THE BRIDGE

タグ Shapeways

3DプリンティングプラットフォームShapewaysが3000万ドルを調達、クリエイター支援を強化へ

SHARE:

様々なプロダクトのデザイン、制作、販売ができる3DプリンティングプラットフォームのShapewaysが、Lux Capitalが主導するシリーズEラウンドで3000万ドルを資金調達した。Andreessen Horowitz、Union Square Ventures、Inkef Capitalもこのラウンドに参加している。 2007年にオランダで創業したShapewaysは、デザイナーが自分でつ…

上:Shapeways Machines

様々なプロダクトのデザイン、制作、販売ができる3DプリンティングプラットフォームのShapewaysが、Lux Capitalが主導するシリーズEラウンドで3000万ドルを資金調達した。Andreessen Horowitz、Union Square Ventures、Inkef Capitalもこのラウンドに参加している。

2007年にオランダで創業したShapewaysは、デザイナーが自分でつくった3Dモデルデザインをアップロードできる場を提供している。同時に、プロのデザイナーからのサポートも提供する。クリエイターは素材を選択し、残りはShapewaysが担当する。

ウェブサイトには、クリエイターが直接消費者に自分の作品を販売できる、Etsyのようなストアもある。

上:Shapewaysのマーケットプレース

Shapewaysは、これまで8000万ドルほどを調達してきた。今まさに成長を加速し、3Dモデリングの経験の有無によらず自分のプロダクトをつくり、販売したいと考えているクリエイターのための「完全なエンドツーエンドプラットフォーム」になるというビジョンにつながるサービスをローンチする時期にあると同社はコメントしている。

今回のニュースの2ヶ月前には、短期的CEOであったトム・フィン氏に代わって、新たにグレッグ・クレスCEOが就任したばかりだ。

クレス氏は次のようにコメントしている。

「私たちは、プリントしたプロダクトの数が1000万に達したばかりです。ですが、まだ始まりにすぎません。やるべきことは沢山あります。より多くのクリエイターに成功してもらいたいと考えています。そのために、デザインサービスや3Dプリンティングを超えた製造過程、小規模の事業の立ち上げを支援するなどといったサポートをする予定です」

同社の事業拡大計画の一環で新しくスタートするプログラムは、「Design with Shapeways」という取り組みで、デザイン過程においてダイレクトかつパーソナライズされたサポートをクリエイターに提供するものだ。さらに、消費者がデザインをカスタマイズできる方法をクリエイターに教える、カスタムジュエリーもスタートする予定だ。

クリエイターをターゲットすると同時に、近い将来には消費者にフォーカスしたインターフェイスもローンチする予定だ。まず始まるのは「Spring & Wonder」というジュエリーコレクションだ。「これは、今年発表する予定の数個の自社展示ブランドのうちの一つです。様々なカテゴリーの製品を続いて発表する予定です」と、同社は声明で述べている。

今回のShapewaysの資金調達は、3Dプリント製品に対する需要の伸びを示すものだ。この市場は全体で2022年までに220億ドル規模になると推測されている。実際、ここ最近は3Dプリンティング企業の大型の資金調達が続いていた。それらの企業には、2億ドルを調達したCarbonや、6500万ドルを調達したDesktop Metal、つい最近3000万ドルのラウンドをクローズしたばかりのMarkforgedなどが挙げられる。

(本記事は抄訳になります。)
【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Shapewaysが新たな素材として14金の取り扱いをスタート、3Dプリンターで指輪やイヤリングの印刷が可能に

SHARE:

Shapeways が新たな素材として14金素材を取り扱うことを発表した。これまで取り扱ってきていた銀、真ちゅう、青銅、鉄などの素材を用いてユーザがアクセサリーや宝石にインスピレーションを受け、さらに価値の高い金属のオプションがほしいというリクエストに答えたことで金の取り扱いが実現した。 金メッキではないため、1㎤あたり600ドルほどと高価だ。だが、指輪やイヤリングなど、贈り物に適しているのではな…


blog-gold-ring-group-674

Shapeways が新たな素材として14金素材を取り扱うことを発表した。これまで取り扱ってきていた銀、真ちゅう、青銅、鉄などの素材を用いてユーザがアクセサリーや宝石にインスピレーションを受け、さらに価値の高い金属のオプションがほしいというリクエストに答えたことでの取り扱いが実現した。

blog-gold-pendant-674

金メッキではないため、1㎤あたり600ドルほどと高価だ。だが、指輪やイヤリングなど、贈り物に適しているのではないだろうか。個人に最適化して制作することが可能だし、イメージに合った3Dデータをモデリングできれば、自分のイメージした形に金でプリンティングすることができる。

blog-gold-key-box-674

作成期間は9日間。現時点では、米国のみの出荷。2ヶ月ほどテストしてみて、順次世界へと展開していくようだ。

Photo:Shapeways

----------[AD]----------