THE BRIDGE

タグ ShowCase

【TokyoMeetup2012】ShowCase part3–ライブ情報共有サービスGIGLOG、アレルギーチェッカー、クラウド電話API boundio+新型センサー

SHARE:

StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」が開催された。イベント当日は、起業家、VCなどによるセッションとパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス9社によるショーケースピッチがおこなわれた。 ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。 最後に紹介するShowCaseは、GIGLOG、アレルギーチ…

StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」が開催された。イベント当日は、起業家、VCなどによるセッションとパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス9社によるショーケースピッチがおこなわれた。
ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。

最後に紹介するShowCaseは、GIGLOG、アレルギーチェッカー、boundio+新型センサーの三組だ。

GIGLOG

チーム:GIGLOG

GIGLOGはこれから夏を迎える今の時期にうってつけのサービスだ。このサービスを使えば、ライブやイベント、フェスなどステージごとに見たいものをチェックでき、また過去のステージにもレビューをすることができる。

過去に行ったライブやフェスのレビューを「行った」で登録し、これから先に開催されるイベントの情報を「行きたい」のカテゴリに登録する。登録した情報はソーシャルネットワーク上に共有することができ、登録されたイベントページを見れば、同じイベントに行った人、もしくは行きたい人がわかる。ライブやフェスを軸に人とつながり、より音楽を楽しむことができるようにするためのサービスだ。

これはリスナーにとってのメリットだけではなく、アーティストにとってもメリットがある。CDが売れない時代に価値を発揮するのは体験だ。アーティストにとってはライブがその体験を提供する場となる。GIGLOGの登場により、人々がよりライブを楽しむことが可能になれば、ライブに足を運ぶ人口が増え、音楽活動を行うアーティストも生計を今より立てやすくなるかもしれない。

GIGLOGのチーム状況は現在、バンドに例えるならボーカル以外全員募集しているような状態。このサービスに関心を持った方はぜひこちらのサイトをチェックしてほしい。

アレルギーチェッカー

チーム:ウィルモア

読者の中にはアレルギーに悩まされている方はいないだろうか。3歳までの25%の幼児がアレルギーを発症しており、この数は10前の数値と比較して2倍の数にのぼっている。アレルギーは成人でも発症する例もある日常的に人々が悩まされている。

病気の予防サービスを提供している企業ウィルモアの開発しているアプリ、アレルギーチェッカーがあれば、食品のパッケージについているバーコードから、食品パッケージについているバーコードを読み込むとアレルギー性食品が入っているかを知ることができる。

アレルギー疾患を持っている人の抗体と特異的に反応する抗原をアレルゲンと呼び、アレルギーチェッカーを使用すれば、商品パッケージへの表示が義務付けられているアレルゲン7品目だけでなく、表示が推奨されているアレルゲン18品目も含めた、計25品目のアレルゲンをチェックすることが可能だ。

アレルギーチェッカーは今後別バージョンアプリを開発しており、WEBと連携したアプリや、海外展開を予定している。食品への意識の高い人、アレルギーに悩まされている人はぜひコンタクトを。

boundio+新型センサー(ハードウェア)

チーム:KDDIウェブコミュニケーションズ「boundio」+岩淵技術商事

ShowCaseのトリを飾るのは、boundioと岩淵技術商事のコンビ。

boundioはネット経由でAPIを叩くだけで電話がかけられるクラウド電話API。通常であれば会員登録時の電話番号による個人認証や、簡易のコールセンターなどへの用途を想定して準備されたサービスだ。Webと電話を結びつけることで新しいビジネスの創出を目指して活動を行なっている。

今回のピッチでは、この電話APIのサービスとハードウェアを組み合わせたらどうなるか、岩淵技術商事の岡島氏よりプロトタイプのデモを見せてもらった。プロトタイプは、外出中に自宅に侵入者が入ってきたら、電話で知らせてくれるというもの。デバイス内にセンサーを備え付け、そのセンサー振動を検知したらboundioの電話APIを使い、ユーザに電話をかけてくれるそうだ。これを自宅のドアに備え付けておけば、出かけている間に家に誰か入ったらその通知を受け取ることができる。通知を受け取った後の対応はユーザの手に委ねられるとのことだ。

この組み合わせのアイデアのように。、素晴らしいWebサービスを独自のハードウェアと連携させることで、ユーザに新しい体験を提供することができるのでは、と岡島氏は熱く語った。

boundioとハードウェアの組み合わせの可能性については、来週Startup Datingでもイベントを開催するので、気になった方はぜひご参加を。

以上が、StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「Tokyo Meetup 2012」におけるSHOWCASEの一部だ。このイベントの詳細はこちらで報告していくのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------

【TokyoMeetup2012】ShowCase part2–顔認証システムを提供する「PUX」、写真の一括管理アプリ「Ambrotype」

SHARE:

StartupDating とPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」が開催された。イベント当日は、起業家、VCなどによるセッションとパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス9社によるショーケースピッチがおこなわれた。 ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。 第二部のShowCaseの時間で、ピッチをおこなったのは、…

StartupDating とPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」が開催された。イベント当日は、起業家、VCなどによるセッションとパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス9社によるショーケースピッチがおこなわれた。
ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。

第二部のShowCaseの時間で、ピッチをおこなったのは、PUX、Ambrotypeの2チームだ。

PUX

チーム:PUX

PUXは、任天堂の3DSにも採用されているこの顔認証システム「FaceU」を提供している。2012年4月パナソニックからスピンオフして設立されたPUXは、FaceUを始めとする認証や手書き認識などの技術をライセンスする事業をおこなっており、現在は、アプリ組み込み用SDK、サーバー用SDKとして提供している。

PUXはサービスのアイデアはあるが、技術が追いついていない、もしくは試したい技術があるが、海外ベンダーで敷居が高い、といった障壁にぶつかっているスタートアップに対して、技術面からサポートできるのではないかと考えているそうだ。より幅広いサービス提供者と取り組むことを視野に入れており、今後多くのウェブサービスに変化をもたらすことができるかもしれない。

画像認識の技術に興味がある方はぜひこちらのサイトをご覧いただきたい。

Ambrotype

チーム:リクルートメディアテクノロジーラボ

「Ambrotype(アンブロタイプ)」は先月にリリースされたばかりのサービスで、一言で言ってしまうと「思い出アルバム」だ。写真が誕生したときと比較して、現代はテクノロジーの進歩によって写真撮影がずっと身近なものになった。身近になる一方で、撮影に用いるアプリケーション、保存しておく場所、共有する先などがバラバラになってしまっており、管理が難しくなってしまっている現状もある。

Ambrotypeはこの問題を解決する。複数のソーシャルメディアから写真を集め、撮影した日や場所、人物でアルバムを簡単に作ることができるアプリケーションだ。このアプリを使用すれば、SNSや写真共有サービスから投稿済みの写真をスマートフォンに集約し、撮影日や撮影場所、写っている人物といった情報で分類してアルバムを作成できる。投稿先が異なるために分散してしまっている写真の一括管理を可能にしている。

さらに、不定期・ランダムに昔の写真を通知する仕組みを備えている。昔の記憶を呼び起こしてくれた写真はSNSなどに投稿できるため、友人や知人と写真をシェアして懐かしむことができる。これは思い出をきっかけにしたコミュニケーションを誘発する狙いだ。(サービスの詳細はこちらの紹介映像からどうぞ)

今後は、先にピッチを行ったPUXと連携し、顔認識技術を向上させることで、思い出をさらに効率的に整理、管理する機能を備えていく予定だ。

以上が、StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「Tokyo Meetup 2012」におけるSHOWCASEの一部だ。このイベントの詳細はこちらで報告していくのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------

【TokyoMeetup2012】ShowCase part1–仲間探しプラットフォーム「Creww」、短期ステイ先のマーケットプレイス「roomstay」、グリーティング映像アプリ「greetingVid」

SHARE:

StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」が開催された。イベント当日は、起業家、VCなどによるセッションとパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス9社によるショーケースピッチがおこなわれた。 ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。 まずご紹介するのは、Creww、roomstay、greet…

StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」が開催された。イベント当日は、起業家、VCなどによるセッションとパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス9社によるショーケースピッチがおこなわれた。
ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。

まずご紹介するのは、Creww、roomstay、greetingVidの3チーム。

Creww

チーム:Creww

仲間探しプラットフォーム。起業家、アドバイザー、投資家やスタートアップなどの情報を登録して適切なパートナーを探すことができる。

利用するにはまずアカウントを開設し、プロフィール情報を入力していく。基本情報、自己PR、過去の実績、講演、取材、出版履歴などだ。Creww上ではスタートアップページと、企業ページを作成することができる。スタートアップページは個人・法人問わず、サービスやプロジェクトを紹介するページのこと。ユーザはスタートアップページを作る事により、ファンを集め、仲間を集める事ができ、個人やプロジェクトのプレゼンス、露出度を高めることが可能だ。

Crewwは”なにをやるか”から”なぜやるか”に焦点をあてている。ビジョンに集う人は、お金などを最優先にしない。問題がおこったときにすぐに最善でおこなう。そこに価値があり、そこに共感する人を集めるころがCrewwの理念だ。日本にいけるイノベーターが活きる社会を目指す、それがCrewwだ。

現在、クローズドベータ版のテストをおこなっているが、1,200名のユーザと100程度のプロジェクトが投稿されている。

リリースは、7月9日に正式公開で完全招待制でおこなう。

roomstay

チーム:みんなのマーケット

続いてプレゼンテーションを行ったのは、roomstay

roomstayは、旅先で短期ステイ先を借りることのできるマーケットプレースで、日本版Airbnbとも呼べるサービスだ。旅行先の短期間の滞在ながら、観光客としてだけでなく、暮らすように旅をすることを理念としている。サービスは、貸したい部屋をもっているユーザと、短期間部屋を借りたいユーザとをマッチングさせる。サービスがスタートしたのは今年の4月。3ヶ月で登録されている宿泊先は、世界34カ国、218数もの部屋の情報が掲載されている。

今後も、部屋を掲載してくれるユーザ、またサービス開発にともなうエンジニアを募集している。

greetingVid

チーム:moso

mosoは6月に開催されたStartup Asia in JakartaのStartup Arenaで優勝したチームだ。mosoは今回のプレゼンで、新しいサービスの初公開を行った。mosoがしかける新たなアプリケーションは、動画でグリーティングカードを送ることのできるiOSアプリ。

作成できる映像の時間は数秒単位。多種多様なアニメーションやエフェクトを用意しており、それを使用することでユーザは簡単にメッセージ付きの映像を制作できる。制作した映像はTwitter、Facebook上でシェア可能だ。これまで映像を撮影することや、撮影した映像をシェアすることが日常的でなかったユーザも、greetingVidの登場によって映像ライフが楽しむようになるかもしれない。

GreetingVidを使っているユーザの投稿が閲覧することも可能だ。また、友人を招待したりグリーディング動画を送るとポイントを取得でき、特定のポイントを集めることで、動画のエフェクトのテンプレートを購入することができる。

リリースは、7月末を予定している。

以上が、StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「Tokyo Meetup 2012」におけるSHOWCASEの一部だ。このイベントの詳細はこちらで報告していくのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------