THE BRIDGE

タグ Stac

世界に約9,800万人のユーザを持つメッセージアプリKakaoTalkがPC版をリリース、LINEを追う

SHARE:

先日、DeNAのメッセージアプリ「comm(コム)」運営規模を大幅縮小についてお伝えした。この記事内では触れられていなかったが、LINE、Wechatに次いで多くのユーザ数を誇るのが韓国発のメッセージアプリ「KakaoTalk(カカオトーク)」だ。 世界230カ国で約9,800万人の利用者を持つメッセージアプリ「KakaoTalk(カカオトーク)」を提供する株式会社カカオジャパンは、PCでもコミュ…

kakaoforpc

先日、DeNAのメッセージアプリ「comm(コム)」運営規模を大幅縮小についてお伝えした。この記事内では触れられていなかったが、LINE、Wechatに次いで多くのユーザ数を誇るのが韓国発のメッセージアプリ「KakaoTalk(カカオトーク)」だ。

世界230カ国で約9,800万人の利用者を持つメッセージアプリ「KakaoTalk(カカオトーク)」を提供する株式会社カカオジャパンは、PCでもコミュニケーションが可能になるKakaoTalkのPC版サービスを開始した。Windowsに対応し、現在のところMac OSには未対応。

KakaoTalkのPC版リリースについては、以前 DailySocialが報じていた。KakaoTalkのアプリがリリースされたのは、2010年3月18日。LINEは、2011年6月23日にアプリをリリースし、2012年03月07日にPC版をリリースしている。これによって大きくLINEを追い上げることにはならないだろうが、現在KakaoTalkを利用しているユーザが、KakaoTalkの利用をやめる理由をひとつなくしたといえる。

KakaoTalkが新規ユーザを獲得できそうな動きとしては、カカオジャパンが最近リリースしたスタンプラリーアプリ「Stac」の動きが興味深い。これは音声認識技術を利用し、特定の音声が流れる場所でユーザがアプリを起動するだけでスタンプラリーに参加できるというものだ。スタンプラリーに参加したユーザは、特典としてスタンプなどを獲得することができる。今はまだリリースしたばかりだが、KakaoTalkとStacの間で連動が起き、Stacが盛り上がるようならKakaoTalkを利用するきっかけが生まれることが考えられる。

LINE、Wechat、KakaoTalkなどアジアにおけるメッセージアプリの競争の様子は、こちらから記事をチェックすることができる

----------[AD]----------

音声認識で手軽にキャンペーンに参加!カカオジャパンがスタンプラリーアプリ「Stac」をリリース

SHARE:

メッセージアプリKakaoTalkを日本で提供する株式会社カカオジャパンは本日、起動するだけでお得なスタンプラリーに参加できるスマートフォン用アプリ「Stac」のサービスをスタートした。 「Stac」は、電通が開発したClick AD®音声認識技術を利用することで、お店やイベント会場のほか、ユーザの日常生活の中の様々なシーンで、簡単にスタンプラリーに参加できるようになる。 店舗などは、集客ツールと…

StacメッセージアプリKakaoTalkを日本で提供する株式会社カカオジャパンは本日、起動するだけでお得なスタンプラリーに参加できるスマートフォン用アプリ「Stac」のサービスをスタートした。

「Stac」は、電通が開発したClick AD®音声認識技術を利用することで、お店やイベント会場のほか、ユーザの日常生活の中の様々なシーンで、簡単にスタンプラリーに参加できるようになる。

店舗などは、集客ツールとしてStacを利用して効果的なスタンプラリーキャンペーンを展開することが可能になる。

このサービスをどのように使うのかについては、以下の解説動画を見てほしい。

Stac present

特定の音声が流れている地点で、Stacのアプリを起動するとスタンプラリーに参加したことになり、特典をゲットすることができる。ちなみに上の映像中の音声を認識することもできるようになっており、上の映像を音声アリで流しながらアプリを起動すると、メッセージアプリのKakaoTalk上で使用できる動くスタンプをゲットできる(右の画像参照)。

アプリ内では開催中や開催予定のキャンペーンが表示されるようになっており、キャンペーン終了前の通知機能や開催時の通知機能もあるため、集客にも貢献すると考えられる。音声を流すだけでキャンペーンの設計が可能になるため、音声を流せるメディアであれば、テレビ、ラジオ、屋外ビジョン、Webなどのメディアとの連携も行うことができる。

可聴音域だけではなく、非可聴音域も認識が可能らしく、無音の環境でもスタンプラリーが展開できるとのこと。アプリを利用するユーザは、スタンプラリーに参加する前に自身の属性をアプリに登録する必要がある(といっても性別と生まれた年と月くらいだが)。そのためキャンペーンを実施する側は、キャンペーンに参加したユーザの属性を知ることも可能になっている。

Stacはサービス開始と同時に全国のローソンでスタンプを集めるとウチカフェスイーツの「あんこや 豆大福」がもらえるキャンペーンをスタートしており、7月には福岡ソフトバンクホークスのキャンペーンの実施も予定している。そのほかにも、現在、デジタルサイネージ利用による実証実験、電車の車内アナウンス実証実験、渋谷大型ビジョンを使用した実証実験などなど、数々の実証実験を行なっているという。カカオジャパンは、「Stac」の活用シーンを拡大を目指し、今後も実証実験を重ねていく。

同アプリを試してみたい方は、iPhone版はコチラから、Android版はコチラからダウンロードできる。

----------[AD]----------