タグ SORABITO

中古建機売買プラットフォーム運営のSORABITO、モバイルアプリでレンタル建機会社向けSaaS事業に参入

SHARE:

<1日9時更新> 追加情報に基づき、該当箇所を加筆・削除(赤字部・訂正線部)。 中古建機売買プラットフォーム「ALLSTOCKER」を運営する SORABITO は1日、モバイルアプリモバイル向けの Web アプリを開発し建機レンタル会社向けの SaaS 事業のに参入すると発表した。このサービスは、さまざまな建機レンタル会社が建設会社にアプリを配布して利用してもらう形をとる。複数の建機レンタル会社…

Image credit: Sorabito

<1日9時更新> 追加情報に基づき、該当箇所を加筆・削除(赤字部・訂正線部)。

中古建機売買プラットフォーム「ALLSTOCKER」を運営する SORABITO は1日、モバイルアプリモバイル向けの Web アプリを開発し建機レンタル会社向けの SaaS 事業のに参入すると発表した。このサービスは、さまざまな建機レンタル会社が建設会社にアプリを配布して利用してもらう形をとる。複数の建機レンタル会社がこの仕組みを利用する可能性があるが、SORABITO ブランドで提供されるか、各建機レンタル会社ブランドで提供されるかは不明

このサービスに導入に先立ち、SORABITO は建機レンタル大手の西尾レントオール(東証:9699)と覚書を締結していたことを明らかにした。西尾レントオールは昨年11月に発表した中期経営計画「VISION 2023」の基本方針に「進化したロジスティックスを活用し、オンラインレンタル等新たなビジネスを成長させる」を盛り込んでおり、このサービスの実現で協業するとみられる。サービス開始は7月6月の予定で、当該 SaaS サービスを利用する初号案件となる可能性が高いとみられる。

SORABITO は、代表取締役の青木隆幸氏が建機の買取販売を経て2014年5月に設立したスタートアップ。BRIDGE は2014年10月、名古屋で開催された「全国Startup Day in 中部」で初めて目撃している。当時のサービス「Mikata」は ALLSTOCKER へと名前を変え、2015年9月に1億円、2016年5月に5億円、2018年5月に3.6億円、2019年5月に9億円を調達した。ネット型リユース業のマーケットエンタープライズ(東証:3135)、伊藤忠建機(現在の伊藤忠 TC 建機)とは資本業務提携している。

この分野では、ビジネスモデルは異なるが、建設業マッチングアプリの「助太刀」が昨年6月にアクティオと提携し、助太刀アプリを通じた建機レンタル事業を開始している。アメリカでは、建機の Uber と称される Getable や建機の Airbnb と呼ばれる EquipmentShare など多数のスタートアップが見られ、Andreessen Horowitz らが支援した Yard Club は2017年に建機製造大手の Caterpillar に買収された

<参考文献>

中古建機売買プラットフォーム「ALLSTOCKER」運営が9億円調達、住友商事などから

SHARE:

中古建機売買プラットフォーム「ALLSTOCKER」を運営するSORABITOは5月13日、住友商事、伊藤忠建機の2社から約9億円の資金調達を実施したことを発表した。夏頃の新サービスリリースに向け、業界における知見やネットワーク、強固な財務基盤を持つ住友商事および伊藤忠建機と資本関係を結んだ。なお、伊藤忠建機とは1年半にわたり業務提携関係にある。 SORABITOは2014年5月創業。働く機械に関…

スクリーンショット 2019-05-21 13.33.17.png

中古建機売買プラットフォーム「ALLSTOCKER」を運営するSORABITOは5月13日、住友商事、伊藤忠建機の2社から約9億円の資金調達を実施したことを発表した。夏頃の新サービスリリースに向け、業界における知見やネットワーク、強固な財務基盤を持つ住友商事および伊藤忠建機と資本関係を結んだ。なお、伊藤忠建機とは1年半にわたり業務提携関係にある。

SORABITOは2014年5月創業。働く機械に関する業界課題の解決を目的に中古建機の売買プラットフォーム「ALLSTOCKERマーケット」を運営。そのほかにも定期開催のビッドアップ式インターネットオークション「ALLSTOCKERオークション」、世界中のバイヤーのオファーを集約し買取価格を提示する相見積サービスを展開している。

また、建設会社や国内外の建機売買プレーヤーに対しても独自の鑑定サービスや運送サービス、多言語カスタマーサポートを提供しており、中国、台湾、ベトナム等のアジアを中心とする海外向け取引割合が約半分を占めるという。

via PR TIMES

中古産業機械のグローバルマーケットプレイス「ALLSTOCKER」を運営するSORABITOが総額約5億円を資金調達

SHARE:

産業機械のグローバルマーケットプレイス「ALLSTOCKER(オールストッカー)」を運営するSORABITOが、既存株主と新規株主を対象とした第三者割当増資による総額約5億円の資金調達を実施した。 引受先となったのは、既存株主のGMO VenturePartners、小泉文明氏、高野秀敏氏に加えて、新規株主としてグリーベンチャーズ、JA三井リース、オプトベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル。…

20160509-01

産業機械のグローバルマーケットプレイス「ALLSTOCKER(オールストッカー)」を運営するSORABITOが、既存株主と新規株主を対象とした第三者割当増資による総額約5億円の資金調達を実施した

引受先となったのは、既存株主のGMO VenturePartners、小泉文明氏、高野秀敏氏に加えて、新規株主としてグリーベンチャーズ、JA三井リース、オプトベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル。

「ALLSTOCKER」は、建設機械や農業機械を中心とした産業機械の取引ができるマーケットプレイス。メガバンク等との連携により独自の決済機能を実現し、売り手の保管場所から世界中に機械を運送する物流機能、全国統一鑑定基準に基づき出張鑑定をする鑑定機能を一括で提供することで、産業機械流通の効率化を目指している。

SORABITOは、2015年9月に既存株主3者に対して、総額1億円超の第三者割当増資を実施している。

業界にメスを入れるーー建設機械や農業機械のオンラインマーケットプレイス「ALLSTOCKER」が1億円を資金調達

2度目の資金調達で、建機・農機を多数取り扱う日本有数の大手総合リース会社であるJA三井リースや、「ALLSTOCKER」独自の決済機能を担う三井住友フィナンシャルグループなどから出資を受けることで、「ALLSTOCKER」をさらに強化していくことを目指す。

業界にメスを入れるーー建設機械や農業機械のオンラインマーケットプレイス「ALLSTOCKER」が1億円を資金調達

SHARE:

建設機械や農業機械、車両から工作機械に至るまで、産業機械全般を扱うオンラインマーケットプレイス「ALLSTOCKER(オールストッカー)」を運営するSORABITOが、9月にGMO VenturePartners、複数の著名エンジェル投資家から出資を受け、総額1億円を超える第三者割当増資を実施した。 SORABITOは、名古屋に本社を置くスタートアップ。1年前に名古屋で開催された「全国Startu…

all

建設機械や農業機械、車両から工作機械に至るまで、産業機械全般を扱うオンラインマーケットプレイス「ALLSTOCKER(オールストッカー)」を運営するSORABITOが、9月にGMO VenturePartners、複数の著名エンジェル投資家から出資を受け、総額1億円を超える第三者割当増資を実施した。

SORABITOは、名古屋に本社を置くスタートアップ。1年前に名古屋で開催された「全国Startup Day in 中部」に参加していた。このときプレゼンしていたのは、「Mikata」という建設機械の売り手と買い手をつなぐマッチングサービス。

関連記事

「Mikata」は業界の課題を解決したいという思いを持つ業者の依頼を受けて開発したものだったという。この運営経験を元に、SORABITOとして業界の課題を解決していくことを目指して開発したのが「ALLSTOCKER」だ。

今年の3月にβ版をリリース。海外からの反応がよく、立ち上げてすぐに140カ国以上の国々からトラフィックがあったという。国内からの出品も増え、国産機械を中心に約15,000台が登録された。国産の建設機械のブランド力は高く、急成長中のアジアでは建機を買いたいというニーズが強く、中には70台まとめて買いたいといった声もあったそうだ。

「ニーズは十分にある」そう感じたSORABITOの青木 隆幸氏は、今年の11月に正式版リリースに向けて動き始めた。β版では機械の掲載、閲覧、問い合わせまでしかできなかったが、正式版では実際の購入まで可能になる。普段からプロフェッショナルとしてバイイングを行っている人々に、新たなマーケットを提供するサービスであるため、認知獲得ややり方さえ覚えてもらえばあとは売買が行われることは難しくないと考えているという。

all2

中古建機の売買は、定期的に開催されるオフラインでのオークションがメジャーなやり方だった。父親が建設会社の経営をしているという青木氏は、10代の頃から建設業界の商慣習に触れることで、もっと改善することはできないか、と考えていたそうだ。

「ALLSTOCKER」をリリースして実際の売買を可能にした後は、決済や流通のやり方に関しても、徐々にメスを入れていきたいと青木氏は考えているという。具体的なやり方に関してはまだ明かすことができないそうだが、独自システムを開発することでより取引をしやすくしていくとのことだ。

調達した資金をもとに、営業・開発体制を強化。オンラインマーケットプレイスを成長させていくために試行錯誤を重ねていく。