THE BRIDGE

タグ shakr

韓国の動画広告作成プラットフォームShakrがヤフーと提携、「Yahoo! ビデオクリエイター」をローンチ

SHARE:

韓国のスタートアップで、動画広告作成プラットフォーム「Shakr(シェイカー)」を運営する Shakr Media は18日、日本のヤフーと提携し「Yahoo! ビデオクリエイター」をローンチしたことを発表した。 Shakr はテンプレートを使って簡単に商品紹介/人物紹介のプロモーション・ビデオが作成できるプラットフォーム。クラウドソーシング的にテンプレートを作成するデザイナーを有し、デザイナーに…

yahoo-video-creator_featuredimage

韓国のスタートアップで、動画広告作成プラットフォーム「Shakr(シェイカー)」を運営する Shakr Media は18日、日本のヤフーと提携し「Yahoo! ビデオクリエイター」をローンチしたことを発表した。

Shakr はテンプレートを使って簡単に商品紹介/人物紹介のプロモーション・ビデオが作成できるプラットフォーム。クラウドソーシング的にテンプレートを作成するデザイナーを有し、デザイナーにはレベニューシェアでテンプレートの作成料が支払われるしくみだ。ユーザは10分ほどでビデオを作成でき、作成は無料だがダウンロードにあたり50ドル支払う必要がある。Yahoo! ビデオクリエイターは、Shakr Media が日本市場向けにサービスをOEM提供するもので、料金は1クリップダウンロードにつき5,400円となっており、現在の為替レートを勘案すると本家より若干安い。

THE BRIDGE で以前報じた通り、昨年には Shakr Media は台湾の FOXCONN(鴻海/富士康)と提携したほか、日本の大企業との提携を模索していたが、シリコンバレーの VC である SV Frontierトーマツ ベンチャーサポートなどが日本進出を支援する形で、今回のヤフーとの提携に至ったと考えられる。先週、東京で開催された Tech in Asia Tokyo 2016 のピッチ・コンペティション「Arena」では「JAL Entrepreneur Program 賞」を獲得、CEO の David Lee は毎月25.5%のペースでユーザが増加していることを明らかにしていた。

tia-tokyo-2015-arena-shakr
Tech in Asia 2016 の Arena でピッチする、Shakr の CEO David Lee

動画および動画メディアというコンテキストでは、ヤフーは今年5月、動画クラウドソーシングの Viibar に7億円を出資し、共同で動画広告事業を展開することを明らかにしている。今冬にローンチを控える BuzzFeed Japan もこれらのリソースが積極的に活用されることだろう。ヤフーが考える動画を使ったマーケティング戦略については、Harvard Business Review に同社執行役員の荒波修氏のインタビューが掲載されているので、こちらを参考にするとよいだろう。

<参考文献>

----------[AD]----------

聞きたいことを聞きたい人に聞ける、ソーシャル検索エンジン「Tailor(テイラー)」が正式リリース

SHARE:

Q&A サイトと言えば、Quora や Qixil、古くは Yahoo! 知恵袋や OKWave といったところが主流だったのだろうが、ママリQ や LINE Q とような新興系の Q&A アプリが増えてきた。この動向を分析するなら、テーマ別によりバーティカルな Q&A サービスが増えたということ、そして、デスクトップからモバイルにシフトしたことで、質問投稿から回答までの時…

tailor_featuredimage

Q&A サイトと言えば、Quora や Qixil、古くは Yahoo! 知恵袋や OKWave といったところが主流だったのだろうが、ママリQLINE Q とような新興系の Q&A アプリが増えてきた。この動向を分析するなら、テーマ別によりバーティカルな Q&A サービスが増えたということ、そして、デスクトップからモバイルにシフトしたことで、質問投稿から回答までの時間が短くなったということだろう。

Q&A サイトやアプリを見ていると、「大至急教えてください」という文言をよく見かける。筆者などは「そんなに至急なら、友人に聞いたら早いのに」と思ってみたりもするが、そう感じるのはたぶん、面識のある人とのつながりにウェイトを置いてしまっているからだろう。質問をする人が、なるべく早く的確な回答が欲しいと思うのは、筆者も含めて、おそらく人間の性である。

つながりがある人から、その人の精通している分野に応じて、回答がもらえるQ&Aアプリが正式リリースされた。〝聞きたいことを聞きたい人に、気軽に悩みを解決できる〟チャット型ソーシャル検索エンジン「Tailor(テイラー)」の誕生だ。

Open Network Lab 第7期デモデイでピッチするシェイカーの金亨喆氏(2013年)。(写真は Open Network Lab ウェブサイトから)
Open Network Lab 第7期デモデイでピッチする金亨喆氏。
(2013年10月、Open Network Lab ウェブサイトから。)

Tailor の開発元、シェイカー代表の金亨喆(キム・ヒョンチョル)氏は2013年4月〜10月、Open Network Lab の第7期に参加。日英で使える商品のレビューアプリ「Shakring」を手がけていたが、その後ピボット。意思決定をする上で、既に同じ経験を持っている人に質問をしアドバイスが得られるアプリ「Tailor」の開発に着手した。

Tailor では、アプリを立ち上げると、Facebook ログインでソーシャルグラフを取得、自分が持つ質問について、回答してほしい人をフォローでき、聞きたい人に対して直接質問を投げることができる。

例えば、女子大生にとって「東京で気軽に行ける美味しいラーメン屋を教えて」などという質問は、内容が公になる Q&A サイトやアプリでは質問しづらい。Tailor では自分の質問したい相手、ソーシャルグラフの中に質問内容を留めることができます。

この約半年間はベータテストに専念し、500人のユーザから1,100件以上の質問が寄せられ、その99%には他ユーザから回答がつきました。テストを通じて、質問者と回答者が、ソーシャルグラフ・興味・属性の3つの要素で重なるところに信頼できる情報があると確信しました。

これまでのベータ運用でも十分サービスは機能はしていましたが、ソーシャルなつながりを増やしてユーザがより楽しめるようにしようと、正式ローンチをすることにしました。(金氏)

tailor_screenshots

質問者にも直感的に聞きたい内容が入力できるインターフェイスが採用されている。5W1H をタップした後、商品についての質問は Amazon から、店や場所についての質問は Yelp から、音楽やアプリについては AppStore から情報を取得して、質問者は質問内容をサジェスト入力できる。質問内容に合ったイメージを Flickr から取得した写真でバックグラウンド表示できるため、回答者も直感的に自分が答えるべき質問を見つけることができる。

サジェスト入力の情報取得元に日本以外のサービスを使っているのは、初めから海外展開を考えてのことです。店や場所の情報は国内サービスの方が量は多いが、海外展開のときに足かせになるので。(金氏)

アプリは、iOSAndroid 向けにそれぞれ提供され、日本語でのみ利用できるが、既に金氏の頭の中には、世界展開に向けての進路が見えているようだ。

4月は新生活が始まる人が多いため、読者の中にも誰かに質問したいことがきっと増えるだろう。そこで、シェイカーでは今日から4月5日までの間、質問に対して得られた回答に、回答の的確さを表す「ぴったり」をつけたユーザに対して、その「ぴったり」の商品を抽選で5名にプレゼントするキャンペーンを展開する。

Tailor のマネタイズの方向性については不透明だが、シェイカーは受託開発などをこなしながらブートストラップ的に経営が続けられているようなので、当面は Tailor のユーザ獲得に専念できるだろう。将来的には、質問のやりとりをデータ解析して消費者の動向を割り出したり、「ぴったり」の回答で得られたオンライン/オフライン店舗や商品に顧客誘導したりすることで、アフィリエイト的なビジネスモデルも考えられる。

今後の行方に注目したい。

----------[AD]----------

シリコンバレーVCのSV Frontierが韓国発の動画広告作成プラットフォームShakrに出資、日本進出を支援

SHARE:

シリコンバレーを拠点とするスタートアップ向けファンドの SV Frontier は、韓国発の動画広告作成プラットフォーム「Shakr(シェイカー)」を運営する Shakr Media に出資したことを発表した。出資金額や比率など詳細は明らかにされていないが、日経コンピュータの報道によれば、数千万円程度とみられる。Shakr Media は SV Frontier などの支援を得て、2015年中に日…

shakr

シリコンバレーを拠点とするスタートアップ向けファンドの SV Frontier は、韓国発の動画広告作成プラットフォーム「Shakr(シェイカー)」を運営する Shakr Media に出資したことを発表した。出資金額や比率など詳細は明らかにされていないが、日経コンピュータの報道によれば、数千万円程度とみられる。Shakr Media は SV Frontier などの支援を得て、2015年中に日本オフィスを開設する予定だ。

<関連記事>

Shakr はテンプレートを使って簡単に商品紹介/人物紹介のプロモーション・ビデオが作成できるプラットフォーム。クラウドソーシング的にテンプレートを作成するデザイナーを有し、デザイナーにはレベニューシェアでテンプレートの作成料が支払われる。ユーザは10分ほどでビデオを作成でき、作成は無料だがダウンロードにあたり50ドル支払う必要がある。

Shakr Media は、昨年12月に台北で開催された ASIABEAT 2014 のピッチ・コンペティションに登壇、台湾の FOXCONN(鴻海/富士康)と提携して、テンプレートの供給を受けていることを明らかにしている。台湾以外の国々においても、特にアジアにおいては、大企業との提携によって、販路を拡大していく計画を持っているようだ。

Shakr Media は2010年に創業、これまでに 500 Startups(アメリカ)、NHN Investment(韓国)、POSCO(韓国)、韓国焼酎の JINRO の元社長などから出資を受けており、日系ファンドからの投資を受け入れるのは今回が初めてとなる。

SV Frontier の代表を務める鈴木陽三氏によれば、シリコンバレーにおける動画広告系のスタートアップである Aarki や Virool への投資を通じて、動画広告や動画制作にブームが来ることを確実視しており、今回の Shakr Media への出資はその判断を反映したものとして位置付けている。

<関連記事>

beLAUNCH 2013(2013年・ソウル)で優勝した Shakr。
beLAUNCH 2013(2013年・ソウル)で優勝した Shakr。画面中央左側が、CEO の David Lee。
----------[AD]----------

TechCrunch Disruptファイナリストのデイビッド・リーがShakrについて語る

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 この投稿は、韓国のテックブログOnsuccess.meの編集者、チェ・ヒョンソク(최현석)氏が韓国のスタートアップ・エコシステムとテックスペースへの見識を持って書いたものだ。 「インターネットには十分過ぎるほどのテキストデータがある。我々のゴールは世界でナンバーワンの動画コンテンツプロバイダーになることだ」と、TechCrunch Disrupt 北京でファ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

この投稿は、韓国のテックブログOnsuccess.meの編集者、チェ・ヒョンソク(최현석)氏が韓国のスタートアップ・エコシステムとテックスペースへの見識を持って書いたものだ。

「インターネットには十分過ぎるほどのテキストデータがある。我々のゴールは世界でナンバーワンの動画コンテンツプロバイダーになることだ」と、TechCrunch Disrupt 北京でファイナルラウンドに残った17社のうちの1社、韓国のスタートアップであるShakrMedia CEOのデイビッド・リーは、我々のインタビューに応じてこう誇らしげに語った。今回のDisruptは初めてアメリカ国外で開催されたものだ。


TechCrunch Disrupt でのShakrのプレゼンテーション

価値創出

簡単に言うと、Shakrはテキストとイメージを簡単に組み合わせることができるサービスだ。例えば、ニューヨークタイムズやCBSニュースのサイトから記事をインポートし、そこからキーワードを抽出し、他のどこかからエクスポートしたイメージやビデオクリップと組み合わせる。記事は Web GLテクノロジーにより実行される3Dイメージと共にTTS(テキス ト・トゥ・スピーチ)により読み出される。価格? もちろん無料だ! 「ビジネスモデルを最優先するのはShakrのやり方ではない。今のところ、我々はユーザーのための価値創出に焦点を絞っている、」と、リーは自らのプロダクト哲学を語る。彼の言葉を借りれば「マジカル・アハ!」の瞬間をユーザが感じたことを確認できれば、ビジネスモデルは自然についてくると信じているという。

ニュースにイメージ画像を組み合わせることの他に、現在Shakrは別のサービスの準備もしている。ライフビデオだ。その名の通り、このサービスは人生の重要な瞬間を記録するためのものだ。リーはこのサービスが韓国で特に人気になると期待している。「多くの韓国人はDSLR(訳注:デジタル一眼レフカメラ)を持っていていろんなイベントを祝っている。いくつか挙げると、1歳の誕生日、結婚式、さらにはペペロデー(訳注:韓国のバレンタインデーに似た習慣)などだ。先日、私は息子の1歳の誕生日に撮った写真のアルバムを作ろうと思ったが、スタジオで全て手作業で作られるから、実際に私の手元に届くまでにかなりお金も時間もかかると気づいたんだ。

Shakrのライフビデオでは、Web GLテクノロジーを使って、ユーザが無料または低価格で、アップロードした写真だけで簡単に動画を作ることができる」とリーは言う。このサービスは2012年第1四半期のスタートが計画されている。


▲ 2NE1 デモ映像 from David Lee on Vimeo.

Shakr はTechCrunch Disrupt北京に参加した400以上の企業から最終選考に残った17社の1つだ。さらに驚くべきことに、このデモが公に発表されたのはこのイベントが最初だったという。「我々は他人の言葉に注意を払うよりも、自分たちのコンピテンシーに集中した。他人の言葉を聞くのが重要でないということではない。我々にはユニークなチームがあったし、自分たちがしていることに焦点を絞りたいと思っただけだ。

TechCrunchはスタートアップにとって最も影響力のあるメディアの1つだから、いつかこれに参加できるチャンスがあれば、と願っていた。幸運にも、このイベントが我々の隣国である中国で開催されたので参加してみた。当社が公に展示するのはこれが初めてで、幸いなことに、会場とオンラインの両方で多くのフィードバックを得ることができた」とリーは言う。北京でのプレゼンテーションで、Shakrへの提携が多数申し入れられた。リーは、今のところ自社のサービスの向上に焦点を絞りたいと言っている。

なぜ韓国でのスタートアップか

TechCrunch Disruptのビデオからもわかるが、流暢な英語を話すデビット・リーは、カナダで生まれ、幼少時代をそこで過ごした。何年かアメリカの会社で働いた後、彼はどうして韓国でビジネスを始めることになったのか?「カナダは(テクノロジーの採用とビジネス活動において)世界に遅れをとっていて、そしてアメリカもしかり…シリコンバレーとニューヨークは速いが、私はむしろ退屈だと思った。とりわけ、適切な人材を見つけるのがとても難しい。韓国においては、全てが迅速で楽しい。いい人材も比較的見つけやすい。」 韓国のスタートアップはいい人材を見つけるのが、さほど難しくないというのだろうか? 「私は、多くの韓国人は大きな株式会社を好むと聞いている。しかし、本当にやりたい事をしたいという人もまだたくさんいる。彼らをスタートアップに招くのは簡単な事ではないか?」急成長しているShakrは3Dとモーショングラフィックの分野で、2、3カ月のうちに人々を再起動する計画がある。

ShakrはSha.krのプライベートベータサービスをRead Write Web Meetup Seoul で発表し、ライフビデオサービスが2012年の3月か4月に開始することを付け加えた。(あなたがShakrのメンバーの Facebook フレンドなら、ベータサービスを同社のウェブサイトから利用可能だ。)スマートフォンやタブレットPCのような機器は既に私たちの生活の一部となっているが、多くのアプリではゆったり構えているユーザのニーズが見落とされてきた。Shakrが使うTTS技術には改善の余地がたくさんあることは明らかだが(ニューヨークタイムズがTTSで読み出されるというのはちょっと不思議な感じだ)、イメージ付きのニュース記事を、見たり聞いたりできるというのは魅力的なアイデアではないだろうか?

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------