BRIDGE

タグ ShopBack

東南アジアのキャッシュバックサイト「ShopBack」、楽天傘下「Ebates」の韓国部門を買収

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ShopBack は、オンラインキャッシュバックプラットフォームを運営する Ebates Korea(이베이츠)の買収を発表し、韓国への進出を表明した。 この発表より前、ShopBa…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ShopBack は、オンラインキャッシュバックプラットフォームを運営する Ebates Korea(이베이츠)の買収を発表し、韓国への進出を表明した。

この発表より前、ShopBack はアジア進出を目的として Temasek がリードしたラウンドで3,000万米ドルを調達している

Image credit: ShopBack Korea

声明によると、4月28日以降、楽天傘下の Ebates Korea は順次運営を終了し、ユーザは ShopBack Korea のβプラットフォームに誘導され、2020年半ばまでに正式サービスを開始する予定だという。

ShopBack によると、買い物客はファッション、美容、電子機器などのカテゴリで ShopBack Korea のプラットフォームを通じて買い物をすると、最大15%のキャッシュバックを得ることができるという。

<関連記事>

ShopBack は Ebates Korea 買収後、年内に韓国で50万人以上の顧客にサービスを提供すると予想している。また、EC プラットフォームの「Gmarket(G 마켓)」、ソーシャルコマース・プラットフォームの「Wemakeprice(略称:위메프=ウィマプ)」、オンラインモールの「11STREET」などの韓国企業など、より多くの加盟店を誘致する予定だ。

韓国はデジタルで成熟した考え方を持ち、EC を急速に導入しているため、キャッシュバックプラットフォームの中核市場であり、ポテンシャルの高い市場だ。(中略)

ShopBack Koreaの立ち上げは、よりスマートな買い物客の世界を創造するという当社の使命を果たす上で、大きな一歩となるだろう。(ShopBack CEO兼共同創業者 Henry Chan 氏)

Statista によると、韓国は世界最大の EC 市場の1つであり、2016年の191億米ドルから2021年には326億米ドル近くに成長すると予測されている。

2014年に立ち上げられたシンガポール拠点の ShopBack は、ユーザがキャッシュバックを獲得するための、ワンストップのポイントとディスカバリプラットフォームだ。また、加盟店向けにパフォーマンスベースのマーケティングも提供している。ShopBack は、一般商品、旅行予約、ファッション、健康・美容、食料品、フードデリバリなど、さまざまなカテゴリの EC 加盟店と提携している。

ShopBack はこれまでに、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、台湾、オーストラリアにも進出しており、ユーザに合計1億米ドルのキャッシュバックを授与したとしている。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

東南アジアのキャッシュバックサイト「ShopBack」、シリーズBの延長ラウンドで3,000万米ドルを調達——シンガポール政府系Temasekがリード

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 Temasek は、東南アジアのキャッシュバックプラットフォーム首位「ShopBack」の株主となった。シンガポール政府系の同ファンドは、昨年 ShopBack が4,500万米ドル…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Temasek は、東南アジアのキャッシュバックプラットフォーム首位「ShopBack」の株主となった。シンガポール政府系の同ファンドは、昨年 ShopBack が4,500万米ドルを調達したラウンド(シリーズ B)に、さらに3,000万米ドルの追加調達でリードインベスターを務めた。調達した資金は、ShopBack のアジア地域における拡大や、キャッシュバックサービス以外への拡大に使われる見込み。

Photo credit: ShopBack

既存株主である楽天、EDBI、EV Growth、Cornerstone Ventures、33 Capital も参加した。ShopBack の創業以来の調達額は、今回の調達を受け1億1,300万米ドルに達した。今回の調達資金は、小売業や飲食店業界に影響をもたらしつつある経済状況を緩和する。

ShopBack はこの2年間、紙製の特典カードを置き換えることを狙って、ShopBack Go により形のある特典を提供してきた。通常のキャッシュバックサービスとの差別化のため、ShopBack ではユーザはアプリ上で新たな特典を探せるようになっている。ShopBack の CEO 兼共同創業者の Henry Chan 氏は Tech in Asia に、台湾ではユーザが価格比較にもサービスを使っていると述べた。

ShopBack は2018年、ミレニアル世代向け金融メディアを運営する Seedly を買収した。ShopBack はグロースにも投資を続けており、2019年3月期には売上と純利益の両方が成長した。Chan 氏は、シンガポールでのビジネスは、EBIT(税引前純利益)で既に黒字化しているとも述べた。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

シンガポールのキャッシュバックサイト「ShopBack」、楽天キャピタルとEV Growthのリードで4,500万米ドルを調達

SHARE:

シンガポール拠点のポイントキャッシュバックアプリ「ShopBack」は10日、日本の楽天キャピタルと EV Growth がリードしたラウンドで4,500万米ドルを調達したと発表した。シンガポールの政府系戦略投資組織 EDBI も、このラウンドに参加した。この調達を受けて、同社の調達額合計は8,300万米ドルに達した。 楽天傘下のキャッシュバックサイト運営会社 Ebates の CEO Amit …

ShopBack のチーム
Image credit: ShopBack

シンガポール拠点のポイントキャッシュバックアプリ「ShopBack」は10日、日本の楽天キャピタルと EV Growth がリードしたラウンドで4,500万米ドルを調達したと発表した。シンガポールの政府系戦略投資組織 EDBI も、このラウンドに参加した。この調達を受けて、同社の調達額合計は8,300万米ドルに達した。

楽天傘下のキャッシュバックサイト運営会社 Ebates の CEO Amit Patel 氏と、EV Growth のマネージングパートナー Wilson Cuaca 氏が ShopBack の取締役に就任する。ShopBack は、調達した資金をユーザのショッピン体験のシンプル化に使う計画としており、企業及び個人のインサイトを提供できるよう、データ分析の能力を拡大させる。また、主要市場における成長も加速させたいとしている。

ShopBack は、ユーザが特典を見つけ獲得できるキャッシュバック機能を構築中だという。

ShopBack は、そのカスタマサービス、強力なユーザベース、優秀なチームにより、アジア太平洋地域でのリーダーとしての地位を固めた。楽天は、さらなる加速のために ShopBack を支援できることがうれしい。

ShopBack は、Foodpanda、Booking.com、Alibaba(阿里巴巴)の Taobao(淘宝)、Airbnb といった主要プラットフォームにキャッシュバックを提供。同社のパートナーの中には、Visa や MasterCard といった名前もある。ShopBack は5年前に設立され、Softbank Ventures Asia などの投資家を魅了してきた

同社はアジア全域でサービスを提供しており、昨年にはアジア地域外としては初めてとなるオーストラリアに進出している。ベトナムと台湾には研究開発センターをオープンしており、テック、データ、プロダクト管理人材を3倍に増やした。ShopBack によれば、2018年に約2,000社のマーチャントから10億米ドル近い販売を取り扱ったという。

【via e27】 @E27co

【原文】

シンガポールのキャッシュバックサイト「ShopBack」、クレディセゾンがリードしたシリーズAラウンドで2,500万米ドルを資金調達

SHARE:

シンガポールに拠点を置くキャッシュバックサイトの ShopBack は本日(11月7日)、日本の大手クレジットカード・ショッピングローン会社クレディセゾンがリードした投資ラウンドで2,500万米ドルの資金調達を行ったと発表した。 この投資ラウンドには、新たに加わった Blue Sky、AppWorks、Intouch Holdings PLC、Aetius Capital、33 Capital を…

shopback_funding_news
ShopBack チーム

シンガポールに拠点を置くキャッシュバックサイトの ShopBack は本日(11月7日)、日本の大手クレジットカード・ショッピングローン会社クレディセゾンがリードした投資ラウンドで2,500万米ドルの資金調達を行ったと発表した。

この投資ラウンドには、新たに加わった Blue Sky、AppWorks、Intouch Holdings PLC、Aetius Capital、33 Capital を含む10の投資家が参加している。

既存投資家である SoftBank Ventures Korea、Singtel Innov8、Qualgro、East Ventures も引き続き今回のラウンドに参加した。

プレス声明によると、今回のラウンドにより ShopBack の総資金調達額はほぼ4,000万米ドルになったという。

同社はこれまでに2015年3月と4月の2期で合計110万米ドルを調達したシードラウンドと、未公開のシリーズ A ラウンドを発表していた。

今回得た資金を優秀な人材確保、新たな機能の導入とマーケティングに充填する計画だ。

ShopBack は「費用対効果の高いマーケティングソリューションを提携店に提供し、顧客の購買意欲を掻き立てる」ことを目的に最大30%のキャッシュバックを行っている。

このプラットフォームは2014年、1日限定のフラッシュセールサイトとして誕生した。

CEO で共同設立者の Henry Chan 氏は次のように述べている。

The Smarter Way(より賢い選択)という当社のバリュープロポジションに従い、クレジットカード市場向けにユーザの購買意思決定が簡単になるよう、販売されている商品を集約する機能を追加しました。私たちはアジア太平洋地域の消費者向けワンストップショッピングそして総合生活情報サイトへの成長を目指して尽力しています。

130人以上が働くチームにより運営されているこのプラットフォームは、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、台湾で利用可能だ。

同社は提携する1,300以上のオンライン小売、旅行、ライフスタイル分野の店舗において、1時間あたり1,000件近くの注文を受け、1年間で3億米ドル以上の売上を記録したとしている。2014年9月から2017年9月の3年間で1,500万米ドル近くがキャッシュバックされている。

【via e27】 @E27co

【原文】