THE BRIDGE

タグ 堤修一

iOS開発者の堤修一さんにインタビュー(後編):世界で通用するエンジニアになるには? スペイン、米国での模索を経て気づいたこと

SHARE:

世界中を旅しながら仕事をするハッカー集団「Hacker Paradise」のベルリンプログラムに参加されていた、iOS開発者の堤修一さんへのインタビュー、後編です。前回は、自分探しの果てに30歳を過ぎてからほぼ未経験でエンジニアとしてカヤックに入社し、エースエンジニアになるまでの話をお伝えしました。約3年間勤めたカヤックを退社したあとは、活動舞台を世界に広げるべく堤さんの奮闘は続きます。インタビュ…

堤修一さん(左)、ベルリンのHacker Paradiseのお仲間と
堤修一さん(左)、ベルリンのHacker Paradiseのお仲間と

世界中を旅しながら仕事をするハッカー集団「Hacker Paradise」のベルリンプログラムに参加されていた、iOS開発者の堤修一さんへのインタビュー、後編です。前回は、自分探しの果てに30歳を過ぎてからほぼ未経験でエンジニアとしてカヤックに入社し、エースエンジニアになるまでの話をお伝えしました。約3年間勤めたカヤックを退社したあとは、活動舞台を世界に広げるべく堤さんの奮闘は続きます。インタビュー後編では、スペインでの書籍執筆、シリコンバレーでの経験、そして最後はベルリンでのお話をお届けします。

関連:iOS開発者の堤修一さんにインタビュー(前編)カヤックで「使えないおじさん」からエースエンジニアになるまで

スペインでの初の英語面接で「スカイプ面接恐怖症」に

堤:ぼくにとっての「青春時代」を過ごしたカヤックを2012年の年末に辞めることにしまして。で、辞めることを決めた週にちょうど本を書かないかという話をいただいたんです。きた!! と思いました。

本はいつか書きたいなと思っていたのでちょうど良いタイミングだったのと、あと海外に出たいなと思っていた時期なので、まさに本の執筆はどこでもできるので良い仕事がきたなと思いました。

それで、2013年の2月に1ヶ月スペインに行きました。

佐藤:おお! またなぜスペインに?

堤:アメリカやアジアよりもヨーロッパに興味がありました。国の雰囲気としてもイギリス、スペイン、ドイツあたりに行きたいなと思ってたんです。あと冬だったんで、一番寒くないスペインにしました。スペインのバルセロナで本を書きつつ、現地でiOSエンジニアを募集している企業に応募してみたりもしました。

それで、現地の企業とはじめてスカイプ面接をしたんですけど、相手が何を言っているのかよくわからなくて。ビザのことを聞かれたのはなんとなく分かったので、ビザは持っていないと答えたら、なんかアイムソーリー的なことを言われました(笑)。

佐藤:アイムソーリー的なことって…!(笑)

堤:自己紹介もしないままに面接が終わってしまって…もうそれでスカイプ面接がトラウマになってしまいました。それがスペインでの最初で最後の面接になりました。

スペインの失業率の高さも現地で実感したので、スペインで仕事をするのは無理だなと思いました。あと、ちょうど日本からもフリーランスの仕事がきたのでそれも引き受けて、ああ海外でも日本の仕事をリモートでできるんだなという実感は得られました。

そういうことをブログでも発信してたんですけど、ちょうどAppSociallyの当時のCTOがコンタクトしてきてくれたんです。シリコンバレーのシードアクセラレータの500 Startupsに参加するから、一緒にやらないかと言われて。当時まだスタートアップ界隈に疎くて、シードアクセラレータ? 500 Startups? なんじゃそりゃって感じだったんですけど、とりあえずスカイプで話を聞いてみました。

シリコンバレーで500 Startupsのアクセラレータプログラムに参加

AppSociallyのメンバーとして、500 Startupsに参加した堤修一さん(左)
AppSociallyのメンバーとして、500 Startupsに参加した堤修一さん(左)

堤:それで、いろいろと条件交渉をしたら話がまとまって、スペインのあとはアメリカで仕事をすることになりました。500 Startupsの経験はとても刺激的でおもしろかったです。

シリコンバレーには2013年後半までいました。そのとき、リンクトインのプロフィールの住所をマウンテンビューにしてたんですけど、そしたらシリコンバレーの名だたる大手テック企業からスタートアップにいたるまでスカウトメールがじゃんじゃんきました。ぼくの実績はこっちでも通用するんだなと思いつつも、英語でのコミュニケーションがやっぱりまだ自信がなかったんです。プロダクトをつくる上では、チームで議論を突き詰めていかないといい仕事ができないので。

それで、まずはエンジニアとしてのスキルをもっと突き詰めて、世界のチームから「ちょっと英語ができなくても話したい」と思われる存在になりたいと思いました。なので、日本でエンジニアとしての技術と実績をもっと磨こうと思いました。

そんなわけで2014年は日本でやろうと思ってたころなんですが、そのころハードウェアと連携するアプリが面白いなと思い始めたんです。ちょうどアメリカにいたときにPebbleを見たり、Kickstarterのことも知ったりして。

当時は iOS SDKを出しているガジェットをたくさん買ってました。あとArduinoの電子工作とかもやったり。でもやっぱりハードウェアに触るとその複雑さもよくわかって、ぼくはiOSのソフト側に徹しようという思いも強まりました。あと、ハードウェアとiOSアプリを連携させるキー技術がBLE(Bluetooth Low Energy)であるということがわかってきて、そういうのを記事に書いたりしてました。

WHILLは500StartupsでAppSociallyと同じバッチだったんですけど、ソフトウェアエンジニアを探していたときに声をかけてくれて。で、WHILLと仕事をしたらBLEにも詳しくなって、そういうことをブログに書いてたら、次はMoffの方も声をかけてくれて。

そんなこんなで、BLEを使うiOSアプリづくりについて本を書く話もきて、2015年3月にBLEの本も書きました。これです。

12011593_1159767877385310_710697299_o-2

佐藤:でっかい本ですね!

堤:これいつも持ち歩いてるんです。とりあえずこれを海外で見せると、言葉は通じなくても「オーマイガー!」って感じになるんで(笑)。

佐藤:確かに触れるものってインパクトありますもんね。

堤:3月にこの本を出版するまでは3ヶ月ぐらい執筆にかかりっきりでした。本の執筆もして、結構自分のなかでは達成感もあって、そんなときにまたふと「海外に出てみようかな」って気持ちが沸き起こってきたんです。ちょうどそのころにHacker Paradiseのことを知って、実際に行動を起こしてみようという気持ちになりました。面接にも合格して、お客さんともスケジュールを調整して、ベルリンに来たというわけです。あとブログにも書きましたが、GitHub経由で海外からも仕事の依頼がきて、ちょうど海外をまた攻めるぞモードになり始めてました。

佐藤:こうして、今ベルリンにいらっしゃるわけですね。

成功体験、失敗体験の積み重ねは大事

佐藤:実際にHacker Paradiseに参加されてみてどうでした?

堤:よかったのは、外国人の中に一人で飛び込んでみると、成功体験や失敗体験の数を積み重ねられることですね。たとえば、今までは外国人の中に一人で飛び込むといつも「一刻も早くこの場から逃げ出したい」という気持ちになっていたんです。でも今回参加して、一定の条件がそろえば気まずさを感じないことがわかって、開き直れるようになりました。

佐藤:それはどんな条件なんですか?

堤:まず、相手がぼくと話すことを無駄だと思っていないなと感じられること、あと人数がぼく以外に二人までという条件です。相手が自分に話かけてくれる頻度とかで、相手が自分に興味が持っているかどうかがわかるので。そういう人にはぼくも安心して拙い英語をぶつけられるんです。

あとは案件に関する話とか、会話にきちんとした目的がある場合は安心して話せることがわかりました。あとスカイプだとこわかったんですけど、実際に会えば大丈夫だとわかりました。そういう一定の条件を満たしていれば大丈夫なんだという成功体験が得られたのは良かったですね。

でもね、来る前は本当にこわかったです。

Hacker Paradiseのみなさんと
Hacker Paradiseのみなさんと

佐藤:え、そうなんですか? そんな風には見えなかったんですけど。

堤:いえ、すごくこわかったです。Hacker Paradiseに参加する前は、不安ばかりでした。

佐藤:ちなみに、ベルリンという場所についてはどんな印象をもたれましたか?

堤:シリコンバレーに行ったときは、家賃も高いしビザを取得するのも大変だしで「そこまでしてここで働く意味があるのか?」って気持ちもあったんですけど、ベルリンに来てみてフリーランスビザの話とか面白いスタートアップの話も聞いたりしてとても面白い街だと思いました。あと夜中に歩いていても危険な空気がしないとか、車を運転しなくても電車やバスで市内中どこでも行けるのが魅力的でした。

佐藤:海外での仕事を広げたい若いエンジニアへの方に対して、なにかアドバイスはありますか?

堤:一番効果的だと思うのは、GitHubでの活動です。GitHubでのスター数は世界共通の客観的指標だし、ソースコードを公開するので実力を直接示せるからです。世界に通じる指標という意味ではStackOverflowのreputationも効果があると思います。あと、海外にいる日本人の間でプレゼンスを高めるという点ではブログでの発信も効果がありますね。その繋がりで現地のスタートアップを紹介していただけたり、ということも今回ありました。

あと、これは仕事全般に関することですけど、苦手なことを克服するよりも得意なことを攻めて、周囲を自分に引き寄せるようにするというのは意識していますね。たとえば僕は海外で仕事したいのに英語が苦手なんですけど、英語を勉強するよりも、まず得意なiOSの分野で技術力と実績を磨いて、それをGitHubやリンクトインでアピールすることで、向こうが僕と話したい状況をつくる、みたいなやり方です。その方が楽しいですし、効果的なので。海外でミートアップよりもハッカソンの方に出るのも同じような考え方からですね。苦手な英語でトークをがんばるよりも、つくって成果物を見せた方が自分の強みを活かせので。

佐藤:なるほど。実用的なアドバイスをありがとうございます。たくさんお話しを聞かせていただき、ありがとうございました!

----------[AD]----------

iOS開発者の堤修一さんにインタビュー(前編):カヤックで「使えないおじさん」からエースエンジニアになるまで

SHARE:

世界中を旅しながら仕事をするというヒップなライフスタイルを実践するハッカー集団「Hacker Paradise」に先日ベルリンでインタビューをしましたが、そこで日本人として唯一参加されていたのが、iOS開発者の堤修一さんです。堤さんといえば、日本のiOS開発者界隈では有名な方。ブログで積極的にiOS開発関係のことを発信するブロガーとして、またGitHub上で積極的に活動されていることでもよく知られ…

ベルリンのコワーキングスペースBetahausにてインタビューに応じていただいた堤修一さん
ベルリンのコワーキングスペースBetahausにてインタビューに応じていただいた堤修一さん

世界中を旅しながら仕事をするというヒップなライフスタイルを実践するハッカー集団「Hacker Paradise」に先日ベルリンでインタビューをしましたが、そこで日本人として唯一参加されていたのが、iOS開発者の堤修一さんです。堤さんといえば、日本のiOS開発者界隈では有名な方。ブログで積極的にiOS開発関係のことを発信するブロガーとして、またGitHub上で積極的に活動されていることでもよく知られています。

最近は「海外の仕事をしたい」モードだという堤さんに、これまでのキャリアの話を色々と伺ってみました。話を聞けば聞くほど「以前の職場カヤックには、一度面接で落ちている」「カヤックに入ったはいいものの最初はぜんぜん使いものにならない窓際エンジニアだった」などという意外な過去が次々と明らかに。

インタビュー前編では、堤さんがカヤックに入社するまでの経緯、そしてiOSエンジニアとしてのポジションを確立するまでの道のりについてお届けします。

自己啓発書を読み漁った「自分探し」の果てに、2度目の挑戦でたどり着いたカヤック

堤修一さん(左)、ベルリンのHacker Paradiseのお仲間と
堤修一さん(左)、ベルリンのHacker Paradiseのお仲間と

佐藤:ベルリンで日本人のフリーランスエンジニアの方にお会いすることはあまりないので、今回堤さんがいらっしゃると聞いて、とてもワクワクしていました。海外で勝負してみたいと思うエンジニアの方は多いと思うのですが、堤さんが海外に出たいと思われたきっかけってなんなんですか?

堤:「海外に出たい」というのは、割と人間の普遍的な欲求だと思うんです。壮大な景色を見ると感動するのと同じように、いつもと違う街並みや人や文化に触れることは多くの人とって刺激的なことだと思うので、その欲求自体は割と理解してもらえるものなのかなと。具体的な行動に移せるようになったのは、2012年12月31日にカヤックを退職したあとのことです。カヤックの前は大企業で働いていたんですけど、海外駐在に応募してみても英語がダメだったんで受かりませんでした。

カヤックでは自分でいろいろとアプリをつくってきたんですけど、3年ぐらいやったらiOSのエンジニアとしてiOS界隈でも認知されるようになりました。だから、カヤックを辞めたころはそろそろ海外に出てもニーズがあるんじゃないかなと思い始めていたときです。

佐藤:カヤックで、iOSのエースエンジニアにまでなられたのはスゴイですね!

堤:うん、でも最初はプログラマーとしての自信はまったくなかったんですよ。ぼくは31歳からプログラミングを始めて、めちゃくちゃ苦労したんで。

佐藤:え、そうなんですか。意外です。カヤック以前もずっとプログラマーとして経験を積まれてきたのかと勝手に思ってました。

堤:まったくそんなことないです。もともと、ぼくは大学卒業後にNTTデータの研究開発部門に入ったんですね。で、何年かすると同期や別の会社に行った大学時代の友人たちがどんどん活躍するようになってきて、焦りを感じはじめました。で、なにか行動を起こさなければと思って、転職活動を始めて。当時の第一志望だったMicrosoftには落ちちゃったんですけど、転職活動を続けてたら、キャノンの複合機部門に転職することになりました。

佐藤:へえー、そうだったんですか。キャノンでプログラミングのお仕事をされたんですか?

堤:いえ、プログラムを書けない人にはプログラムの仕事はまわってきません(笑)。で、いわゆる「調整役」を中心に、がんばって働いてはいたんですけど、何年かするとやっぱりなんかつまらないなと。

佐藤:転職しても、当初感じていた焦りは解消されなかったんですね。

堤:そう。で、悶々としていると何をするかというと、当時のぼくは自己啓発書を読み漁ってたんです。

佐藤:自己啓発書!! 分かります(笑)。

堤:そのとき手にとった本の一つに「おもしろいオフィス」の特集をしている雑誌があって、そこでカヤックを知ったんです。鎌倉にオフィスがあって、「サービスを年に77個つくる」とか「旅する支社」とか…なんかカヤックおもしろいな、と。

佐藤:おもしろいですね〜。

堤:これを読んで、カヤックで仕事をしたいと思って。プログラミングはできなかったんですけど、「考える」ことならできるかなと思って企画、ディレクターのポジションに応募したんです。そしたら、落ちました。

佐藤:え、落ちたんですか!!

堤:はい。それで、何かしらの努力をして再挑戦したら望みがあるのか、あきらめるべきなのか悩んだあげく人事にメールしたら、社長から返事があって。「30歳を超えて、経験がなくてディレクターは難しい。それなら若い人を育てるので。でもNTTデータやキヤノンにいたのなら、何かしらプログラムでつくれるようになって、エンジニアとしてなら可能性あるかもね」と。

なので、じゃあプログラミングをやろうと思って、3ヶ月間のスクールでActionScriptを勉強して、そこでつくったFlashの作品を見せて、もう一度カヤックを受けたんです。それで、エンジニアとして採用してもらいました。

佐藤:おお〜、そんな経緯があったんですね…!

サーバーサイドエンジニアとして入社するも、完全に「使えないおじさん」になった…

2010年4月、カヤックの新オフィスにて。左から3番目が堤修一さん
2010年4月、カヤックの新オフィスにて。左から3番目が堤修一さん

堤:2度目はFlasherとして応募したんですけど、結局、サーバーサイドエンジニアとして採用されたんです。ぼく自身はサーバーサイドには興味がなかったんですけど、カヤックに入れるならもうなんでもよくて。

佐藤:へえ、そうだったんですか!

堤:でも、全然ぼくは使いものにならなくて。当時すでに結婚してたんですけど、事前に会社にお願いして、初日から会社に歩いて行ける独身寮に住まわせてもらいました。その頃はもう毎日のように朝まで仕事してました。

佐藤:え、なんでそんなに遅くまで!?

堤:もう振られた仕事が終わらなくて。周囲のエンジニアとかみんなぼくより年下で、自分が聞くことのレベルも低いだろうから質問するのもこわくて。そんで、ツイッターで泣き言をつぶやいてたら優しい人が声をかけてくれて、朝6時に電話して教えてもらったりして。

佐藤:え、まじですか! 涙が出そうな話ですね…。

堤:でも、それでも使えない状況は変わらなくて、ある日すべての仕事がぼくから剥がされて他のエンジニアに引き継がれていきました。PHPの入門書を渡されて、「これでも読んで、まずは掲示板でもつくってみてください」と。

佐藤:ひええ〜…。

堤:ぼくとしてもサーバーサイドよりも、もともとはFlashや、iPhoneアプリづくりに興味があって、アプリのアイデアとかを日報で書いていたんですね。そしたら、当時おじいちゃんおばあちゃん向けにアプリをつくっていたチームの人から声がかかって、「写真からシワをとれるアプリをつくれない?」って声がかかったんです。で、キタ!と思って、ゴールデンウィーク中に毎日オフィスに通ってアプリをつくりました。

当時2010年ごろ、カヤックにもiPhoneアプリをつくれる人はいたんですけど、iPhoneアプリ一筋でやっている人はまだいなかったんです。みんなそれぞれサーバーサイドやFlash等の本業があるので忙しかったんですけど、僕だけは仕事があまりない状況だったんで、iPhoneアプリの仕事がまわってきたんです。

佐藤:おお〜ついに!

堤:当初のサーバーサイドの仕事はほぼ干されてしまったんで、iPhoneアプリの仕事はもう必死でやりました。徹夜でやって、翌日には涼しい顔で「もうできてますよ」っていかにもサッとできた風に見せて。

佐藤:涙ぐましい努力ですね。

カヤックで過ごした3年間は「遅れてきた青春時代」

堤:そんな感じでめちゃくちゃ必死で勉強して、iPhoneアプリの仕事をもらうようになっていきました。カヤックもちょうどiPhoneアプリの仕事が増えてきた時期だったんで、来る案件はぜんぶ自分がやりたい!って手をあげてました。

佐藤:めちゃくちゃ働いてたんじゃないですか、そのころ。

堤:もう、起きてるかぎり働いてました。試用期間が終わったら、鎌倉の会社の近くにアパート借りて、昼間とか眠くなったら家に帰ったりしてたんですけど、夜も土日もずっと会社で仕事してましたね。

別にブラック企業とかじゃなくて、とにかく自分がやりたくてやってたんです。やりたかったし、今やらなければもう後がないっていう状況だったんで。

佐藤:そこまで突き動かされて取り組まれていたとは、すごいですね。逆になんでそこまでがんばれたんですか?

堤:だって、サーバーサイドの仕事で一度干されましたし。ある程度年齢いっていて、経験もない状態だったんで。もう後はなくて、これで転職しても次の見込みもない状態だったし。大きい会社に戻るのも、当時はもう難しい状態だったし。

でもね、単純に楽しかったというのもあるんです。ずっとプログラミングにはちょっとした憧れがあったんで、ついに自分でモノをつくれることが楽しくてたまらなかったんです。

佐藤:でも、そこまでのエネルギーを費やせるのもほんとにすごいですね。

堤:いやもう、社会人になってはじめて命を吹き込まれた感じでしたよ。

佐藤:なんか、青春時代みたいですね。

堤:ほんと、鎌倉時代はぼくにとって遅れてきた青春時代のようなものです。

✳︎ ✳︎

その後iOS開発者としての経験を積んだあと、約3年勤めたカヤックを退社することに決めた堤さん。ちょうど書籍執筆の話しが舞い込み、執筆の仕事を抱えてスペイン、バルセロナへ。その後、ひょんなことからシリコンバレーでの仕事の話しが舞い込み、仕事の舞台を世界に広げていかれます。続きは、インタビュー後編でお届けします。

後編:iOS開発者の堤修一さんにインタビュー(後編):世界で通用するエンジニアになるには? スペイン、米国での模索を経て気づいたこと

----------[AD]----------