BRIDGE

タグ Seattle

定額+テクノロジーで移民問題を解決ーー米シアトル発「Boundless」のアイデアは日本にも必要?

SHARE:

ピックアップ:Seattle startup Boundless raises $7.8M to become ‘the one-stop shop’ for legal immigration ニュースサマリー:26日、米シアトル発スタートアップの「Boundless」が780万ドルの資金調達を発表した。シリーズAラウンドでFoundry Groupがリード投資家。初期投資家のTrilogyやP…

america architecture blue sky blur
Photo by Pixabay on Pexels.com

ピックアップSeattle startup Boundless raises $7.8M to become ‘the one-stop shop’ for legal immigration

ニュースサマリー:26日、米シアトル発スタートアップの「Boundless」が780万ドルの資金調達を発表した。シリーズAラウンドでFoundry Groupがリード投資家。初期投資家のTrilogyやPioneer Square Labsも参加した。

Capture.PNG

同社は、米国におけるいわゆる「移民」に向けてグリーンカード(永住権)の手続きサービスを安価で提供している。一般的にこの手続きは、煩雑かつ適切な知識が必要で弁護士を雇わなけれならなかったりと、コストの面でハードルが高かった。同社では申請が承認されるまで定額の750ドルでリーガルフィーやカスタマーサポートを利用できることが特徴だ。Boundlessによれば、今までに1500名ほどの顧客に利用してもらい、100%の申請通過率を誇っているという。

話題ポイント:まさに社会問題の解決といえるスタートアップ、Boundless。米国における移民問題の煩雑さをテクノロジーを上手く用いて、解決しようとしています。

あまり知られていませんが、米国にてグリーンカードを取得可能な外国人対象者は大きく3つに分類されます。最初が、Boundlessが対象としている米国国籍を保有する人との婚約、二つ目が企業などのスポンサー、最後がグリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)と呼ばれる、いわゆる宝くじ形式による取得方法です。この方式にすることで、グリーンカードを保有できる国別の割合を等しく、また多様性をもたせようという試みですね。

Capture.PNG

さて、米国におけるグリーンカード取得方法は難解なステップが多く、問題視されていました。では、日本はどうでしょうか。

Bloomberg

Bloombergが総務省のデータから算出したデータによれば、2017年の時点で日本人の人口が減っていく一方で、外国人の数は増え続け、日本人の減少量の半分をカバーできていることが見えてきます。きっとこれからも増え続けるトレンドになる可能性は高いでしょう。

Capture.PNG

では、日本において外国人がスムーズに永住権を獲得できるサービスは存在するのでしょうか?ざっと調べてみたのですが、テクノロジーを駆使して、なるべくコストを抑えてサービスを提供しよう、という企業はパッとは見つかりませんでした(もしいらっしゃれば、ご連絡待っています!)。

いわゆる、行政テック(GovTech)やリーガルテックと大きくかかわりをもたそうなこのエリア。日本という市場も今後注目が集まってきてもおかしくないのでは、と思います。

 

 

----------[AD]----------

Slackのアンケートを自動集計してグラフ化する「Polly」ーーフィードバックの見える化で始まる「Get Everyone Engaged」な組織作り

SHARE:

ピックアップ:Announcing Polly’s $7M Series A led by Madrona Venture Group. Here’s how we’re investing that back into you. ニュースサマリー:米シアトルに本社を置くPollyは13日、シリーズAラウンドの資金調達を発表した。出資したのはMadona Venture Group、Amplify…

polly
Image Credit : Polly

ピックアップAnnouncing Polly’s $7M Series A led by Madrona Venture Group. Here’s how we’re investing that back into you.

ニュースサマリー:米シアトルに本社を置くPollyは13日、シリーズAラウンドの資金調達を発表した。出資したのはMadona Venture Group、Amplify Partners, Fathom Capital, Slack Fund, またTempo Venturesで、調達額は700万ドル。

Pollyは2015年創業の投票アプリケーションを開発している企業。ビジネス向けチャットツール内で簡単に投票を作成でき、現時点で、Slack、Microsoft Teams、またGoogle Hangouts Chatに対応している。

https://twitter.com/polly_ai/status/1095743497863233536

Pollyは無料プランで最大10人まで投票結果を集計できる機能を提供する。有料プランでは、参加可能人数の拡大や諸機能(CSVでのエクスポートやリマインダー機能など)が追加される。

話題のポイント:Pollyが持つ投票機能の拡大版「Workflows」が昨年10月に公開され、現在Slackなどで利用できます。私自身もSlackのいくつかのチャンネルに入ってるものの、こういった機能を導入している場所がなかったので、何が利点なのかについて探ってみたいと思います。

Workflowsは一言でいうと「投票・アンケート、フィードバックをあるイベント発生時に自動で生成してくれる機能」。つまり、Bot機能のアップグレード版と考えると分かりやすいでしょう。以下で、具体的な使用例を見ていきます。

まずはイベントの発生を決めるフローです。タイトルやその説明、そしてイベント発生を決めるトリガーを設定することが可能です。以下の例では、Slackチャンネル#newemployeesに新たなユーザーが入るたびに、アンケートが自動で作られて回答、集計までを自動化している様子が示されています。

Capture
Credit:Poly

最終的には、幾つかのディビジョンに分けたうえでアンケート結果をグラフ化し、自動的に見やすくしてくれます。

workflow-dashboard-animation-3.gif
Credit:Poly

PollyのWorkflowsを用いることで、単にアンケート結果を導くだけでなく、従業員のフィードバックを累積させて視覚化することによって、企業運営のヒントを見つけやすくしてくれそうです。

先日お伝えした「ストックオプションに透明性をーー従業員が株で「嘘つかれない」ソリウム・キャピタル、モルガン・スタンレーが約910億円で買収」でも示しましたが、昨今、企業運営には透明性や「Get Everyone Engaged」な組織作りが求められるようになっています。

Slackを使ってメンバーの意見を可視化して、組織がどのような状況にあるのかをすばやく把握すれば、組織運営はもっとスムーズになるのではないでしょうか。

----------[AD]----------