BRIDGE

タグ stand.fm

黒船 “Clubhouse” に音声国内組はどう対抗する?ーーStand.fm投資家が語る「次に起こること」

SHARE:

10年ぶりぐらいでしょうか。Clubhouseという新しいソーシャルメディアの到来に(スタートアップ村界隈が)湧いています。一方、今のこの異常なまでの加熱を「ボーナスタイム」と見る向きも多いです。 個人的にもTwitterが過去に辿ってきた10年間を数年でトレースするような「走馬灯感」を感じているので、このモメンタムが今後どのように収束し、そして何が残り、どういった変化をもたらすのか注目しています…

世界を強襲している黒船のトップページはまだこんな状態

10年ぶりぐらいでしょうか。Clubhouseという新しいソーシャルメディアの到来に(スタートアップ村界隈が)湧いています。一方、今のこの異常なまでの加熱を「ボーナスタイム」と見る向きも多いです。

個人的にもTwitterが過去に辿ってきた10年間を数年でトレースするような「走馬灯感」を感じているので、このモメンタムが今後どのように収束し、そして何が残り、どういった変化をもたらすのか注目しています。ちなみにTwitterが生まれたのち、多くのインターフェースにはタイムラインの概念や非対称フォロー(それ以前は相互に承認するフォローが一般的)が採用されるなど、多方面に影響を与えたのはご存知の通りです。

音声への関心は昨日・今日始まったわけではなく、ここ2、3年のトレンドではありました。特にAirPodsの登場で「耳が常に繋がる」という環境が生まれ、国内でも「Voicy」や「 Yay!(イェイ) 」、井口尊仁さんが開発している「 Dabel 」などが生まれています。ちょっとジャンルは異なりますが、ゲーム配信の「 Mirrativ 」やバーチャルライブ配信の「 REALITY 」、プロセス配信の 「00:00 Studio(フォーゼロ・スタジオ)」 なども音声を組み合わせたソーシャルメディアを模索している例です。

Clubhouseというよりはポッドキャストに近いStand.fm

そしてこの強烈な黒船に立ち向かう国産にあって、Clubhouseど真ん中なのはやはり「Stand.fm」でしょう。ワンタップでライブ配信ができる手軽さや、複数人での配信など、機能的にもコンセプト的にも近い存在です。Clubhouseが2020年のリリースなので、2018年12月からステルスで配信を開始していたStand.fmの方がやや先行しています。2012年からHighlightという 位置ソーシャルで頭角を表した連続起業家という点 でもStand.fm創業者の中川綾太郎さんと被ります。ライバルです。

ということでStand.fmがこのモメンタムをどう捉えるのか聞いてみたいと思ったところ、同社に昨年出資したYJキャピタルの堀新一郎さんにお話を伺うことができました。昨年8月にシード期としては 破格の5億円を出資したことで話題になっています。 

いずれ飽きる

古川健介(けんすう)さんも驚愕していた音声モメンタムをどう分析しているのか堀さんに尋ねたところ、素直に驚いてるとした上で「わくわく半分、悔しさ半分」と語っていました。

「海外のルームとか見てるとピッチとかやってるんですね。音声だけでこういう遊び方するんだ、と。その上で改めて思ったのはアーカイブの強さ。ライブは今しか聞けないし、同じような人が同じような話をすることはないので、今しか聞けないイイ話とかはやはりアーカイブとして再生された方がいい。結果、Clubhouse的な使い方とその他、という形でプラットフォームの使い分けが進むと予想してます。実際、インスタも告知して自分のファンクラブへ誘導するような導線になっています。いつかはClubhouseもワンプラットフォームで課金や場合によってアーカイブなどの機能を実装し色々なことができるようになるとは思うけど、現時点では機能を実装されているプラットフォームへ移動が進むのではないでしょうか」。

確かに今は一気に人が入ってきて、かつ、コロナ禍の影響もあり、一部のインフルエンサー(特にテック界隈)にとっては懐かしい同窓会のような雰囲気がある場合もあります。ここで話されている内容は過去の貯金みたいなものであり、そこに乗っかる形でやってきた芸能人たちも「ノーギャラ」でお話をしている状況です。強烈なアテンションは集められるけど、課金や広告がない状況で続くわけがない、というのが堀さんの見立てでした。

実際、堀さんも言っていた変わった使い方にClubhouseで開催されるピッチ・ショーというのがあります。スタートアップが投資家やエンジェルにピッチして売り込むルームなんですが、Zoomなどと異なりスライドが使えません。サービスを想像させるのは「声」だけなんですね。まあ、普通はこんな企画やろうとは思わないんですが、Clubhouseでは実際にいくつも実施されています。私も数回聞きましたが、確かに完璧とは言わないまでも、リードを取るという意味では成立していました。

同様にユーザーによって音声(声だけのソーシャル)の使い方が発明されている様子は、Twitterで「ReTweet」が生まれていった過程を彷彿とさせます。最終的に文化として定着したReTweetはRT機能としてTwitterに 実装されていきました。 

音声ソーシャルの体験をどう表現する

最終的に使い分けが進むという想定をしつつ、Stand.fmとしてこのモメンタムをどう陣営に引き込むのか、という質問については「(綾太郎さんは)何かを考えている様子」とはぐらかされてしまいました。ただ、ひとつヒントとして堀さんもClubhouseに表示される「オーディエンスアイコン」については気になる、という発言があったんですね。

実際、話す側として公開取材を実施すると、このコメントもしないし発言もしない「オーディエンス」の存在をふんわりと感じることができます。知ってる顔は繋がりがあれば前席に表示されますし、微妙に話す内容にも影響を受けることがあります。例えば人数が少ないとややくだけた話ぶりになることもありますし、知ってる顔が多いと関連する話題を振ってみたり、ということが自然と生まれるのです。オーディエンスに発言やスタンプがなくとも現実世界と繋がるとこういう影響があるのかと個人的には認識しました。

Stand.fmに並ぶチャンネルはラジオ的

ポイントはオーディエンスとの距離感です。現在のStand.fmは見ての通り、プチインフルエンサーから芸能人が並ぶ「コメントできるラジオ」です。体験としては人の話を聞く、という部分が中心で、Clubhouseのようにそこにいる友人や知ってそうな人と繋がるというイメージはあまりありません(機能としてはフォローがあります)。Stand.fmが現在の体験を保ちつつ、新たにやってきた音声+ソーシャルという「ライブイベント的な」体験をどのように表現するのか、がぜん興味が湧いてきました。

堀さんによれば、昨年の年末からStand.fmはDAU、MAU共に順調に成長しているそうです。国内ではシード期に5億円という破格の資金調達に成功していますが、一方のClubhouseは昨年創業ながら、先日、1億ドル(※今日のレートで約105億円)の調達に 成功していると言われています。 同時多発的に発生した各国でのClubhouseブームは中国でも発生しており、招待枠の個人間売買が 横行しているという話もあります。 あまりにも強すぎる黒船に対し、国内勢は次をどう読んでどのように対抗するのでしょうか。

※本稿はClubhouseでYJキャピタルの堀新一郎さんに公開インタビューした内容をご本人の同意の上、記載しております

YJCの5億円出資でアクセル踏む「stand.fm」、MERY創業者の中川・河合氏が音声配信アプリに賭けたワケ

SHARE:

直近でのnewnをはじめ、多くの事業に携わるstand.fm代表の中川綾太郎氏。今回はどういった考えなんだろうか、と思いながら取材をはじめた。 音声配信アプリ「stand.fm」は8月20日、YJキャピタルを引受先とした総額5億円の第三者割当増資をシードラウンドにて実施したことを公表した。株式比率や払込日は非公開となっている。 stand.fmはスマートフォンひとつで音声配信ができるプラットフォー…

直近でのnewnをはじめ、多くの事業に携わるstand.fm代表の中川綾太郎氏。今回はどういった考えなんだろうか、と思いながら取材をはじめた。

音声配信アプリ「stand.fm」は8月20日、YJキャピタルを引受先とした総額5億円の第三者割当増資をシードラウンドにて実施したことを公表した。株式比率や払込日は非公開となっている。

stand.fmはスマートフォンひとつで音声配信ができるプラットフォーム。録音したコンテンツをストック型で配信することはもちろん、5人までのコラボライブ配信も可能。その他、リスナーとコミュニケーションがとれるコメントやアイテムのギフト機能、限定した配信者だけにライブ配信する限定URL機能などを搭載している。

登録ユーザー数などの詳細は非公開ということだが、アプリの利用者は数十万MAUを超えているそうだ。リスナーと投稿者を含めて滞在時間は1日平均59分。現時点でのユーザー属性は男女半々で政治やエンタメ、ライフスタイルなどの分野の配信がされている。なお、アプリはiOS10.0以降とAndroid5.0以降に対応している。

※追記 30万MAUと当初記載があったが正しくは過去の単月実績、コロナ影響もあり月数によって振れ幅が大きい現状

2018年12月からステルス状態でアプリの配信を開始し、2020年2月頃から本格的に情報の公表をはじめた。中川氏によれば「IT業界やスタートアップ業界のユーザーが利用しつつも、最近では自然に入ってきて頂けるユーザーも増えた」ということだった。コロナ禍では、孤独を感じる人の解消になっているような配信やコメントも多く発生していた。

stand.fmは女性向けメディアMERYの創業者で個人投資家としても活動していた中川綾太郎氏と同じく創業メンバーとして開発を支えたエンジニアの河合真吾氏が共同代表で経営している。

今回は中川氏に取材を実施した。MERYの運営から退任して以来、多くのスタートアップに個人投資家として出資していた中川氏だったが、取材時には「ほんとに、資金調達してシードなんで。事業伸ばさないと、頑張らないと」と10回程はこぼしていた。起業家としてまたアクセルを踏む姿が今後見られそうだ。

コミュニティとコンテンツの深みに着目する

いまや、YouTubeをはじめ、TikTok、Podcast、TwitCastingなど動画や音声の配信サービスの括りでは多くのサービスが存在する。そんな中でstand.fmはどう違うのか、中川氏の構想含めて少し詳しく聞いてみた。

結果、「コミュニティ」と「コンテンツの深み」の2つがキーワードになりそうだった。

まず、コミュニティにおいては海外で注目を集めた音声SNS「Clubhouse」の世界観が近しいという話だ。1人が配信しているライブに途中で乱入して人が増えていったり、弾き語りや実況がはじまったり、と偶発的な要素が生み出される仕組みを大切にしている。

これらは興味関心のある配信を見つけやすいアプリトップ、レター機能で質問を募集して回答する双方向のコミュニケーションのような機能の形でも反映されている。見る人と聞く人が明確に分かれるような1対多数へ配信するショー形式のコンテンツでなく、濃いファンとの繋がりがstand.fmのポイントとなる。

次のコンテンツの深みの部分に関しては、音声コンテンツが持つ特徴について着目している。

「たとえば、星野源さんや福山雅治さんのラジオでの下ネタの面白さってテキストでは伝わらない話だと思うんですよね。音声だからこそ、話し手の場の空気が作れる。そういう音声で伝わる深みでインターネットにまだない暖かい場所を作ろう、というところからstand.fmが生まれています」(中川氏)。

さらに「野球の試合の解説や美術館の解説音声などのように、音声だからこそ出来ることもある」と言われると、確かに納得だ。音声コンテンツならでは、と言われてはじめて気づくような部分に着目しているのがstand.fmなのだろう。

方針としてTwitterのようなリーチを多く増やしていくプラットフォームの方向性でなく、より濃く深いプラットフォームを目指していく。

メイクしながら15分、と画面がないことでの気軽さもウリだ。スマホだけでボタンを押したらオンエアでき、濃いファンとの繋がりを作れるのが彼らの目指す世界になる。

…と記載しつつもこれらはまだ実現の検証段階でもあり、ミニマムに兆しが見えつつあるものの、今後形作っていく要素であるのが課題だとも話していた。

個人の時代とグローバル展開のビジネス観点

話を聞いていて疑問に思ったのが、stand.fmのコンテンツはリアルタイムのライブ特化なのかアーカイブコンテンツとして配信するのか正しいのか、という点だ。

率直に聞いてみたところ「回答に困っていた、としておいてください(笑)」だそうだ。

「ストックされていった方が事業面においてもコンテンツの充実性においても良いが、コラボライブ機能を実施してみて、ライブからコンテンツが生まれる仕組みも面白い。実際、その時にしか聞けない話や保存しないから聞ける面白い話が多い中で全部保存されると面白くない、という観点もある」(中川氏)。

とハイブリッドであることを強みにしたいと話す。配信カテゴリを音楽などで絞ってしまわなかった点においても

「個人の時代が来ると思っているから、ビジネス的に絞る施策も一般的にはあるが、現段階ではオープンなプラットフォームとしたい。あとは2回目(のサービス)で結局、最終的に全部とる必要があるから、絞らないという理由もあります」(中川氏)

との考えだ。

「Instagramでカメラ、YouTubeがテレビの役割を民主化する中で、ラジオはたまに出ると面白いな、と感じるのにいざ、やろうと思っても、ぱっと配信できるものが思いつかない。この部分が日本発のグローバルプラットフォームを狙える領域だと思っています」(中川氏)と、ビジネス観点も踏まえつつ、試行錯誤を繰り替えすstand.fmのチーム。

直近の目標では配信者にフォーカスし、配信者が面白いコンテンツを作りやすくすることを目標とする。面白いコンテンツが増えれば、配信者や視聴者も自然と増えていく、という考えなのだそうだ。

好きなことで食べていける土壌を作る

長くなったがもうひとつ、今回の資金調達と同時に配信者に対して収益化するプログラムの始動も発表している。収益化の方法は主に3種類で再生1時間につき4円から6円を運営側から受け取れるプログラム、コンテンツ自体を有料化するプログラム、月額課金で限定コンテンツを配信するプログラムがそれだ。

収益化自体は配信者が好きなことで食べていける土壌を作るためのプロジェクトとして長期にわたるものだが、各プログラムに関しては導入を通して最適化していく意向だという。

アプリ内広告でのマネタイズなどが一般的だが、単に既存広告を貼る形ではなく、たとえばブランド広告のリスナーの読み上げなど、独自の広告システムを目指す。ここにはMERYに最終時点までアドネットワークでの収益化をしなかった中川氏の美学がある。

この要素が加わり、調達した資金を活用してどのような進化を遂げるのか。調達資金は主に採用費に充当し、特にエンジニアの強化してサービス開発に注力する。そのほかは今回の配信者の収益化プロジェクトのような場面、マーケティングに活用する。

チームの社員は中川氏を含めて社員7名。MERYに「MERYっぽい」が存在したように(TwitterユーザーはMERYっぽいを検索してみて欲しい)、資金調達を機に構想がどのくらいのスピードかつ高い再現性で実現されていくのか、が今後の見所になっていきそうだ。