BRIDGE

タグ ソフトバンク

ソフトバンク、Grabを通じインドネシアのデジタルインフラ発展に20億米ドルを投資へ

SHARE:

東南アジアの配車サービス大手 Grab は29日、ソフトバンクからの資金を使って今後5年間でインドネシアのデジタルインフラ発展の加速のため20億米ドルを投資すると発表した。報道声明によれば、この投資は、都市の次世代交通ネットワークの形成やヘルスケアなど重要サービスの提供方法の変革に向けたものだ。 このイニシアティブは、ジャカルタのイスタナ・ムルデカ(ムルデカ宮殿)で行われた、インドネシア大統領 J…

Image credit: Grab

東南アジアの配車サービス大手 Grab は29日、ソフトバンクからの資金を使って今後5年間でインドネシアのデジタルインフラ発展の加速のため20億米ドルを投資すると発表した。報道声明によれば、この投資は、都市の次世代交通ネットワークの形成やヘルスケアなど重要サービスの提供方法の変革に向けたものだ。

このイニシアティブは、ジャカルタのイスタナ・ムルデカ(ムルデカ宮殿)で行われた、インドネシア大統領 Joko Widodo 氏、ソフトバンクグループ会長兼 CEO 孫正義氏、Grab CEO Anthony Tan 氏、Grab Indonesia プレジデント Ridzki Kramadibrata 氏の会談の後の発表された。参加者らは、テクノロジー業界における投資機会への特化や、インドネシアのテクノロジー人材開発を通じて、今後数年で東南アジアの最大デジタル経済になろうとするインドネシアの野望について話しあった。

ソフトバンクは今年 Garb に14億6,000万ドルを出資しており、インドネシアでのプレゼンス拡大を狙っている。

インドネシアの野望を達成するのを支援する上で、ソフトバンクは Grab を通じて20億米ドルを出資し、重要サービスやインフラのデジタル化を推進する。Grab とソフトバンクは、より環境負荷の少ない都市交通の開発を念頭に、EV(電気自動車)エコシステムを中心としてインドネシアの次世代交通ネットワーク構築に出資する予定。両社はまた、インドネシアの未来技術の開発と適応を推進すべく、インドネシアの地理マッピングソリューションも開発する。

Grab は今後3ヶ月以内に、全てのインドネシア人が医師や医療サービスにアクセスできるようにすることを目指して、同国内で料金割安な電子ヘルスケアサービスをローンチする予定だ。これとあわせ、Grab はインドネシア国内に2つ目のなる本社を作る計画を明らかにした。この本社にはジャカルタで急成長する Grab の R&D センターを収容し、GrabFood 事業との二本社制となる。

Grab の第二本社は、Grab-Kudo エージェントのようなマイクロ起業家を支援するソリューション開発にも注力する。適合するソリューションは、東南アジアの他の新興経済にも紹介される予定。新本社インドネシア人に数千人以上分の雇用を提供し、インドネシアの主要大学との提携により、地元テック人材の技能向上も行う。

インドネシアのテクノロジー業界には大きな可能性がある。Grab を通じて、インドネシアの将来に20億米ドルを投資できることは大変嬉しい。(孫氏)。

インドネシア海洋担当調整大臣 Luhut Binsar Panjaitan 氏は次のように述べている。

成長経済に後支えされインドネシアの投資環境は良く、また投資を容易にすべく我々は共に尽力している。今回の投資は、投資家の目、中でもテクノロジー業界の投資家から注目を集めている証拠と言えるだろう。中小企業支援、観光業効果、健康サービス改善に向け、インドネシア5番目のユニコーンとなった Grab やソフトバンクと協業できることを楽しみにしている。

Grab の CEO Tan 氏は次のように述べている。

国内224都市でサービスを展開する Grab にとってインドネシアは最大の市場であり、我々はこの国の長期的かつ持続的発展にコミットしている。東南アジア最大のデジタル経済を目指すことや、国民の生活を改善するといった、インドネシアの野望を加速したいと考えている。

Grab は2017年以来、「Grab 4 Indonesia 2020 マスタープラン」を通じて、インドネシアで10億米ドル以上を投資しており、インドネシアスタートアップへの出資にコミットしてきた。今回の20億米ドルの追加出資の約束を通じて、今後5年間でインドネシア国内マイクロ起業家人口の倍増を目指している。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

SoftBank Vision Fundが8億ドル出資した「Greensill」とはーーサプライチェーンの信用度を活用した融資の仕組みを紐解く

SHARE:

ピックアップ:SoftBank Vision Invests $800 Million in U.K. Fintech Greensill ニュースサマリー:ロンドンに拠点をおくサプライチェーン・ファイナンス企業「Greensill Capital」は5月13日、SoftBank Vision Fundから8億ドルを調達した。Bloombergの報道では投資後の評価額は35億ドルになるという。 G…

スクリーンショット 2019-05-16 10.42.16.png

ピックアップ:SoftBank Vision Invests $800 Million in U.K. Fintech Greensill

ニュースサマリー:ロンドンに拠点をおくサプライチェーン・ファイナンス企業「Greensill Capital」は5月13日、SoftBank Vision Fundから8億ドルを調達した。Bloombergの報道では投資後の評価額は35億ドルになるという。

2019-05-13 21.47.40
Greensillウェブサイトより

Greensillは、2011年に元モルガン・スタンレーで銀行員のLex Greensill氏が創業したスタートアップ。サービス開始から今日まで、60カ国以上の800万人を越える顧客に対し、累計600億ドルの資金を提供してきた実績をもつ。今回の調達で獲得した資金は、主にアジア市場でのサービス展開に投資される。具体的には、インドや中国、ブラジルといった新興国市場だ。

Australian Financial ReviewのコメントでLex氏は次のように述べている

私たちは金融市場をテクノロジーを用いて、資金調達の機会を民主化する。クライアントにとって可能な限り低いコストで資金を調達できるようにし、かつサプライヤーである投資家に新しいアセットクラスを提供することを使命としています。

話題のポイント:Greensillが行なっているのは、サプライチェーン上の企業と投資家を繋げるプラットホーム・ビジネスです。借り手企業がGreensillで投資家から融資を受ける際は、参加しているサプライチェーン全体の信用力が高いほど有利になります。

例えば材料が確実に仕入れることができたり、自社の製品が必ず取引相手に売れるということは、高い確率で融資を返済できるということを意味するので、利率も低く済みます。

さらにそのようなケースでは、投資家はファクタリングを通してすぐに資金を回収することができますし、その投資はすぐに別のサプライチェーンに投下され、別の企業の運転資金となります。

つまり、信用力の高い企業や信用力の高い企業が参加するサプライチェーンにはすぐに資金が集まり、かつより低い利率で融資ができるため、参加主体全員がより多くの利益を得ることができるということです。逆に、信用力の低い企業や、それらの企業が参加するサプライチェーンには資金は集まらず、利率も高く設定されてしまうため、利益を出すことが難しくなっていきます。

シンプルですが、上記の設計は借り手事業者による資金の正しい運用とビジネスの高利潤化を促進するため、多くの事業者と投資家の心を掴みました。

今後、新規参入市場に対してこのスキームを適応し、さらに多くの事業者・投資家を巻き込むことができれば、Greensillはさらに大きなプラットホームとして、世界中の製造・貿易を支える企業になっていくでしょう。

----------[AD]----------

ソフトバンク、配車サービス大手Didi(滴滴出行)に16億米ドルを出資へ

SHARE:

日本のソフトバンクが16億米ドルを配車サービス大手 Didi(滴滴出行)に追加投資する意向だと同社 CEO が明らかにした。この動きは、Didi が2018年に記録的な赤字を出したというニュースの最中に発表された。ソフトバンクの CEO で創業者の孫正義氏は、Didi に関して3月8日の CNBC のインタビューで次のように語った。 弊社は Didi に16億米ドルを投資する予定です。弊社が資金提…

Image credit: Didi(滴滴)

日本のソフトバンクが16億米ドルを配車サービス大手 Didi(滴滴出行)に追加投資する意向だと同社 CEO が明らかにした。この動きは、Didi が2018年に記録的な赤字を出したというニュースの最中に発表された。ソフトバンクの CEO で創業者の孫正義氏は、Didi に関して3月8日の CNBC のインタビューで次のように語った。

弊社は Didi に16億米ドルを投資する予定です。弊社が資金提供した以前のラウンドに続くさらなる投資としてです。

投資金がソフトバンクからのものか、それとも VC 部門である Vision Fund からのものかは明らかにされなかった。孫氏は、配車サービス業界の各企業がまだ利益を上げていないことを認めたものの、それらの企業は「非常に急速に成長している」と語った。

Didi の広報担当者は TechNode(動点科技)の問い合わせに対し、ソフトバンクの今回の投資についてコメントを断った。

ソフトバンクは2016年に、Didi が実施した45億米ドルの投資ラウンドに参加している。Crunchbase のデータによれば、China Merchants Bank(招商銀行)や Bank of Communications(交通銀行)とともに、2017年の55億米ドルのラウンドにも参加した。

今回のソフトバンクの発表は、Didi の抱える財政的な問題や規制の問題が増す中でなされた。Didi は、相乗りサービス「Hitch(順風車)」を利用していた2人の乗客が殺害されたことを受けて、収入よりもコンプライアンスに重点を移し、2018年には110億人民元(約1,825億円)近くの赤字を出したと報道されている。

Didi は今年、労動力の15%に当たる従業員2,000人を一時解雇する予定だ。2月の社内会議で Didi  CEO の Cheng Wei(程維)氏は、コアビジネスでないビジネスの一部を見直し、必要ならカットすると述べた。また、コンプライアンス、ドライバーの管理、国際化に注力するために追加の人員を雇う予定だ。

9月に Cheng 氏は社内文書で、設立以来「一度も利益を上げたことがない」と述べた。

Didi は、Hitch での殺人事件の後、公衆の非難を受け、また政府の調査を受けた。同サービスは無期限に停止となった。その後 Didi は自社ネットワークから法令を遵守しない自動車とドライバーを除外することに努めてきた。その結果、さらなる資金を投じて資格あるドライバーを雇用し、安全性のためにより多くのリソースを投じる必要にさいなまれ、これら両者が同社の財政に影響をもたらしている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

インドネシアのマーケットプレイス最大手Tokopedia、 ソフトバンクなどから新たに10億米ドルを調達【報道】

SHARE:

インドネシアのオンラインマーケットプレイス「Tokopedia」は、ソフトバンクなどビッグネームの毀損投資家から10億米ドルを調達すると報道されてから、新たな記録を出した。Bloomberg はプライベートな情報源による話として、このラウンド後の Tokopedia のバリュエーションが約70億米ドルに逹していると伝えた。今回の出資がソフトバンクグループからのものか、ソフトバンク・ビジョン・ファン…

Image credit: Tokopedia

インドネシアのオンラインマーケットプレイス「Tokopedia」は、ソフトバンクなどビッグネームの毀損投資家から10億米ドルを調達すると報道されてから、新たな記録を出した。Bloomberg はプライベートな情報源による話として、このラウンド後の Tokopedia のバリュエーションが約70億米ドルに逹していると伝えた。今回の出資がソフトバンクグループからのものか、ソフトバンク・ビジョン・ファンドからのものかは明らかになっていない(ソフトバンクビジョン・ファンドは、Tokopedia にとって最も直近の投資家である)。

Tokopedia は、インドネシアが経験したスマートフォン普及に勝機を得、また、オンラインショッピングの信頼性を高めたことで成功を手にした。2009年に William Tanuwijaya 氏が共同設立した Tokopedia は、Alibaba Group 傘下の Lazada や Bukalapak と競合している。Bukalapak は最近、シンガポールの Sea から資金を調達した。

ソフトバンクと Tokopedia は現在までに、このニュースへのコメントを避けている。

マーケットリサーチ会社 iPrice Group のデータによれば、Tokopedia は今年第3四半期にはナンバーワンの地位にあり、Bukalapak、Shopee、Lazada が後に続いた。ソフトバンク創業者の孫正義氏に対する Tokopedia の Tanuwijaya 氏の精神的なつながりから、Tanuwijaya 氏が2014年に孫氏との初めて出会った際には、それが Tokopedia にとってのターニングポイントになったとしてニュースになった。それは Tanuwijaya 氏が資金調達に向け、自身のアイデアの11回目のピッチを失敗した直後のことだった。

孫正義氏がそこにいた。彼は私に将来考えていることを尋ね、過去については意に介さなかった。(Tanuwijaya 氏)

<関連記事>

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

ソフトバンクのアジア投資数、都市別トップは韓国・ソウル【CBI調査】

SHARE:

Where Is SoftBank Investing In Asia? via CB Insights ニュースサマリ:米リサーチ会社「CB Insights」がソフトバンクのアジア地区における投資ポートフォリオをまとめたインフォグラフィックスを公開している。都市別に見ると、同社が重点的に投資している韓国のソウル、中国の北京、上海が多いことがわかった。ソフトバンクグループおよびソフトバンク・ビジ…

softbank1-1024x532.png

Where Is SoftBank Investing In Asia? via CB Insights

ニュースサマリ:米リサーチ会社「CB Insights」がソフトバンクのアジア地区における投資ポートフォリオをまとめたインフォグラフィックスを公開している。都市別に見ると、同社が重点的に投資している韓国のソウル、中国の北京、上海が多いことがわかった。ソフトバンクグループおよびソフトバンク・ビジョンファンドが投資した先を集計している。

話題のポイント:突然の話題で揺れているソフトバンク・ビジョンファンド(と、本体投資)ですが、CBIにアジア地域に特化したポートフォリオのまとめがありましたので頭の整理に共有します。意外だったのは韓国・ソウル拠点の企業に多く投資している件です。電子パーツを扱うDerkwoo(トグ電子)やB2Bの食肉コマースMeatboxなど20社だそうで、中国の上海・北京の合計とほぼ同等数投資しているんですね。

逆に本拠地である日本にはレシピ動画のdely、スマホ証券のOneTapBuy、決済のOrigamiほか一社ということで結構絞られてます。

----------[AD]----------

NY発不動産プラットフォーム「Compass」、ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどから4億米ドルを資金調達――評価額は44億米ドルに到達

SHARE:

不動産向けプラットフォーム Compass がシリーズEラウンドで4億米ドルの資金を調達した。同ラウンドはソフトバンク・ビジョン・ファンド(以下、ソフトバンク)とカタール投資庁(QIA)がリードし、 WellingtonやIVP、Fidelityが参加した。 この最新のトランシェは、ニューヨーク拠点の同社がソフトバンクから4億5,000万米ドルを調達してから1年も経過しないうちに行われた。これで設…

compass_featuredimage
Image credit: Compass

不動産向けプラットフォーム Compass がシリーズEラウンドで4億米ドルの資金を調達した。同ラウンドはソフトバンク・ビジョン・ファンド(以下、ソフトバンク)とカタール投資庁(QIA)がリードし、 WellingtonやIVP、Fidelityが参加した。

この最新のトランシェは、ニューヨーク拠点の同社がソフトバンクから4億5,000万米ドルを調達してから1年も経過しないうちに行われた。これで設立以来、Compassが調達した資金は総額12億米ドルとなり、企業価値は昨年12月と比べ2倍となる44億米ドルに到達した。

もう一つ注目すべき点は、このニュースが発表された同日に、ソフトバンクが主要投資家として同業の不動産スタートアップ OpenDoor にも4億米ドルの資金を提供したと取り上げられたということである。また、その1週間前には Zumper が4,600万米ルドルを獲得している(ソフトバンクからではない)。不動産マーケットは今、活況に満ちていると言っていいだろう。

2012年に設立した Compass は以前、Urban Compass という名で知られていた。同プラットフォームはアメリカ国内で不動産物件を探している住宅購入者や販売者、賃貸人を支援している。さらに、代理店や地元のトレンドを理解したい人向けにデータや分析情報も提供している。

今回調達した資金は、アメリカ市場での地盤強化はもちろんのこと、プラットフォームを国際展開させるためにも使われるという。

compass_screenshot
Compass
Image credit: Compass

Compass の設立者で会長の Ori Allon 氏は、以下のように述べている。

不動産は世界で最も規模の大きい資産クラスです。弊社のテクノロジーを世界市場にお届けすることができ、とても嬉しく思います。

アメリカ国内で築き上げた素晴らしい実績は、弊社の構想を正当化するものであり、国際舞台に進出するきっかけとなります。投資家の皆様の支援により、Compassのミッションはより強化されることでしょう。国内外の事業拡大をさらに前進することで、ユーザの皆様全員にぴったりの不動産物件を世界規模で見つける手助けをすることが可能となります。そして、テクノロジーとイノベーションを通じ、弊社のエージェント・プロダクティビティ・プラットフォームを開発し続けていきたいと思っています。

同社によると、今年の売上高は昨年(2017年)の2倍となる340億米ドルになる見通しだという。利益額については明らかにしていない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

フードデリバリのDoorDash、ソフトバンクのリードで5億3,500万米ドルを調達——料理配達以外にも取扱を拡大、全米1,600都市で展開を目指す

SHARE:

フードデリバリスタートアップの DoorDash は先ごろ、日本のソフトバンクの主導により、5億3,500万米ドルの資金を調達した。このラウンドには、Sequoia Capital、GIC、Wellcome Trust らが参加した。 DoorDash は、多額の資金を調達している Uber(Uber Eats)とPostmates をはじめ、テクノロジーを駆使した多くのデリバリ・物流スタートアッ…

DoorDash & Marble
Image Credit: Marble

フードデリバリスタートアップの DoorDash は先ごろ、日本のソフトバンクの主導により、5億3,500万米ドルの資金を調達した。このラウンドには、Sequoia Capital、GIC、Wellcome Trust らが参加した。

DoorDash は、多額の資金を調達している Uber(Uber Eats)とPostmates をはじめ、テクノロジーを駆使した多くのデリバリ・物流スタートアップがひしめき合うアメリカでサービスを運営している。サンフランシスコに本社を置く DoorDash は、レストラン・交通インフラ・消費者の間のドットを結び、現在は全米600以上の都市で営業している。

今回の調達までには、DoorDash はわずか1.9億米ドルしか調達していなかった。最後に調達したのは、2016年に実施した Sequoia のリードによる1億2,700万米ドルの資金調達だ。したがって今日(原文掲載日:3月1日)のニュースは、DoorDash が2013年のローンチして以来、同社の外部からの投資を4倍に高めたことを意味している。

今回さらに5億3,500万米ドルの資金を得て、DoorDash は DoorDash Drive への投資を増加させる計画であると語っている。DoorDash Drive は15ヶ月前にローンチしたフルフィルメントサービスで、DoorDash のプラットフォーム外からの発注に対しても事業者が DoorDash を利用できるようにするもので、料理の範囲を超えたデリバリに DooDash の門戸を開くことを意図している。同社はまた、アメリカでのサービス提供都市数を、現在の3倍の1,600都市にまで増やしたいと述べている。

<関連記事>

DoorDash の共同創業者兼 CEO の Tony Xu 氏は次のように述べている

DoorDash のビジョンは、すべてのビジネスがデジタルコンビニエンス経済で繁栄できるよう、ラストマイル物流を構築することです。世界で最も先見的な企業らによる今日の投資は、このビジョンを達成するための当社の能力を加速させます。

とりわけ、今回の調達は、投資分野におけるソフトバンクの影響力が高まっていることを再確認させてくれる。昨年5月、ソフトバンクの孫正義氏は、930億米ドルの大規模投資ファンドを披露した。実際、ソフトバンクは、テクノロジースタートアップ分野で最大の資金調達ラウンドに多大な関与をしていた。第3四半期には、アメリカの10大テクノロジー投資のうち7つに参加し、約50億米ドルの資金を供給した。テレコム業界の巨人であるソフトバンクは、挙げるとすればこの2つ—— UberSlack にも大金を投じた。

これで、DoorDash をソフトバンクの成長するポートフォリオに追加することができた。また、今回の出資の結果、ソフトバンクのマネージングパートナーである Jeffrey Housenbold 氏が DoorDash の取締役会に参加する見込みだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

インシュアテックのLemonade、シリーズCラウンドでソフトバンクらから1.2億米ドルを調達——チャットボット対応の保険サービスを世界展開へ

SHARE:

モバイルファーストで AI を利用する保険サービスを、チャットボットや自社が提唱する倫理のもと提供している Lemonade は、シリーズ C ラウンドで日本の通信大手ソフトバンクなどから1億2,000万米ドルを調達したと発表した。このラウンドには GV(Google Ventures)、Sequoia Capital、Allianz といったビッグネームを含む複数の既存投資家も参加した。 同社は…

モバイルファーストで AI を利用する保険サービスを、チャットボットや自社が提唱する倫理のもと提供している Lemonade は、シリーズ C ラウンドで日本の通信大手ソフトバンクなどから1億2,000万米ドルを調達したと発表した。このラウンドには GV(Google Ventures)、Sequoia Capital、Allianz といったビッグネームを含む複数の既存投資家も参加した。

同社は VentureBeat に対して企業名は伏せつつも、今回のラウンドには「非常に著名な投資家」も参加したと伝えてくれた。

ニューヨークで2015年に設立された Lemonade は、成長中のインシュアテック業界では珍しく、認可を受けて自社の保険商品を販売する会社である。自宅保有者や賃貸人に特化している同社は、事務プロセスを簡素化して申請手続きを迅速にするなど様々な方法で差別化を図っている。さらに、1年に1回、未請求金を慈善的な用途に寄付するという「お返し」制度を通じて道徳的な側面があることもアピールしている。

ユーザが同社のアプリを利用して寄付したい事業を選ぶと、同じような事業を選んだユーザは「仲間」、もしくは同じ考えを持った者同士というバーチャルなグループに振り分けられる。それぞれのグループから集められた保険料は個々の契約者からの請求時に支払われるが、残余金は共有されている事業に寄付される。同社は各契約者から固定手数料を受け取る仕組み。

自宅保有者向けの保険料は月25米ドルから、賃貸人向けは月5米ドルからとなっている。全ての手続きはスマホ用に最適化されているため、今日では大きなセールスポイントとなっている。

同社サービスのもう一つの顕著な特徴は、顧客とのやり取りを自動化するのに活用されているチャットボットである。これは、コマース業界では成長が続いている一つのトレンドだ。

Lemonade-App-Screenshot-Chat-2
「Lemonade」アプリのチャットボット

これまでに6,000万米ドルを調達している Lemonade は今回1億2,000万米ドルを手にしたが、今回の資金を活用してサービスのグローバル展開を計画中だ。実際、ニューヨークで正式にローンチしたのは昨年9月だが、それ以来カリフォルニアなど全米25州にサービスを広げた。今は2018年の世界ローンチに向けた準備を進めているところである。

Lemonade の設立者兼 CEO の Daniel Schreiber 氏は次のように述べている。

現在私たちが知っている有名な保険会社が誕生したのは、馬車があった時代です。しかし現代の最高の保険は、AI や行動経済学を活用するものでしょう。だからこそ、何もないところから立ち上げ、デジタルの基盤を使い、かつ社会的なミッションを持った弊社のような会社が今後も環境に左右されない有利な立場を享受できると信じています。

最近では、カリフォルニアを拠点とするオンデマンド保険プラットフォームで4,500万米ドルを調達した Trov や、カスタマイズされた商品で中小企業に特化し2,900万米ドルを調達したパロアルト拠点の Next Insurance といった多くのネット保険会社がこの業界に参入している。

しかしながら Lemonade は完全に自社の保険商品を販売しており、しかも AI に特化したモバイルファーストのアプローチは多くの企業を魅了している。その代表例が、今年スタートアップ業界への投資に積極的なソフトバンクだ。

同社社長兼共同設立者の Shai Wininger 氏は次のように話している。

弊社にとってソフトバンクは理想的なパートナーです。参画していただけることを大変嬉しく思います。ビッグデータやマシンラーニングが深いところで業界全体を再構築しているというソフトバンクの考え方に私たちも共感しています。ソフトバンクには、この共通ビジョンを現実にするだけの展望と手段があるのです。

ソフトバンクは潤沢な資金を有しており、投資を通じてますます世界に手を伸ばすようになっている。そのため、Lemonade がアメリカ国外で保険のプラットフォームをローンチするなら、この会社も良き提携相手となるだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

企業向けマシンラーニングプラットフォーム開発のPetuum、シリーズBで9,300万米ドルを調達——ソフトバンクがリードインベスターを務める

Petuum はマシンラーニングを導入する際に必要となるツールを企業に提供するスタートアップ。同社は本日(10月10日)、ソフトバンクがリードしたシリーズ B ラウンドで9,300万米ドルもの資金を調達したと発表した。 Petuum の設立者兼 CEO の Eric Xing 氏によれば、現在ソフトウェアの市場投入に取り組んでいるため、この資金は主にエンジニアや営業、マーケターの雇用に活用される予…

Petuum はマシンラーニングを導入する際に必要となるツールを企業に提供するスタートアップ。同社は本日(10月10日)、ソフトバンクがリードしたシリーズ B ラウンドで9,300万米ドルもの資金を調達したと発表した。

Petuum の設立者兼 CEO の Eric Xing 氏によれば、現在ソフトウェアの市場投入に取り組んでいるため、この資金は主にエンジニアや営業、マーケターの雇用に活用される予定だという。

同社は独自の仮想化とオペレーティングシステムを通じたマシンラーニングとディープラーニングアプリケーション構築用プラットフォームの製作に取り組んでいる。ペンシルバニア州ピッツバーグを本拠としており、従業員にはカーネギーメロン大学出身者が多く、Xing 氏はコンピューターサイエンスの終身教授である。

Xing 氏によれば、同社は地の利に恵まれたという。Petuum は厳しいトレーニングと修練を積んだエンジニア抜きではなりゆかず、カーネギーメロン大学の歴史ある人工知能研究は、同社が求めるテクニカル人材を多く輩出しているからだ。

さらに言えば、ピッツバーグというロケーションも資金調達の妨げにはなっていないようだ。1,500万米ドルを調達した昨年のシリーズ A をクローズして数ヶ月の間に複数の投資家からの訪問があったと Xing 氏は話す。

ソフトバンクに加え、本ラウンドは再度の投資となる Advantech Capital などの参加もあった。

この投資はソフトバンクの名高い1,000億米ドル規模のビジョン・ファンドの一部ではなく、同社の通常の投資活動の一部だという。

この動きはソフトバンクの他のベンチャー投資活動と一貫している。人工知能など新興テクノロジーの最先端に取り組んでいる事業に対して大きな金額を投資することに同社はためらいがない。

現在、Petuum は顧客グループと共に製品のベータテストやソフトウェアの構築に取り組んでいる。他にも特にヘルスケアや製造業分野のソリューションについて開発中だとしているが、顧客名は明かされなかった。

来年後半になれば顧客に関する詳細を開示できるかもしれないと Xing 氏は話す。現在ピッツバーグの本社に加え、シリコンバレーのオフィス開設を進めている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

インドの配車サービスOla、ソフトバンクやTencent(騰訊)などから20億米ドルを調達【Bloomberg報道】

SHARE:

インドで生まれたタクシーアグリゲータの Ola は、ソフトバンクの投資部門 SIMI や Tencent(騰訊)を含む投資家グループから、新規調達で20億米ドルを獲得したと、Bloomberg が本件に詳しい消息筋の話を引用する形で伝えた。 報道では、Ratan Tata 氏(タタグループ会長)とカリフォルニア大学の投資部門が共同運用する VC ファンドの RNT Associates や、アメリ…

インドで生まれたタクシーアグリゲータの Ola は、ソフトバンクの投資部門 SIMI や Tencent(騰訊)を含む投資家グループから、新規調達で20億米ドルを獲得したと、Bloomberg が本件に詳しい消息筋の話を引用する形で伝えた

報道では、Ratan Tata 氏(タタグループ会長)とカリフォルニア大学の投資部門が共同運用する VC ファンドの RNT Associates や、アメリカの機関投資家数社が今回のラウンドに出資したと伝えている。関係者の一人の話によれば、この投資ラウンドはまだクローズしていないため、調達規模は変化する可能性がある。

今回の資金調達は、Ola がインドに特化し続け、クルマとドライバーの供給だけでなく、Uber に対抗する戦略的なテクノロジーを構築する上で手助けとなるだろう、と報道では伝えている。

今回の調達は、Ola にとってニューヨークのヘッジファンド Tekne Capital Management から今年8月に3,600万ドルを調達したのに続くものだ。

<関連記事>

2011年1月、インド工科大学ボンベイ校の卒業生である Bhavish Aggarwal 氏と ANkit Bhati 氏が設立した Ola は、タクシーやオートリクシャー(三輪タクシー)のオンライン予約プラットフォームだ。Ola のアプリを使って、ユーザは10万台以上の中からクルマを予約することができる。Ola のアプリは現在、Windows、Android、iOS の各プラットフォームで利用可能だ。

2年前、Ola はイギリスの投資会社 Baillie Gifford のリードにより、シリーズ F ラウンドで5億米ドルを調達した。中国の交通モバイルアプリ大手 Didi Kuaidi(滴滴快的)に加え、既存投資家である Falcon Edge Capital、Tiger Global、ソフトバンクグループ、DST Global が出資に参加している。

2015年12月、世界的大手である Uber と互角の戦いを行おうと、Didi Kuaidi(中国)、Ola(インド)、Lyft(アメリカ)、GrabTaxi(東南アジア) が力を合わせた。この提携を通じ、これら大手配車アプリ4社は、国際旅行者がどの国に行っても同じアプリを使って、地元の配車サービスを使えるようにしている。参加各社は東南アジア、インド、中国、アメリカの主要地域をカバーすることを目指しており、このサービスを2016年第1四半期から開始している。

Ola は Uber との厳しい戦いに挑んでおり、Uber が2012年にインドの街に登場して以来、世界で2番目に速いスピードで成長するインドで、積極的なサービス拡大を図っている。Ola は、会社の国籍や価格を巡って Uber と数度にわたり戦いを演じており、規制を巡っては政府とも争ったことがある。今年7月には、Uber が Ola を論争に巻き込むことで、Uber の運転手が関与した「恐ろしいレイプ事件を矮小化」しようとしていると、Ola は主張した

両社はともに相手より優れていると主張しているが、ほとんどのユーザは、そのサービスや人員のクオリティから Uber を選び始めているようだ。Uber は、ドライバーにインセンティブを与え、顧客にプロモーションキャンペーンを提供することでサービス水準を上げている。

Uber は最近、乗客ユーザが Uber アプリ上でボタンを押すだけで二輪車バイクを呼び出せる UberMOTO を紹介した。このサービスでは、乗客は通常の Uber のサービスと同じく、ドライバーとバイクの詳細情報を受け取ることができ、乗車中や乗車後は GPS による捕捉、双方向のフィードバックコミュニケーション、家族や友人に移動順路の詳細を共有する機能を提供する。Uber は最近、フードデリバリサービスの UberEATS をインドでもローンチしており、登録ユーザは提携レストランに食べ物を注文し、それらを家で受け取ることができる。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------