーミアム・サービスである Eight は、これまでに60万人のユーザを集めている。同社はメールの一斉配信や、他のアプリで使うためにプロフィールをエクスポートできる、プレミアム機能を追加できるだろう。

Eight のユーザが新しいコンタクトの名刺をスキャンしやすいように、Sansan はビジネスソリューションの提供会社と共同で、新サービス「どこでもスキャン計画」を開始すると発表した。東京にあるコワーキング・スペース10カ所と協業し、起業家や中小企業経営者が設置されたスキャナを使って、Eight にコンタクトのプロフィールを登録できるというものだ。印刷店舗などでも似たようなサービスを展開する予定だ。

Sansan は北米市場でのプロモーションを強化しており、日本以外の地域でもこのソリューションが受け入れられるかどうか、興味深く見守りたい。

sansan-office-visit-1
Eight のチーム
sansan-office-visit-2
受付では、デジタルボードを使って、アポ先の社員を呼び出せる。
sansan-office-visit-4
ふかふかのソファで、社員は疲れたときリラックスできる。
sansan-office-visit-5
売上達成時など、社内に重要な通達事項がある場合には、このドラが鳴らされる。
sansan-office-visit-6
Sansan と Eight 用のスキャナ。
Eight のマーケティング担当ディレクターを務める、千住洋氏。
Eight のマーケティング担当ディレクターを務める、千住洋氏。
sansan-office-visit-3
同社のオフィス移転を祝って、有名起業家や投資家からたくさんの花が届いていた。
----------[AD]----------

名刺を起点にしたビジネスソーシャルを実現するーー20万人突破の名刺管理「Eight」が新バージョン公開

SHARE:

世界を見渡した時、ビジネス向けソーシャルネットワークといえば「LinkedIn」だ。 本家上陸と前後して、国内でもこれを模したビジネス向けソーシャルネットワークがいくつか出現したが、いずれのサービスも苦戦を強いられていると言わざるをえない状況だろう。 そんな中、独自の路線で国産のビジネスソーシャルを構築しつつあるサービスがある。ーーEightだ。 運営元のSansanは6月24日、同アプリのアップ…

2432236e1b52e7be86b1d9c2c92baa85

世界を見渡した時、ビジネス向けソーシャルネットワークといえば「LinkedIn」だ。

本家上陸と前後して、国内でもこれを模したビジネス向けソーシャルネットワークがいくつか出現したが、いずれのサービスも苦戦を強いられていると言わざるをえない状況だろう。

そんな中、独自の路線で国産のビジネスソーシャルを構築しつつあるサービスがある。ーーEightだ。

運営元のSansanは6月24日、同アプリのアップデートを発表した。iOSAndroidでの利用が可能で両方ともに無料。現在のユーザー数は20万人で、登録されている名刺の累計枚数は500万枚になる。

web_iphone

Eightは2012年2月にリリースされた名刺管理のスマートフォンアプリでユーザーは撮影した名刺情報をコンタクトリストとして管理することができる。

他の競合アプリとの決定的な違いはやはりOCRではなく人力による情報の入力だろう。今回のバージョンアップではここがさらに強化され、名刺記載の全項目について入力してくれるようになった。同時にWebアプリもアップデートされており、その他のアップデート情報はここにある。

meishi_listtop

Eightが単なる名刺管理アプリに留まらず、ビジネスソーシャルといわれるゆえんはオンラインでの名刺交換と交換相手の情報がアップデートされるアイデアにある。

Eightを利用しているユーザーが相手と「つながっている」と判断されるとEightから名刺交換リクエストが配信される。詳しくこれまで仕組みを知らなかったのだが、ヘルプによるといくつかの条件に合致した場合を判断して処理しているらしい。

通常、LiknedInなどでは会ったこともない人からスパムリクエストがやってくることがあるが、Eightではこれを名刺交換を起点にしているところがやはり独特だ。少なくとも名刺交換した相手からならリクエストがきても自然だからだ。

これからこのビジネスソーシャル系機能についてさらに進化があるのかEight事業部の日比谷尚武氏と千住洋氏に話を聞いたところ、今後はより「つながり」押しにシフトしていくのだという。

「名刺を起点にしたSNSは確かに珍しいかもしれませんね。現在20万人に利用して頂き、今年の3月、4月は特に利用が伸びています。今後は出会った人的資産の活用や自分の職歴など、その情報を元に『名刺から繋がる』という文化を作り出したいと考えてます」(千住氏)。

現在、電話番号を入力するだけで名刺交換ができる機能の追加も準備中ということで、このあたりの利便性はさらに上がりそうだ。

ただ一点、相手がアカウントを持っていない場合(もしくは名刺とは違うメールアドレスでアカウントを作っている場合など)に意図しないリクエストメールを送信してしまうことがあるので、利用の前に少しだけ注意しておいてもいいかもしれない。

数々のビジネスソーシャルが難しい選択を迫られる中、名刺文化の強い日本でEightが独自の解を見いだせるのか、今後の伸びに注目したい。

----------[AD]----------