THE BRIDGE

タグ Skyball

FCバルセロナや東京ヴェルディらも参戦ーーアカツキが熊谷氏のSkyball買収で、eスポーツリーグ「LPE」開始へ

SHARE:

ゲームやリアル体験のエンターテインメント事業を展開するアカツキは8月22日、eスポーツリーグ「LPE」の設立と事業参入を発表した。同社はその運営にあたり、スペインを拠点とするPROFESSIONAL ESPORTS LEAGUE(PEL)社の株式を取得して子会社化したことも公表している。TechCrunchの報道によると、取得した株式は65%で、かかった費用は300万ユーロ(約3億8000万円)。…

akatsuki.png
写真左:アカツキ入りが明らかになったSkyballの熊谷祐二氏

ゲームやリアル体験のエンターテインメント事業を展開するアカツキは8月22日、eスポーツリーグ「LPE」の設立と事業参入を発表した。同社はその運営にあたり、スペインを拠点とするPROFESSIONAL ESPORTS LEAGUE(PEL)社の株式を取得して子会社化したことも公表している。TechCrunchの報道によると、取得した株式は65%で、かかった費用は300万ユーロ(約3億8000万円)。

また、同時にアカツキは国内でスポーツエンターテインメントの事業を展開していたSkyballを子会社化している。本誌取材に回答したもので、Skyballの発行済全株式を取得。代表取締役の熊谷祐二氏は今回子会社化が発表されたPEL社の取締役にも就任する。買収にかかった費用は非公開で法人としては存続し、熊谷氏はスペインにてリーグ運営の事業推進を担当する。

熊谷氏は東京理科大学在学中に検索エンジン開発のフォリフを創業した人物。2014年4月にはキュレーションメディア「iemo」の共同代表を一時務め、その後、2015年11月にスポーツエンターテインメントを軸とするSkyballを創業した。

今回、熊谷氏が担当することになった「LPE」は、PELが設立したeスポーツリーグで、立ち上げ時に開催されるサッカージャンルのリーグマッチについては公式にスペインのFCバルセロナやレアル・ソシエダ、ビジャレアル、ブラジルのサントス、日本からは東京ヴェルディなどが参加を予定している。今年秋にはプレシーズンマッチを開始し、2019年には賞金総額50万ドルをかけた大会も計画している。

熊谷氏は今後のタイトル拡大についてこのように説明してくれた。

「スポーツタイトルはもちろん、ストラテジータイトルなど幅広いゲームを採用する予定です。また現在はサッカーチームが多いですが、プロチームも野球、バスケットボールからクリケットまで多くの競技で話を進めており、プロであれば大歓迎です」。

熊谷氏とアカツキへのグループ入りを協議したのが今年5月頃から。元々彼らの株主だったアカツキがスペインでLPEリーグの構想に触れたことから事業買収などの話が進んだ。

「アカツキグループでグローバルにエンターテインメントの創出ができることがとても楽しみです。グループ入りといっても、LPEはまだまだ『ド』が付くほどのスタートアップなので、Next Big Thingを創るために得意な0→1を全力で頑張りたいと思います」(熊谷氏)。

国内のeスポーツ事業はコナミやミクシィ、サイバーエージェントグループなどが参入しており、海外で有名なゲームリーグでは数億円の賞金がかかったマッチもある。

----------[AD]----------

起業家の新たな旅立ちーー元iemo共同代表の熊谷氏が「スポーツ×VR」サカチャンを公開

SHARE:

スポーツメディア事業を展開するSkyBallは5月11日、サッカー関連の動画メディア「サカチャン」を公開した。サカチャンはプロサッカー選手の練習風景などを配信する動画メディアで、プロスポーツクラブにおけるファンと選手とのコミュニティづくりを目指している。 また、特徴的なコンテンツとして360度動画があり、Gear VRなどのスマートフォン対応のVRヘッドセットを使うと、まるで選手たちが練習している…

image

スポーツメディア事業を展開するSkyBallは5月11日、サッカー関連の動画メディア「サカチャン」を公開した。サカチャンはプロサッカー選手の練習風景などを配信する動画メディアで、プロスポーツクラブにおけるファンと選手とのコミュニティづくりを目指している。

また、特徴的なコンテンツとして360度動画があり、Gear VRなどのスマートフォン対応のVRヘッドセットを使うと、まるで選手たちが練習しているフィールドに自分がいるかのような没入感を体験することができる。

例えばFacebookにアップされたサッカー・中村俊輔選手のフリーキック練習風景動画(※リンク先はYouTubeアップ版)は公開から48時間で20万人以上にリーチするなど、すでにファン層に反響を生んでいる。同社は今後、他のJリーグクラブなどにアプローチし、更なるコンテンツ拡充を目指す。

VRとスポーツという相性のよさそうな場所に新しいプレーヤーが生まれたこともさることながら、私が注目したのはこのメディアを立ち上げたのが若き連続起業家だったからだ。

彼の名は熊谷祐二。元iemo共同代表だった人物だ。

世界一周してみえたもの

image

「世界を一周してました。当時29歳で次に何をしようかなと考えながら旅をして、やっぱりまたスタートアップしたいなって。次は本当に自分の情熱を捧げられるものにしようと」(熊谷氏)。

熊谷氏は東京理科大学在学中に検索エンジン開発のフォリフを創業した人物。2014年4月に当時、iemoを創業したばかりの村田マリさんから声がかかり、同社の共同代表という立場となった。その後、iemoが急激な成長を遂げるなかでその立場を鈴木裕斗氏に譲り、管理部門の立ち上げなどに仕事を移していた。

インテリア系の特化型まとめサービス「iemo」共同代表に元フォリフの熊谷氏が就任、資金調達も実施

iemoがその後、ディ・エヌ・エーに買収されたのは読者の方々であればご存知の通りだろう。

「アフリカや東南アジア、各国回ってた時にふと、店先でお客さんたちがサッカーのチャンピオンズリーグの試合を見てたんです。これって世界各国共通のルールじゃないですか。ファンがいて国籍もなく一緒に楽しめる。一緒に応援できる」(熊谷氏)。

熊谷氏は高校球児なのだそうだ。大学で検索エンジンのフォリフを作っている頃からいつかはスポーツに関連したビジネスに携わりたいという気持ちがあった。

「去年の後半ぐらいですかね。スポーツテックというのか、VRやAR、メディアでも動画を活用したものが増えてきていて、調べ始めていたんです」(熊谷氏)。

ある日、熊谷氏はサッカーのネイマール選手がYouTubeのビデオをみてロビーニョ選手の技を学んでいた、というエピソードに出会う。

「そうかと。サッカー少年に今、ヒアリングしたりしてるんですが、やはり彼らはサッカーゲームやYouTubeでそのテクニックを覚えたりしてるそうなんですね。ここに隙間があるんじゃないかと」(熊谷氏)。

帰国した熊谷氏は新たなスポーツメディアを立ち上げるべく、Skyballをスタートアップさせた。

スポーツ×VRの可能性

image

「スポーツの動画って実はあんまり出回らないんです。まず権利の問題があって撮影できるのはテレビなどの報道陣やサッカークラブなどです。でもクラブの広報では撮影はできても編集までは手が回らない」(熊谷氏)。

一方でファンは試合風景だけでなく、日常の練習風景や選手の素顔に触れたいと思っている。動画コンテンツにはそういう魅力があり、コミュニティづくりに一役買うのは容易に想像ができる。

これに加えて冒頭で説明した360度動画の存在も大きい。例えばビジネスだ。

単純な練習風景だけの動画コンテンツであればファンクラブなどへの課金が考えられるが、360度動画であればより本格的な育成事業や体験イベントなどへの発展も可能になってくる。メディアビジネスを単純な広告モデルだけで考えられない時代、この広がりはおそらく彼らにとって有利に働くだろう。

スポーツテックという言葉がどこまで広がるか、彼の挑戦に注目が集まる。

 

----------[AD]----------