THE BRIDGE

タグ SG Entrepreneurs

Newton Circusの「Silverline」、高齢者フレンドリーなスマホでデジタル格差と環境対策を実現

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 Silverlineは、シンガポールを拠点としたサステイナブル・ビジネスのインキュベーターNewton Circusによる新しいベンチャーで、スマートフォンを高齢者に広める構想の下でSingTelと提携した。 しかし、これは普通のスマートフォンではない。高齢者にとって便利なアプリがインストールされた工場再生の中古デバイスなのだ。 例えば、Connectは視力の…

【翻訳 by Conyac】【原文】

Silverlineは、シンガポールを拠点としたサステイナブル・ビジネスのインキュベーターNewton Circusによる新しいベンチャーで、スマートフォンを高齢者に広める構想の下でSingTelと提携した。

しかし、これは普通のスマートフォンではない。高齢者にとって便利なアプリがインストールされた工場再生の中古デバイスなのだ。

例えば、Connectは視力の弱い人向けの視覚フォーマットで連絡先一覧を表示する。Well Beingは、投薬時間や水分補給、運動時間を通知する。これらは使える様々なアプリのほんの一部だ。(全リストはウェブサイトにある。)

Silverlineが、SingTelと協力して電話を配布する方法は以下のようになる。

1. SingTelで契約更新をしてスマートフォンを購入する同社の顧客は、今まで使用していた機器を高齢者へ贈るオプションを提示される。

2. 対象顧客は、Silverlineとその提携企業による完全な費用負担のもと、福祉団体であるWilling HeartsとLion Befrienderから高齢者に電話を贈るオプションを選択できる。

3. または、近いうちに、知り合いの高齢者(両親や家族)を指定し、彼らの代わりにモバイルプランを支払うことができるようになる。Silverlineは、この事業を持続するため毎月の登録収益から利益を少し得る。

4. 高齢者が指定されたら、Silverlineによって工場再生されたスマートフォンが提供される。該当高齢者に対するモバイルプランの料金は、顧客の現存する月額モバイル使用料に追加されることになる。

Newton CircusのCEOであるDaryl Arnold氏によれば、この構想で同社がスマートフォンを利用しようと思ったのは、それらがまっさらな状態だからである。高齢者向けに最適化されたアプリと体験を作り出すことは、スマートフォン上では簡単だからだ。

「フィーチャーフォンは柔軟性と多用性に欠け、正直言って衰退中だ」と述べた。今のところ、このプログラムではiPhoneのみを寄付できる。近いうちにSamsung Galaxyの製品ラインや、iPadなどのタブレットにも拡張する予定だという。

同社は、この構想を実現するためパートナーの一団を引き連れてきた。上記で触れたパートナーに加え、Ogilvyがマーケティングのソリューション開発を支援し、BuUukは自社のアプリ開発と管理知識を提供し、SPW Enterpriseがスマートフォンの工場再生とデバイスの準備部分を担当している。

Silverlineは社会問題に取り組んでいる一方、環境問題を解決することも願う。

携帯電話業界は、顧客にわずか1、2年の間に古い電話を新しいものに交換させることで成り立っている。とんでもない無駄である。電子機器は廃棄されると有害化学物質が漏れることがある。

Silverlineは、高齢者に譲ることでこれらの古いスマートフォンに新しい賃貸寿命を与える。結果、スマートフォンは即ゴミ廃棄場行きにならず、高齢者はデジタル格差を埋めるチャンスも得られる。Angry Birdsで遊ぶこともできる。

ある高齢者が、Silverlineによってどのような恩恵を受けているのか下の動画で見てみよう。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

----------[AD]----------

FailCon: CheezburgerのBen Huh氏「誰も君のスタートアップのことなんて気にしない、いい意味で」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 世界の笑いの多くはBen Huh氏のおかげである。The Cheezburger Networkの創設者として、彼は一日に5分、世界を幸せにする任務を担っている。彼には真面目な一面もある。今日アプリをローンチした彼の新しいスタートアップCircaでは、ジャーナリズム界の変革を試みる。 Ben氏は、猫の写真をオンラインに投稿して儲けるビジネスを始める以前、人生の…

【翻訳 by Conyac】【原文】

シンガポール初のFaliConでスピーチするBen Huh氏。写真:Terence Lee

世界の笑いの多くはBen Huh氏のおかげである。The Cheezburger Networkの創設者として、彼は一日に5分、世界を幸せにする任務を担っている。彼には真面目な一面もある。今日アプリをローンチした彼の新しいスタートアップCircaでは、ジャーナリズム界の変革を試みる。

Ben氏は、猫の写真をオンラインに投稿して儲けるビジネスを始める以前、人生の暗黒期を過ごしていた。2001年に最初のスタートアップが失敗したことで4万米ドルの借金を抱え、彼は鬱状態になってしまったのだ。

「家から出ることができず、ベッドからも出られなかった。世間に向き合うことができなかった」と、シンガポールで開催された史上初のFailConでの基調講演で彼は語った。投資家たちの数十万米ドルの資金を失った重圧は、彼にとっては重過ぎたのだ。

自殺さえ考えた。「死は良い選択肢だった。日に日に魅力的な選択肢になっていった」と、最終的にその穴からどう抜け出したのかをブログに記している。

失敗による情緒不安にもがくことは、Benにとって楽しいことではなかったが貴重な経験であった。ありがたいことに、この経験がユーモア満載の彼の人生を世界と共有するきっかけとなったのである。

彼は、人々が小さな失敗についていかにすぐ忘れてしまうということを知っている。例えば、新年の抱負などだ。しかし、失敗したスタートアップに対しては大騒ぎしてしまう。

「あのウェブサイトを閉鎖してしまった僕は出来損ないだ」と彼はいう。

「何言ってんだよ。君のことを出来損ないだと思っているのは君だけだ」。

起業家が失敗したとき、彼らは自分を世界の中心に置いて考えてしまう。誰もが自分の失敗を知り、そのことを厳しく非難していると考える。Benはこれを奇妙な考え方だとする。スタートアップの成功が必ずしも皆の懸念ではないように、失敗したということもまた人々が最初に思い浮かべることではない。

「誰も君の失敗になんかに目もくれない。君のことなんて別に何とも思ってないんだ、いい意味で。」と彼は言う。

35歳にして、韓国人の彼はあらゆる意味で成功のロールモデルである。Cheezburger.comは今日アメリカのエンターテイメントサイトの上位50位に入っているとBen氏は言う。Foundry GroupのBrad Fled率いるシリーズAで30万米ドルを集めたこのサイトに、投資家達は夢中になっている。

彼にとって最初のスタートアップの失敗が、後に大金を動かすことに対する責任感を植えつけた。プレッシャーは2度目のときの方がずっと大きかった。Ben氏は、また全財産を失ってしまうのではないかという考えと葛藤しなければならなかった。

「成功するよりも失敗する可能性の方が圧倒的に高い。それを受け入れて前進するためには、“君のお金をもらうよ、君はプロだから”と考えるしかない」。

「これでだめなら、3,200万ドルでMBAの勉強をしたと思えばいい」。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

----------[AD]----------