BRIDGE

タグ Senses(センシーズ)

AIで営業行動や売上を予測する「Senses」運営が3.7億円調達、導入企業は1300社に拡大

SHARE:

人工知能で営業を支援するツール「Senses(センシーズ)」提供のマツリカは10月30日、DNX Ventures、NTTドコモ・ベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、いよぎんキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は3億7000万円で出資比率などの詳細は非公開。なお、今回の調達ラウンドはシリーズBで2019年中のクローズを目指す。 Sensesは、カード形式で感…

senses.png

人工知能で営業を支援するツール「Senses(センシーズ)」提供のマツリカは10月30日、DNX Ventures、NTTドコモ・ベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、いよぎんキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は3億7000万円で出資比率などの詳細は非公開。なお、今回の調達ラウンドはシリーズBで2019年中のクローズを目指す。

Sensesは、カード形式で感覚的に案件管理ができる営業支援ツール。蓄積された情報からAIが営業の成功・失敗事例を解析して、いつ・誰に・何を・どのように行うかをアシストしてくれる。

<参考記事>

今年4月には2016年4月の提供開始から約3年間で利用企業が1000社を突破したことも公表しており、そこから半年経過した10月時点で導入社数は1300社まで拡大している。

今回の調達でSensesのAI機能開発をさらに進め、機械学習や深層学習による営業行動予測や売上予測などを強化する。また、営業面においてはドコモやいよぎんキャピタルなどと協力して地方展開も加速させる。

クラウド営業支援ツール「Senses」の利用企業数が1000社を突破、メイン機能のリニューアルも

SHARE:

AI搭載のクラウド営業支援ツール「Senses」を提供するマツリカは4月25日、利用企業数が1000社を突破したことを発表した。また、さらなる利便性と営業現場の生産性向上を目指し、メイン機能である「案件ボード」をリニューアルしたことも伝えている。 Sensesは、カード形式で感覚的に案件管理ができる営業支援ツール。蓄積された情報からAIが営業の成功・失敗事例を解析して、いつ・誰に・何を・どのように…


AI搭載のクラウド営業支援ツール「Senses」を提供するマツリカは4月25日、利用企業数が1000社を突破したことを発表した。また、さらなる利便性と営業現場の生産性向上を目指し、メイン機能である「案件ボード」をリニューアルしたことも伝えている。

Sensesは、カード形式で感覚的に案件管理ができる営業支援ツール。蓄積された情報からAIが営業の成功・失敗事例を解析して、いつ・誰に・何を・どのように行うかをアシストする。

2016年4月の提供開始から約3年間で利用企業が1000社を突破し、当初はITやソフトウェア関連企業を中心に拡大してきたが、最近では製造や教育、不動産など、導入する業界も拡大しているという。

今回リニューアルした「案件ボード」は、営業案件をカード形式で整理し、ドラッグアンドドロップで直感的に操作できるSensesのメイン機能となる。営業の生産性をより一層高めるため、操作の速度向上と入力負荷を最小にする改善を実施した。

via PR TIMES

AI搭載営業支援ツール「Senses」のマツリカが、Draper Nexus、アーキタイプ、ニッセイCから1.3億円を調達——中規模企業向けプランを開発へ

SHARE:

AI 搭載営業支援ツール(SFA)「Senses(センシーズ)」を開発するマツリカは21日、直近のラウンドで約1.3億円を資金調達したことを明らかにした。このラウンドは Draper Nexus Ventures がリードインドベスターを務め、アーキタイプベンチャーズとニッセイ・キャピタルが参加した。Draper Nexus Ventures とアーキタイプベンチャーズは、マツリカが2016年4月…

AI 搭載営業支援ツール(SFA)「Senses(センシーズ)」を開発するマツリカは21日、直近のラウンドで約1.3億円を資金調達したことを明らかにした。このラウンドは Draper Nexus Ventures がリードインドベスターを務め、アーキタイプベンチャーズニッセイ・キャピタルが参加した。Draper Nexus Ventures とアーキタイプベンチャーズは、マツリカが2016年4月に実施した約5,000万円のシードラウンドにも参加しており、フォローオンの投資となる。ニッセイ・キャピタルにとっては、今回が初めてのマツリカへの出資となる。

マツリカは今回のラウンドステージを明らかにしていないが、関係者によれば、シリーズ A ラウンドでは無いとのことなので、プレシリーズ A ラウンド周辺であることが推測できる。今回の調達に伴い、Draper Nexus Ventures のマネージングディレクターである倉林陽氏がマツリカの社外取締役に就任する。マツリカでは調達した資金を用いてサービス開発とマーケティングを強化、「Senses」の中規模企業向け「Growth プラン」の開発に注力し、同プランの年内販売開始を目指す。

マツリカは2015年4月、ニュースアプリ大手ユーザベース出身の黒佐英司氏が設立。「管理者のための SFA ではなく、現場の営業担当者の負担を軽減する SFA」をキーワードに、人工知能でアクションをレコメンドしてくれる Senses を開発している。2015年10月に Senses クローズド版、2016年1月に正式版を公開、主に従業員10人以上100人以下規模の中小企業やスタートアップをターゲットに、サービスを提供してきた。

マツリカはサービス開始当初、2016年中に100社、2017年に500社というユーザ獲得目標を掲げていた。同社は現在のユーザ数を明らかにしていないが、ユーザの増加に伴い、リンクアンドモチベーション、資生堂、PR Times、3ミニッツなど比較的規模の大きな企業からの利用も増えてきたのだという。今回の「Growth プラン」の発表は、そのような状況を考慮した上での新しい成長戦略と言えるだろう。Growth プランは、現在提供中の「スタータープラン」に加え、管理・連携機能が強化されており、AIでのデータ解析、代理店・パートナーの管理、外部サービスとの連携などが利用できる予定だ。

Senses は今年に入り BI ツールとの連携を積極化させている。4月にはグループウェアのサイボウズ・ガルーン、5月には名刺管理の Sansan と連携、7月には外出先でも営業情報の確認や活動履歴の入力ができる iOS アプリをリリースした。Senses の活用により資料作成や報告業務が効率化され、営業担当者1人当たりの業務時間を最大で10%(20時間/月)削減可能であることが評価され、経済産業省の生産性向上IT導入支援補助金の対象ツールに認定されている。

AIを用いた営業現場の支援ツール「Senses」を開発するマツリカがDraper Nexsus、アーキタイプから資金調達

SHARE:

人工知能を活用したSFA(営業支援ツール)の「senses(センシーズ)」を開発するマツリカが、Draper Nexus Ventures、アーキタイプベンチャーズの2社を引受先とする第三者割当増資資を実施、総額約5000万円を資金調達した。 マツリカは昨年10月から一部ユーザに限定してSFAツール「Senses」を公開していた。今回、資金調達の発表に合わせて、SFAツール「Senses」を4月2…

senses

人工知能を活用したSFA(営業支援ツール)の「senses(センシーズ)」を開発するマツリカが、Draper Nexus Ventures、アーキタイプベンチャーズの2社を引受先とする第三者割当増資資を実施、総額約5000万円を資金調達した。

マツリカは昨年10月から一部ユーザに限定してSFAツール「Senses」を公開していた。今回、資金調達の発表に合わせて、SFAツール「Senses」を4月25日に正式公開することも発表している。

営業現場が抱えている課題

マツリカ代表取締役社長の黒佐英司氏は「『Senses』は、従来の管理者向けのツールではなく、現場の営業プロセスを直接的に支援するクラウド型営業支援ソフトウェアです」と語る。

黒佐氏は、マツリカ創業前、20人ほどの規模のユーザベースにジョイン。カスタマーサポート、マーケティング、セールスなどビジネスチームの立ち上げを行い、ビジネス側の責任者を務めた。そのときに、営業チームの課題を感じていたという。

黒佐氏「営業の人が抱える課題のひとつに、営業スキルが属人化してしまうことがありました。これを仕組みでどうにかできないかと考え、組織の仕組みでどうにかしようと取り組んでいたんです」

黒佐氏がジョインした時期のユーザベースは、チームを増やしていくフェーズ。営業チームのメンバー数が10人を超えてくると、管理や教育が難しくなり、売れる人と売れない人に分かれてしまっていたそうだ。

黒佐氏 「色んなSFAツールを試しましたが、どれもフィットしませんでした」

その後、黒佐氏はユーザベースの同僚と、社外の2人のメンバーとマツリカを創業。プロダクトの開発に着手した。創業後も、ナレッジマネジメントツールに寄り添うになったり、コミュニケーションツールに寄り添うになったりと、プロダクトの軸は何度もぶれそうになった。ブレイクスルーとなったのは、「現場のためのツールを開発する」という点を軸に設定したことだった。

黒佐氏 「SFAに入力するのは現場で、管理者は営業の状況が効率よく把握できる。ですが、情報を入力する人たちにとって役に立っていない、だから入力が続かない。この状態を解決するために、面倒を解消し、現場の役に立つツールを開発しようと考えたんです。」

面倒をなくし、現場の役に立つようにと開発された「Senses」は、営業パーソンの「いつ」「誰に」「何を」「どのように」アクションを行うかをサポートする。面倒のないよう、「Google Apps」「Office 365」といったグループウェアと連携し、業務フローを変えることなく利用できるようになっている。

12980757_982011498544581_1444381984_o

メールの画面を開き、営業先に送るメールを作成する際に、蓄積されているデータを参照することもでき、送ったメールをそのまま具体的なアクションのデータとして蓄積できる。

案件の状態、商品、フェーズ、提案金額等といった情報が案件ごとにデータベース化され、営業パーソンは自動的に過去の履歴から参考情報を探すことが可能だ。

12948321_982011495211248_1235649279_o

12970618_982011505211247_1331947461_o

営業パーソンは「Senses」を開くと、営業パーソンは類似した状況で行われた過去のアクションを参照でき、とるべきアクションを決めるとカードが作成される。今日のアクションが決まると、関連するニュースが管理画面に表示されるようにもなっている。

12970176_982011501877914_1024140809_o

こうした企業データベースの構築や関連ニュースの表示には、ユーザベースでの経験が活きているという。現在、マツリカはフルタイムで6名のメンバーがおり、すでに採用が決まっているメンバーがあと2人。8名ほどがパートタイムで関わっている。今後、正式リリースに向けて、エンジニアを採用するなど、体制強化を図る。

黒佐氏 「開発以外の面では、プロアクティブに動ける体制を作り、”カスタマーサクセス”を重視していきたいと考えています。カスタマーサポートのようなコストセンターではなく、プロフィットセンターとしていきたい。」

と黒佐氏はチームづくりにおける意気込みを語った。

「Senses」は10名単位の営業チームにとって相性の良いツールだ。スタートアップのようなスモールチームでの採用に加えて、大きな企業でのチーム単位で導入することもあり得る。

マツリカは今年、「Senses」 の正式導入数を100社を目標としており、来年には500社の導入を目標としている。

人工知能によるアクションレコメンドで営業マンの作業を効率化ーーマツリカの営業支援ツール「Senses」

SHARE:

多くのビジネスにおいて必要な営業をサポートするSFA(営業支援ツール)。SalesforceやOracle CRM On Demandなどビックプレイヤーがいる中、マツリカは、16年1月に営業支援ツール「Senses(センシーズ)」リリースした。 「従来のSFAはどちらかというと管理者のためのツールでしたが、Sensesは、フロントに立つ営業マンの負担を軽減するためのツールです。」と代表取締役社長…

Senses

多くのビジネスにおいて必要な営業をサポートするSFA(営業支援ツール)。SalesforceOracle CRM On Demandなどビックプレイヤーがいる中、マツリカは、16年1月に営業支援ツール「Senses(センシーズ)」リリースした。

「従来のSFAはどちらかというと管理者のためのツールでしたが、Sensesは、フロントに立つ営業マンの負担を軽減するためのツールです。」と代表取締役社長 黒佐英司さんが言う通り、その特徴に現場の営業業務の効率化に寄り添う機能がある。

まず、Gmailとの自動連携により、メール内の情報が自動的にデータベースに構築される。次に、人工知能の働きにより、営業案件ごとの具体的なアクションを記録したデータベースの類似案件から効果的なアクションがレコメンドされる。例えば、案件詳細を入力すると、過去類似案件の営業フローや過去資料・勝ちパータンがレコメンドされるという仕組みである。

従来、営業職は属人的・閉鎖的になりがちで、そのスキルやノウハウといったナレッジの共有に遅れが生じ、結果として人材・組織の強化もなかなか進まない状況が存在します。Sensesは、過去の営業ノウハウを蓄積するだけではなく、人工知能によるアクションレコメンドによって、営業マンの作業を効率化し、よりクリエイティブな部分に時間を使うことができるようサポートします。(黒佐英司さん

今後の事業拡大戦略としては、まず、従業員100人以下規模の中小企業・スタートアップをターゲットに、従来のSFAと比較した導入コストのハードルを下げ、利用企業規模拡大を目指す。

現在30日無料トライアルを行っているので、導入希望のスタートアップは試してみるとよいだろう。

(取材・執筆:石根友理恵)