BRIDGE

タグ SkyDrive

〝空飛ぶクルマ〟を開発するSkyDrive、シリーズBラウンドで政投銀など10社から39億円を調達——公開有人飛行試験に成功

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから 航空機・ドローン・自動車エンジニアが集う有志団体 CARTIVATOR メンバーから発足したスタートアップ SkyDrive は8月28日、シリーズ B ラウンドで39億円を調達したことを明らかにした。本ラウンドに参加した投資家は次の通り。 日本政策投資銀行 伊藤忠商事(東証:8001) 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ…

SkyDrive 創業者とシリーズ B ラウンドに参加した投資家の皆さん
Image credit: SkyDrive

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

航空機・ドローン・自動車エンジニアが集う有志団体 CARTIVATOR メンバーから発足したスタートアップ SkyDrive は8月28日、シリーズ B ラウンドで39億円を調達したことを明らかにした。本ラウンドに参加した投資家は次の通り。

  • 日本政策投資銀行
  • 伊藤忠商事(東証:8001)
  • 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ
  • ENEOS イノベーションパートナーズ
  • 大林組(東証:1802)
  • 環境エネルギー投資
  • STRIVE
  • 日本電気(NEC、東証:6701)
  • ベリサーブ
  • 三井住友ファイナンス&リース

これは SkyDrive にとって、2019年9月に実施したシリーズ A ラウンドに続くものだ。なお、今回ラウンドに参加した伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、環境エネルギー投資、STRIVE は、前回ラウンドに続くフォローオン。2018年11月のシードラウンド(Drone Fund から3億円)から数え、SkyDrive の累積調達額は57億円に達した。

SkyDrive が開発する「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」は、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴。モビリティ分野の新たな動きとして、世界のみならず日本でも都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものと期待されている。既存の航空機に比べ低コスト・低騒音で、離発着場所もコンパクトになる。

SkyDrive はまた、開発した有人機「SD-03」を使って、愛知県豊田市にあるテストフィールドで、約4分間にわたり公開有人飛行試験に成功したことを明らかにした。同社では今後、有人試験機SD-03の実験結果をもとに、より幅広い環境下での飛行実験を重ねることで、さらなる安全、安心な技術の開発を進めるとしている。

SkyDrive は、今年末までにSD-03の飛行承認を得て、2023年までにプロトタイプを商業モデルに移行したい考え。また同社は、最大高度500メートル、時速100Km、航続距離19Kmで飛行可能とされるコンセプトモデル「SD-XX」も開発中だ。

SkyDrive は2014年に「TOKYO STARTUP GATEWAY 2014」のファイナリストに採択。 Infinity Ventures Summit 2015 Spring in 宮崎の Launch Pad で5位に選ばれた。

via PR TIMES, PR TIMES

〝空飛ぶクルマ〟を開発するSkyDrive、DroneFundやZコーポレーションなどから15億円を調達——年内にも有人飛行試験を開始へ

SHARE:

航空機・ドローン・自動車エンジニアが集う有志団体 CARTIVATOR メンバーから発足したスタートアップ SkyDrive は30日、15億円を調達したと発表した。投資ラウンドは不明。このラウンドに参加したのは、DroneFund、ヤフーの投資会社である Z コーポレーション、STRIVE、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、環境エネルギー投資。 DroneFund と Z コーポレーションは過去の…

SkyDrive のチームの皆さん
Image credit: SkyDrive

航空機・ドローン・自動車エンジニアが集う有志団体 CARTIVATOR メンバーから発足したスタートアップ SkyDrive は30日、15億円を調達したと発表した。投資ラウンドは不明。このラウンドに参加したのは、DroneFund、ヤフーの投資会社である Z コーポレーション、STRIVE、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、環境エネルギー投資。

DroneFund と Z コーポレーションは過去のラウンドにも参加している。SkyDrive によれば、同社の累積調達額は20億円。今回の調達と合わせ、STRIVE 代表パートナーの堤達生氏が SkyDrive の社外取締役に就任する。同社では調達した資金を使って、2019年内の有人飛行試験開始に向け開発を加速する。

<関連記事>

SkyDrive が開発する「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」は、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴。モビリティ分野の新たな動きとして、世界のみならず日本でも都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものと期待されている。既存の航空機に比べ低コスト・低騒音で、離発着場所もコンパクトになる。

SkyDrive は2014年に「TOKYO STARTUP GATEWAY 2014」のファイナリストに採択。 Infinity Ventures Summit 2015 Spring in 宮崎の Launch Pad で5位に選ばれ、今年組成された Drone Fund 2号ファンドから出資を受けたことが明らかになっていた。

via PR TIMES

Baidu(百度)、クラウドストレージサービス導入でDropbox、SkyDriveの座を狙う

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のサーチエンジントップのBaidu(百度)(NASDAQ:BIDU)が先日、開発者会議を行った。その場で、BaiduWangPan(百度网盘)、中国語で「ウェブディスク」という意味の名称のクラウドストレージプラットフォームをローンチした。 DropboxやMicrosoft(NASDAQ:MSFT)のSkyDriveのようなライバルと同様、このサービスを…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のサーチエンジントップのBaidu(百度)(NASDAQ:BIDU)が先日、開発者会議を行った。その場で、BaiduWangPan(百度网盘)、中国語で「ウェブディスク」という意味の名称のクラウドストレージプラットフォームをローンチした。

DropboxやMicrosoft(NASDAQ:MSFT)のSkyDriveのようなライバルと同様、このサービスを使えば、ユーザーはファイル-写真やmp3、ビデオ、アプリ、テキストドキュメントなどをクラウドにアップロードして保存でき、いつでもアクセスできる。BaiduWangPanでは、15GBまでの容量が無料で-Dropboxの初期2GBより多く、SkyDriveの25GBよりは少ない。無制限に無料で容量を広げることができるインセンティブの仕組みもある。消費者や企業のための特別な追加ストレージサービスを行うかどうかはまだ明らかにされていない。

BaiduWangPanには、パソコンとAndroid向けのアプリがすでに用意されており、iOSやMacバージョンも準備中だ。それに加え、AndroidユーザーはESファイルエクスプローラー、ファイルエキスパートとボートブラウザーの3つのAndroidのファイル管理アプリを使うこともできる。これらすべてが、発表されたBaiduの新しいクラウドサービスをサポートしている。

Baiduの動きは、クラウド指向のAliyunフォンを発表したAlibabaやMicrosoftへの挑戦である。Androidを基本にしたモバイルOS、Baidu Yiを強化し、アップルのiOS(iCloudを含む)やMicrosoftのWP7(先日中国で発売された)に立ち向かう構えだ。

この新しいクラウドの争者はまだプライベートベータ版であり、北京時間の毎日午前10時、5000人が新しく招待されている。詳細はBaidu WangPanのサイトで確認できる。

[Image source: 36kr – article in Chinese]

【viaTech in Asia】 @TechinAsia