THE BRIDGE

タグ サイトビジット

オンライン資格試験「資格スクエア」のサイトビジットがリーガルテック領域に進出、電子契約締結クラウド「NINJA SIGN」をβローンチ

SHARE:

サイトビジットは29日、オンラインで編集から締結まで完了する定型契約締結クラウド「NINJA SIGN(ニンジャサイン)」をβローンチした。すでに自社で使っている定型契約書の編集、新規作成、通知、締結、管理をクラウド上で完結することができる。サイトビジットでは、社内で他社が提供する契約締結クラウドを使ってきたが、その中で不便を感じた点を NINJA SIGN には機能として追加し、より使いやすいも…

NINJA SIGN
Image credit: Sight Visit

サイトビジットは29日、オンラインで編集から締結まで完了する定型契約締結クラウド「NINJA SIGN(ニンジャサイン)」をβローンチした。すでに自社で使っている定型契約書の編集、新規作成、通知、締結、管理をクラウド上で完結することができる。サイトビジットでは、社内で他社が提供する契約締結クラウドを使ってきたが、その中で不便を感じた点を NINJA SIGN には機能として追加し、より使いやすいものにしていくという。

一般的に、契約締結クラウドは完成された契約書を PDF 化し、それらを契約双方で閲覧し確認しあうものが多い。一方、NINJA SIGN では、契約の締結プロセス以前の契約書編集の機能が備わっている。ユーザが恒常的に使っている契約書(Word ファイルなど)をアップロードすると Google Doc ファイル化され、「甲」「乙」をはじめとする部分を可変にしテンプレート化することができる。複数者と同一内容で契約する場合などに作業の効率化が図れるため、ユースケースとしては、働き方改革関連法が順次施行される中、労働契約や雇用契約での需要が高まるのではないか、とサイトビジットでは期待している。

NINJA SIGN
Image credit: Sight Visit

契約締結クラウドには、国内ではクラウドサイン、世界的には DocuSign などが市場を支配する中、サイトビジットが新事業に参入する理由について、サイトビジット代表取締役の鬼頭政人氏は、「資格スクエア、出題予測エンジンに続き、3本目の事業の柱にしたい」と意気込みを語ってくれた。オンライン資格試験予備校の「資格スクエア」だけでは国内の市場規模的に成長の上限があるため、事業領域の拡大により売上を多様化する意図があるようだ。

代表の鬼頭氏が現役弁護士ということもあり、サイトビジットとしては当初からリーガルテック領域を強みとする考えはあった。資格スクエアも当初は25種類の資格のオンライン試験学習を提供していたが、提供範囲を法律系を中心とする9種類の資格に絞ったところ、かえって売上が伸びたのだとか。出題予測エンジンについても、鍼灸師資格の試験など選択式で出題される分野で重宝され、サードパーティーに〝エンジン貸し〟する事業が伸びているそうだ。

NINJA SIGN についてだが、先行する競合サービスとの差別化については、8月には締結契約のブロックチェーン上での書き込み機能を追加するなど機能面や価格面で差別化を図るが(DocuSign はブロックチェーン機能をリリースしている)、「SaaS は技術だけで差別化を図るのは難しい(鬼頭氏)」として、営業やマーケティングの強化も図っていくという。

----------[AD]----------

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」運営のサイトビジット、AIスタートアップのGAUSSと宅建士試験出題予測サービスを開発・無料提供

SHARE:

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットは、AI スタートアップの GAUSS と共同で AI による宅建士(宅地建物取引士)試験出題予測サービス「未来問」を開発し、9日20時から提供を開始した。今年度の宅建士試験は10月21日に予定されており、受験者への準備支援として、「未来問」を資格スクエアのユーザと一般ユーザに無料で提供する。 サイトビジットでは、平成1年~平成29…

shikaku-square-miraimon_featuredimage
Image credit: Sightvisit

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットは、AI スタートアップの GAUSS と共同で AI による宅建士(宅地建物取引士)試験出題予測サービス「未来問」を開発し、9日20時から提供を開始した。今年度の宅建士試験は10月21日に予定されており、受験者への準備支援として、「未来問」を資格スクエアのユーザと一般ユーザに無料で提供する。

shikaku-square-miraimon-procedure
「未来問」の模試作成・出題予測のプロセス
Image credit: Sightvisit

サイトビジットでは、平成1年~平成29年までに実際に出題された29年分の過去問題1450問を教師データとして AI に学習させ、そこから2段階のプログラムを経て今年度出題されるであろう問題を50問作成した。過去問題をもとに出題予測を繰り返した結果では出題的中率70%を記録しており、今年度の宅建士試験でも同程度の的中率が見込めるとしている。

サイトビジットと GAUSS は今後、宅建士試験以外の資格試験向けにも「未来問」で培った技術と知見をもとに模試作成・出題予測サービスを開発・提供する予定だ。

shikaku-square-miraimon-dev-mtg
「未来問」開発会議の様子
Image credit: Sightvisit

Via Sightvisit

----------[AD]----------

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットが個別指導型のリアルスクールを開校

SHARE:

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットが、2016年6月28日に個別指導型スクール「資格スクエア・リアル」を2016年7月1日に東京都の五反田にて開校することを発表した。 サイトビジットが「資格スクエア」をリリースしたのは、2015年2月。同年5月には教育領域に特化したベンチャーキャピタルであるViling Venture Partnersと、複数のエンジェル投資家か…

d16118-8-678375-5

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットが、2016年6月28日に個別指導型スクール「資格スクエア・リアル」を2016年7月1日に東京都の五反田にて開校することを発表した。

サイトビジットが「資格スクエア」をリリースしたのは、2015年2月。同年5月には教育領域に特化したベンチャーキャピタルであるViling Venture Partnersと、複数のエンジェル投資家から総額約1億円の資金調達を実施した。

資格試験の学習を変える、オンライン資格試験学習サービス「資格スクエアクラウド」がリリース

オンライン資格試験予備校「資格スクエア」がVilingらから約1億円を資金調達

「資格スクエア」は、動画、レジュメ、質問、単語帳といったインプット機能に加え、問題復習機能のようなアウトプット機能が用意されており、効率的な学習ができるようになっている。

オンライン学習サービスを運営してきた同社は、学習の継続性をいかに上げるかという点で、従来の対面型の学習にも着目していた。その結果として行われたのが、自習スペースとの提携だ。

オンライン資格試験学習サービス「資格スクエア」が複数の学習交流スペース提供会社と提携

「資格スクエア・リアル」では、学習の効率性と継続性を両立させるような空間を目指していくという。まず、司法試験本試験の予備試験受験生のサポートからスタートし、今後、他資格にも展開をしていく。

----------[AD]----------

記憶への定着率を向上させる」ーーオンライン資格試験サービス「資格スクエア」が脳科学の知見を活かした問題演習機能をリリース

SHARE:

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットが、脳研究者・池谷裕二氏監修のもと新たな問題演習機能「脳科学ラーニング」を2016年3月15日にリリースした。 サイトビジットが独自に開発したアルゴリズムを使用し、ユーザの理解度に合わせて、記憶に定着しやすいよう問題を出してくれる。「脳科学ラーニング」は、司法試験講座、行政書士講座を皮切りに順次提供を開始する。 問題演習の種類は3つ…

shikaku

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットが、脳研究者・池谷裕二氏監修のもと新たな問題演習機能「脳科学ラーニング」を2016年3月15日にリリースした。

サイトビジットが独自に開発したアルゴリズムを使用し、ユーザの理解度に合わせて、記憶に定着しやすいよう問題を出してくれる。「脳科学ラーニング」は、司法試験講座、行政書士講座を皮切りに順次提供を開始する。

問題演習の種類は3つ。講義ごとのO×形式の「理解度チェック」、その理解度に合わせて複数講義分を出題する「確認テスト」、受講者全員が共通した問題を解くテスト形式の「総復習テスト」だ。

それぞれの問題に対して解答した後、ユーザが自身の回答に対して「もちろんO」「たぶんO」「たぶん×」「もちろん×」の4択で理解度を記録することで、記憶が曖昧な状態で正解した問題や自信があったけれども間違った問題などを判別可能にする。復習の際には、学習者の理解度とユーザ全体の正答率をもとに出題順位が選別される。

「脳科学ラーニング」の成績や動画試聴の進捗は、管理機能で閲覧可能。資格の合格ラインまでにはあとどのくらいなのか、自分の学習はどれくらい進んでいるのかを可視化することで、ユーザのモチベーションを上げる狙い。

サイトビジットは、オンラインレジュメ編集機能や質問投稿機能などを備えた学習の効率化システム「資格スクエアクラウド」で特許を出願していたが、「脳科学ラーニング」においても特許を出願しているという。

オンラインで資格試験のコンテンツを提供する「資格スクエア」、学習の進行を効率化する「資格スクエアクラウド」、そして、今回リリースした学んだことを記憶に定着させるための問題演習機能「脳科学ラーニング」。

これでようやく、サービス当初にサイトビジット代表取締役の鬼頭 政人氏から話を聞いていた機能が出揃った。この先、「資格スクエア」がどう展開していくのか楽しみだ。

----------[AD]----------

公認会計士受験のオンライン授業の提供へーー東京CPA会計学院と資格スクエアが業務提携

SHARE:

オンラインで資格学習サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットが、新たに会計資格指導校「東京CPA会計学院」を運営するを運営する CPA エクセレントパートナーズとの業務提携を発表した。本日、2016年2月18日より、全国各地の公認会計士受験生へオンライン授業の提供を開始する。 今回の提携では、講座の単品販売を可能にしたという。従来の予備校では、インプット講座とアウトプット講座を一…

資格スクエア

オンラインで資格学習サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットが、新たに会計資格指導校「東京CPA会計学院」を運営するを運営する CPA エクセレントパートナーズとの業務提携を発表した。本日、2016年2月18日より、全国各地の公認会計士受験生へオンライン授業の提供を開始する。

今回の提携では、講座の単品販売を可能にしたという。従来の予備校では、インプット講座とアウトプット講座を一括したコース設定が基本だった。単品販売を可能にすることで、受験生の経済的負担を減らし、参加しやすい環境を生み出そうとしている。講座は本日より販売開始し、2月29日よりオンラインでの配信を開始する。

公認会計士の受験生は、都市部に集中している。今回、オンラインで授業を配信するようになったことで、全国各地で高品質かつ低価格な講義が受講できるようになる。公認会計士の受験者数は、年々減少しているが、学習しやすい環境が生まれれば、多少受験者数の減少にストップがかかるだろうか。

「資格スクエア」では、オンライン学習を効率的に進めるためのシステム「資格スクエアクラウド」を開発している。オンラインレジュメ編集機能や質問投稿機能などが備わっており、動画学習には必須な倍速機能も、21段階で調整できるようにバージョンアップされている。

資格スクエアクラウドは、現在特許を申請中だという。先日、同じく教育系のスタートアップであるベストティーチャーが英語4技能学習システムで特許を取得したことを紹介した。どうやら、テクノロジーと教育の組み合わせは、特許を検討しやすいようだ。

関連記事

----------[AD]----------

オンライン資格試験学習サービス「資格スクエア」が複数の学習交流スペース提供会社と提携

SHARE:

オンライン資格試験学習サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットが、「勉強カフェ」を運営するブックマークスとARIA、社会人・大学受験生のための有料自習室「自習室うめだ」を運営するおおうらの4社と連携、「資格スクエア」のユーザ同士がリアルの場での交流できるよう対応する。 オンラインでの資格試験学習は、従来の専門学校ほど受講料はかからないものの、ともに勉強する仲間と顔を合わせることがないという…

shikaku-square

オンライン資格試験学習サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットが、「勉強カフェ」を運営するブックマークスとARIA、社会人・大学受験生のための有料自習室「自習室うめだ」を運営するおおうらの4社と連携、「資格スクエア」のユーザ同士がリアルの場での交流できるよう対応する。

オンラインでの資格試験学習は、従来の専門学校ほど受講料はかからないものの、ともに勉強する仲間と顔を合わせることがないというのは、学習を継続するためのモチベーションに影響する。

benkyo cafe

今回の自習室を各地で提供しているプレイヤーとの提携は、こうした課題をクリアするためのもの。「勉強カフェ」には、自習室でありながらもコミュニティマネージャーとしての役割を担う人がおり、学習者同士の引き合わせなども行うという。自習室に集まる勉強に対する意識が高い人たち同士がつながることで、学習を継続させやすくなる。

「資格スクエア」と各自習室は、まず小さな連携からスタートし、今後連携を深めていく方針だ。今後、「資格スクエア」と提携する自習室を利用するユーザは、その自習室内でのみ数種の資格講座が見放題になるなどのプランを想定しているという。また、今後さらなるスペース運営者との提携も想定しているそうだ。

「資格スクエア」のユーザ数は、現在7000〜7500人ほど。受講可能な資格数を増やすのではなく、各資格を深く学習できるようコースの充実を図っている状態だ。自習室との連携に加えて、独自の学習クラウドシステム「資格スクエアクラウド」の開発速度を向上させることでサービスをさらに成長させようとしている。

----------[AD]----------

オンライン資格試験予備校「資格スクエア」を運営するサイトビジットに弁護士兼公認会計士と東大教授がアドバイザーとして参加

SHARE:

オンライン資格試験予備校「資格スクエア」を運営するサイトビジットに、東京大学薬学部教授・池谷裕二氏、弁護士兼公認会計士・菅沼匠氏の両名がアドバイザーに就任した。 菅沼氏は監査法人の勤務、証券取引所での上場審査を経て、クックパッドで株式公開及び東証一部への市場変更、ランサーズ 執行役員 CFOなどを経験してきた人物。今後、サイトビジットの成長段階に応じた事業計画の策定、ファイナンス業務の運用に協力す…

サイトビジット鬼頭政人氏
左:サイトビジット代表取締役 鬼頭政人氏、右:弁護士兼公認会計士 菅沼匠氏

オンライン資格試験予備校「資格スクエア」を運営するサイトビジットに、東京大学薬学部教授・池谷裕二氏、弁護士兼公認会計士・菅沼匠氏の両名がアドバイザーに就任した。

菅沼氏は監査法人の勤務、証券取引所での上場審査を経て、クックパッドで株式公開及び東証一部への市場変更、ランサーズ 執行役員 CFOなどを経験してきた人物。今後、サイトビジットの成長段階に応じた事業計画の策定、ファイナンス業務の運用に協力する。自身も弁護士兼公認会計士として活躍している菅沼氏は、オンライン資格試験予備校「資格スクエア」との相性も良い。

池谷氏は東京大学・大学院薬学部の教授として、神経科学および薬理学を専門に、脳と記憶に関わる研究を行っている。著書も多数あり、池谷氏の脳や記憶に関する研究成果を「資格スクエア」のコンテンツへと展開させていくことで、よりサービスのレベルを向上させようとしている。

教育サービスのスタンダードを

shikaku-square

サイトビジットは、今年の5月に教育領域に特化したベンチャーキャピタルであるViling Venture Partnersらから約1億円を資金調達している。社外取締役としても関わる菅沼氏は、同社にジョインすることについて以下のようにコメントしている。

菅沼氏「私のバックグラウンドは、弁護士、会計士という資格を取得し、ランサーズやクックパッドという会社で働くなど、教育とテクノロジーに近い領域にいました。弁護士資格は働きながら取得していますし、会計士資格も地方で取得したこともあって、「資格スクエア」を成長させていくことで学習における機会を増やしていきたい。

教育に関してはまだまだサービスに改善余地があると考えており、テクノロジーと教育を掛けあわせていくことで、子ども世代、孫世代も使うような教育のスタンダードを作っていければと考えています。サイトビジットについては、IPOに向けて会社を大きくしていくするための下支えができれば」

勉強法の黄金の方程式をつくる

企業としてはIPOを目指していく方針のサイトビジット。「資格スクエア」に関しては、資金調達の際にも発表していたことだが、今後、問題演習機能などアウトプット機能を強化していく方針だ。自分の進捗と他のユーザの進捗も把握できる進捗管理機能で勉強へのやる気を引き出し、模試テストのようなものを自動生成することで実力を測ることも可能にしていくという。

システムの強化に加えて、「資格スクエア」が強化するのがコンテンツ面だ。優れたコンテンツを自ら生み出していることも強みだと、鬼頭氏は語る。現在は、司法試験や弁理士試験が人気で、さらにビジネス会計検定という資格試験のユーザも多いようだ。今後は士業分野でいうと、税理士。医療や介護系の資格もカバーすることを視野に入れている。

サイトビジット代表の鬼頭政人氏は同社の今後の方向性について、

鬼頭氏「法人研修的な領域も考えていますし、資格に関係ない営業などの分野に展開することも視野に入れています。何かしら新しい知識を修得する過程の効率良くする、その方法論を突き詰めていきたいと思います。サイトビジットは、勉強のやり方の黄金の方程式を提供していきたい」

とコメントしている。先日調達した資金は、システムとコンテンツ面に力を入れるために充当される。会社としてもサービスとしても大きく展開していくことを目指す同社が、勉強方法をいかに変化させていくか楽しみだ。

----------[AD]----------

オンライン資格試験予備校「資格スクエア」がVilingらから約1億円を資金調達

SHARE:

オンライン資格試験予備校「資格スクエア」を運営するサイトビジットは、教育領域に特化したベンチャーキャピタルであるVilingVenturePartnersと、複数のエンジェル投資家から総額約1億円の資金調達を実施した。 「資格スクエア」は2013年12月に開講。資格試験に特化してオンラインで授業を提供し、従来の予備校よりも低価格でサービスを提供している。2015年2月には、新しくレジュメの…

shikaku-square

オンライン資格試験予備校「資格スクエア」を運営するサイトビジットは、教育領域に特化したベンチャーキャピタルであるVilingVenturePartnersと、複数のエンジェル投資家から総額約1億円の資金調達を実施した。

「資格スクエア」は2013年12月に開講。資格試験に特化してオンラインで授業を提供し、従来の予備校よりも低価格でサービスを提供している。2015年2月には、新しくレジュメの同時表示機能、質問機能、単語帳作成機能を備えた「資格スクエアクラウド」をリリース。資格取得に向けて勉強するユーザに向けたサービスを提供してきている。

サイトビジット代表取締役の鬼頭政人氏は、

鬼頭氏「今後、資格スクエアの機能追加をしていきます。現在は、動画、レジュメ、質問、単語帳といったインプット機能が中心ですが、アウトプット機能を拡充することで総合的に学習できるサイトにしていきます。また、資格取得後のスキルアップを支援することのできるビジネスも展開予定です。」

と今後の展開に関してコメントしている。また、択一式試験について講義に紐づく問題演習、全体の演習ができる「問題演習機能」、解いた問題について、脳科学の原理も利用してもっとも効率的に復習できる「問題復習機能」、どの動画をいつみたか、ビジュアルで分かる「進捗管理機能」、復習テストについて自分が全体でどの順位かが分かる機能などを追加予定ということを明らかにした。

今回、出資を実施したVilingVenturePartnersは、教育に特化したベンチャーキャピタルだ。同VCから出資を受けることで、どのようなシナジーが考えられるのだろうか。

鬼頭氏「教育事業ではブランド価値が重要です。多様な教育事業のプレイヤーとつながりのあるVilingVenturePartnersのネットワークを通じて紹介してもらうことで、事業提携等のシナジーを生み出せると考えています。また、VilingVenturePartnersは教育に興味のある人材を多く惹きつけているので、採用面でのシナジーもあると考えています。」

「資格スクエア」は、現在の3,000人という会員数から、2015年度中に1万人へと会員規模の拡大を目指す。

----------[AD]----------