BRIDGE

タグ Smart Helmet

バイザー部分に必要な情報をARで表示する次世代ヘルメット「Smart Helmet」

SHARE:

必要な情報を眼前に表示するAR技術が最も必要な現場はどこか…と考えた時、工事現場はまっさきに思いつくシチュエーションのひとつだろう。米Daqri社の発表した「Smart Helmet」は、ヘルメットのバイザー部分に必要な情報を表示できる次世代の安全装備だ。 このヘルメット最大の特徴は、AndroidベースのOSをコアに、360度をトラッキングしつつづけるカメラの存在だろう。このカメラから得られた映…


DAQRI_Smart_Helmet_Product_150_0009

必要な情報を眼前に表示するAR技術が最も必要な現場はどこか…と考えた時、工事現場はまっさきに思いつくシチュエーションのひとつだろう。米Daqri社の発表した「Smart Helmet」は、ヘルメットのバイザー部分に必要な情報を表示できる次世代の安全装備だ。

このヘルメット最大の特徴は、AndroidベースのOSをコアに、360度をトラッキングしつつづけるカメラの存在だろう。このカメラから得られた映像を「Intellitrack」と呼ばれる解析エンジンにかけることで、状況を理解し、バイザーに都度必要な情報を表示する。

sensors-d3e430a7b5f29ed73d12e0c58def34bc

このカメラにはHDビデオの撮影、静止画撮影、3Dマッピング、英数字のキャプチャなどが機能として備えられているそう。これにより、看板やメーターなどをヘルメットが読み、理解する仕組みになっているとのことだ。発表されている内容を見る限りではスタンドアロンでの稼働が前提に思え、必要なデータなどは事前にヘルメット側にインストールする必要がありそうだ。

gauge-8ff1915f8c316b06837e1e3264dc6604

他にもスマートウォッチなどと組みあわせることにより、豊富で柔軟な情報提供ができるとのこと。まだコンセプトモデルではあるようだが、これが実現すれば作業の効率化および安全性に寄与できそうな印象を受ける。

watch_ui-ff537d3d46d0104efd439c2ca75c8154

個人的には、これが出来るならバイクなどのフルフェイス型ヘルメットにも応用が利くのでは無いかと考えてしまう。これからの数年で、このARの世界はどこまで進むのだろうか。