THE BRIDGE

タグ Silverline

シンガポールの高齢者の健康管理と安全に特化したヘルスケアアプリ「Silverline」

SHARE:

「世の中には素晴らしいiPhoneやAndroidデバイスがたくさんあるのに、どうして新しいハードウェアを開発する必要があるのか?」 こんな思いから、シンガポールの公共への取り組みを行うスタートアップが、高齢者を対象にした専門的なアプリを開発している。このアプリは高齢者に寄付された中古の携帯電話にダウンロードし提供される。この取り組みはProject Silverlineと呼ばれ、同スタートアップ…

Silverline-app-for-elderly-01-680x518

「世の中には素晴らしいiPhoneやAndroidデバイスがたくさんあるのに、どうして新しいハードウェアを開発する必要があるのか?」

こんな思いから、シンガポールの公共への取り組みを行うスタートアップが、高齢者を対象にした専門的なアプリを開発している。このアプリは高齢者に寄付された中古の携帯電話にダウンロードし提供される。この取り組みはProject Silverlineと呼ばれ、同スタートアップはIndiegogoでクラウドファンディングキャンペーンを先日ローンチし、5万米ドルの資金調達を目指す。

Silverlineは、高齢者の健康管理と安全に特化した一連のアプリで(写真下)、大きなアイコンやわかりやすくシンプルな表現を使用している。このSilverlineの中には5つのアプリがあり、携帯の連絡先アプリにあたる「Connect」、薬を飲む時間などを知らせるアラーム機能を提供する「Well Being」、シンガポールの警察や救急車にワンタップで緊急直通電話がかけられる「Emergency」などがある。

これらのアプリは本来、iOS向けに作られているが、それよりも古い携帯電話、iPhone 3GSなどでも利用できるので、同スタートアップが期待する若年層からの慈善的な寄付で寄せられた再利用デバイスなどでもきちんと作動する。

Silverlineは、シンガポール国内の通信企業SingTelに支援されている。SingTelはすでに中古の携帯電話の寄付を数か月にわたって受け付けており、これらのアプリを搭載した携帯電話がシンガポールの高齢者のためのコミュニケーションのライフラインとして再利用ができるiPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4Sを募っている。

高齢者の安全

Silverline-app-for-elderly-02.png-315x380

SingTelがすでに支援し、同アプリもすでにiOS向けに構築されているので、「今なぜ、クラウドファンディングを活用しているのか」と、このプロジェクトを運営するスタートアップNewtonCircusのCiaran Lyons氏に尋ねてみた。

「クラウドファンディングで得られた資金の一部は、いくつかの巧みな外部デバイス、例えばバッテリーで動く加速度計に取り組むために活用されます。それによって、追加機能を提供することができます。ですが、いまのところ、すべてが新品のスマートフォンにもインストールすることができます。とは言っても、私たちは中古の方がいいのですが。」

「Silverlineでは、高齢者がアプリを気に入り役立ててくれるように1年半にわたり研究、試作の開発を実施するとともにユーザヒアリングを行なってきました。」

とCiaran氏は付け加えた。

今後はさらに、誰もがこれらのアプリを使えるように、Androidでの利用を可能にしたり、iTunes App Storeでの販売を行うための取り組みも進められている。さらにSilverlineは、転倒を検知できる個人の安全用アプリをテスト中で、また認知能力の低下を検知できるゲームも構築中だという。

高齢者に寄付された端末を使い続けてもらうために、SingTelは1000人に対して、音声・データプランを1年間無償で提供しようとしている。Ciaran氏は言う。

「シンガポールだけでも、ニーズはこれよりもはるかに大きく、しかも毎年成長しています。まだまだやるべきことはあるのです。」

ただ、SingTelのサイトでは、まだ中古のiPhoneが27台寄付されたにとどまっているようだ。よってこのプロジェクトは、シンガポールの最もニーズを抱えた市民たちにこのアプリを提供できるよう、端末を大幅に増やす必要がある。

Newton Circusは11名からなるスタートアップだ。様々な取り組みのために複数のソースから資金提供を受けているものの、ベンチャーキャピタル資金はまだ注入されていない。アメリカ、イギリス、香港、オーストラリアの登録チャリティ団体とともに、同じような電話寄付プログラムを作るべく活動している。

古いiPhone(3GS、4、4Sのみ)を寄付したいなら、こちらからどうぞ。また彼らの新しいクラウドファンディングページでお金の寄付もできる。両方することももちろん可能だ。

Silverline-app-for-elderly-03

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Newton Circusの「Silverline」、高齢者フレンドリーなスマホでデジタル格差と環境対策を実現

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 Silverlineは、シンガポールを拠点としたサステイナブル・ビジネスのインキュベーターNewton Circusによる新しいベンチャーで、スマートフォンを高齢者に広める構想の下でSingTelと提携した。 しかし、これは普通のスマートフォンではない。高齢者にとって便利なアプリがインストールされた工場再生の中古デバイスなのだ。 例えば、Connectは視力の…

【翻訳 by Conyac】【原文】

Silverlineは、シンガポールを拠点としたサステイナブル・ビジネスのインキュベーターNewton Circusによる新しいベンチャーで、スマートフォンを高齢者に広める構想の下でSingTelと提携した。

しかし、これは普通のスマートフォンではない。高齢者にとって便利なアプリがインストールされた工場再生の中古デバイスなのだ。

例えば、Connectは視力の弱い人向けの視覚フォーマットで連絡先一覧を表示する。Well Beingは、投薬時間や水分補給、運動時間を通知する。これらは使える様々なアプリのほんの一部だ。(全リストはウェブサイトにある。)

Silverlineが、SingTelと協力して電話を配布する方法は以下のようになる。

1. SingTelで契約更新をしてスマートフォンを購入する同社の顧客は、今まで使用していた機器を高齢者へ贈るオプションを提示される。

2. 対象顧客は、Silverlineとその提携企業による完全な費用負担のもと、福祉団体であるWilling HeartsとLion Befrienderから高齢者に電話を贈るオプションを選択できる。

3. または、近いうちに、知り合いの高齢者(両親や家族)を指定し、彼らの代わりにモバイルプランを支払うことができるようになる。Silverlineは、この事業を持続するため毎月の登録収益から利益を少し得る。

4. 高齢者が指定されたら、Silverlineによって工場再生されたスマートフォンが提供される。該当高齢者に対するモバイルプランの料金は、顧客の現存する月額モバイル使用料に追加されることになる。

Newton CircusのCEOであるDaryl Arnold氏によれば、この構想で同社がスマートフォンを利用しようと思ったのは、それらがまっさらな状態だからである。高齢者向けに最適化されたアプリと体験を作り出すことは、スマートフォン上では簡単だからだ。

「フィーチャーフォンは柔軟性と多用性に欠け、正直言って衰退中だ」と述べた。今のところ、このプログラムではiPhoneのみを寄付できる。近いうちにSamsung Galaxyの製品ラインや、iPadなどのタブレットにも拡張する予定だという。

同社は、この構想を実現するためパートナーの一団を引き連れてきた。上記で触れたパートナーに加え、Ogilvyがマーケティングのソリューション開発を支援し、BuUukは自社のアプリ開発と管理知識を提供し、SPW Enterpriseがスマートフォンの工場再生とデバイスの準備部分を担当している。

Silverlineは社会問題に取り組んでいる一方、環境問題を解決することも願う。

携帯電話業界は、顧客にわずか1、2年の間に古い電話を新しいものに交換させることで成り立っている。とんでもない無駄である。電子機器は廃棄されると有害化学物質が漏れることがある。

Silverlineは、高齢者に譲ることでこれらの古いスマートフォンに新しい賃貸寿命を与える。結果、スマートフォンは即ゴミ廃棄場行きにならず、高齢者はデジタル格差を埋めるチャンスも得られる。Angry Birdsで遊ぶこともできる。

ある高齢者が、Silverlineによってどのような恩恵を受けているのか下の動画で見てみよう。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

----------[AD]----------