BRIDGE

タグ Star Festival

「ごちクル」運営のスターフェスティバル、有名店やシェフの料理を自宅で再現できるミールキット「ごちレピ」を開始

SHARE:

お弁当やケータリングの宅配サービス「ごちクル」などを運営するスターフェスティバルは27日、個人向けに、有名店・シェフの料理を誰でも自宅で簡単に再現できる、ミールキット宅配サービス「ごちレピ」の開始を発表した。 「ごちレピ」は、有名店のシェフが開発に全面参画し、必要な食材、特別な調味料が宅配で自宅へ届けられるミールキット。テレビ番組「料理の鉄人」のクリエイターが発起した料理業界応援プロジェクト「CH…

お弁当やケータリングの宅配サービス「ごちクル」などを運営するスターフェスティバルは27日、個人向けに、有名店・シェフの料理を誰でも自宅で簡単に再現できる、ミールキット宅配サービス「ごちレピ」の開始を発表した。

「ごちレピ」は、有名店のシェフが開発に全面参画し、必要な食材、特別な調味料が宅配で自宅へ届けられるミールキット。テレビ番組「料理の鉄人」のクリエイターが発起した料理業界応援プロジェクト「CHEF-1」の協力のもと、田村亮介氏(麻布長江・香福筳)、鈴木珠美氏(kitchen.)
、小薇氏(幸せ中国料理 ローズ上海)
、茂出木浩司氏(たいめいけん)
、坂井宏行氏(ラ・ロシェル 南青山)、山田宏巳氏(リストランテ・ヒロソフィー 銀座)、尾身奈美枝氏(料理研究家)氏らが開発・監修を担当する。

価格は料理によるが4,320円から。サービス開始時点での提供配達地域は関東、信越、北陸、中部、関西のみで、月曜日を除き配達日の指定が可能だ。スターフェスティバルでは、ごちレピが、お弁当・ケータリング総合宅配サービス「ごちクル」、デリバリー型社員食堂「シャショクル」に次ぐ事業の柱にしたいとしている。

この業界の動向を見てみると、アメリカの Blue Apron(NYSE:APRN)が今年6月にニューヨーク証取に上場、ロシアの Chefmarket には三井物産(東証:8031)がシリーズ A ラウンド(2016年5月)およびシリーズ B ラウンド(2017年7月)で総額約480万ドルを出資している。国内では、シェフ監修によるミールキットとしては TastyTable が先行しており、野菜宅配のオイシックスドット大地(東証:3182)はミールキット「Kit Oisix」を今秋からナチュラルローソン5店舗で販売開始する予定。このほか、セブンイレブンや高級スーパーの紀ノ国屋などが、ミールキット事業への参入を表明している。

<関連記事>

「ごちクル」運営のスターフェスティバル、キッコーマンやクレディセゾンなどから総額10億円を資金調達——新規事業創出に注力

SHARE:

お弁当やケータリングの宅配サービス「ごちクル」などを運営するスターフェスティバルは24日、キッコーマン(東証:2801)、クレディセゾン(東証:8253)、電通(東証:4324)、JR 東日本(東証:9020)、みずほフィナンシャルグループ(東証:8411)から総額10億円を調達したことを発表した(ラウンドは不明)。また同社は今回を含め、外部からの累積調達金額が約50.5億円に上ることも明らかにし…

お弁当やケータリングの宅配サービス「ごちクル」などを運営するスターフェスティバルは24日、キッコーマン(東証:2801)、クレディセゾン(東証:8253)、電通(東証:4324)、JR 東日本(東証:9020)、みずほフィナンシャルグループ(東証:8411)から総額10億円を調達したことを発表した(ラウンドは不明)。また同社は今回を含め、外部からの累積調達金額が約50.5億円に上ることも明らかにした。同社は2013年8月、ジャフコから10億円を調達している。

今回の調達を受けて、スターフェスティバルは「ごちクル」「シャショクル」「ごちアド」など既存サービスの強化を図るほか、新規事業創出に注力するとしている。具体的には、飲料・食品メーカーなどをクライアントとした「ごちアド」の展開や、地方公共団体をクライアントとした地域創生サポート事業を手がけていくとしている。

スターフェスティバルは今回の発表に先立ち、今月6日、JR 東日本と資本業務提携を発表している(この際の JR 東日本からの調達金額は、今回発表された10億円に含まれる)。これはスターフェスティバルが、製造パートナーの拡充や物流の強化を図るための提携先拡大の一環で、具体的には、JR 東日本傘下でフード関連ビジネスを展開する日本レストランエンタプライズなどとの協業を見据えている。一方、JR 東日本は、インキュベーション/アクセラレーションプログラム「JR東日本スタートアッププログラム」を開始しており、スターフェスティバルとの提携を皮切りに、スタートアップとの協業強化につなげる狙いもあるようだ。

「シャショクル」で提供されている弁当商品の一例。

ごちクルのスターフェスティバルが、企業向け弁当デリバリサービス「シャショクル」の本格スタートを発表

SHARE:

お弁当やケータリングの宅配サービス「ごちクル」を運営するスターフェスティバルは29日、8月1日から企業向けのランチ弁当デリバリサービス「シャショクル」を本格開始すると発表した。スターフェスティバルは、かねてから東京都内の企業を対象にシャショクルをテスト運用していたが、十分な市場ニーズがあることを確認、安定したサービスを提供できる体制が確立できたことから、今回の本格サービス開始の発表に至った。 8月…

star-festival-shashokuru-featuredimage
最左がごちクル主宰の濱野亜紀氏、最右がシャショクル事業長の大野暉氏、中3人がシャショクル販売スタッフの皆さん。

お弁当やケータリングの宅配サービス「ごちクル」を運営するスターフェスティバルは29日、8月1日から企業向けのランチ弁当デリバリサービス「シャショクル」を本格開始すると発表した。スターフェスティバルは、かねてから東京都内の企業を対象にシャショクルをテスト運用していたが、十分な市場ニーズがあることを確認、安定したサービスを提供できる体制が確立できたことから、今回の本格サービス開始の発表に至った。

8月1日からは、札幌、仙台、東京、名古屋、広島、大阪、福岡および首都圏各都市で、4,000種類の弁当メニューを提供開始。テスト期間中からサービスを利用している東京中心部5区の企業50社に加え、8月以降に100社がシャショクルを導入する意思を表明しているという。

スターフェスティバルが従来から提供する「ごちクル」は現在、800ブランド8,200種類のお弁当を提供。飲食店のアイドリングタイムを活用してお弁当を作ってもらい、商品開発・販売促進・販売・配達など調理以外の雑務をスターフェスティバルが請け負うことからスタートしたこのサービスも、現在では1,000800店舗以上と提携し、これまでに累積で820万人以上のユーザに820万食以上の弁当やケータリングを届けた。有名店や行列店などテイクアウトが無い店の商品さえオーダーできるのが特徴で、提携先は飲食店から、現在では全国のセントラルキッチン会社や料理製造工場など多岐にわたっている。

「ごちクル」から派生して生まれた「シャショクル」だが、その経緯について、ごちクル主宰の濱野亜紀氏は次のように説明した。

「ごちクル」では2日前の正午までに予約してもらうことになっていて、ランチ会議、役員会議、研修セミナー、接待やおもてなし、社内パーティーやイベントで利用されるケースが多い。つまり、法人顧客が多く、会社の経費で支払われているケースがほとんど。合計金額1万円以上で無料配送となっており、逆に小ロットでの対応は難しい。

一方、コールセンターには、(予約の締切時間を過ぎているが)今日お弁当を届けてほしい、自分だけに届けてほしい、という個人ユーザからの相談が寄せられていた。このような要望に応えられないかと考え、「シャショクル」の開発に至った。

star-festival-shashokuru-lunchbox-1
「シャショクル」で提供される弁当商品の一例。

シャショクルの事業長を務める大野暉(おおの・ひかる)氏によれば、日本には6,200万人の労働者がいて、うち昼食休憩時に昼食を食べられ無い人が38%、オフィス周辺のランチ環境に飽きを感じている人が75%いるという。全国の労働者の65%に相当する4,000万人が社内で昼食を摂っており、彼らがシャショクルのターゲットとなるユーザ層だ。

シャショクルには、毎日数種類の日替わり弁当を企業に届け、スターフェスティバルの販売スタッフがオフィスの空きスペースで弁当を社員に販売する「対面販売プラン」(社員400名以上の大企業向け)と、スタッフのつかない「定期配送プラン」(社員20名以上の中小企業向け)の2つのメニューが用意されている。対面販売プランでは、モデルの卵、子育て中のママ、スポーツ選手、元キャビンアテンダントなどが販売スタッフを担当するそうだ。

多くの企業では、昼食休憩は1時間しかない。しかし、高層ビルにあるオフィスなら、昼食時に混雑するエレベータで地上に降りるまでに10分、飲食店に入店するまでの待ち時間に10分…と時間がかかってしまい、正味のランチを楽しめる時間が減っていく。シャショクルであれば、ランチの方からやってくるので、忙しいビジネスマンにとっても時間を節約することができる。(大野氏)

star-festival-shashokuru-test-usecase
「シャショクル」をテスト導入した企業での弁当販売風景。

29日開催された記者会見では、テスト運用時からシャショクルを導入している企業のユースケースが紹介されたが、健康に配慮されたメニューが複数種類提供され、食事をしながら社員同士の親睦にもつながっていると、評判も上々のようだ。シャショクルのテストユーザの中には、弁当代の一部を負担したり、曜日によっては全額を拠出したりしている企業もあるとのことで、シャショクルの名前の通り、擬似的な社員食堂としての機能も満たせるようになっている。

star-festival-shashokuru-shashokuru-mobile-app
「シャショクル」モバイルアプリのイメージ。

また、スターフェスティバルでは近い将来、シャショクルに対応するモバイルアプリもリリースする計画とのことだ。このアプリでは、4,000種類あるシャショクルのメニューから4,000種類あるシャショクルのメニューのうち、その日におすすめの約10種類の中から好きな弁当を事前予約することができる。想定できるシーンとしては、普段は自分で弁当を作って持参している OL が、朝忙しかったため弁当を作る時間が無いとき、通勤時の電車の中でシャショクルアプリで好きな弁当をオーダーしておき、昼食休憩時にお弁当を受け取ることができるようなユースケースだ。将来的には、弁当代のモバイル決済や給料天引きなども可能だろう。

スターフェスティバルでは、1年以内にシャショクルで提供できるメニューを6,000種類に拡充、サービス提供先の顧客企業数を1,000社にまで増やしたいとしている。

star-festival-shashokuru-lunchbox-3
筆者が頂戴した、恵比寿の名店「賛否両論」のお弁当。

ごちクル運営のスターフェスティバルがジャフコから10億円の資金調達を実施ーー全国展開も加速

SHARE:

お弁当やケータリングの宅配サービス「ごちクル」を運営する スターフェスティバルは8月5日、ジャフコが運営する投資事業有限責任組合を引受先とした第三者割当増資の実施を発表した。 調達金額は10億円で、同社の経営基盤強化と共に、現在提供している関東・関西・中部・仙台・九州地区に加え、全国へエリア拡大を進めるとしている。 スターフェスティバルの創業は2009年(7月7日創業で七夕から同社の名前…

お弁当やケータリングの宅配サービス「ごちクル」を運営する スターフェスティバルは8月5日、ジャフコが運営する投資事業有限責任組合を引受先とした第三者割当増資の実施を発表した。

調達金額は10億円で、同社の経営基盤強化と共に、現在提供している関東・関西・中部・仙台・九州地区に加え、全国へエリア拡大を進めるとしている。

スターフェスティバルの創業は2009年(7月7日創業で七夕から同社の名前になったそう)で、運営するお弁当デリバリーのごちクルは現在210ブランド以上のお弁当やケータリング商材を並べる総合モール。現在までに利用したユーザー数は320万人を超えており、店舗に直接オーダーをする方法ではなく、商品の製造以外の集客から注文、配送までを一括で管理する方法が特徴的となっている。

ちなみにこのようなリアルビジネスを「クラウド化」する手法はこちらの記事でも一部紹介させて頂いた。

今回の資金調達により自社コールセンターのオペレーション人材や配送網などを強化し、例えば再現が得意な工場などと連携し「美登利寿司が沖縄でも食べられるような世界観を実現したい」(同社広報)ということだった。

IMGP0158
スターフェスティバル社内。オペレーション人員を強化する予定という。