BRIDGE

タグ Sigfox

シンガポールと台湾でSigfoxサービス提供のUnaBiz(優納比)、シリーズAでソラコムやグローバル・ブレインらから1,000万米ドル超を調達

SHARE:

シンガポールと台湾で LPWAN(低電力ワイドエリアネットワーク)の Sigfox サービスを提供する UnaBiz(優納比)は、シリーズ A ラウンドで1,000万米ドル超を調達したと本日(原文掲載日:8月28日)発表した。資金調達元となったのは日本のグローバル通信企業 KDDI とグローバルエネルギーサービス企業 ENGIE の戦略投資だ。 KDDI は子会社のソラコムが運営する「SORACO…

UnaBiz(優納比)のチーム
Image credit: UnaBiz(優納比)

シンガポールと台湾で LPWAN(低電力ワイドエリアネットワーク)の Sigfox サービスを提供する UnaBiz(優納比)は、シリーズ A ラウンドで1,000万米ドル超を調達したと本日(原文掲載日:8月28日)発表した。資金調達元となったのは日本のグローバル通信企業 KDDI とグローバルエネルギーサービス企業 ENGIE の戦略投資だ。

KDDI は子会社のソラコムが運営する「SORACOM IoT Fund Program」を通じて UnaBiz に出資した。ソラコムは120ヶ国以上でマルチスタンダード IoT プラットフォームを運営している。

このラウンドには日本のベンチャーキャピタル企業グローバルブレインも KDDI Open Innovation Fund Ⅲ (KOIF3)を通じて参加している。

また、シンガポールからの非公表のエンジェル投資家や、Shin Kong Group(新光集団)の子会社で台湾のセキュリティ管理大手 Shin Kong Security(新光保全)の参加もあった。

UnaBiz のシードラウンドでも資金を提供した ENGIE は、ENGIE New Ventures を通じて今回の投資に参加した。

左から:UnaBiz(優納比)CEO の Henri Bong 氏と、CTO Philippe Chiu(邱賞恩)氏(共に共同創業者)
Image credit: UnaBiz(優納比)

UnaBiz の CEO で共同設立者の Henri Bong 氏は、報道声明で次のように述べている。

今回の資金調達シリーズの成功はチーム全体のたゆまぬ努力の成果で、UnaBiz は新たな成長段階へと歩みを進めることができます。

私たちはわずか2年の間に全国ネットワーク網を2つ展開し、アジア中で200社を超えるパートナーを擁するエコシステムを築き、25ヶ国以上に当社の IoT ソリューションを市場投入しました。財務面だけでなくオペレーション面でも当社を支援してくださる国際パートナーを新たに迎え、UnaBiz は Massive IoT の実現に向けて一層重要な役割を果たしていきたいと思っています。

UnaBiz は IoT アプリケーションの製品開発に今回の資金を投資していく予定。同社はこのアプリケーションを「接続性、エンドツーエンドソリューション、エンジニアリングサービス」を組み合わせたものと説明している。

また、パートナー各社と協力して、航空宇宙、施設管理、飲食業、ロジスティクス、サプライチェーン、スマートシティなどの鍵となる業界分野にソリューションを提供していく予定だという。

2016年に設立された UnaBiz は、シンガポールと台湾で事業展開している。

同社は両国で Sigfox の接続サービスを提供しており、自社エコシステムネットワークを通じ世界中で IoT ソリューションを販売している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

Sigfox、日用品のコネクティビティ促進に向けた劇安のIoTモジュールを発表

SHARE:

大きな野望に満ち溢れるフランスの Sigfox は本日(9月26日)、同社が構築中のグローバル IoT ネットワークの加速につながるよう設計された新たな一連の取り組みを発表した。 プラハで本日(9月26日)開かれた同社初のユーザカンファレンスの場で、コネクティビティの普及によって業界や私たちの日常生活の多くの側面が変化すると役員やパートナーが講演した。Sigfox はそのような未来の実現に向けて特…

ludovic-le-moan-_-keynote-new-services.jpg
Sigfox 共同設立者兼 CEO Ludovic Le Moan 氏
Image Credit: Sigfox

大きな野望に満ち溢れるフランスの Sigfox は本日(9月26日)、同社が構築中のグローバル IoT ネットワークの加速につながるよう設計された新たな一連の取り組みを発表した

プラハで本日(9月26日)開かれた同社初のユーザカンファレンスの場で、コネクティビティの普及によって業界や私たちの日常生活の多くの側面が変化すると役員やパートナーが講演した。Sigfox はそのような未来の実現に向けて特別に作られた低出力の通信ネットワークを構築しており、ベンチャーキャピタルより4億米ドル超の資金提供を受けている。

同社はそのネットワークを拡大しつつあり、本日(9月26日)、コスタリカ、クロアチア、タイ、チュニジアの4か国でもまもなく利用できるようになると発表した。また、このテクノロジーをサービス提供につなげられるよう他の企業と新たに提携したことも明らかにした。

しかし、アナリストが懸念する問題点の1つは、ネットワークの能力を十分活用できるほどのユーザを同社が集められるかというものだった。Sigfox はこれまでに、小ぶりの情報パケットを無線ネットワークに乗せるエネルギー効率の高いモジュールを販売し、ネットワーク利用のサブスクリプションに課金するという方法をとってきた。Admiral Blue というこのモジュールの料金は1ユニットあたり2米ドルだが、現在この金額を引き下げるよう努めているという。

本日(9月26日)Admiral Ivory という新型モジュールが公開されたが、価格は1ユニットあたりたったの0.20米ドルだ。既存モジュールが永久的なデプロイに適しているのに対し、最新モジュールは、荷物発送・物流、小売など使い捨ての製品や一回限りの利用にも十分なほど廉価なものとなっている。

また、モジュールが世界中を移動する時に現地のネットワークと簡単に通信のできる最新の Sigfox Monarch サービスの発表も行われた。

この発表が行われたのは、独自の IoT 通信ネットワークを展開している通信規格会社や電話会社との競争にますます直面するようになっているためである。プラハでの講演にて、Sigfox の共同設立者兼 CEO の Ludovic Le Moan 氏は、よりコネクティッドな世界のビジョン実現に向け、同社は順調な歩みをしていることに自信を見せた。

Le Moan 氏はステージ上で次のように述べている。

これは SF の世界でもフェイクでもありません。私たちが実際に行っていることです。コネクティビティとは水の流れのようなもので、電気みたいなものなのです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Sigfoxがフランス過去最大のVCラウンド 1億1500万米ドルを調達、IoTワイヤレスネットワーク拡張を目指す

SHARE:

フランス、ラベージュ発 – フランス南西部の一角に拠点を置くスタートアップSigfoxが、モノのインターネットデバイス接続専用のワイヤレスネットワークを世界的に拡張するための資金として1億1500万米ドルを調達した。 この金額は、パリのライドシェアリング最大手BlaBlaCarが昨夏のラウンドで調達したフランス史上始まって以来最大規模の1億米ドルを超える。この1億1500万米ドルのラウ…

sigfoxceo2-780x520
フランス、ラベージュ発 – フランス南西部の一角に拠点を置くスタートアップSigfoxが、モノのインターネットデバイス接続専用のワイヤレスネットワークを世界的に拡張するための資金として1億1500万米ドルを調達した

この金額は、パリのライドシェアリング最大手BlaBlaCarが昨夏のラウンドで調達したフランス史上始まって以来最大規模の1億米ドルを超える。この1億1500万米ドルのラウンドはSigfoxの成長を加速させるのみならず、ヨーロッパで注目を浴びるスタートアップリストにおいて同社がトップの地位を固めることになるだろう。

「今回の資金調達は、当社がパートナーと協力することで多くのデバイスでつながれた世界というビジョンを達成できるネットワークをもたらすことになるでしょう」とSigfox社長のLudovic Le Moan氏はインタビューで答えた。「マーケットがどのようなものになるかわからなかったので、このラウンドで資金調達を開始した時の状況は容易ではありませんでした」

人によって見方は様々だが、これから10数年後、多くの人はセンサーやチップが内蔵されたスマートデバイスがインターネットにつながっていると予想している。デバイスの種類はヘルスケアやフィットネスデバイスから、スマートメーター、重工業で使用されるような複雑な機械に至るまで幅広いものになる。

フランス政府は、IoTセクター全般を同国のスタートアップが強化すべき分野として位置付けている。ますます多くのデバイスが横につながり、やり取りのできるハードウェアやソフトウェア、ネットワークに焦点を当てている。

Sigfoxは、そうしたスマートデバイスがデータを送受信するのに信頼性のある方法を提供できるよう特別に設計されたセルラーネットワークを構築することにより、この分野で最も有名な企業の1つとなった。このネットワークはフランス、スペイン、イギリス、オランダなど各国の現地通信会社とのパートナーシップで構築されている。

Singfoxは近くアメリカとアジアに進出する計画がある。Le Moan氏によると、同社はこうした市場で現地通信会社と交渉中であるという。現在サンフランシスコの拠点に3名のスタッフがいるが、アメリカオフィスの人数を30人ほど増やし、サービスのローンチを目指してアメリカ東海岸にも拠点を設けたいとしている。

Sigfoxの全スタッフ数は80名以上であるが、そのほとんどがトゥールーズ郊外のラベージュで働いている。このエリアではテックやスタートアップにとってハブとなっているところだ。パリが金融系とテック系スタートアップの中心地となっているこの国で、首都を離れた地方でメジャーなスタートアップが出てきたのは注目に値する。

Le Moan氏は来年中にあと100人雇用したいと述べた。最近の資金調達ラウンドで得た資金は、ネットワーク拡張のほか新規採用にも活用される。このラウンドに参加した投資家にはスペインのTelefonica、フランスのGDF Suez、日本のNTT DOCOMO Venturesなどがある。

Sigfoxはこれまで、2回のラウンドでIdinvest Partners、FSN PME、Ambition Numerérique、Intel Capital、Elaia Partner、Partech、Ixo Private Equityから3000万米ドルを調達した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------