BRIDGE

タグ SPACER

スマホで開け閉めできる受渡しIoTロッカー「SPACER(スペースアール)」、プレシリーズAラウンドで三井住友海上キャピタルから資金調達

SHARE:

<20日午前7時半更新> 本稿初出時に示したシードラウンド投資家に、三井不動産は参加していないことが判明したため削除。 スマホで開け閉めできる受渡し IoT ロッカー「SPACER(スペースアール)」を開発する SPACER は20日、プレシリーズ A ラウンドで三井住友海上キャピタルから資金調達したことを明らかにした。調達金額は非開示。同社にとっては、2018年1月に実施したエンジェル投資家から…

<20日午前7時半更新> 本稿初出時に示したシードラウンド投資家に、三井不動産は参加していないことが判明したため削除。

スマホで開け閉めできる受渡し IoT ロッカー「SPACER(スペースアール)」を開発する SPACER は20日、プレシリーズ A ラウンドで三井住友海上キャピタルから資金調達したことを明らかにした。調達金額は非開示。同社にとっては、2018年1月に実施したエンジェル投資家からのシードラウンド(調達金額非開示)に続くものだ。今回資金調達した三井住友海上キャピタルとは、親会社である三井住友海上が SPACER 用の損害賠償保険を提供するなどの協力関係にある。

2016年、田中章仁氏(現 CEO)らにより設立された SPACER は、スマートフォンを使った鍵制御により安価なコインロッカーシステムを開発。これを街中に配置することで、消費者との相対が必要になる小売業やサービス業の無人24時間化、C2C サービスでの商品の無人受け渡し、複数のロジスティクスプロバイダーが使える物流サービスの受取口や発送口としての利用を提起。

「StarBurst」第5回デモデイでピッチする SPACER COOの松元裕介氏
Image credit: Masaru Ikeda

2017年にCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)実施した「T-VENTURE PROGRAM」の第4期では、デモデイで優秀賞を受賞し、CCC の運営する TSUTAYA の都内5店舗で、SPACER を使った実証実験を実施している。また、2018年12月にプロトスターが実施した「StarBurst」第5回デモデイで IBM BlueHub 賞を受賞した。

シェアリングサービス「monooQ(モノオク)」、モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」と業務提携しており、今後もパートナー企業との連携を順次公開するとしている。SPACER は現在、100ヶ所600ボックス以上の IoT ロッカーを全国に展開しており、多い拠点での利用実績は月140回以上にのぼるという。

----------[AD]----------

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」と、スマホで開け閉めできる受渡しIoTロッカー「SPACER」が業務提携

SHARE:

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」を運営するピーステックラボと、スマホで開け閉めできる受渡し IoT ロッカー「SPACER(スペースアール)」を運営する SPACER は、両社が業務提携したことを明らかにした。 ピーステックラボは今秋 Alice.style のローンチを予定しているが、SPACER との提携により配送料や時間の調整の要らない、匿名でのレンタ…

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」を運営するピーステックラボと、スマホで開け閉めできる受渡し IoT ロッカー「SPACER(スペースアール)」を運営する SPACER は、両社が業務提携したことを明らかにした。

ピーステックラボは今秋 Alice.style のローンチを予定しているが、SPACER との提携により配送料や時間の調整の要らない、匿名でのレンタル品の受け渡しが可能になるという。両社は今後共同で「旅行者の当日必要なものを Alice.style でレンタルして現地の SPACER で受け取り」や「商店街のレンタルなど地域コミュニティのマッチングを Alice.style で構築し、待ち合わせの要らない匿名受け渡しを SPACER で行う」など、地域シェアリングと近接匿名取引を展開するとしている。

両社はプロトスターが運営するシードアクセラレータ「StarBurst(スターバースト)」に参加、26日に開催された第5回デモデイでは、ピーステックラボが準優勝とネットプロテクションズ賞を、SPACER が IBM BlueHub 賞を獲得した。両社のビジネス成長におけるステージが似ていて、同じアクセラレータに所属したという良縁と、相互補完の関係が形成できるという偶然の組み合わせから、今回の業務提携に至った。

<関連記事>

via PR TIMES

----------[AD]----------

スマホで開け閉めできる受渡しIoTロッカー「SPACER(スペースアール)」、TSUTAYAの都内5店舗で実証実験を開始

SHARE:

スマホで開け閉めできる受渡し IoT ロッカー「SPACER(スペースアール)」を開発する SPACER は2日、同ロッカーを使用したサービス開始を発表した。同社は昨年7月に同ロッカーのプロトタイプを完成させていたが、そこから約半年をかけてマーケティングを行い、今年2月に製品を完成させた。 同社は昨年行われた CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のベンチャー協業プログラム「T-VENTUR…

SPACER
Image credit: SPACER

スマホで開け閉めできる受渡し IoT ロッカー「SPACER(スペースアール)」を開発する SPACER は2日、同ロッカーを使用したサービス開始を発表した。同社は昨年7月に同ロッカーのプロトタイプを完成させていたが、そこから約半年をかけてマーケティングを行い、今年2月に製品を完成させた。

同社は昨年行われた CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のベンチャー協業プログラム「T-VENTURE PROGRAM」の第4期に参加しており、12月のデモデイでは優秀賞を受賞している。この参加が契機となり、SPACER は CCC 傘下の TSUTAYA 都内5店舗で実証実験を開始した。SPACER が設置されるのは、SHIBUYA TSUTAYA、TSUTAYA BOOK APARTMENT(新宿)、TSUTAYA 赤坂店、TSUTAYA 祖師谷大蔵店、TSUTAYA 新大久保店。3月から5月までを実証実験期間とし、さまざまなモニタリングを行いながら、E コマースなどの直接受渡し取引等の実証実験を行う。

SPACER を使うには、iOS アプリ「SPACER」のダウンロードが必要。SPACER の設置された TSUTAYA 店舗でアプリを立ち上げると自動的にロッカーを認識する。荷物は無料で2時間まで預けられ、6時間毎に240円で利用できるほか、スマートフォンを鍵として荷物の受け渡しも可能になる。

SPACER のロッカーとアプリ
Image credit: SPACER

この分野では、日本郵便の「はこぽす」が E コマース各社と提携し荷物受取を実現しているほか、Packcity Japan(ネオポストシッピングとヤマト運輸の JV)の「PUDO ステーション」が公共施設を中心に、複数のロジスティクスプロバイダーが乗り入れられるオープン型ロッカーを設置。人手不足の問題が深刻化する物流業界において、業務の負担増の要因となる再配達の抑制を試みている。

SPACER の場合、スマートロックのようにスマートフォンでロッカーの鍵を制御できるのが強みであり、ユーザや利用特性など情報を取得し、新しいビジネスを創出することも可能だろう。

SPACER は2016年、IQ 160 の頭脳を持ち日本メンサの会員でもある田中章仁氏(現 CEO)らにより設立。Suica などを使ったインテリジェントなコインロッカーが高額であるのと対照的に、SPACER ではスマートフォンを使った鍵制御により安価なコインロッカーシステムを開発することに成功した。昨年には、シェアリングサービス「monooQ(モノオク)」との協業サービスを実施した。

----------[AD]----------