THE BRIDGE

タグ しくみデザイン

しくみデザイン、米国最大の楽器見本市「NAMM Show」でAR楽器アプリ「KAGURA Player」を発表——Windows版とMacOS版を無料公開

SHARE:

福岡に拠点を置き、 AR 技術を使った新世代楽器ソフトウェア「KAGURA」を開発するしくみデザインは25日、アメリカ・アナハイムで開催中の楽器見本市「The 2018 NAMM Show」で新ソフトウェア「KAGURA Player」を発表した。 しくみデザインは、 距離認識やジェスチャー認識などをベースに、身体を動かすだけで楽器演奏が行えるプラットフォーム「KAGURA」を開発しているが、KA…

KAGURA Player(画面は Windows 版)
Image credit: しくみデザイン

福岡に拠点を置き、 AR 技術を使った新世代楽器ソフトウェア「KAGURA」を開発するしくみデザインは25日、アメリカ・アナハイムで開催中の楽器見本市「The 2018 NAMM Show」で新ソフトウェア「KAGURA Player」を発表した。

しくみデザインは、 距離認識やジェスチャー認識などをベースに、身体を動かすだけで楽器演奏が行えるプラットフォーム「KAGURA」を開発しているが、KAGURA Player は  KAGURA Pro のような楽曲制作の機能を持たず、演奏体験の提供にのみ特化したミニマルなソフトウェア。25日から、Microsoft ストアMac App Store から無料でダウンロード可能となった。

KAGURA Player で演奏可能な楽曲レパートリー(クリックして拡大)
Image credit: しくみデザイン

KAGURA Player で演奏可能なのは、福岡のバンド「COLTECO」やサウンドクリエイティブチーム「Invisible Designs Lab」、しくみデザインのサウンドデザイナーによる、さまざまなジャンルの楽曲。パソコン、ウェブカメラ、インターネット接続環境があれば、Windows または Mac で動作する。

KAGURA Player のリリースにあわせ、しくみデザインでは KAGURA Pro の無料体験版で試せる機能を拡充、プリセットソングの演奏だけでなく KAGURA を使ったオリジナル楽曲の制作体験も可能となった(無料体験版では制作楽曲の保存とタイムライン作成のみ機能制限あり)。

<関連記事>

----------[AD]----------

身体を使って直感的に演奏ができる、しくみデザインの新世代楽器ソフト「KAGURA」待望のMac版がリリース

SHARE:

2015年1月に、距離認識やジェスチャー認識などをもとに、直感的な操作をもとに身体を動かすだけで楽器演奏を行うアプリ「KAGURA」をしくみデザインはリリースした。これまでは、Windows版のみだったが、本日からMac版がリリースされたと発表した。 「KAGURA」は、Intel® Perceptual Computing Challenge 2013でグランプリに選ばれ、リアルタイムの奥行き認…

kagura

2015年1月に、距離認識やジェスチャー認識などをもとに、直感的な操作をもとに身体を動かすだけで楽器演奏を行うアプリ「KAGURA」をしくみデザインはリリースした。これまでは、Windows版のみだったが、本日からMac版がリリースされたと発表した。

「KAGURA」は、Intel® Perceptual Computing Challenge 2013でグランプリに選ばれ、リアルタイムの奥行き認識機能を搭載したIntel®RealSense™3Dのもとで稼働するサービスとして開発。しかし、Intel®RealSense™3DがMac未対応ながら、Windows版がリリースされてから世界中からMac版のリリースする要望が多く寄せられた。そこで、当初は2016年1月頃を目処にMac版リリースに向けて開発を進める予定だったが、ユーザの声に応える形で、前倒しで開発を行い、今回のリリースとなったという。

「この半年間で、パフォーマンスや音楽制作など、KAGURAのユーザー層とMacユーザーの層が近いことがはっきりしました。SXSWに展示しても、ダントツでMac版が欲しいという意見も多かったです。そこで、今回のMac版を前倒しでリリースしました。ただし、Mac版はRealSenseカメラが使えませんので、ジェスチャーによる操作や水面のインターフェイスなどにこだわらずに「身体を動かして演奏する」ことに、よりフォーカスしていく形にしました」(しくみデザイン代表の中村俊介氏)

今回のMac版はジェスチャーや水面エフェクトは利用できないが、KAGURAに搭載されているすべてのサウンドセットを演奏することが可能だ。また、KAGURAをリリースしたことで、中村氏が思っていた以上の使われ方や反響があったという。

「KAGURAのユーザーはロボットに演奏させたり動物やCGが演奏して遊んだりと、私たちが思いもしなかったようないろんな使い方が出始めています。なかなかウチでも追いかけきれませんが、ときどきこんな風に使ったよという連絡もいただきます。先日は、養護学校の先生から、様々な子供達が音楽の演奏の楽しみを体験できる魔法のようなアプリだという喜びのメールをいただきました」

さらに、KAGURAはミュージシャンやプロもパフォーマーからも触ってみたいという声や、一緒になにか連動して演奏してみたいといった声も多いという。

「カグラー(KAGURAパフォーマー)としてパフォーマンスをしてみた(orみたい)という連絡も少しずついただくようになってきました。オリジナルのサウンドセットをつくったり、他の機器との連動をしたりしたい、というさらなる機能の要望へと繋がっています。ダンサーやアイドルやアイドル候補の方たちと協力して、楽器としてのKAGURAが成り立つようにカグラーを生み出していけるような動きもしたいと思っています」

Mac版の要望と同じく、ユーザからの声が多かったのがMIDI 対応等によるDJ機器への連携を可能にするといった、実際のパフォーマンスで使うための高機能なプロフェッショナル版への要望だ。今後の展開としては、MIDI対応、シーン展開、映像エフェクト等の、パフォーマンスに向けた機能を充実させたプロ版のリリースやユーザー自身によるオリジナルサウンドセットの制作を可能にするオーサリングサービスなどに対応していくという。

「目指すところは、新しい音楽の楽しみ方です。完成したものを聞くだけでなく、曲を作ってシェアするでもない。ユーザーが素材的なモノを提供してそれを別のユーザーが演奏するという「演奏体験」のプラットフォームを生み出せると楽しいなぁと思っています」

 

----------[AD]----------

「目指すは初音ミクのような新しい音楽のムーブメント」ー身体を使って直感的に演奏ができるしくみデザインの「KAGURA」がリリース

SHARE:

1月14日、しくみデザインは次世代楽器「KAGURA」をアプリとして世界同時リリースを行った。KAGURAは、距離認識やジェスチャー認識などをもとに、直感的な操作をもとに身体を動かすだけで楽器演奏を行うアプリとなっている。 しくみデザインが開発した「KAGURA」は、Intel® Perceptual Computing Challenge 2013でグランプリに選ばれ、リアルタイムの奥行き認識機…

デモンストレーションを行う、しくみデザイン代表の中村俊介氏
デモンストレーションを行う、しくみデザイン代表の中村俊介氏

1月14日、しくみデザインは次世代楽器「KAGURA」をアプリとして世界同時リリースを行った。KAGURAは、距離認識やジェスチャー認識などをもとに、直感的な操作をもとに身体を動かすだけで楽器演奏を行うアプリとなっている。

しくみデザインが開発した「KAGURA」は、Intel® Perceptual Computing Challenge 2013でグランプリに選ばれ、リアルタイムの奥行き認識機能を搭載したIntel®RealSense™3Dのもとで稼働するアプリとして今回リリースした。2014年に公開されたIntel®RealSense™3DはすでにLenovoやAcerなどのパソコンで導入されており、これらのパソコン上で動作できる。楽器を鳴らす部分は2Dの画像解析で行っているため、ジェスチャー認識はできないが演奏することはできる。まずは、Windows端末用アプリとしてダウンロード可能だ。

今回のリリースに先駆け、プロモーションビデオも公開されている。映像は、同じく福岡を拠点にしているKOO-KIが映像制作に携わっている。

1月13日に行われた「KAGURA」リリース発表会で、しくみデザイン代表の中村俊介氏からKAGURAのデモンストレーションが行われた。リリースにあわせてKAGURA自体もブラッシュアップを行い、操作画面のリニューアルや5種類のサウンドセットをプリセットしインストール直後から演奏できるようにし、録画機能によって30秒ほどの演奏の様子をYouTubeなどに投稿する機能など、一般向けに利用できるために一からサービスの再開発も行った。

もともと、インタラクティブデザインをもとにした映像表現やデジタルサイネージを制作してきたしくみデザインは、これまでKAGURAをもとにさまざまなライブイベントなどでデモンストレーションを行ったり、DJやVJ、ボイスパーカッションのパフォーマーたちとコラボレーションを行ったりしてきた。

「DJやVJの人たちにKAGURAを渡すと、楽器が演奏できない僕とは全然違い、多様な楽器をうまく使った演奏をしていて、さすがプロだなと実感することは多いです。他にも、自らの声だけで演奏するヒューマンビートボクサーのような人たちにとっても、新しい表現手段の一つとして好評をいただいています。今までとは全く違った新しい楽器の概念として、プロの方々にも通じるものだと実感していますし、子供たちにとっても身体で遊べるものとして楽しんでもらっています。まずは、プロのミュージシャンなど尖った人たちから、KAGURAのさまざまな可能性を一緒に追求していきながら、音楽のあり方を拡張していきたいですね」

身体で演奏するという新しい表現方法を浸透させるためにも、KAGURAは無料でアプリをダウンロードすることができる。その後、新しいサウンドセットやプロ向けのツールキットなどを通じてマネタイズが図れるのでは、と構想しているという。

「KAGURAで演奏したものを投稿してユーザ同士で交流を図るプラットフォームのようなものなども考えられますね。色々な方向性が考えられる中で、まずはユーザと一緒に音楽を楽しみながら作っていきたいですね」

KAGURAというツールを使い、ユーザー自身の手によって今までにない新しい音楽表現が生み出すということは、ここから次世代のミュージシャンやパフォーマーが生まれるかもしれない。「一つの目指す形として、クリプトン・フューチャー・メディアの初音ミクのように、誰もが音楽を楽しみ、そこから新しい表現が生まれてくるようなムーブメントになれたら」と、中村氏は語る。

KAGURAを通じた新しいムーブメントの可能性に期待したい。KAGURAのダウンロードは、こちらから。

----------[AD]----------

しくみデザイン、体を動かすだけで音楽を奏でることができる新世代楽器アプリ 「KAGURA」を1月に世界同時リリースすると発表

SHARE:

福岡を拠点に活動しているしくみデザイン。Intel® Perceptual Computing Challenge 2013において、新しいインターフェイスを開発しグランプリに選ばれたことで世界中に注目を集めた、デジタルクリエイティブ集団だ。 グランプリに選ばれた「KAGURA」は、新世代の楽器アプリで、奥行き認識機能をもったインテル®RealSense™3D カメラを利用することで、人の動きやジ…

140107_CES_demo

福岡を拠点に活動しているしくみデザイン。Intel® Perceptual Computing Challenge 2013において、新しいインターフェイスを開発しグランプリに選ばれたことで世界中に注目を集めた、デジタルクリエイティブ集団だ。

グランプリに選ばれた「KAGURA」は、新世代の楽器アプリで、奥行き認識機能をもったインテル®RealSense™3D カメラを利用することで、人の動きやジェスチャーなどを見分けて分けて自在に楽器を奏でることができ、動くだけで誰でも音楽が奏でることができるアプリだ。

この「KAGURA」が、満を持して2015年1月14日に日本初のインテル® RealSense™3D カメラ対応アプリとして世界同時にリリースすると発表した。プロのミュージシャンから子供まで、誰でのKAGURAを使うことで自由に音楽を奏でることができる。

「ダンサーが音に合わせて踊るのではなく、逆に踊ることで音楽を生み出したり、ボーカルやヒューマンビートボクサーが自分の声を楽器にしてパフォーマンスをしたり、あるいは、新しいDJやVJの表現になるかもしれない、今までとは全く違った新しい楽器の概念を作り出す新世代の楽器アプリになれる」

同社代表取締役の中村俊介氏は語る。時代に合わせた新しいインターフェイスと、それに合わせた新しい音や映像の可能性を追求するしくみデザイン。リリースで実際にアプリを触れるのを楽しみにしたい。

----------[AD]----------

しくみデザイン、誰でも簡単に「音の鳴る絵」が作れるスマホアプリ「paintone」をリリース

SHARE:

インタラクティブコンテンツづくりをしているしくみデザインが、スマホアプリの「paintone」をリリースした。 しくみデザインは、「インテル® Perceptual Computing Challenge」で「KAGURA for PerC」を発表し、グランプリを受賞した企業だ。起業以来、デジタルサイネージやインタラクティブコンテンツづくりを行ってきたノウハウを通じて、ジャスチャーや音声認識、顔認…

paintone

インタラクティブコンテンツづくりをしているしくみデザインが、スマホアプリの「paintone」をリリースした。

しくみデザインは、「インテル® Perceptual Computing Challenge」で「KAGURA for PerC」を発表し、グランプリを受賞した企業だ。起業以来、デジタルサイネージやインタラクティブコンテンツづくりを行ってきたノウハウを通じて、ジャスチャーや音声認識、顔認識、オブジェクトトラッキングなどによるインターフェイスで演奏する新しいデジタル楽器だった。

<参照記事>インテルが次世代UI技術の開発へ。開発者向けコンテストでは福岡の「しくみデザイン」がグランプリを獲得

同社は、より一般の人たちにもインタラクティブコンテンツを体験してもらいたいという考えから、今回のpaintoneへと至った。

同アプリは、従来のようなお絵かきアプリの機能だけではなく、写真を切り抜いたり録音する機能があり、音を加工し絵に音を追加することで、完成した絵にタッチして演奏できる仕組みだ。

自分が作った絵で満足するだけではなく、その絵をもとに演奏したり遊んだりすることができ、子どもたちのクリエイティブを刺激することを目的としている。もちろん、子どもから大人まで、アーティスト予備軍からュージシャン、音楽家、パフォーマー、芸人など、さまざまな分野の人たちが楽しめるものとなっている。

同社代表取締役の中村俊介氏は「技術を前に出してすごいと思わせるだけでは、2回目はない。どんなに難しいことも、ユーザに知ってもらう必要はなく、最も考えるべきは楽しさや気持ちよさを考えること」を大事にしており、KAGUA for PerCやpaintone も、ユーザが遊べて簡単に演奏やクリエイティブを楽しめる仕組みになっている。楽しく何度でも遊べる仕組みこと、ユーザ体験を提供するインタラクティブデザインの要素として重要だと言える。

アプリは、こちら(iTunesリンク)から無料でダウンロードできる。ぜひ、まずは一度触って遊んでみてほしい。

----------[AD]----------

インテルが次世代UI技術の開発へ。開発者向けコンテストでは福岡の「しくみデザイン」がグランプリを獲得

SHARE:

2014年1月7日から10日まで世界最大のエレクトロニクスショーの「2014 International CES」が開催された。その一部であるインテルプレスカンファレンスにおいて、福岡を拠点に活動しているデジタルサイネージの企画制作のしくみデザインが、「インテル® Perceptual Computing Challenge」でグランプリの受賞が発表され、世界一となった。 受賞した作品の「KAGU…

140107_CES_demo

2014年1月7日から10日まで世界最大のエレクトロニクスショーの「2014 International CES」が開催された。その一部であるインテルプレスカンファレンスにおいて、福岡を拠点に活動しているデジタルサイネージの企画制作のしくみデザインが、「インテル® Perceptual Computing Challenge」でグランプリの受賞が発表され、世界一となった。

受賞した作品の「KAGURA for PerC」は、何も触れずに体を動かすだけで演奏できる「新世代楽器」だ。距離を検出する深度カメラを利用し、人の動きやジェスチャーなどを見分けて自在に音楽を奏でることができる新しいUI技術を用いたサービス。実際の利用イメージは以下の映像をご覧いただきたい。

同コンテストは「パーセプチュアル・コンピューティング」の開発のために行なわれたコンテストだ。「パーセプチュアル・コンピューティング」とは、ジャスチャーや音声認識、顔認識、オブジェクトトラッキングなどを活用して、従来のキーボートやマウスといったタッチ操作ではなく、話しかけたり身振り手振りで操作を行うという、インテルが提唱している新たなインターフェイスのこと。

開発者に対しては、コンテストに向けて「Intel Perceptual Computing SDK」(通称:PerC)と、米Creative Technology製のモーションセンサーデバイス「Creative Interactive Gesture Camera Developer Kit」(通称:Creative Camera)を提供し、開発支援を行った。

次世代UI開発という新しい市場

Some rights reserved by IntelFreePress
Some rights reserved by IntelFreePress

インテルは、同コンテストをふまえてCES内のプレスカンファレンスで次世代UI技術の「Intel RealSense」を発表した。

「パーセプチュアル・コンピューティング」を実現するハードウェアやソフトウェア製品をIntel RealSenseブランドとして展開し、第一弾としてタブレット端末、Ultrabook、ノートPCなどに組み込むことを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を披露。

深度センサーとフルハイビジョン対応の2Dカラーカメラを搭載した製品で、指先のジェスチャーや顔認識が可能となり、「パーセプチュアル・コンピューティング」を実現したものとなっている。

人間に近い感覚でのコンピュータの操作”という新しいUIに向けて動き出したインテル。

次世代UI開発に対して、福岡を拠点にしているしくみデザインのように、日本発の企業がグランプリを獲得したという事実は、日本のクリエイティブやものづくりが世界に対して力を発揮できている証でもある。

日本から、こうした世界初の技術のきっかけを作る企業やスタートアップがさらに登場してもらいたい。

----------[AD]----------