THE BRIDGE

タグ

「MagicPrice」提供の空、リテールAI研究会で電通と「ダイナミックプライシング分科会」を設立——小売業界に進出

SHARE:

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」を提供する空(そら)は26日、一般社団法人リテールAI研究会流通部会において、電通と「ダイナミックプライシング分科会」を立ち上げたことを発表した。リテールAI研究会流通部会の会員企業の中から実証実験の参加者を募り、ダイナミックプライシングの小売店舗における運用可能性を検討するとしている。 リテール AI 研究会は、リテールにおける AI の活用に…

リテール AI 研究会の Web サイト
Image credit: Retail AI Institute

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」を提供する空(そら)は26日、一般社団法人リテールAI研究会流通部会において、電通と「ダイナミックプライシング分科会」を立ち上げたことを発表した。リテールAI研究会流通部会の会員企業の中から実証実験の参加者を募り、ダイナミックプライシングの小売店舗における運用可能性を検討するとしている。

リテール AI 研究会は、リテールにおける AI の活用に関する情報の共有を目的に発足した団体で、流通関連商材のメーカー、卸、小売販売を行うさまざまな業界の流通企業200超が参加している。空は以前から、宿泊業界以外の価格決定や料金最適化にも取り組んでいくことを明らかにしており、組む相手に応じて柔軟に対応するとしていた。その第一弾が小売業界ということになる。

リテール AI 研究会は2017年5月、電通時代に東京ミッドタウンなどの都市開発を手掛け、スマートレジカートを開発する Remmo を立ち上げた田中雄策氏らにより設立(現在、代表理事)。空は電通と共にリテールAI研究会に参加することで、電通の流通業界に関する知見を活用できるほか、必要時には電子棚札など価格表示デバイスの提供、必要時には電通テックの支援も受けられるとしている。

アメリカにおいては、リアルのリテールをオンラインリテールが侵食しつつある。この分野で圧倒的な存在感を示しているのが Amazon Go を持つ Amazon と言えるだろう。Amazon に対抗せんと Walmart がオンライン小売の Jet を買収。このほか、小売チェーン大手は何らかの形でダイナミックプライシングを取り入れるべく、革新的な技術や知見の確保に奔走している。

日本においてリアル店舗や流通業の AI 活用はまだこれからと言えるが、空のリテール AI 研究会への参画により拍車がかかることは期待できる。この分野では、家電量販大手のノジマやビックカメラが全店で商品表示をデジタル化した電子棚札を導入済または導入予定。ドラッグストア大手のウエルシアホールディングスやローソンも、消費期限が近づいた食品在庫の量に応じて値下げするシステムを試験導入している。

----------[AD]----------

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」提供の空、GCPから資金調達——合計約4.7億円調達でシリーズAをクローズ、経営体制も強化

SHARE:

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」を提供する空(そら)は4日、グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)から資金調達を実施したことを発表した。シリーズ A ラウンドの2回目のエクステンションラウンドとみられる。空は、今年5月に発表した UB Ventures からの調達と今回の GCP からの調達を合わせ合計調達金額が3億円に上ることを明らかにしており、昨年7月からのシリーズ…

空のコアメンバーと、渡邉佑規氏(前列左から2人目)、堅田航平氏(前列左から3人目)
Image credit: Sora

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」を提供する空(そら)は4日、グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)から資金調達を実施したことを発表した。シリーズ A ラウンドの2回目のエクステンションラウンドとみられる。空は、今年5月に発表した UB Ventures からの調達と今回の GCP からの調達を合わせ合計調達金額が3億円に上ることを明らかにしており、昨年7月からのシリーズ A ラウンド調達総額は約4.7億円。2016年7月のシードラウンド(約2,000万円を調達)、2017年10月のシードラウンドのフォローオン(8,000万円を調達、資本性ローンを一部含む)を合わせると、創業期からの外部調達累計は約6億円となる。

今回の調達と合わせ、GCP ディレクターの渡邉佑規氏が空の社外取締役に、また、スマートニュースの財務担当ヴァイス・プレジデントを務めた堅田航平氏が空の監査役に就任したことも明らかになった。今年5月、空は堅田氏が同社の財務・コーポレートアドバイザーに就任したことを発表しており、従前から空の資金調達や資本政策を支援してきたとみられる。堅田氏は以前、ライフネット生命保険の執行役員 CFO を務めており、空のアドバイザー就任と時期を同じくして、ビザスクの社外取締役に就任したことも発表されていた。

左から:グロービス・キャピタル・パートナーズ ディレクターの渡邉佑規氏、空 CEO 松村大貴氏
Image credit: Sora

2016年7月にβ版として開始された MagicPrice は、予約履歴などの自社データをインポート、周辺ホテルなどの競合データをクローリングし、機械学習で最適な価格をリアリタイム計算する。計算された価格は、自社サイトのほかサイトコントローラを経由して、旅行予約サイトや OTA にも自動反映できるしくみだ。

同社は MagicPrice を導入するホテル軒数が、昨年12月現在で累計2,000軒超であることを明らかにしており、現時点でその数(有償ユーザのホテル数)は概ね5倍(つまり1万件程度と推測できる)に達しているとしている。現在の同社の社員数は概ね30名程度で、今後、導入ホテル数の増加にあわせ、カスタマーサクセス担当者、および、AI エンジニアの採用強化を図るものとみられる。C 向けやスモールビジネス向けの SaaS がオンラインマーケティングに注力するのと対照的に、ユーザ増に合わせカスタマーサクセス強化を図るモデルは、先月ストックマークを取り上げた時に書いた、エンタープライズ向けの業務拡大アプローチに近いかもしれない。

「MagicPrice」
Image credit: Sora

先週、空とネットプロテクションズは共同で「Price Tech」のカオスマップを発表しているが、ここで記されたワンストップのカテゴリでも明らかなように、空自身も複数の競合があることを認識している。ここでどう勝っていくかだが、THE BRIDGE の取材に対し、空の創業者で CEO の松村大貴氏はテクノロジーよりも、ユーザ(であるホテルの現場)に使いこなしてもらえることが重要だと語ってくれた。

テクノロジーを使って、(ダイナミックプライシングを)完全自動化するには、まだ少し早いかなと思っている。完全自動化もやってみたが、それよりも人が値付けする業務を補助する形にした方が結果が出やすいというのを感じている。

需要と供給のバランスに合わせた価格決定は完全自動化することはできる。しかし、ホテルにとっては、需要が高まった方がいい。(中略)

そういう点では、MagicPrice はマーケティング系の SaaS に近いと思っている。現場で使いこなしてもらって、価値を実感してもらうことが必要。結果が出なければリプレイスされてしまう。顧客とのエンゲージメントを高めることも必要で、カスタマーサクセスも重要になってくる。

ホテルの収益構造を高める上で、料金を最適化するのは、その一機能に過ぎないという考え方だ。今後、空では収益構造の改善に寄与する機能を提供する企業各社とも連携し、ホテルに提案を行っていく。空としては、あくまで価格決定の補助、料金最適化のテクノロジーに特化するという点で軸はぶらさない。各社と共同で勉強会などを開催し、宿泊業界全体のリテラシー向上にも取り組んでいきたいとしている。

一方、松村氏は以前から、空が宿泊業界以外の価格決定や料金最適化にも取り組んでいくことを明らかにしている。具体的な業界を定めているわけではなく、組む相手(ユーザ)に応じて、柔軟に対応していくそうだ。「そう遠くないうちに発表したい」としながらも、具体的などのような業界の企業と、どの時期に実現できるかについては明言を避けた。

----------[AD]----------

空とネットプロテクションズ、価格テクノロジースタートアップを網羅した「Price Tech」のカオスマップを公開

SHARE:

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」を提供する空(そら)と、与信や決済サービス大手のネットプロテクションズは、価格テクノロジースタートアップを網羅した「Price Tech」のカオスマップを共同で製作し、29日に公開した。調査対象は、主に日本で営業しているプロバイダとみられる。 このカオスマップでは、ダイナミックプライシング(需給や競合の価格等を元に価格を動的に変動)、プレプライシ…

Image credit: Sora
クリックして拡大

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」を提供する空(そら)と、与信や決済サービス大手のネットプロテクションズは、価格テクノロジースタートアップを網羅した「Price Tech」のカオスマップを共同で製作し、29日に公開した。調査対象は、主に日本で営業しているプロバイダとみられる。

このカオスマップでは、ダイナミックプライシング(需給や競合の価格等を元に価格を動的に変動)、プレプライシング(定価がなく、購入前に価格が決定)、ポストプライシング(入/利用後に価格が決定)の3つのカテゴリに分けられ、それぞれのカテゴリで活躍するプレーヤーが紹介されている。

当該技術に特化したバーティカルはまだ黎明期と見られ、世界に目を転じても資金調達に成功しているスタートアップもアーリーが多い。消費期限に応じて食品価格にダイナミックプライシングを適用する Wasteless は昨年シリーズ A ラウンドで200万米ドルを調達、オランダのレジャー施設向け販売価格最適化スタートアップ Convious は昨年、360万ユーロ超を調達した。

かねてより同業の競合と激しく競っている東南アジアの格安ホテルプラットフォーム「RedDoorz」運営は、先ごろ宿泊在庫に応じたダイナミックプライシング「RedFox」を紹介しており、今月シリーズ C ラウンドで7,000万米ドルを調達している。

----------[AD]----------

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」提供の空、シリーズAラウンドのフォローオンでUB Venturesから資金調達

SHARE:

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」を提供する空(そら)は28日、UB Ventures から資金を調達したと発表した。調達金額は非開示。2018年7月に約1.7億円を調達したシリーズ A ラウンドのフォローオンと見られる。 UB Ventures はファンドからの出資であり、同ファンドの LPの 一つである福岡銀行は、同社系 VC である FFG ベンチャービジネスパートナーズが…

左から:UB Ventures 代表取締役 岩澤脩氏、空 代表取締役 松村大貴氏
Image credit: 空

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」を提供する空(そら)は28日、UB Ventures から資金を調達したと発表した。調達金額は非開示。2018年7月に約1.7億円を調達したシリーズ A ラウンドのフォローオンと見られる。

UB Ventures はファンドからの出資であり、同ファンドの LPの 一つである福岡銀行は、同社系 VC である FFG ベンチャービジネスパートナーズがシリーズ A ラウンドにも参加していた。今回、UB Ventures の親会社であるユーザベースとの提携関係は発表されていないため、純投資と可能性が高いとみられる。

空は2015年の創業以来、明らかになっている限りで約2.7億円を調達しており、今回の調達を受けて、累積調達額は3億円を超えたと推定される。

2016年7月にβ版として開始された MagicPrice は、予約履歴などの自社データをインポート、周辺ホテルなどの競合データをクローリングし、機械学習で最適な価格をリアリタイム計算する。計算された価格は、自社サイトのほかサイトコントローラを経由して、旅行予約サイトや OTA にも自動反映できるしくみだ。

これまでのニューオータニイン、ベストウェスタンホテル(日本国内において、ベストウェスタンブランドで運営するフィーノホテルズのみ)、くれたけホテルチェーンなどに加え、最近、ワシントンホテル、三光イン、フェリーチェなど新たなホテルチェーンへの導入も明らかになった。導入ホテル軒数は、昨年12月現在で累計2,000軒超。

昨年には、2017年8月ローンチの MagicPrice にサービスを一本化、ダイナミックプライシング技術をホテル業界以外に適用する可能性についても示唆していた

----------[AD]----------

価格戦略支援の空(そら)、市場分析「ホテル番付」を料金設定支援「MagicPrice」にブランド統合——ホテル分野以外への進出も視野に

SHARE:

「ホテル番付」と「MagicPrice」を提供するスタートアップ空(そら)は12日、都内で記者会見を開き、MagicPrice の UI/UX をリニューアルし、ホテル番付を MagicPrice にブランド統合すると発表した。市場分析を主機能とするホテル番付を、ホテル向けに料金設定支援を提供する MagicPrice に一元化することで、認知度向上させることが狙い。また、サービス名から「ホテル」…

空 代表取締役の松村大貴氏
Image credit: 空

ホテル番付」と「MagicPrice」を提供するスタートアップ空(そら)は12日、都内で記者会見を開き、MagicPrice の UI/UX をリニューアルし、ホテル番付を MagicPrice にブランド統合すると発表した。市場分析を主機能とするホテル番付を、ホテル向けに料金設定支援を提供する MagicPrice に一元化することで、認知度向上させることが狙い。また、サービス名から「ホテル」という言葉が消えることで、今後、ホテル以外の分野のダイナミックプライシング事業への進出も提供しやすくなる効果が期待できる。

この日、会見で登壇した空の代表取締役である松村大貴氏は、「PriceTech」という新たな造語を使って、今後同社が進む方向性を示した。ダイナミックプライシングは、さまざまなチケット販売や販売・賃貸不動産の料金設定などにも応用可能で、国内ではメトロエンジンやライトブレイン(サービス名は「満室ナビ」)などのスタートアップが参入している。松村氏によれば、新たなに進出する分野については複数のパートナーと協議中ながら現時点では未確定。法規制などを受けにくいカテゴリから着手することになるだろう、と語った。

MagicPrice の新 UI(一部)
Image credit: 空

今回のブランド統合と合わせ、MagicPrice は UI/UX が一新される。端的には、システムに詳しくなくても、ホテルの担当者であれば誰もが容易に操作できるようにした WYSIWYG な仕様と言ってよいだろう。新バージョンでは業務の省力化も追求されており、人間の確認と価格のチューニングが必要なところだけがユーザに指摘されるようになっている。新バージョンでは結果的に、料金は従来バージョンから値上がりとなるが、すでにサービスを利用している顧客については据え置かれる可能性があるようだ。

2017年8月のサービスローンチ以降、MagicPrice(旧ホテル番付 + 旧 MagicPrice)は、すでに累計2,000軒を超えるホテルに導入されている。詳細な調査項目は不明だが、空がユーザにインタビューした結果では直近の2ヶ月間で91%の満足度が得られているそうだ。導入ホテルチェーンには、ニューオータニイン、ベストウェスタンホテル(日本国内において、ベストウェスタンブランドで運営するフィーノホテルズのみ)、くれたけホテルチェーンなどがある。空は今後、技術開発のみならず、カスタマーサクセスにも注力するとしている。

新生 MagicPrice は、原則的に日本国内のホテルや旅館など宿泊施設にのみ提供。12月13日から申込受付を開始し、2019年2月以降、サイトコントローラなどとの繋ぎ込みをはじめとして、セットアップやシステム連携が完了したユーザから順次利用が開始される予定だ。

----------[AD]----------

「ホテル番付」と「MagicPrice」を提供の空(そら)、約1.7億円を資金調達——プライシング技術をホテル業界以外にも適用へ

SHARE:

「ホテル番付」と「MagicPrice」を提供するスタートアップ空(そら)は12日、直近のラウンドで約1.7億円を調達したと発表した。調達ラウンドは不明。このラウンドに参加したのは、ベンチャーユナイテッド、福岡銀行系 VC の FFG ベンチャービジネスパートナーズ、エースタート、マネックスベンチャーズと、匿名のエンジェル投資家数名。 空はこれまでに、2016年7月にシードラウンドで約2,000万…

空のチーム
Image credit: Sora

ホテル番付」と「MagicPrice」を提供するスタートアップ空(そら)は12日、直近のラウンドで約1.7億円を調達したと発表した。調達ラウンドは不明。このラウンドに参加したのは、ベンチャーユナイテッド、福岡銀行系 VC の FFG ベンチャービジネスパートナーズ、エースタート、マネックスベンチャーズと、匿名のエンジェル投資家数名。

空はこれまでに、2016年7月にシードラウンドで約2,000万円、2017年10月に8,000万円を調達している(調達ラウンドは不明)。今回のラウンドをあわせると、創業期からの外部資金調達金額は総額で約3億円程度となる。

空では調達した資金を使って、ホテル番付と MagicPrice の機能強化と導入促進を図り、独自アルゴリズムを使ったプライシング技術を、ホテル業界以外にも事業展開を行うとしている。また、あわせて、これまで活動拠点としていた東京・原宿のベンチャーオフィスから、有楽町にあるシェアオフィスに活動拠点を移すことも明らかにした。

Infinity Ventures Summit 2018 Winter in 金沢の LaunchPad でピッチする松村大貴氏
Image credit: Masaru Ikeda

空は2015年、ヤフーでアドテク関連の業務に従事していた松村大貴氏らにより設立。2016年3月に TECH LAB PAAK 第3期デモデイでコロプラ賞を獲得、2016年7月に Incubate Camp 9th への参加チームに採択、2016年8月に 500 KOBE PRE-ACCELERATOR への参加チームに採択されている。

ホテル番付は昨年8月に開始したプラットフォームで、ユーザであるホテルオーナーは周辺の競合ホテルと比較して、同じ日に各ホテルがどのくらい予約され、売上があったのかを知ることができる。インターネット上に公開されている客室価格と販売室数を用いた計算により、毎日2万軒以上のホテルのデータが自動算出されている。

同社によれば、これまでにホテル番付を導入しているホテルは1,500軒以上(2018年4月現在)。今年4月には、ホテル番付をツール型からエージェント型に移行することを発表、また、MagicPrice についても今後、ツール型からエージェント型への移行を検討するとしていた。

----------[AD]----------

ホテルの適正価格を教えてくれる価格戦略支援AIプラットフォーム「ホテル番付」、ツール型からエージェント型サービスにリニューアルへ

SHARE:

「ホテル番付」は、ホテルが高過ぎず安過ぎない、その時点で最適な価格を顧客に提示できるようにする価格戦略支援人工知能プラットフォームだ。同サービスを提供するスタートアップ空(そら)は17日都内で記者会見を開き、「ホテル番付」をリニューアルし、ユーザが能動的にサービスを訪問する必要のあるツール型から、必要なタイミングで報告や提案を得られるエージェント型にリニューアルすると発表した。リニューアルは24日…

記者会見で登壇する、空 代表取締役の松村大貴氏
Image credit: Masaru Ikeda

ホテル番付」は、ホテルが高過ぎず安過ぎない、その時点で最適な価格を顧客に提示できるようにする価格戦略支援人工知能プラットフォームだ。同サービスを提供するスタートアップ空(そら)は17日都内で記者会見を開き、「ホテル番付」をリニューアルし、ユーザが能動的にサービスを訪問する必要のあるツール型から、必要なタイミングで報告や提案を得られるエージェント型にリニューアルすると発表した。リニューアルは24日に実施予定。

ホテル番付は昨年8月に開始したプラットフォームで、ユーザであるホテルオーナーは周辺の競合ホテルと比較して、同じ日に各ホテルがどのくらい予約され、売上があったのかを知ることができる。インターネット上に公開されている客室価格と販売室数を用いた計算により、毎日2万軒以上のホテルのデータが自動算出されている。同社によれば、これまでにホテル番付を導入しているホテルは1,500軒以上。

今回、ツール型からエージェント型に移行することで、空では、これまでの数値やデータを届けるのではなく分析結果やインサイトを届け、ユーザが使いこなすのではなく、ユーザと一緒に働くチームメイトという位置付けを目指したいとしている。また、同社がホテル番付と並行して提供するサービス「MagicPrice」についても今後、ツール型からエージェント型への移行を検討する。

Image credit: Masaru Ikeda

また、今回のリニューアルにあわせ、ホテル番付はこれまでの原則無料から有料に移行する(初期費用5万円+基本料金8,000円/月+室数あたり200円 or 100円/月)。利用開始から28日間は、無料で利用できる。

空は2015年、ヤフーでアドテク関連の業務に従事していた松村大貴氏らにより設立。2016年3月に TECH LAB PAAK 第3期デモデイでコロプラ賞を獲得、2016年7月に Incubate Camp 9th への参加チームに採択、2016年8月に 500 KOBE PRE-ACCELERATOR への参加チームに採択されている。これら3つのイベントへの参加が契機となって、同社は2016年7月にシードラウンドで約2,000万円、2017年10月に8,000万円を調達している(調達ラウンドは不明)。

----------[AD]----------

ホテルの適正価格を教えてくれる価格戦略支援AIプラットフォーム「MagicPrice」「ホテル番付」運営、複数投資家から8,000万円を調達

SHARE:

「MagicPrice」と「ホテル番付」は、共にホテルが高過ぎず安過ぎない、その時点で最適な価格を顧客に提示できるようにする価格戦略支援人工知能プラットフォームだ。両サービスを提供するスタートアップ空(そら)は3日、500 Startups Japan、大和企業投資、エンジェル投資家複数からの出資、および、日本政策金融公庫からの融資(資本性ローンと推定される)で8,000万円を調達したことを明らか…

空の経営チームと、投資家の人々
Image credit: 空

MagicPrice」と「ホテル番付」は、共にホテルが高過ぎず安過ぎない、その時点で最適な価格を顧客に提示できるようにする価格戦略支援人工知能プラットフォームだ。両サービスを提供するスタートアップ空(そら)は3日、500 Startups Japan、大和企業投資、エンジェル投資家複数からの出資、および、日本政策金融公庫からの融資(資本性ローンと推定される)で8,000万円を調達したことを明らかにした。調達ラウンドは不明。

空は2015年、ヤフーでアドテク関連の業務に従事していた松村大貴氏らにより設立。2016年3月に TECH LAB PAAK 第3期デモデイでコロプラ賞を獲得、2016年7月に Incubate Camp 9th への参加チームに採択、2016年8月に 500 KOBE PRE-ACCELERATOR への参加チームに採択されている。この3つのイベントへの参加が契機となって、同社は2016年7月に、500 Startups Japan、インキュベイトファンド、千葉功太郎氏(TECH LAB PAAK 第3期デモデイでコロプラ賞を授与する審査員を務めた)から、シードラウンドで約2,000万円(推定)を調達している。

MagicPrice のスクリーンショット
Image credit: 空

2016年7月にβ版として開始された MagicPrice は、予約履歴などの自社データをインポート、周辺ホテルなどの競合データをクローリングし、機械学習で最適な価格をリアリタイム計算する。計算された価格は、自社サイトのほかサイトコントローラを経由して、旅行予約サイトや OTA にも反映させるしくみだ。ホテルの現場は多忙であるため、操作にあたってリテラシーを必要とする機能は実装せず、運用を限りなく自動化できるように設計されている。ホテル向けの RPA(Robotic Process Automation) という表現ができるかもしれない。今年3月には、ホテルシステム大手のダイナテック(ヤフーが親会社)と提携している。

ホテル番付のスクリーンショット
Image credit: 空

一方、ホテル番付は8月29日に開始したプラットフォームで、ユーザであるホテルオーナーは周辺の競合ホテルと比較して、同じ日に各ホテルがどのくらい予約され、売上があったのかを知ることができる。インターネット上に公開されている客室価格と販売室数を用いた計算により、毎日1万軒以上のホテルのデータが自動算出されている。ホテル番付は完全無料で提供されており、おそらく、MagicPrice の呼び水的なプロモーションツールとしての位置付けなのだろう。

空は、MagicPrice の現在のユーザ数を明らかにしていないが、当面は日本のホテル・旅館の約10%にあたる5,000ユーザの獲得を目指すとしている。ホテル番付については、ローンチからの約1ヶ月間で500人以上の宿泊施設関係者がユーザ登録を完了したことを明らかにしている。

----------[AD]----------