THE BRIDGE

タグ スポーツ

靴に取り付けてランニングを13の項目で分析するセンサー「runScribe」

SHARE:

スポーツの分野に次々とセンサーデバイスが登場している。今回紹介するのは、靴の後ろに取り付けて走るだけで、ランニングの分析、アドバイスをしてくれる「runScribe」というデバイスだ。 runScribeは、靴の後ろにとりつけて使用する。大きさ3.5cm、重量たった15gと小さく、ランニング時に邪魔になることはなさそうだ。 9軸のセンサーを内蔵し、多数の項目を測定できることが特徴的だ。走行距離やス…


6e628c834a8b1828c3c162959cc7cab6_large

スポーツの分野に次々とセンサーデバイスが登場している。今回紹介するのは、靴の後ろに取り付けて走るだけで、ランニングの分析、アドバイスをしてくれる「runScribe」というデバイスだ。

runScribe

runScribeは、靴の後ろにとりつけて使用する。大きさ3.5cm、重量たった15gと小さく、ランニング時に邪魔になることはなさそうだ。

9軸のセンサーを内蔵し、多数の項目を測定できることが特徴的だ。走行距離やスピードだけでなく、足のどの部分で着地しているか、着地時にどれだけの強さの衝撃を受けているか、などといった全部で13もの詳細な項目を測定することができるという。

52e68d8bb3a97bf964bc9bdebcfe5e18_large

Bluetoothでスマートフォンと連携し、測定したデータをアプリ(iOS、Android)でレビューすることができる。どこに力がかかりすぎているか、など自分のランニングフォームの現状をデータで把握し、改善に役立てることができる。センサーのバッテリーには、交換できるボタン型リチウム電池を使用、30時間以上の利用が可能だという。

現在、runScribeはKickstarterで資金を募っており、本稿執筆時点で目標額の5万ドルの約4倍、18万ドルあまりを集めている。

限られた項目のみ測定できるスターターパックは99ドルから、すべての項目が測定可能なプロパックは119ドルから手に入れることができる。いずれも米国外への発送は25ドルの送料がかかる。発送は11月以降となる予定だ。

----------[AD]----------

アディダスが開発したスマートサッカーボール「miCoach Smart Ball」が発売開始

SHARE:

Wiredが今年の春に記事にしていたアディダスが開発するスマートサッカーボール「miCoach Smart Ball」が発売された。価格は税別で33,000円となっている。 「miCoach Smart Ball」はセンサーを内蔵しており、キックの速度、パワー、ボールの回転、方向、シュートの弾道を測定する。ボールから得られたこれらのデータは、Bluetoothを通じてプレーヤーのスマートフォン、タ…


Wiredが今年の春に記事にしていたアディダスが開発するスマートサッカーボール「miCoach Smart Ball」が発売された。価格は税別で33,000円となっている。

HFQQ2_AV2

「miCoach Smart Ball」はセンサーを内蔵しており、キックの速度、パワー、ボールの回転、方向、シュートの弾道を測定する。ボールから得られたこれらのデータは、Bluetoothを通じてプレーヤーのスマートフォン、タブレットに送信され、専用アプリを通じて分析される。センサーによって記録された情報は、転送される。



キックの分析の他、さまざまなシチュエーションでのプロのキックとの比較も可能となっている。キック時におけるコツなどもアプリを通じてコーチングしてもらえるという。こうしたキックの上達に必要な情報を取得するセンサーを搭載しつつ、重量・寸法ともに5号サイズのFIFA基準値内となっている。

約1時間の充電すれば、1日1時間ほどの利用で1週間は使用できる。キックの様子を「記録」していくことで自分の上達をたどることも可能だし、アプリはソーシャル機能も搭載しているため友人とキックを競うこともできる。

miCoach Smart Ball

一般利用向けのプロダクトではないが、以前本誌ではサッカーボールの目線からワールドカップを様子を伝えるボール「brazucam」を紹介した。こちらもアディダスが開発したもので、サッカーボールの目線から映像を撮影してくれる。

ボール自体が進化する今回のような例や、NFLによるRFIDタグを利用した「ゲームの可視化」、その他ウェアラブルデバイスによる記録や改善アドバイスなど、スポーツとテクノロジーが融合することによって生まれそうな新たな体験は多い。

----------[AD]----------

NFLがRFIDタグを利用した「ゲームの可視化」を導入し、新たなスポーツの楽しみ方を提供。

SHARE:

アメリカのナショナルフットボールリーグことNFLは、ZEBRA Technology社のZEBRA MotionWorksシステムを導入し、試合中における選手情報の可視化や分析を開始すると発表した。 このシステムは各プレイヤーの肩パッドの内部に配置されたRFIDタグより、各々の位置情報や加速度を取得し、リアルタイムにその情報を解析、可視化することが可能だ。 例えば攻撃側プレイヤーAと守備側プレイヤ…


zebra

アメリカのナショナルフットボールリーグことNFLは、ZEBRA Technology社のZEBRA MotionWorksシステムを導入し、試合中における選手情報の可視化や分析を開始すると発表した

2014-08-12_1505

このシステムは各プレイヤーの肩パッドの内部に配置されたRFIDタグより、各々の位置情報や加速度を取得し、リアルタイムにその情報を解析、可視化することが可能だ。

例えば攻撃側プレイヤーAと守備側プレイヤーB間の距離や、フォーメーションにおける各選手の立ち位置の変化などが把握できる。この情報を会場やテレビでの観戦に付加することで、ファンはよりゲームを理解し、楽しむことが出来る。もちろんこの情報を試合中のコーチが受け取り、戦術を練り直したり、指示を出したりすることも可能だろう。

2014-08-12_1505b

こうした技術は様々なスポーツで導入されつつあり、たとえば6月のワールドカップでも、各選手ごとの細かいスタッツがリアルタイムに公開され話題となっていた。

この場合、スタッツの計算はあくまでビデオ映像を元に行われていたが、今回のNFLのケースではRFIDタグを利用するということで、より正確に、よりリアルタイムに即した情報を受け取ることができるはずだ。

いままでは専門家だけが分析していたこうした情報は、次第に一般のファンにも渡るようになり、新たな楽しみ方が生まれつつある。2014年は情報の可視化により、スポーツの新しい楽しみ方が発見されるターニングポイントになるかもしれない。

----------[AD]----------

ゴルフのラウンド中に自動でiPhoneにショットを記録、分析してプレイをサポートしてくれる「Arccos」

SHARE:

スポーツの分野にもセンサーを活用する事例が増えてきているが、ゴルフのラウンドにセンサーを活用してプレイをサポートしてくれるデバイスが登場した。それが、アメリカでこの夏発売予定の「Arccos」だ。 Arccosはゴルフクラブのグリップの先端に装着して利用する。専用のiPhoneアプリとBluetoothで連携すれば、あとはいつもどおりにゴルフのラウンドを楽しむだけ。すべてのショットのデータはGPS…


スポーツの分野にもセンサーを活用する事例が増えてきているが、ゴルフのラウンドにセンサーを活用してプレイをサポートしてくれるデバイスが登場した。それが、アメリカでこの夏発売予定の「Arccos」だ。

ゴルフのラウンド中、自動でiPhoneにショットを記録、分析してプレイをサポートしてくれる「Arccos」
Arccosはゴルフクラブのグリップの先端に装着して利用する。専用のiPhoneアプリとBluetoothで連携すれば、あとはいつもどおりにゴルフのラウンドを楽しむだけ。すべてのショットのデータはGPSを利用して、自動的にiPhoneアプリに自動的に記録され、分析される。

ゴルフのラウンド中、自動でiPhoneにショットを記録、分析してプレイをサポートしてくれる「Arccos」
プレイ中にアプリの画面を参照すれば、自分の過去のデータから、各クラブでの平均距離、最大距離、GiRなどが表示され、どのクラブを選んで打てば良いかリアルタイムで参考にしながらプレイすることができる。約16,000ホールのアメリカにある全ゴルフコースに対応しており、アメリカ国内であればどこのコースでも利用できる。

ゴルフのラウンド中、自動でiPhoneにショットを記録、分析してプレイをサポートしてくれる「Arccos」

1つのセンサーは12g以下という軽量のため、スウィングに影響はしないという。バッテリーは2~3年はもち、一般的な電池式で交換も容易。バッテリー残量は、アプリから確認できる。専用アプリの提供は、4S以降のiPhoneのみで、Android版、Windows版は開発中の模様。

14個のセンサーが1セットで販売され、予価399ドル。現在受付中のプレオーダーでは299ドルで購入できる。2014年の夏に配送開始予定だ。

----------[AD]----------

脳波コントロール外骨格で、下半身麻痺患者がブラジルW杯にてサッカーの実演!

SHARE:

世界中が熱狂の渦に巻き込まれるワールドカップ。特に今回はサッカー王国ブラジルでの開催ということもあり、例年にも増して大きな注目が集まっている。 そんなワールドカップの開幕戦「ブラジル対クロアチア」のセレモニーでは、下半身麻痺の患者がサッカーを実演するというプロジェクトが企画されている。 このプロジェクトを牽引するのが、米デューク大学に所属する神経工学の専門家 Dr. Miguel Nicoleli…


2014-06-07_1628

世界中が熱狂の渦に巻き込まれるワールドカップ。特に今回はサッカー王国ブラジルでの開催ということもあり、例年にも増して大きな注目が集まっている。

そんなワールドカップの開幕戦「ブラジル対クロアチア」のセレモニーでは、下半身麻痺の患者がサッカーを実演するというプロジェクトが企画されている。

このプロジェクトを牽引するのが、米デューク大学に所属する神経工学の専門家 Dr. Miguel Nicolelisを中心としたWalk Again Project。彼らが開発した脳波で動く外骨格を使うことにより、車いすの患者が立ち上がり、ボールを蹴るというから驚きだ。

2014-06-07_1629

操作のための脳波は、米コロラド州立大学が3Dプリンターによって作成した電極付きのヘルメットを通じて検知される。脳波は外骨格操作のための命令に変換され、水圧をつかって外骨格を動かす。バッテリーの駆動時間は2時間で、転倒防止のジャイロや、転倒時のためのエアバッグなど、複数の安全装置も備えている。

外骨格は金属とポリマーで出来ており、足底にはフィードバックのためのセンサーを設置。利用者のシャツに接続された振動装置を通じて、まるで歩いているかのような錯覚を起こさせるという。実際に利用した下半身麻痺の患者いわく「まるで砂浜を歩いているような感覚だった」と語っている。

現在このプロジェクトでは、20歳から40歳まで9名の男女がトレーニングを行っており、そこから3名がセレモニーに出場するそうだ。さらにその中から1名がサッカーの実演をするということで、その様子はFacebookページを通じて伝えられている。

世界中が注目する試合で、下半身麻痺患者にとって大きな希望となるデモンストレーションが成功すれば、これほどに素晴らしいことはないだろう。当日はTVの前でこの実演の成功を願いたい。

----------[AD]----------

サッカーボールの目線からワールドカップを様子を伝えるボール「brazucam」をアディダスが開発

SHARE:

4年に一度開催されるサッカーの祭典ワールドカップが今年開催され、開催国はブラジルとなっている。スポーツブランドのadidas(アディダス)は、これまでとは全く新しい角度からの撮影を可能にするサッカーボールを開発した。 今回のワールドカップで使用される「Brazuca(ブラズーカ)」は、サッカーファンにより名称が決定された初のFIFAワールドカップ公式球。アディダスはBrazucaのボールテストには…


brazucam

4年に一度開催されるサッカーの祭典ワールドカップが今年開催され、開催国はブラジルとなっている。スポーツブランドのadidas(アディダス)は、これまでとは全く新しい角度からの撮影を可能にするサッカーボールを開発した

今回のワールドカップで使用される「Brazuca(ブラズーカ)」は、サッカーファンにより名称が決定された初のFIFAワールドカップ公式球。アディダスはBrazucaのボールテストには2年半を費やし、世界トップレベルの選手600名以上によりテストされた。これは今までの試合球のボールテストの中で最大規模とのことだ。

今回発表されたbrazucamには、Brazucaの内部に6個のHDカメラが備えられている。360°撮影可能なこのボールを利用して、アディダスはワールドカップの模様を伝えるキャンペーン「brazuca around the world」を実施する。これはスペイン、ドイツ、イギリス、ロシア、日本、アメリカ、メキシコとブラジルに近づいていく様子を伝えていくもの。

それぞれの国でアスリートたちがサッカーをプレイしている様子を、サッカーボールの視点から撮影した映像を見ることができる。アディダスは今後、brazucamで撮影された映像を毎週一本ずつYouTubeチャンネルにアップロードする予定だ。

サッカーファンの人は @brazucam をフォローすることで、brazucamの動きを知ることができる。2014年4月7日からはこちらのサイトで撮影された写真のフォトギャラリーにもアクセス可能になる予定だという。以下の映像は最初にアップロードされている映像。


http://youtu.be/eDQQc5vKHhs

----------[AD]----------

中東の女性起業家が開発する水泳専用のウェアラブルデバイス「Instabeat」が世界の注目を集める

SHARE:

レバノンに拠点を置くスタートアップInstabeatが水泳専用のウェアラブルデバイスを開発した。このデバイスによって水泳中の心拍数やカロリー、呼吸数といったバイタルデータとフリップターンなどの運動データをモニタリングすることができる。 Instabeatは米経済誌「forbs(フォーブズ)」のThe Hottest Global Startups Of 2013にも選ばれており、世界的に注目を集め…


instabeat

レバノンに拠点を置くスタートアップInstabeatが水泳専用のウェアラブルデバイスを開発した。このデバイスによって水泳中の心拍数やカロリー、呼吸数といったバイタルデータとフリップターンなどの運動データをモニタリングすることができる。

Instabeatは米経済誌「forbs(フォーブズ)」のThe Hottest Global Startups Of 2013にも選ばれており、世界的に注目を集めているスタートアップだ。

Instabeatはゴーグルに装着する小型デバイスで、その重量は50g程度となっている。ゴーグルのレンズに心拍数データをリアルタイムに表示してくれるので、スイマーは自らのコンディションを確認しながら泳ぐことができる。

Instabeat

USBポートに接続可能で、水泳時に得たデータをPCに保存し、分析することもできる。これまでにも特定のスポーツ専用のウェアラブルデバイスは開発されているが、水泳専用のデバイスは非常に珍しい。

競合製品としては音声で心拍数を通知してくれる水泳用モニターのAquaPulse(Finis社)や、イギリスのSwimovate社のPoolMateHRなどがある。

Instabeat のブログより
FounderのHind Hobeika氏、Instabeatのブログより

Instabeatは中東地域では非常に珍しい女性起業家のHind Hobeika氏によって、2011年に創業された。同年9月にシードラウンドでレバノンのインキュベーターBerytechから10万米ドルを調達した後、シリーズAでGoogle Venturesのアドバイザーを務めるGeorges Harik氏やWamda Capital(MENAのアーリーステージの投資ファンド)などから出資をうけている(金額は非公開)。

Hind Hobeika氏は有名なカンファレンス「TED」でもプレゼンを行っている。以下はその映像だ。



同社はこの他にもクラウドファンディングサイトindiegogoで資金調達を行い、7万5千米ドルを集めている。

Instabeatの価格は149米ドルで、現在公式サイト上で事前予約を受け付けている。発売時期は2014年春ごろを予定している。

(Image : Instabeat)


【参考記事】
Instabeat, the Lebanon startup changing swimming with its wearable technology – YourStory.com
Instabeat raises Series A round from Wamda Capital, Jabbar Internet Group, and angel investors | Wamda.com
----------[AD]----------

Zeguestlist、NFCブレスレットとモバイルアプリでフィットネスイベントの参加者を管理

SHARE:

シンガポールおよびノルウェーを拠点とするモバイルイベントテック企業Zeguestlistのサービスが、ノルウェーで開かれたフィットネスコンベンションで利用された。その状況はどのようなものだったのだろうか? Norwegian School of Sport Scienceの毎年開かれるフィットネスコンベンションはノルウェーのオスロで開催された。シンガポールとノルウェーを拠点とするモバイルイベントテ…

Zeguestlist

シンガポールおよびノルウェーを拠点とするモバイルイベントテック企業Zeguestlistのサービスが、ノルウェーで開かれたフィットネスコンベンションで利用された。その状況はどのようなものだったのだろうか?

Norwegian School of Sport Scienceの毎年開かれるフィットネスコンベンションはノルウェーのオスロで開催された。シンガポールとノルウェーを拠点とするモバイルイベントテック企業のZeguestlistは、1,000を超える参加者と132のセッションをクラウドベースのソリューションで管理する業務を担当した。

2013年11月15日~17日まで開催されたこのイベントでは、オンライン決済、QRチケット配信、NFCセッションチェックイン、実際に参加した人たちの出席人数チェック、イベント後の統計業務が関わった。

Zeguestlistは、NFC対応のZTE Numbia Z5搭載のモバイルアプリを活用して、初期登録、靴の配布、平行したセッションへのチェックイン、昼食の配布に至るまで、ショーのすべての行程を取り仕切った。

イベントの参加希望者はまずチケットを購入し、靴のサイズを指定してから、6か月先までの各セッションの予定が記載されているカレンダーが表示される登録ページを通して、希望のセッションに開始2日前までに初期登録をすることになる。

登録すると、選択されたセッションとその詳細を添えた確認のメールが届く。また、合わせて届くSMSにNIH Web Appへアクセスするためのリンクが表示されており、そこではセッションの変更もしくは確認、ランチやディナーなどの追加申し込み、イベントに関する情報の閲覧が可能だ。


開催初日にまず、QRコードのチケットをZGでスキャンし、開催期間中有効なNFCブレスレットを受け取る。このNFCブレスレットがあれば、事前に申し込んだセッションに入場したり、指定したサイズの靴やランチなどを迅速にピックアップしたりできるのだ。

Zeguestlistアプリを使った全てのNFCチェックインは、イベント期間中ライブの統計を作成した。同ウェブアプリにはセッションを変更するゲストから6,000のログインがあり、運営側はリアルタイムで登録状況やどのセッションが人気であったかトラッキングすることができた。

Zeguestlistのアイデアが生まれたのは、タブレットがテックシーンで人気の出てきた2010年であった。クラウドベースの運営サービスは、イベント業界をよりスマートにすべく新たなタブレット技術が活用されるようになった。Zeguestlistは最近シンガポールにてNFCを利用した結婚式も運営した。

【原文】

----------[AD]----------

LINE、「レアルマドリード」とデジタルコンテンツパートナー契約を締結、「FCバルセロナ」とのライセンス契約も

SHARE:

LINE(ライン)は、海外ユーザーの拡大に向けて、スペインの名門サッカークラブチーム「レアル マドリード」とデジタルコンテンツパートナー契約を締結したことを本日発表した。先日開催された「LINE-Hello, Friends in Tokyo 2013-」での発表によると、スペインでのLINEユーザー数は、1500万人を超える。 「レアルマドリード(Real Madrid)」は、1902年に創設さ…

LINE(ライン)は、海外ユーザーの拡大に向けて、スペインの名門サッカークラブチーム「レアル マドリード」とデジタルコンテンツパートナー契約を締結したことを本日発表した。先日開催された「LINE-Hello, Friends in Tokyo 2013-」での発表によると、スペインでのLINEユーザー数は、1500万人を超える。

「レアルマドリード(Real Madrid)」は、1902年に創設され、スペインのマドリードに本拠地を構える名門サッカークラブ。今回のデジタルコンテンツパートナー契約締結により、「レアルマドリード」のLINE公式アカウントの提供がスタートする。LINEユーザーはレアルマドリードのアカウントを「友だち追加」することで、クラブチームの試合結果速報、選手やイベントの最新情報などをLINE上で受信可能になる。

「友だち追加」したユーザーを対象に、チームの人気選手をモチーフにしたオリジナルスタンプの無償提供も近日スタートする他、有料版のスタンプの展開も予定している。

「レアルマドリード」のニューメディア担当責任者、ラファエル・デ・ロ・サントス(Rafael De Los Santos)氏によれば、同チームが掲げる主要な目標の一つに、ファンにとってチームが身近な存在になるということがあるという。ファンとの継続的なコミュニケーションのために、スペインでも多くのユーザーを獲得しているLINEを利用していく。

fcbarcelona

同日、LINEは世界を代表するサッカークラブチーム「FC バルセロナ」のライセンス権を獲得したことも発表している。海外に展開する際テレビCMで多くの人々にリーチした後、人気のあるスポーツチームやキャラクターとコラボしてデジタルコンテンツを提供していく流れは今後も増えていきそうだ。

スペインで流れているLINEのテレビCMは以下の映像。

----------[AD]----------

スポーツのデジタルイノベーションを加速させる、Nike+アクセラレータプログラムに選出された10社

SHARE:

「Nike+ Accelerator program」に選ばれた10社が発表された。このプログラムではスポーツにおけるデジタル分野のイノベーションを加速させることを目的としている。 数百もの応募の中から選ばれたのは、トレーニング、コーチング、ゲーム、スポーツ、リワードなど行動・健康の領域に取り組む以下の10社。 FitDeck: エクササイズを楽しく、シンプルかつ便利なものにするカード GoRec…

HO12_FB_FAMILY_HERO_HFR6_large

Nike+ Accelerator program」に選ばれた10社が発表された。このプログラムではスポーツにおけるデジタル分野のイノベーションを加速させることを目的としている。

数百もの応募の中から選ばれたのは、トレーニング、コーチング、ゲーム、スポーツ、リワードなど行動・健康の領域に取り組む以下の10社。

  • FitDeck: エクササイズを楽しく、シンプルかつ便利なものにするカード
  • GoRecess: ユーザがフィットネスクラブを探し、運動を記録、レビューすることをサポート
  • Chroma.io: 現実の行動と結びついたバーチャル世界を作るインディーズゲームスタジオ
  • CoachBase: デジタルのスポーツコーチングプラットフォームを提供
  • GoFitCause: フィットネスデータをチャリティのお金に変える
  • HighFive: 健康とフィットネスアプリのアドネットワーク
  • Sprout At Work: ソーシャルとゲーミフィケーションツールにより、社員のやる気を促し、元気にする会社全体の健康に対するソリューションを提供
  • GeoPalz: 子どもと家族に向けたインタラクティブなゲームと報酬のプラットフォーム
  • Incomparable Things: ファンタジーなスポーツリーグを作るサービス
  • RecBob: スポーツする場所を見つけ、チームをマネジメントするためのプラットフォーム

選ばれた10社は2万ドルの資金と、Nikeやテクノロジー産業のリーダーたちのメンタリングを受けることになる。選出された企業はポートランドで開催される3ヶ月間のプログラムに参加。プロダクトやサービスの開発、改良に取り掛かる。

デバイスの進歩により、様々なデータがとりやすく、記録もしやすくなったことから、スポーツや健康に対する新たな意識、楽しみが生まれつつあるように思う。こうした分野に取り組むNikeと、そのスタートアップたちの動きは興味深い。

また、Nikeのような大手企業が持つリソースと、スタートアップの持つアイデアを合わえてイノベーションを起こそうとする動きは今後も増えていくだろう。そう考えると、まだまだ変化を起こすことができる領域は多く残っているのではないだろうか。

----------[AD]----------