タグ Sigfox

シンガポール/台湾のIoTスタートアップUnaBiz(優納比)、Sigfoxを買収

フランス・トゥールーズの商事裁判所は、フランスの IoT 企業である Sigfox の経営を引き継ぐ企業として、9社の入札者の中から UnaBiz(優納比)が落札したと発表した。 2010 年に設立された Sigfox は、LPWAN(Low Power Wide Area Network)サービスを中心とした IoT(Internet of Things)企業であり、世界75カ国で事業を展開し、…

Image credit: UnaBiz(優納比)

フランス・トゥールーズの商事裁判所は、フランスの IoT 企業である Sigfox の経営を引き継ぐ企業として、9社の入札者の中から UnaBiz(優納比)が落札したと発表した。

2010 年に設立された Sigfox は、LPWAN(Low Power Wide Area Network)サービスを中心とした IoT(Internet of Things)企業であり、世界75カ国で事業を展開し、2000万台以上の IoT 機器に導入されている。Intel、Samsung、NTT、SK Telecom など多くのテクノロジー・通信企業から投資を受け、公開資金調達額は3億米ドルを超え、ユニコーン(評価額10億米ドル以上)となっている。

しかし、新型コロナウイルスやチップ不足の影響により、Sigfox は今年1月にフランスで破産法の適用を申請した。 Sigfox がフランスの裁判所に提出した資料によると、同社は9,100万ユーロ(約125億円)近い純損失と1億1,800万ユーロ(約162億円)の金融負債を抱えていたが、売上高はわずか2,400万ユーロ(約33億円)にとどまっていた。

<関連記事>

短期間での好転が期待されない中、中欧や中東の Sigfox 事業者、フランスのエンジニアリング企業や技術集団など9社が買収に関心を示し、アジアにおける Sigfox のサプライヤーとして UnaBiz が選ばれた。

裁判所の決定を受け、 UnaBiz は100名を超える Sigfox チームの従業員、グローバル資産、業務、財務情報を含む事業を Sigfox から譲受する。UnaBiz は、Sigfox の事業継続と顧客サービスの維持を支援し、Sigfox の既存の事業活動が適切に機能し、ネットワーク通信サービスの安定性が確保されるよう尽力する。

Image credit: UnaBiz(優納比)

Unabix の CEO兼共同創業者 Henri Bong(黄安利)氏は次のように語った。

Sigfox の所有権変更は、大規模 IoT 業界の新しい時代を意味する。UnaBiz は Sigfox の強みを生かし、LPWAN で再びポジションを獲得するとともに、LoRa、LTE-M、NB-IoT など他の通信技術とも協力して、大規模 IoT の発展を推進する。

2016年に設立された UnaBiz は、台湾とシンガポールにおける Sigfox の事業を運営。シンガポールに本社を置き、フランス、台湾、日本、ドイツなど世界各地からチームメンバーが集まっている。 創業以来、日本瓦斯(ニチガス)向けに100万台以上のスマートガスメーターを構築、台北市水道局のスマート水道メーター構築を支援、桃園にスマートガスメーターを配備した。2021年、UnaBiz はシリーズ B ラウンドで2,500万米ドルを調達、Forbes 誌の「注目の新興企業トップ100」に選定された。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


大統領目標「ユニコーン25社」を3年早く達成、Sigfoxの窮地で考えた仏エコシステムの成熟度【ゲスト寄稿】

本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens 氏によるものだ。彼は、日本で Shizen Capital(旧 Tachi.ai Ventures)のマネージングディレクターを務める。本稿は Bivens 氏の許諾を得て翻訳転載した。英語によるオリジナル原稿はこちらから。(過去の寄稿) This guest post i…

mark-bivens_portrait本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens 氏によるものだ。彼は、日本で Shizen Capital(旧 Tachi.ai Ventures)のマネージングディレクターを務める。本稿は Bivens 氏の許諾を得て翻訳転載した。英語によるオリジナル原稿はこちらから。(過去の寄稿

This guest post is authored by Mark Bivens. Mark is a Paris- / Tokyo-based venture capitalist. He is the Managing Partner of Shizen Capital (formerly known as Tachi.ai Ventures) in Japan. The original English article is available here.


今週の Sigfox の凋落の発表について、私が揶揄するのは簡単なことだ。私が以前いたフランスのファンドは、その昔、Sigfox に投資する機会を逸してしまったのだ。私の元パートナーは、Sigfox の「海を煮る(過剰に無意味なことをする)」ようなアプローチで広範な IoT ネットワークインフラを構築するのは扱いにくいと鋭く判断したのだ。その代わりに、彼は、この分野でより小さなフランスのプレーヤーである Actility への投資をマネージした。Actility は Sigfox の直接の競争相手ではないものの、ライバルのようなものだ。Actility はまだユニコーンの地位には到達していない。Actility への投資資金は妥当なレベルにとどまっており、その一部セカンダリは初期 VC に素晴らしい倍率を提供し、同時に新しい投資家にとっては将来の成長可能性を備えた魅力的な価値となった。

しかし、私は、Sigfox が連邦破産法第11条の適用から復帰することを応援している。Sigfox は、多くの点で LaFrench Tech と技術系ユニコーンの輩出を目指すフランスの象徴的な存在だ。Sigfox の幻想的な旅がどのようにしてここまで来たのかに興味がある人は、Chris O’Brien 氏が素晴らしい調査でその幕引きをしてくれているので、ぜひ読んでみることをお勧めする。

また、余談だが、ネットワーク接続を必要とするコネクテッド・オブジェクトの急増を予想した Sigfox は正しい道を歩んでいると私は思う。完全に IoT ネイティブなネットワークを開発するという野心において、Sigfox は既存の通信事業者が提供するものよりも優れたものを構築していた可能性がある。むしろ、Sigfox の苦戦は、そのコアアーキテクチャの本質的なハンディキャップに起因するものであることが判明するかもしれない。通信事業者の先達と同様に、Sigfox は中央集権型モデルだ。まだ結論を出すのは早いが、IoT ネットワークの広域接続に最適なアーキテクチャは、中央集権型ではなく、分散型であることを予備的な証拠は示している。ちなみに、私がワイヤレスネットワーク「Helium」の日本での構築を熱烈に支持する根拠はこれだ。

<関連記事>

ユニコーン

しかし、この記事は、Sigfox や IoT ネットワークの話ではなく、ユニコーンの話だ。

フランスでは先週、1年半前にわずか13社だったテックユニコーンの25社目が誕生し、大きな話題となった。私は、ユニコーンという言葉は魅力的であると同時に欠点もあると思うが、この指標はフランスのテックエコシステムの20年にわたるサクセスストーリーを強調するものであると思いる。

私がしばしば言及するように、フランスのベンチャーエコシステムは過去20年間で開花した。20年前、フランスはスタートアップやベンチャーキャピタルにとって、荒涼とした風景だった。当時は、起業家精神は奨励されず、リスクキャピタルは基本的に存在せず、有望な若者は家族や社会から説得されて、予測可能な、そして最も重要な安定したキャリアを追求するために既存の大企業に入社していたのだ。

しかし、エンジェル税制、公共投資銀行、LaFrenchTech などの政府の取り組みにより、リスクとイノベーションに対するフランス人の意識は次第に高まっていった。リスク回避や失敗への汚名といったフランスの伝統的な文化的メンタリティは、起業や会社設立への熱意へと変化していったのだ。

2019年、マクロン大統領が2025年までにフランスに25のテックユニコーンを作るという大胆な目標を発表したとき、フランスが3年早くその目標に駆けつけると予想した人はほとんどいなかった。しかし、世界のリーダーたちは注目した。これが、このような指標の良いところだ。このような指標は、各国のエコシステムがスコアを記録するための目に見える手段なのだ。

もちろん、一国のユニコーン数のような目に見える指標は、ユニコーンがつまずいたときにも注目を浴びる。それがこのゲームの本質なのだ。しかし、私は、死にゆくユニコーン、あるいはユニコーンは、ベンチャーエコシステムの成熟度を測るリトマス試験紙のようなものだと考えている。誤解のないようにお願いする。私は、シービスケットの最後には涙を流したし、ユニコーンの死骸を数えることに喜びを感じているわけではない。しかし、世界を変えるようなイノベーションのサクセスストーリーは、巨大な失敗の無い環境では存在し得ないのだ。

Sigfox はまだユニコーンではないが、間違いなく堕ちたユニコーンを象徴している。フランス人がこれを受け入れたという事実は、フランスのエコシステムとしての成熟度を示している。それに対して、私は彼らに敬意を表したい。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


シンガポールと台湾でSigfoxサービス提供のUnaBiz(優納比)、シリーズAでソラコムやグローバル・ブレインらから1,000万米ドル超を調達

SHARE:

シンガポールと台湾で LPWAN(低電力ワイドエリアネットワーク)の Sigfox サービスを提供する UnaBiz(優納比)は、シリーズ A ラウンドで1,000万米ドル超を調達したと本日(原文掲載日:8月28日)発表した。資金調達元となったのは日本のグローバル通信企業 KDDI とグローバルエネルギーサービス企業 ENGIE の戦略投資だ。 KDDI は子会社のソラコムが運営する「SORACO…

UnaBiz(優納比)のチーム
Image credit: UnaBiz(優納比)

シンガポールと台湾で LPWAN(低電力ワイドエリアネットワーク)の Sigfox サービスを提供する UnaBiz(優納比)は、シリーズ A ラウンドで1,000万米ドル超を調達したと本日(原文掲載日:8月28日)発表した。資金調達元となったのは日本のグローバル通信企業 KDDI とグローバルエネルギーサービス企業 ENGIE の戦略投資だ。

KDDI は子会社のソラコムが運営する「SORACOM IoT Fund Program」を通じて UnaBiz に出資した。ソラコムは120ヶ国以上でマルチスタンダード IoT プラットフォームを運営している。

このラウンドには日本のベンチャーキャピタル企業グローバルブレインも KDDI Open Innovation Fund Ⅲ (KOIF3)を通じて参加している。

また、シンガポールからの非公表のエンジェル投資家や、Shin Kong Group(新光集団)の子会社で台湾のセキュリティ管理大手 Shin Kong Security(新光保全)の参加もあった。

UnaBiz のシードラウンドでも資金を提供した ENGIE は、ENGIE New Ventures を通じて今回の投資に参加した。

左から:UnaBiz(優納比)CEO の Henri Bong 氏と、CTO Philippe Chiu(邱賞恩)氏(共に共同創業者)
Image credit: UnaBiz(優納比)

UnaBiz の CEO で共同設立者の Henri Bong 氏は、報道声明で次のように述べている。

今回の資金調達シリーズの成功はチーム全体のたゆまぬ努力の成果で、UnaBiz は新たな成長段階へと歩みを進めることができます。

私たちはわずか2年の間に全国ネットワーク網を2つ展開し、アジア中で200社を超えるパートナーを擁するエコシステムを築き、25ヶ国以上に当社の IoT ソリューションを市場投入しました。財務面だけでなくオペレーション面でも当社を支援してくださる国際パートナーを新たに迎え、UnaBiz は Massive IoT の実現に向けて一層重要な役割を果たしていきたいと思っています。

UnaBiz は IoT アプリケーションの製品開発に今回の資金を投資していく予定。同社はこのアプリケーションを「接続性、エンドツーエンドソリューション、エンジニアリングサービス」を組み合わせたものと説明している。

また、パートナー各社と協力して、航空宇宙、施設管理、飲食業、ロジスティクス、サプライチェーン、スマートシティなどの鍵となる業界分野にソリューションを提供していく予定だという。

2016年に設立された UnaBiz は、シンガポールと台湾で事業展開している。

同社は両国で Sigfox の接続サービスを提供しており、自社エコシステムネットワークを通じ世界中で IoT ソリューションを販売している。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


Sigfox、日用品のコネクティビティ促進に向けた劇安のIoTモジュールを発表

SHARE:

大きな野望に満ち溢れるフランスの Sigfox は本日(9月26日)、同社が構築中のグローバル IoT ネットワークの加速につながるよう設計された新たな一連の取り組みを発表した。 プラハで本日(9月26日)開かれた同社初のユーザカンファレンスの場で、コネクティビティの普及によって業界や私たちの日常生活の多くの側面が変化すると役員やパートナーが講演した。Sigfox はそのような未来の実現に向けて特…

ludovic-le-moan-_-keynote-new-services.jpg
Sigfox 共同設立者兼 CEO Ludovic Le Moan 氏
Image Credit: Sigfox

大きな野望に満ち溢れるフランスの Sigfox は本日(9月26日)、同社が構築中のグローバル IoT ネットワークの加速につながるよう設計された新たな一連の取り組みを発表した

プラハで本日(9月26日)開かれた同社初のユーザカンファレンスの場で、コネクティビティの普及によって業界や私たちの日常生活の多くの側面が変化すると役員やパートナーが講演した。Sigfox はそのような未来の実現に向けて特別に作られた低出力の通信ネットワークを構築しており、ベンチャーキャピタルより4億米ドル超の資金提供を受けている。

同社はそのネットワークを拡大しつつあり、本日(9月26日)、コスタリカ、クロアチア、タイ、チュニジアの4か国でもまもなく利用できるようになると発表した。また、このテクノロジーをサービス提供につなげられるよう他の企業と新たに提携したことも明らかにした。

しかし、アナリストが懸念する問題点の1つは、ネットワークの能力を十分活用できるほどのユーザを同社が集められるかというものだった。Sigfox はこれまでに、小ぶりの情報パケットを無線ネットワークに乗せるエネルギー効率の高いモジュールを販売し、ネットワーク利用のサブスクリプションに課金するという方法をとってきた。Admiral Blue というこのモジュールの料金は1ユニットあたり2米ドルだが、現在この金額を引き下げるよう努めているという。

本日(9月26日)Admiral Ivory という新型モジュールが公開されたが、価格は1ユニットあたりたったの0.20米ドルだ。既存モジュールが永久的なデプロイに適しているのに対し、最新モジュールは、荷物発送・物流、小売など使い捨ての製品や一回限りの利用にも十分なほど廉価なものとなっている。

また、モジュールが世界中を移動する時に現地のネットワークと簡単に通信のできる最新の Sigfox Monarch サービスの発表も行われた。

この発表が行われたのは、独自の IoT 通信ネットワークを展開している通信規格会社や電話会社との競争にますます直面するようになっているためである。プラハでの講演にて、Sigfox の共同設立者兼 CEO の Ludovic Le Moan 氏は、よりコネクティッドな世界のビジョン実現に向け、同社は順調な歩みをしていることに自信を見せた。

Le Moan 氏はステージ上で次のように述べている。

これは SF の世界でもフェイクでもありません。私たちが実際に行っていることです。コネクティビティとは水の流れのようなもので、電気みたいなものなのです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


Sigfoxがフランス過去最大のVCラウンド 1億1500万米ドルを調達、IoTワイヤレスネットワーク拡張を目指す

SHARE:

フランス、ラベージュ発 – フランス南西部の一角に拠点を置くスタートアップSigfoxが、モノのインターネットデバイス接続専用のワイヤレスネットワークを世界的に拡張するための資金として1億1500万米ドルを調達した。 この金額は、パリのライドシェアリング最大手BlaBlaCarが昨夏のラウンドで調達したフランス史上始まって以来最大規模の1億米ドルを超える。この1億1500万米ドルのラウ…

sigfoxceo2-780x520
フランス、ラベージュ発 – フランス南西部の一角に拠点を置くスタートアップSigfoxが、モノのインターネットデバイス接続専用のワイヤレスネットワークを世界的に拡張するための資金として1億1500万米ドルを調達した

この金額は、パリのライドシェアリング最大手BlaBlaCarが昨夏のラウンドで調達したフランス史上始まって以来最大規模の1億米ドルを超える。この1億1500万米ドルのラウンドはSigfoxの成長を加速させるのみならず、ヨーロッパで注目を浴びるスタートアップリストにおいて同社がトップの地位を固めることになるだろう。

「今回の資金調達は、当社がパートナーと協力することで多くのデバイスでつながれた世界というビジョンを達成できるネットワークをもたらすことになるでしょう」とSigfox社長のLudovic Le Moan氏はインタビューで答えた。「マーケットがどのようなものになるかわからなかったので、このラウンドで資金調達を開始した時の状況は容易ではありませんでした」

人によって見方は様々だが、これから10数年後、多くの人はセンサーやチップが内蔵されたスマートデバイスがインターネットにつながっていると予想している。デバイスの種類はヘルスケアやフィットネスデバイスから、スマートメーター、重工業で使用されるような複雑な機械に至るまで幅広いものになる。

フランス政府は、IoTセクター全般を同国のスタートアップが強化すべき分野として位置付けている。ますます多くのデバイスが横につながり、やり取りのできるハードウェアやソフトウェア、ネットワークに焦点を当てている。

Sigfoxは、そうしたスマートデバイスがデータを送受信するのに信頼性のある方法を提供できるよう特別に設計されたセルラーネットワークを構築することにより、この分野で最も有名な企業の1つとなった。このネットワークはフランス、スペイン、イギリス、オランダなど各国の現地通信会社とのパートナーシップで構築されている。

Singfoxは近くアメリカとアジアに進出する計画がある。Le Moan氏によると、同社はこうした市場で現地通信会社と交渉中であるという。現在サンフランシスコの拠点に3名のスタッフがいるが、アメリカオフィスの人数を30人ほど増やし、サービスのローンチを目指してアメリカ東海岸にも拠点を設けたいとしている。

Sigfoxの全スタッフ数は80名以上であるが、そのほとんどがトゥールーズ郊外のラベージュで働いている。このエリアではテックやスタートアップにとってハブとなっているところだ。パリが金融系とテック系スタートアップの中心地となっているこの国で、首都を離れた地方でメジャーなスタートアップが出てきたのは注目に値する。

Le Moan氏は来年中にあと100人雇用したいと述べた。最近の資金調達ラウンドで得た資金は、ネットワーク拡張のほか新規採用にも活用される。このラウンドに参加した投資家にはスペインのTelefonica、フランスのGDF Suez、日本のNTT DOCOMO Venturesなどがある。

Sigfoxはこれまで、2回のラウンドでIdinvest Partners、FSN PME、Ambition Numerérique、Intel Capital、Elaia Partner、Partech、Ixo Private Equityから3000万米ドルを調達した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録