BRIDGE

タグ Sina(新浪)

今度は中国最大のSNS「Sina Weibo(新浪微博)」、相次いでリリースされる「Path」のクローン

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 以前にPathのクローンについて取り上げ、その後別のPathクローンについて書き、さらに別のものを何度も何度も取り上げてきた。そして今度は、中国で最も人気のあるSNS「Sina Weibo(新浪微博)」がシリコンバレー発のクローズドSNSコミュニティに敬意を表する番がやってきたようだ。 Sina Weiboは、Meyou(密友、中国語で親しい友人という意味)…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

以前にPathのクローンについて取り上げ、その後別のPathクローンについて書き、さらに別のものを何度も何度も取り上げてきた。そして今度は、中国で最も人気のあるSNS「Sina Weibo(新浪微博)」がシリコンバレー発のクローズドSNSコミュニティに敬意を表する番がやってきたようだ。

Sina Weiboは、Meyou(密友、中国語で親しい友人という意味)と名付けられた独自のPathをちょうど公開したところだ。Meyouもまた「ロケーション、写真、メッセージの投稿」などの共有によって、人々が親しい友人との間で密に連絡を取ることができるようにしている。ユーザはWeiboのアカウントで直接ログインすることができ、Weiboのフレンドはすべて自動的に同アプリに移行される。だが、ユーザはMeyouでフレンドをひとりひとり「親しい友人」として登録しなければならない。というのも、Sina Weiboでは一方通行のフォロー方式によりフレンドが全てオープンになっているためだ。

その共有機能に加えて、MeyouはWeiboのプライベートメッセージ機能を強化している。このアプリからWeiboのフレンドにメッセージを送ることが可能となる。これはちょうどSina Weibo公式モバイルアプリで可能にしているのと同じだ。

多くの人々にとってTwitterが決してFacebookと同じサービスではないように、Sina Weiboも決してQZoneやTencent Pengyouと同じサービスにはならないだろう。そのオープンさがしっかりと定着しているためだ。どうやらSina Weiboは、FacebookよりもクローズドなPathに近いアプリにするという「過剰修正」を思いついたようである。

Meyouのローンチに先立ち、Sina Weiboは別の新サービスWeiba(微吧)をデビューさせており、Weiboが提供するサービスの膨大なリストにまた新サービスが加わったところだった。以前述べた通り、Sina Weiboはそのプラットフォームを大いに活用してユーザ定着率を上昇させ、そしておそらくは収益源となる可能性を持つサービスを相次いで生み出している。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

Sina(新浪)の中国人ドライバー向け最新アプリ「iMap」をもって出かけよう

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国における、車と一般道路(もし交通渋滞がなけばの話だが)への熱狂は始まったばかりだ。だからこそ、今このタイミングで中国人ドライバー向けの地図と位置情報アプリのローンチは地元のインターネット企業であるSina (新浪) にとって絶好のタイミングだったと言える。この「iMap」と呼ばれるアプリ(中国語では文字どおり「愛車地図」)はAndroid版が出たばかりで…

【翻訳 by Conyac】 【原文】


中国における、車と一般道路(もし交通渋滞がなけばの話だが)への熱狂は始まったばかりだ。だからこそ、今このタイミングで中国人ドライバー向けの地図と位置情報アプリのローンチは地元のインターネット企業であるSina (新浪) にとって絶好のタイミングだったと言える。この「iMap」と呼ばれるアプリ(中国語では文字どおり「愛車地図」)はAndroid版が出たばかりで、まもなくiPhone版もリリースされる予定だ。

iMapアプリには5つのメイン機能があり、これら機能のほとんどがソーシャルメディアと連携している。ガソリンスタンドや駐車スペースを見つけたり、道路検索によるルート案内、渋滞情報、そして駐車をする際のアシスト機能も備えている。

最初の2つの特徴はGoogle Places(現在はGoogle Localと呼ばれている?)を連想させるし、Baidu Shenbianは付近の関連した場所の一覧およびチェック機能を用いた同様のサービスを提供している。リアルタイムの渋滞状況は今はまだ中国国内の11都市でしか見ることができないが、その他の都市でもそのうち実施される予定だ。

駐車アシスト機能はというと、車を停めた場所を教えてくれるし駐車時間も知らせてくれる優れものである。特に立体駐車場で重宝しそうだ。(写真下参照)

Sinaは中国のSNS業界において最近最も注目されているSina Weiboを開発しており、 WeiboがiMapアプリに組み込まれていても何ら驚くことはない。iMapで、ユーザはガソリンスタンドのレビューを書き込むこともできる。素晴らしい!携帯電話のWeiboアプリをいちいち開かずとも自分の言いたいことを発信できるのだ。

サードパーティーのAppChinaストアで、SinaのAndroid版iMapを無料で入手できる。もしくは、その下記の写真を今すぐチェックしてみてほしい。

[出典: LBSvision – 中国記事より]




Report an error

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

sina-(新浪)

Company: sina-(新浪)

新浪公司(シナ、SINA Corporation、NASDAQ: SINA)は、中国上海市浦東新区に本社を置く企業。ポータルサイト新浪(SINA.COM、「新浪網」とも)、中国版Twitter、weibo(微博)のSina weibo(新浪微博)を運営す…

About StartupBase

----------[AD]----------

Sina Weibo(新浪微博)、投資家に実名制の非実施を認める

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Twitterに似た人気SNS「Weibo.com」を運営するSina(新浪)は、マイクロブログサービスに対し政府が要求した実名制度を完全に実施していないことを公に認めた。同社はアメリカの証券取引委員会に提出する新たな20-Fの書類で、この件を投資家に対して認めている。書類には次のように記されている。 「Weibo(微博)に投稿するすべてのユーザの身分証明を…

【翻訳 by Conyac】 【原文】


Twitterに似た人気SNS「Weibo.com」を運営するSina(新浪)は、マイクロブログサービスに対し政府が要求した実名制度を完全に実施していないことを公に認めた。同社はアメリカの証券取引委員会に提出する新たな20-Fの書類で、この件を投資家に対して認めている。書類には次のように記されている。

「Weibo(微博)に投稿するすべてのユーザの身分証明を要求されているが、まだそれができていない。法律を遵守できていないことで、中国政府から厳しい罰則を受ける可能性がある」。

Digichaが発見したこのSinaの自白は、Sinaが実名制度によって非常に難しい状況に立たされていることを浮き彫りにしている。私たちはこの状況を細かく追跡していたので、まずSinaがいかに実名制度をはぐらかして同社や2億5,000万人のユーザの重荷を減らしてきたかを見てきた。

主な手法の1つは、ユーザに電話番号だけでIDを証明するよう求めたことだ。新しいSIMカードは身分証明書の提示がない限り入手できないので、Sinaはそうすることで実名制度実施の失敗を当局に責任転嫁していた。また、ユーザにも実名制度の回避法がいくつかあった。要するに、Sinaは部屋を片付けるように言われ、わざときちんと片付けない子供のように振る舞っていたようだ。

だが、すでにその影響は出ている。実名登録政策が確立され、その大きな目的はWeiboを渦巻く噂を沈めるためであった。だが今年初旬、SinaとTencentがそれらの噂を消し去り鎮火させることに失敗すると、2つのサイトの全コメントは当局によって数日間無効にされてしまった。

Sinaの提出書類の内容に戻ると、次のような言い訳がされている。

「私たちは認証政策の要件を満たすべくかなりの努力をしたが、 現在のユーザの行動パターン、マイクロブログというサービスの性質、そして具体的な実施手続きが明確になっていないなど様々な理由で、Weiboに投稿するすべてのユーザの情報を確認することができていない」。

実際、過去2ヶ月におよぶWeibo.comにおけるトレンドの人気を分析してみると、3月中旬の実名ID施行の締め切り以降、ユーザのツイート数やアクティビティが大きく減少したということはない。Sinaは、その実施がユーザにとってシームレスに行われるためには「長い期間が必要」ということを認めている。つまり、ユーザを遠ざけてしまわないようにするためには、ということである。

Sinaの投資家は、同社のマイクロブログサービスに対してどれほど厳重な措置がなされるのか覚悟しておくべきだ。書類には、当局による処罰の1つとして「Weibo事業の停止」(下の引用を参照)もありうると書かれている。中国の細かく検閲されているメディア環境では、それも十分考えられる。
以下は、Sinaの自白で最も関連のある部分の全文である。

「2011年12月16日、北京市政府は『マイクロブログ・ルール』を発表した。そのルールのなかに、マイクロブログに投稿するユーザはブログのプロバイダーに身分証明を提示し、プロバイダーはユーザの身元確認をしなければならないというものがあった。このマイクロブログ・ルールでは、ユーザはブログのプロバイダーだけに身分証明を提示することが義務づけられるが、画面上のアカウントネームを反映するためにペンネームを使うことはできる。

さらに、北京に拠点をおくプロバイダーは、ウェブ上で公に投稿する既存ユーザを含むすべてのユーザの身元確認を2012年3月16日までにするよう義務づけられている。私たちは政策に従うべく多大なる努力をしてきたが、既存ユーザの振る舞い、マイクロブログサービスにおける性質、そして特定の政策手順における不明点などの理由から、Weibo上で公に投稿する全ユーザの身分を証明することができなかった。うまくユーザの身分証明をしていくためには、ポジティブなユーザ体験を確実にするために時間をかけて行われるべきであると考える。だが、そのような政策実施を管理することは難しく、そしてもし中国政府がこの規制を近いうち実施するのであれば、Weiboのユーザトラフィック数は著しく減少するものと思われる。実名制度の実施により、Weiboに登録する新たなユーザは減り、身分証明を提示したユーザの多くも中国政府のデータベースによって拒否されている。すなわち、これら拒否されたユーザは今後の投稿が制限され、Weiboユーザの利用度が時間とともに低下する恐れがある。

さらに、マイクロブログ・ルールは、ルールに遵守しないプロバイダーにどのような処罰を与えるかについては明らかにしていないが、私たちも同ルールや関連した政府の要求事項に遵守しなければその責任を負わなければならないかもしれない。それは、Weiboの特定ユーザのアカウント閉鎖、Weiboサービスの停止、その他中国政府の決定する処罰など更なる処罰も生じるかもしれない。これらの措置いずれにしても、物質的かつ悪い影響を株価に与えることになるだろう」。

[出典: Sina’s Form 20-F, via Digicha]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Sina(新浪)のソーシャルマガジン、Sina Viewがデビュー

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 私はときどき自分のことを時代遅れだと感じることがある。ニュースを読みたいなと思って開くのはニュースサイトだけ。SNSアプリを使うのは友達と連絡を取り合いたいと思うときだけ。ニュースを読んだり、友達とやり取りしている時に、関係のない情報がたくさん入ってきてしまったら他の人と同様イライラする。さらに悪いことに、ここ最近のインターネットのプロダクトはどれも、ミニマ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

私はときどき自分のことを時代遅れだと感じることがある。ニュースを読みたいなと思って開くのはニュースサイトだけ。SNSアプリを使うのは友達と連絡を取り合いたいと思うときだけ。ニュースを読んだり、友達とやり取りしている時に、関係のない情報がたくさん入ってきてしまったら他の人と同様イライラする。さらに悪いことに、ここ最近のインターネットのプロダクトはどれも、ミニマリストやシンプルが美しいという考え方ではなく、多方面にわたり多機能であることに焦点を置いている。

Sinaのソーシャルマガジン、Sina View

最近、SinaのソーシャルマガジンSina View(Sina Shinye)は新しいバージョンをリリースし、そのソーシャル機能を強化した。今年の初めにローンチしたバージョンはiPadでのみ有効で、Sina Newsのモバイルアプリと同じようなものだ。現在は、携帯電話やパソコンでも利用できる。

Sina Weiboのアカウントでログインし、好みのチャンネルを購読できる。購読したチャンネルは右欄に、ニュース配信は中央、左欄はWeiboでフォローしている友達のためのエリアとなる。この右欄で、Weiboの内容を見ることができるのだ。私がフォローしているWeiboの内容はViewで購読しているチャンネルとよく似ているので、だいたい同じような感じだ。記事をWeiboに再投稿することもできる。

Sina Viewは、新しくHTML5を強化したウェブバージョンもローンチした。アニメーションとシンプルなデザインを採用しており、見た目には素晴らしい。チャンネルを選択できることのほかに、新しい機能としてユーザーは自分のRSSを提供することができ、またWeiboアカウントと統一されている。Weiboユーザーを取り込むにはいい方法である。

Sina Viewチームによると、このiPad用の新しいバージョンも間もなく登場し、やはりWeiboユーザーのソーシャルなつながりに焦点を当てることになるという。

さて、読者の皆さんは気に入るだろうか?

【via Technode】 @technodechina

StartupBase Profile

sina-(新浪)

Company: sina-(新浪)

新浪公司(シナ、SINA Corporation、NASDAQ: SINA)は、中国上海市浦東新区に本社を置く企業。ポータルサイト新浪(SINA.COM、「新浪網」とも)、中国版Twitter、weibo(微博)のSina weibo(新浪微博)を運営す…

About StartupBase

----------[AD]----------

中国版Twitter、Sina Weibo(新浪微博)の登録ユーザが3億人を突破、モバイルユーザ数が上昇中

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Sinaは先日、自身のマイクロブログサービスSina Weibo(新浪微博)に関する新たな統計をいくつか発表した。避けては通れないことが起きた、同サービスのユーザ数が3億人を突破したのだ。そう、いつかはこのような発表があるだろうと思っていた。そして、もう一つ予測していたことがある。Weiboのアクティブユーザのほとんどが、今やモバイルユーザであると言う事だ。…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Sinaは先日、自身のマイクロブログサービスSina Weibo(新浪微博)に関する新たな統計をいくつか発表した。避けては通れないことが起きた、同サービスのユーザ数が3億人を突破したのだ。そう、いつかはこのような発表があるだろうと思っていた。そして、もう一つ予測していたことがある。Weiboのアクティブユーザのほとんどが、今やモバイルユーザであると言う事だ。

もちろん、Sinaがリリースした報告内容では、同社の3億人ユーザのうち何人が「アクティブユーザ」なのかについては言及していない。また、その「アクティブ」の定義も述べておらず、それがWeiboに1日1回アクセスするユーザを指すのか、1週間に1回なのか、それとも1ヶ月に1回なのか、多少いかがわしい。仮にSinaのアクティブユーザ数が多いとすれば、彼らはその数字を発表したと考えられるため、3億人のうちアクティブユーザはそう多くはないのだろう(あるいは、Sinaは同社の「アクティブユーザ」を多めに数えており、その詳細を明らかにすることで非難にさらされることを避けるためなのではと考えられる)。

ついでに言えば、2月に3億人ユーザの壁を突破したとするSinaのグラフは、実名登録の規制が実施される前である。Sinaは、実名登録規制がユーザー数にどのような影響をもたらしたのかについてのデータは一切明らかにしていない。いずれにしても、これがそのチャートだ。(英文部分は筆者記載、チャート部分はSinaによるもの)

さて、面白いと思わないだろうか?

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Sina Weibo(新浪微博)がロケーションプラットフォームの 「Weibo Places」をローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 振り返ってみると、もっと早い段階で開始されていなかったことに我々は驚きを覚えている。Sina Weibo(新波微博)は、新しいロケーションサービスを本日(4月24日)開始した。Weibo Placesと呼ばれるもので、Weiboの位置情報つきの投稿を拾い上げ、各位置を示した地図がついた投稿をタイムラインにキレイに整理してくれる。また、特定の位置でのチェックイ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

振り返ってみると、もっと早い段階で開始されていなかったことに我々は驚きを覚えている。Sina Weibo(新波微博)は、新しいロケーションサービスを本日(4月24日)開始した。Weibo Placesと呼ばれるもので、Weiboの位置情報つきの投稿を拾い上げ、各位置を示した地図がついた投稿をタイムラインにキレイに整理してくれる。また、特定の位置でのチェックインが可能で、訪問したい新しい場所を検索する(そして後に「訪問したい場所」とマーク付けする)ことも可能だ。

本記事の上部に掲載されている画像からも明らかではあるが、このウェブアプリでは自分のいる街以外の詳細情報を得ることはできない。私は北京に住んでいるが、所在地は天安門広場がある街の中心部と表示された。これは全くもって正しい情報ではない。だが、ウェブでチェックインしようとすると、その地区付近のリスト上の場所しか選択できず、GPS搭載の携帯電話無しでは無理だということになる。

Sinaは、ほとんどのユーザがモバイルアプリを利用してチェックインすることを期待しているのだろう。ウェブアプリに追加して、Weibo Placesは多くのサードパーティのモバイルアプリに対応している。全ての公式Sina Weiboモバイルアプリでも、位置情報を付けたポストや写真が投稿できる。

また、自分がフォローしている人々の位置情報を確認することができるが、これはもちろん相手が作成した投稿記事に位置情報を組み入れることが条件となる。自分の位置情報の他者との共有が、自分で設定できる点はありがたい。

いずれにしても、これは新たなサービスで、我々はまだ解明の途中だ。それはSinaも変わらないようで、このウェブアプリで遊んでいた際にいくつか奇妙なエラーに遭遇した。地図が正しくロードされなかったり、ポップアップメニューが消失したりした。私の接続状態が悪かったのかもしれないが、まだこの新サービスのシステムにバグが残っているのではと考える。このサービスをチェックし、過去数年に渡りどのような位置情報を自分が共有してきたのか、そしてまたどのような第3者アプリに対応しているのかを知りたい読者はこのサイトからどうぞ:place.weibo.com

StartupBase Profile

sina-(新浪)

Company: sina-(新浪)

新浪公司(シナ、SINA Corporation、NASDAQ: SINA)は、中国上海市浦東新区に本社を置く企業。ポータルサイト新浪(SINA.COM、「新浪網」とも)、中国版Twitter、weibo(微博)のSina weibo(新浪微博)を運営す…

About StartupBase

 

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

ビックデータを扱うGnip、Sina Weiboのソーシャルデータにアクセス

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 ソーシャルデータプラットフォームのGnipは、フォーブス500の企業の90%が自社のデータを利用しているという。 その目的は、Twitter、Facebook、YouTube、その他多くのソーシャルネットワークのデータ管理を行うことだ。 コロラドを拠点とするGnipは本日(原文掲載4月10日)、中国のマイクロブログサービスであるSina Weibo(新浪微博…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

ソーシャルデータプラットフォームのGnipは、フォーブス500の企業の90%が自社のデータを利用しているという。 その目的は、Twitter、Facebook、YouTube、その他多くのソーシャルネットワークのデータ管理を行うことだ。

コロラドを拠点とするGnipは本日(原文掲載4月10日)、中国のマイクロブログサービスであるSina Weibo(新浪微博)を前述のリストに加えることを発表する予定だ。

Weibo APIのデータがGnipのEnterprise Data Collectorに含まれるようになり、URL拡張、フォーマットの標準化、複製排除などの機能が備わる。

筆者は本日、GnipのCOOであり社長のChris Moodyと電話で話をすることができた。GnipがSina Weiboに特定した事業拡大を考えた詳細が知りたかったからだ。彼は次のように語った。

「この種のデータを取り入れる計画は、我々の顧客からの需要に100%基づいたものである。その多くがBtoB事業者で、情報を分析・洞察し、ブランド企業へと譲渡する。

今回のSina Weiboは、需要が高くリストの最上位にあった。特定のブランドが「リクエスト」したものである。その背景にある動きはまだ判明していないが、我々の顧客の30%はグローバル企業。国内企業でも国際的なブランドを代表していることが多く、米国や欧州だけではなく世界で交わされるブランドに関するコミュニケーションに強い関心を持っている」。

この種のビジネスに言語的なハードルがあるのか関心を持ったが、Chrisはそれは実際に存在すると話す。だが、一般的に特定の言語の会話データを要求する顧客が抱える問題で、Gnipにはそれに対応する準備ができている。

また、ChrisにSina Weiboと同胞である欧米流マイクロブログのTwitterとでは、共に仕事を進めていく上での勝手が違うのでは?と聞いてみた。

「一つ確実に言えることは、巨大なデータがあり我々の顧客は確実にその膨大なデータに関心を持っているということだ。大容量のデータは単純に興味をそそるソースである。

TwitterではなくSina Weiboの会話から何を導き出せるか?ユーザー層が明らかに違うので、違った種類の人々の会話を聞いていることになる。Sina Weiboから我々の顧客が何を導き出すか、大変興味深いものとなるだろう」。

Gnipが将来的にもっと多くの中国のサービスを追加する予定があるのだろうか?Chrisは特定の名前は挙げなかったが「中国にももっと広げていく計画」であると述べた。彼はまた、様々なネットワークで様々な会話がなされているため、1つのソーシャルネットワークで全会話ををカバーすることは「非現実的」だとも語った。

数週間前に我々が言及したように、Sina Weiboには1000以上もの海外企業アカウントがある。これは企業が中国ユーザーの会話への参加を希望していることの証拠だ。「会話データにおける多様性への要望はどんどん強まっている」とChrisは言う。

ビッグデータはビックビジネスとなりつつある。そしてGripは確実にそれを利用している。Gnipの顧客は多様な会話を欲しており、彼らのために中国のネット上で交わされている会話を分析し、そこから役にたつものを提供できるようになるだろう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Sina Weibo(新浪微博)のiPhoneアプリはとても便利で魅力的だ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 実名登録ルールの議論が中国で続いているが、私はiPhoneアプリを使ってSina Weibo(新浪微博)でツイートしている。本当のことを言うと、様々な議論が起こっている実名登録ルールのことが気になり、そのルールが実施されたかどうか、素性を正直に書かないといけないのかをチェックするためついついWeiboを見てしまう。だからアプリにログインしている間はWeibo…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

実名登録ルールの議論が中国で続いているが、私はiPhoneアプリを使ってSina Weibo(新浪微博)でツイートしている。本当のことを言うと、様々な議論が起こっている実名登録ルールのことが気になり、そのルールが実施されたかどうか、素性を正直に書かないといけないのかをチェックするためついついWeiboを見てしまう。だからアプリにログインしている間はWeiboかゲームをしているというわけだ。

Sina WeiboのiPhoneアプリはミニソーシャルモバイルゲームセンターのようだ。ゲームははかなり単純だが、MobageGREEで見られるゲームにとてもよく似ている。だが、ソーシャルコミュニケーションが簡単にできるため特別なものになっている。たいていはweiboにアクセスしてからゲームをし、またweiboに戻る。お気に入りのゲームはポーカーで、勝負が早いことが多くゲームにのめり込んでしまう。The Three Kingdomは面白そうだがロードに時間がかかりすぎているように感じられる。

また、Sina Weiboの進化には感心している。ごちゃごちゃさせることなく多くの機能を追加し、サービス内容をより濃く充実したものへと作り変えた。

欧米のサービスと比較しなければいけないとすれば、Sina WeiboはTwitterよりFacebookに似てきている。Twitterも何かしらの類似サービスを計画しているのだろうか、と考えざるを得ない。Twitterと比較するとSina Weiboはより優れた点を持ち合わせていると思う。私がTwitterを継続して利用している唯一の理由は、友人の存在のみである。

だが、Sina WeiboのiPhoneアプリは単なるweiboやゲームだけではない。以下の2つの機能によって私もつい利用してしまう。

1. コメント/再投稿が最も多かったもの:この機能を使うと、コメントや再投稿が最も多かったweiboやツイートをすべて見ることができる。タクシーで渋滞に巻き込まれて何もすることがないときには、そのコメントを読むと時間がつぶれるし最新情報も分かるのでやってみると良い。

2.WeiboApps:アプリの中にアプリストアがあるが、Sinaのアプリを売りつけようとするわけではない。そこは中国で一番面白く最新のアプリをチェックできる場所でもある。

自分の発信するweiboの影響力を分析してくれるMicrodata機能もすばらしい。

Sina Weibo のiPhoneアプリの目玉はざっとこんなところである。もちろん、Twitterと同じくWeibo用のサードパーティによって作られてたアプリがあり、よりシンプルなユーザーインターフェイスを提供しているものもある-英語のインターフェイスなどもある。

中国で流行っているものを知るには、Sina Weiboは最も良いツールのひとつである。アプリのインターフェイスは英語だが、コンテンツは99.99%中国語だ。したがって、中国語に限った体験となるのは残念であるが。

<

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Sina Weibo(新浪微博)にアカウントを開設する企業が増加−米国企業が多数

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Sina Weibo(新浪微博)の最近の報告書によると、13万565件以上の企業がアカウントを取得しており、中でもレストランが大多数を占めているという。そして、laowai(老外:外国人という意味)がSina Weiboをビジネスに使っているという。特に米国の企業が圧倒的に多い。Weiboアカウントを持つ海外企業の総数は2月末現在で1060件にものぼる[1]…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Sina Weibo(新浪微博)最近の報告書によると、13万565件以上の企業がアカウントを取得しており、中でもレストランが大多数を占めているという。そして、laowai(老外:外国人という意味)がSina Weiboをビジネスに使っているという。特に米国の企業が圧倒的に多い。Weiboアカウントを持つ海外企業の総数は2月末現在で1060件にものぼる[1]。そのうち208が米国企業で、178が日本企業だ。残りの内訳については、下記の通り。

Weiboアカウントを持つ海外企業が1060というのはそれほど多い数ではないが、Sina Weiboが間違いなく海外企業を引き込んでいる。実際に好調な企業も多い。Sinaによると、フォーチュン500企業の中でWeiboに登録している企業は143社ある。このフォーチュンに掲載されている企業がアーリーアダプターなら、それに続く海外企業も今後増えていくだろう。

Sina WeiboはiOSでは英語で使えるが、ウェブでは英語は使えない。最近ジャカルタで行われたNet Impact Conferenceで、Sina Weiboが米国のIPを取得して英語のインターフェイスでも使えるようにすると聞いた。我々が試してみたところ、それはまだ反映されてないようだ。我々の知る限り、Sina Weiboは英語のウェブインターフェイスは持っておらず[2]、使用は 中国語の繁体字と簡体字に限られている。

とはいえ、言葉の壁によってこれらの企業がSina Weiboを使わなくなるとは限らない。しかし、最近記載したDoveの事例のような多国籍企業のWeiboプロモーションキャンペーンの勝因は地元のエージェンシーの活躍にあるといえる。実名を確認するという規制は、海外や地元のユーザーにはまだ影響を与えてはいないようである。同僚のチャーリー以前こちらこちらで書いて回ったのは不思議なことだ。今でもWeiboは普通に使うことができるが、個人的な情報を公開しないといけないということはない。


1.驚いたことに、グラフには台湾と香港はないが、この報告書では中国の一部とみなしているんだろうと思われる。
2.米国に滞在していて、英語のインターフェイスを見ることができた方はぜひ知らせてほしい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国のTwitter「Weibo」の企業アカウント人気、アクティブフォロワー数200万人も

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 先日、はじめてSina(新浪)の「企業向けWeibo(微博)」と書かれた資料に目を通した。Weiboの企業アカウントは、サービス収益化に大きく関わる最大の鍵だ。それゆえ手の込んだレポートになっているが、Sinaのパフォーマンスの良さ、新たな企業と契約する際のスピードには目を見張るものがある。 今回はレポートをより詳細に分析し、最大級のWeibo企業アカウント…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

先日、はじめてSina(新浪)の「企業向けWeibo(微博)」と書かれた資料に目を通した。Weiboの企業アカウントは、サービス収益化に大きく関わる最大の鍵だ。それゆえ手の込んだレポートになっているが、Sinaのパフォーマンスの良さ、新たな企業と契約する際のスピードには目を見張るものがある。

今回はレポートをより詳細に分析し、最大級のWeibo企業アカウントについて考えてみたい。

まずは、どのような企業がWeiboの勝ち組なのだろうか。純粋にフォロワーの数だけ見ると、上位を占めているのはオタク向け(UCウェブブラウザWorld of Warcraft)のPC製品と、女性用ショッピングや情報共有サイト(Meilishuo(美丽说)、Mushroom Street(蘑菇街)および Ai Wu)である。

しかし誰でもゾンビ(編集注;捨てアカウント、偽アカウント)を買うことができるし、また数字集計が先日の実名登録有効化の前であったことがほぼ確実であることから、より重要なポイントは誰が最もアクティブなフォロワーを獲得しているか、という点だ。

Pinterestに似たファッション情報共有サイトのMeilishuoが首位を占め、Mushroom Streetが次に、YinYueTai(音悦Tai)(音楽プラットフォーム)、Weico(weiboのクライアント)およびTmallがそれに続いている。

Sinaの「企業向けWeibo」推しが比較的最近の現象である事を考えれば、多くの新しいサイトがリストを占領している事は驚くに至らない。200万近いアクティブなフォロワーがいることはかなり衝撃的だ。Meilishuoのアクティブ数と総フォロワー数の差は、彼らのゾンビ購入疑惑を暗示しているが。ま、実際のところは分からない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

sina-(新浪)

Company: sina-(新浪)

新浪公司(シナ、SINA Corporation、NASDAQ: SINA)は、中国上海市浦東新区に本社を置く企業。ポータルサイト新浪(SINA.COM、「新浪網」とも)、中国版Twitter、weibo(微博)のSina weibo(新浪微博)を運営す…

About StartupBase

----------[AD]----------