BRIDGE

タグ Smart Mat

スマートショッピング、センサーで残量検知し自動発注・在庫補充するIoTデバイス「スマートマット」を正式ローンチ——KDDIとも協業

SHARE:

スマートショッピングは15日、自動発注・在庫補充を可能にする IoT デバイス「スマートマット」を正式ローンチした。 スマートマットは、商品の下に敷くことで残量を自動計測、データに基づいて適切なタイミングで自動発注することができるデバイス。主に法人向けに、ついつい発注し忘れがちな必要なアイテムを、常に必要量確保しておく作業を自動化するサービスを提供する。スマートショッピングでは、同社の商品データベ…

monozukuri-hardware-cup-2018-smart-shopping-1
2018年3月、大阪で開催された Monozukuri Hardware Cup でピッチするスマートショッピング代表取締役の林英俊氏
Image credit: Masaru Ikeda

スマートショッピングは15日、自動発注・在庫補充を可能にする IoT デバイス「スマートマット」を正式ローンチした。

スマートマットは、商品の下に敷くことで残量を自動計測、データに基づいて適切なタイミングで自動発注することができるデバイス。主に法人向けに、ついつい発注し忘れがちな必要なアイテムを、常に必要量確保しておく作業を自動化するサービスを提供する。スマートショッピングでは、同社の商品データベース上に商品の消費前の重量を保持しており、定期的な重量計測により、残量が少なくなった時点で最安値の店舗を検索、ユーザに購入許可を求める。

smart-mat-system-diagram
スマートマットを使った、商品補充・自動発注のしくみ
Image credit: Smart Shopping

スマートショッピングはスマートマットを昨年9月に発表していたが、約1年に及ぶテストマーケティングを経て、今回の正式ローンチを迎えた。共同で実証実験を進めてきた KDDI とも協業し、KDDI は同社のクラウドとスマートマットをセットにしたパッケージを来年1月から提供する。スマートショッピングは明日から幕張メッセで開催される CEATEC 2018 に出展するほか、来年ラスベガスで開催される Consumer Electronics Show(CES)にも出展予定

スマートショッピングは、アマゾンジャパンで定期購入サービスを立ち上げた林英俊氏らにより2014年に設立。今年2月には、アドベンチャー、Makers Boot Camp の MBC 試作ファンド、NOS Ventures、丹下大氏を含むエンジェル投資家複数から約2億円を調達。3月には大阪で開催された「Monozukuri Hardware Cup」で3位に入賞した。2016年には、情報処理推進機構(IPA)の「先進的 IoT プロジェクト支援事業」に採択されている。

----------[AD]----------

体の位置や姿勢を計測しガイダンスしてくれる、スマートヨガマット「Smart Mat」

SHARE:

先進国でのヨガブームは衰えることなく、健康や美容のために日常的にヨガをする人は日本でも多い。 スマートヨガマット「Smart Mat」は、自宅で本格的にヨガをする人のための、センサー搭載、スマートフォンやタブレットのアプリと連動して利用できる次世代のヨガマットだ。以前紹介したスマートヨガマット「TERA」と類似している。 「Smart Mat」を利用するには、まず身長や体重などの基本情報を設定、マ…


20141027_yoga02

先進国でのヨガブームは衰えることなく、健康や美容のために日常的にヨガをする人は日本でも多い。

スマートヨガマット「Smart Mat」は、自宅で本格的にヨガをする人のための、センサー搭載、スマートフォンやタブレットのアプリと連動して利用できる次世代のヨガマットだ。以前紹介したスマートヨガマット「TERA」と類似している。

「Smart Mat」を利用するには、まず身長や体重などの基本情報を設定、マット上に体の一部をを置くと、マットに搭載されたセンサーが四肢の長さ等を計測し、ユーザーの体の特徴を検知、体の位置、バランス等を分析し、Bluetooth経由で専用アプリに送信される。

「Smart Mat」は4つの階層から構成されていて、圧力センサーでユーザーの荷重を検知、より高感度に圧力をとらえられるピエゾ抵抗効果を利用した小型センサーで圧力を計測している。通常のヨガマットと同様、丸めて持ち運びが可能で、USBか100Vのコンセントから充電可能で、バッテリー持ち時間は6時間。

大きさは約66センチ×約180センチ、厚さ6mmで、専用アプリはiOS 5以上、Android 4.3以上で動作する。

20141027_yoga01

「Smart Mat」には3つのモードがあり、自宅でオリジナルのヨガクラスを受講してできる「ホームプライベートモード」、ヨガ教室に参加している時など、体勢をキープしている時間を計測してサポートしてくれる「クラスアシストモード」、ガイダンスなし、後で分析結果を確認できる「ゼンモード」がある。

クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者を募集、記事執筆時点残り5日で目標額の200%以上を集めプロジェクトはすでに達成した。アーリーバード価格として297ドル(約32000円)で手に入れる事ができる。予定小売価格は447ドル(約48000円)になるという。

----------[AD]----------