THE BRIDGE

タグ Staple(ステイプル)

経費精算クラウド/アプリの「Staple」、8月にバージョン3をリリースへ——Microsoft AzureやOffice 365と連携、エンタープライズ利用に対応

SHARE:

経費精算を効率化するクラウドサービス/モバイルアプリ「Staple(ステイプル)」を開発・提供するクラウドキャストは27日、Staple のバージョン3をリリースすることを明らかにした。バージョン3のリリースは8月1日の予定。これは、同サービスが NFC を使った交通系 IC カードからの履歴読込に対応したバージョン2のリリースから、約2年ぶりのメジャーアップグレードとなる。 バージョン3で追加さ…

経費精算を効率化するクラウドサービス/モバイルアプリ「Staple(ステイプル)」を開発・提供するクラウドキャストは27日、Staple のバージョン3をリリースすることを明らかにした。バージョン3のリリースは8月1日の予定。これは、同サービスが NFC を使った交通系 IC カードからの履歴読込に対応したバージョン2のリリースから、約2年ぶりのメジャーアップグレードとなる。

バージョン3で追加される主な機能は、Microsoft Azure と Office 365 との連携だ。これは、クラウドまたはオンプレミス環境で、社員の主要サービスアカウントを Microsoft の Active Directory で運用管理している企業にとって、Staple 上で個別のアカウント管理の手間が極少化されることを意味する。

Staple は昨年「Staple for 弥生」を発表しているが(クラウドキャストは弥生から、2013年に2,500万円を調達している)、今後、ERP やサードパーティのエンタープライズ向けクラウドやパッケージにも積極的に対応し、中大規模の企業ユーザを取り込んでいきたいとしている。なお、バージョン3 と並行して、これまでのバージョン2 は個人事業主・中小企業向けのプロダクトラインとして残存させる。バージョン3 の料金体系は、Staple 従来のユーザ数課金に加え、一導入あたり10万円から。

Staple バージョン3 では、Slack とも連携が可能に。

クラウドキャストの創業者で代表取締役の星川高志氏は、同社が狙う Staple バージョン3のボリュームゾーンは、社員規模200〜300名規模だそうだ。

長年やってきた中で、かなりノウハウが貯まってきた。次に解決すべきはピークタイムの平準化だと考えている。月末月初に集中しがちな経費精算業務を、いかに恒常的に平準化するかが課題。

月末月初に業務のピークが来るために、企業では、その業務キャパシティに耐えられるようにアドミン業務を始めとするバックオフィス要員を揃える必要がある。経営の合理化や業務の効率化だけでなく、人材難に対応する観点からもピークタイムの平準化は企業にとって大きな課題であり、この問題を解決することで得られるインパクトは、企業規模に相応して大きいものになる。

Staple バージョン 3 で実装される、ダッシュボードの承認フロー画面。

現在 Staple では、NFC 対応の「Staple リーダー」で Suica や PASMO から交通乗降データを取り込み、これらを駅すぱあとが持つデータと照合して、定期運賃が適用されなかった区間の交通費を自動的に算出/計上できるしくみを確率できている。入力・料金算出・計算・申請といった経費精算に必要なタスクを可能な限り排除し、恒常的な経費精算を促そうというわけだ。

今後 Staple に期待される動きとしては、Facebook がオープンソース化したモバイルアプリ開発フレームワーク「React Native」への対応と iOS 向けアプリでの NFC 対応が挙げられる。クラウドキャストではバージョン3 から React Native に対応すべく、海外からエンジニアを招聘している。React Native を採用したことでアプリの操作レスポンスが改善され、iOS と Android アプリがほぼ同時期にリリースできるようになりそう、とのこと。

また、次期 iOS では iPhone の NFC にアクセスできる SDK も提供されるとみられ(現行の iPhone にも NFC は実装されているが、基本的には ApplePay など Apple ネイティブからのアクセスに利用が限定されている)、Android アプリ(Staple リーダー)に限定されていた交通乗降データの取込が、iOS の Staple で完結できるようになる日も近いと考えてよいだろう。

Staple のバージョン3 は現在、中大規模企業2社が既に利用しており、10社程度がトライアルを始めたところ。今後はユーザからのフィードバックをもとに、社内ルールの設定、多段階承認フロー、管理ダッシュボードなどの機能を充実させていきたいとしている。

----------[AD]----------

クラウドキャストが、電通やイードと共同で中小企業・個人事業主向け資金繰り自動化プラットフォーム「Staple Pulse」をローンチ

SHARE:

経費精算アプリ「bizNote for 弥生オンライン」や「Staple(ステイプル)」を提供するクラウドキャストは15日、電通とイードが運営する中小企業向けビジネスポータル「HANJO HANJO」上で、キャッシュフロー管理を自動化するプラットフォーム「Staple Pulse(ステイプル・パルス)」をローンチした。デスクトップ環境からの利用を想定しており、現時点でスマートフォンからの閲覧には最…

staple-pulse-for-hanjo-hanjo

経費精算アプリ「bizNote for 弥生オンライン」や「Staple(ステイプル)」を提供するクラウドキャストは15日、電通イードが運営する中小企業向けビジネスポータル「HANJO HANJO」上で、キャッシュフロー管理を自動化するプラットフォーム「Staple Pulse(ステイプル・パルス)」をローンチした。デスクトップ環境からの利用を想定しており、現時点でスマートフォンからの閲覧には最適化されていない。ユーザは、収入や支出を入力することで、先々のキャッシュフローを事前に見極め、必要な対策を講じることができる。

中小企業白書などの資料によると、中小企業や個人事業主の存続率は、創業から2年後には当初全体数の50%を切るまでに大きく下落する。よい顧客が居て、よいプロダクトやサービスを提供できていて、単月では黒字化できているのにもかかわらず、企業や事業主が倒産・廃業する理由の多くは、経営者がキャッシュフローを管理できていないことが原因だ。ある統計によれば、日本にある中小企業350万社のうち約3分の2は会計ソフトを使っていないとされ、これらの企業では、システマティックにショート(資金枯渇)を事前に予見することが難しい。

クラウドキャストでは、このような問題を解決すべく、HANJO HANJO と提携し Staple Pulse をローンチさせた。今回 HANJO HANJO のユーザに提供されるのは Staple Pulse の簡易機能版だが、今後、クラウドキャスト独自でも Staple Pulse のフル機能版を提供する予定。将来的には、各種会計ソフトや金融系の各種ウェブサービスとも連携させ、ウェブスクレイピングや XML 連携などで入出金情報を自動取得できるようにし、手入力を不要にすることも検討している。

staple-pulse-dashboard-screenshot
Staple Pulse のダッシュボード画面

クラウドキャストは、中小企業向けに「経費精算サービス Staple for 弥生」(中小企業向け)をリリースしているが、「Staple」をミドルセグメント向け、「Staple Pulse」をスモールセグメント向けと位置付け、既存の会計ソフトが行き着いていない層にリーチし、経費精算から会計までの一連の業務効率化に寄与したいとしている。Staple Pulse は無料で提供されるが、クラウドキャストでは、ユーザが預かるデータを個社特定しない統計処理を施した上で活用し、他サービスの開発やマネタイズにつなげたい考え。売上や利益は出ているのにキャッシュフローに問題のある、いわば、金融機関にとって絶好の融資先候補の傾向分析などに威力を発揮できるだろう。

クラウドキャストは現在、東京・外苑前のメインオフィスと大手町のフィンテック・スタートアップハブ「FINOLAB」の2カ所を拠点に活動しているが、Staple Pulse のローンチを機に、金融サービス各社との協業が増えることを見据え、近日中にもオフィス機能を FINOLAB に集約することを明らかにしている。

finolab-picture1

----------[AD]----------

マネーツリー、経費精算サービス「Staple」とクラウド請求サービス「MakeLeaps」の2社と連携

SHARE:

資産管理アプリ「マネーツリー」を開発し、金融関連データのアグリゲーションサービス「MT LINK」を提供するマネーツリーが、本日クラウドキャスト、メイクリープスと連携することを発表した。 クラウドキャストが提供する経費精算サービス「Staple(ステイプル)」、メイクリープスが提供するクラウド型請求管理ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」が、「MT LINK」と連携する。 「MT LIN…

MT LINKの連携画像

資産管理アプリ「マネーツリー」を開発し、金融関連データのアグリゲーションサービス「MT LINK」を提供するマネーツリーが、本日クラウドキャスト、メイクリープスと連携することを発表した。

クラウドキャストが提供する経費精算サービス「Staple(ステイプル)」、メイクリープスが提供するクラウド型請求管理ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」が、「MT LINK」と連携する。

「MT LINK」は、銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイントなど、約2,400社のお金に関する情報をまとめたファイナンスデータのクラウドサービス。マネーツリーは、先日みずほ銀行への「MT LINK」の提供を発表したばかり。これまでに提携してきた企業に本日発表された2社を加えて、公式に9社のパートナーシップ契約を締結している。

また、本日からこれまでアプリからしか閲覧できなかった法人口座が、マネーツリーのWeb上からも閲覧可能になった。これまで法人口座の閲覧は、限定されたWindows端末からしかできなかったが、今回のアップデートにより端末でも法人口座の数字が閲覧できるようになる。

「MT LINK」が広まっていることで、ファイナンスデータへのアクセスはより便利になってきている。

----------[AD]----------

経費精算アプリの「Staple(ステイプル)」がバージョン2をリリース、交通系ICカードからの履歴読込に対応

SHARE:

クラウドキャストが提供する経費精算アプリの「Staple(ステイプル)」がバージョン2をリリース、Suica や Pasmo に代表される交通系 IC カードからの履歴読込に対応した。 Staple は Android と iOS 向けにアプリが提供されているが、今回、交通系 IC カード履歴読込に対応するのは Felica の NFC 仕様に対応した Android 端末のみ。そこでクラウドキャ…

staple_featuredimage

クラウドキャストが提供する経費精算アプリの「Staple(ステイプル)」がバージョン2をリリース、Suica や Pasmo に代表される交通系 IC カードからの履歴読込に対応した。

Staple は AndroidiOS 向けにアプリが提供されているが、今回、交通系 IC カード履歴読込に対応するのは Felica の NFC 仕様に対応した Android 端末のみ。そこでクラウドキャストは、Felica 非対応の Android や iPhone ユーザを救済する観点から、履歴読込に特化した Felica 対応 Android 端末向けの履歴読込専用アプリ「Staple リーダー」もあわせて公開した。想定されるユースケースとしては、企業では Staple リーダーをインストールした Felica 対応 Android 端末を社員共用としてオフィスに配置しておき、社員はこの端末を使って Suica や Pasmo の履歴を定期的に読み込みクラウド上に転送できる。社員はその後、クラウドに同期されたデータを参照しながら、自らのスマートフォン上の Staple を使って経費精算が可能となる。

今回のバージョンアップでは、経費精算を依頼する社員側のみならず、それを管理する側の経理担当者にとっても大幅な業務量の緩和が期待できる。Suica や Pasmo から転送された移動履歴と交通費金額は、Staple 上で金額データが加工できないようになっており、また社員は社用で使ったのか私用で使ったのかを明示的に選べる。このため、経理担当者は、請求された交通費金額に超過請求や不正が無いかを確認する手間が省ける。複数の交通系 IC カードを使っているユーザは、それらをすべて自身のアカウントに結びつけることも可能だ。

staple-step123

また、Staple は他の会計システムとの連携も発表した。手始めに弥生会計、freee、Money Forward の MFクラウド会計、A-SaaS、フリーウェイ経理へ、経費精算データを容易に連携できる機能を追加、将来的には勘定奉行にも対応する。さらに、精算計上した金額を、オンラインバンキングで簡単に社員の銀行口座へ振り込めるよう、全銀フォーマットの振込ファイルのエクスポートにも対応した。

Staple はフリーミアム・アプリであるため無料で利用できるが、社員が経費精算を申請し、経理担当者が審査・管理できるワークフロー機能を伴ったチーム版は、チーム内の人数にかかわらず月額6,000円で利用できる。

----------[AD]----------

経費精算アプリの「Staple(ステイプル)」が「税理士ドットコム」と連携、税理士紹介サービスを開始

SHARE:

経費精算に特化したアプリ「Staple(ステイプル)」を提供するクラウドキャストは今日、税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を運営する弁護士ドットコムと提携し、Staple のユーザに対して税理士ドットコム登録の税理士を紹介するサービスを始める、と発表した。税理士ドットコムには4月23日現在、1,981 名の税理士が登録されている。 Staple のユーザはウェブブラウザでログインし、Sta…

zeiri4-com-staple-partnership

経費精算に特化したアプリ「Staple(ステイプル)」を提供するクラウドキャストは今日、税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を運営する弁護士ドットコムと提携し、Staple のユーザに対して税理士ドットコム登録の税理士を紹介するサービスを始める、と発表した。税理士ドットコムには4月23日現在、1,981 名の税理士が登録されている。

Staple のユーザはウェブブラウザでログインし、Stape の管理画面または税理士ドットコの特設ページに記載されているフリーダイアルへの電話するか、専用の問い合わせフォームから必要事項を送信することで、税理士の紹介を依頼することができる。紹介サービスは無料で提供され、税理士ドットコムのコーディネーターが条件に合う最適な税理士を選定する、としている。

中小企業への税理士の斡旋を念頭に置いたサービスの動きとしては、税理士を含む士業7分野とのマッチングサービス Gozal がローンチ(2015年3月)、記帳代行のメリービズが税理士ドットコムと提携(2015年1月)、PROSheet がクラウドで税理士に相談できる Bizer と提携(2014年10月)などがある。FinTech や会計処理系のスタートアップにとっては、会計士や税理士への想定顧客の紹介は有効なマネタイズポイントと見ることができ、今後も同じようなサービス事例が増えるものと考えられる。

----------[AD]----------

クラウドキャストが経費精算アプリ「Staple(ステイプル)」を公開、IMJから資金調達を実施

SHARE:

経費精算アプリに特化したクラウドサービスやアプリを提供するクラウドキャストは、ビジネスパーソン向けの経費精算アプリ「Staple(ステイプル)」の iOS 版(パーソナル版)を公開した。また、これと併せて、同社は日本国内とアジアへのサービス展開を強化するため、IMJ Investment Partners から資金を調達したと発表した。なお、調達した金額や割当した株式比率等については明らかにされて…

staple_featuredimage

経費精算アプリに特化したクラウドサービスやアプリを提供するクラウドキャストは、ビジネスパーソン向けの経費精算アプリ「Staple(ステイプル)」の iOS 版(パーソナル版)を公開した。また、これと併せて、同社は日本国内とアジアへのサービス展開を強化するため、IMJ Investment Partners から資金を調達したと発表した。なお、調達した金額や割当した株式比率等については明らかにされていない。

クラウドキャストは昨年末、経費精算アプリ「bizNote Expense」をリリースしている。このアプリでは、企業等で社員がモバイルアプリを使って経費を入力、集められた情報を経理やアドミン部門が承認し、会計システムへ取り込むという、ワークフローを実現していた。しかし、ユーザからは「社内にワークフローのしくみは既に導入済なので、経費を入力する部分のアプリだけ使いたい。」という意見が多く寄せられたのだそうだ。

そこで、ワークフローの機能を切り離し、経費入力にのみ特化した Staple をリリースするに至った。入力された情報は、連携するクラウドのインタフェース(ウェブ)から CSV フォーマットでダウンロードできるので、これを Excel などで加工し、社内の経費精算システムにインポートできるというわけだ。

Staple のパーソナル版はフリーミアムという位置づけで、後に提供されるチーム版は有料で提供する予定。パーソナル版を先行して出すことでユーザに操作を覚えてもらえるので、チーム版導入時の学習コストを下げることができる。(代表取締役 星川高志氏)

Staple はあたかも bizNote Expense から一部の機能を外しただけのように見えるかもしれないが、実際には、アーキテクチャーを完全に変更し、スクラッチでアプリを開発し直したのだそうだ。これは企業単位ではなく、莫大な人数のビジネスパーソン個人が使い始めたとき、クラウド側にトラフィック負荷がかかっても軽快に動作し続けることを念頭に置いたもの。さらに、いろいろな機能拡張もやりやすくなるとのことだ。

クラウドキャストでは、10月以降にウェブ版(パーソナル版)、Android 版(パーソナル版)、および、それぞれのプラットフォームでのチーム版のローンチを予定している。ここで注目したいのが Android 版の機能だ。NFC が搭載されている Android で Staple を動作させると、Android スマートフォンを Suica や Pasmo などの交通系電子マネーのカードに触れさせるだけで、乗車記録を Staple に読み込ませられる機能を搭載する計画だ。アプリ化されているモバイル Suica であれば、カードが無くてもアプリ間で乗車記録の連携が可能だろう。Suica / Pasmo の技術上の制約で、カード上に保存できる最大件数は20件であるため、アプリが定期的にノーティフィケーションを出し、ユーザが忘れずにアプリ側に乗車記録を転送することを考えている。

なお、現行の iPhone には NFC が無いため、現在のところ交通系電子マネーの連動機能は予定に無いとのことだ。(先頃発表された iPhone 6 搭載のNFCについても、Apple Pay 専用であることが明らかになっている。)

アメリカの経費精算大手の Concur は先頃、Uber や AirBnB を使った交通費や宿泊費の経費精算連携を開始した。Expensify などもこの流れを追随するだろう。対して、クラウドキャストでは、日本やアジアの大都市の交通などを念頭にソリューションの最適化を図ることで、他社の参入を阻む障壁になるだろうと考えている。

この分野には、日本/シンガポールに拠点を置くクラビスが「Streamed(ストリームド)」というアプリをローンチしており、今後リリースされる版で、交通系電子マネーカードからの乗車記録読み込み機能の搭載を示唆している。

----------[AD]----------