THE BRIDGE

タグ SenseTime(商湯)

顔認識技術スタートアップSenseTime(商湯)、シリーズDでSBCVC(軟銀中国資本)から10億米ドルを調達——評価額は75億米ドル超に

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 〈17日午前10時更新〉本稿初出時、社名「ソフトバンク中国VC(軟銀中国)」としたものを「SB China Venture Capital(SBCVC、軟銀中国資本)」に修正。 現在…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


〈17日午前10時更新〉本稿初出時、社名「ソフトバンク中国VC(軟銀中国)」としたものを「SB China Venture Capital(SBCVC、軟銀中国資本)」に修正。

現在世界でもっとも企業価値の高いAIスタートアップとされる中国の SenseTime Group(商湯集団)は、SB China Venture Capital(SBCVC、軟銀中国資本)などからの巨大な投資を受け、今年その評価額が75億米ドルを突破した(編注:一部メディアでは、評価額は60億米ドルと報道)。

Image credit: SenseTime(商湯)

Alibaba(阿里巴巴)がリードした資金調達ラウンドで6億米ドル、また Fidelity International、Hopu Capital(厚朴基金)、Silver Lake、Tiger Globalといった投資家から6億2,000万米ドルを調達した後、同社の評価額は2018年には450万米ドルとされていた。

シンガポールで開催された Bloomberg のカンファレンス「Sooner Than You Think」で SenseTime(商湯) CEO の Xu Li(徐立)氏が語ったところによると、SenseTime は獲得した資金を活用し、半導体など新たな分野に進出し、パートナーの Nvidia の製品を補完する AI チップを開発するという。

ただし Xu 氏によると、同社には新規株式公開の「具体的な計画はない」という。

同社の収益は3桁の成長率で増加しているが、新たな領域に投資を行っているためキャッシュフローはマイナスのままだと同氏は述べた。

2014年に香港で設立された SenseTime は、スマートシティやスマート監視など、さまざまなアプリケーションで AI や顔認識・画像認識技術を活用している。

South China Morning Post(南華早報)の報道によると、事業拡大に向けた同社による今回の取り組みは、数多くの業界が AI プロジェクトに積極的に投資しているという現状の中で行われたものだという。

Xu 氏は Post に対し次のように語っている。

各業界で AI を積極的に取り込むようになったのは2018年だったと信じている人はたくさんいます。ですが、このテクノロジーが本当にユビキタスになるには、まだまだ時間がかかります。

調査会社の IDC によると、全世界のAIシステムへの支出額は2022年には792億米ドルに達すると予想されており、2018年から2022年にかけての複合年間成長率は38%とされている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

中国の顔認識技術スタートアップSenseTime(商湯)、シリーズC+ラウンドで6億2,000万米ドルを資金調達

SHARE:

急成長を続ける中国で画像・顔認識技術を牽引する SenseTime(商湯)は、シリーズ C+ ラウンドで6億2,000万米ドルの資金を調達した。Fidelity International、Tiger Global などが投資家として名を連ねた。Qualcomm Ventures も参加した。 新たな資本注入により、SenseTime の評価額は45億米ドルとなった。これまでに同社は総額16億米ド…

SenseTime(商湯科技)CEO Li Xu(徐立)氏
Image credit: SenseTime(商湯科技)

急成長を続ける中国で画像・顔認識技術を牽引する SenseTime(商湯)は、シリーズ C+ ラウンドで6億2,000万米ドルの資金を調達した。Fidelity International、Tiger Global などが投資家として名を連ねた。Qualcomm Ventures も参加した。

新たな資本注入により、SenseTime の評価額は45億米ドルとなった。これまでに同社は総額16億米ドル以上の資金調達を行っている。パートナーと顧客には MIT や Qualcomm、NVIDIA、Huawei(華為)、Xiaomi(小米)、iFlytek(科大訊飛)などが挙げられる。

画像・顔認識技術は、強力なマーケット需要と将来性が見込まれている。ところが、AI 認識と AR の中国市場には、コアな高度技術を有するプレーヤーはあまり多くない。そのため、SenseTime のような巨大なプレーヤーにリソースと関心が集中する状況が続いている。業界企業各社が SenseTime との提携を望んでいることはもちろん、アプリケーション分野の企業も、同社とのビジネスチャンスを強くうかがっている。

結果として、SenseTime は2017年に大きな収益を記録。3年連続で400%の前年比成長率を維持し、2018年5月までの時点で、同社の事業契約収益は10倍以上も増加した。

実はこの成功は、中国公安部門での画像・顔認識技術の使用増加によるところも非常に大きい。SenseTime は現在、中国最大の地下鉄運営会社 Shanghai Shentong Metro Group(上海申通地鉄集団)との間で、交通モニタリングのための行政協力を結んでいる。

しかしながら、市場から高い評価を受けているソリューションプロバイダーは SenseTime だけではない。中国トップクラスの画像ソリューションと画像認識技術を誇る Face ++ も、シリーズ C で4億6,000万米ドルの資金を集めるなど莫大な資金を獲得している。また中国の警備・監視製品の研究・製造企業大手の Hikvision(海康威視)は、中国政府との緊密な関係を築いている。

中国のユニコーン企業への巨額の資本注入自体はそれほど目新しいことではない。その中で特に注目すべきなのは、ユニコーン企業のもつ、技術的優位性と成長力を維持する力だ。もちろん、投資家やマーケットが短期的に重視するのは、なにも事業収益性だけではない。とはいえ、その業界のビジネスと R&D において政府が積極的な役割を果たしている場合においては、短期に十分な収益をあげることがきわめて重要だ。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------