タグ Starship

無人配達ロボ「Starship Technologies」100万回の配達マイルストーンを達成(2/2)

SHARE:

(前回からのつづき)Starshipによると、UCLAではBlazeピザ、Bruin Buzz、Lu Valle、Southern Lightsなどレストランの一覧の中から配達を行っている。ブリッジウォーター州立大学では、StarbucksのカフェやBears Denなどキャンパス内に多数あるレストランからの配達サービスを提供している。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシ…

Starship Technologies

(前回からのつづき)Starshipによると、UCLAではBlazeピザ、Bruin Buzz、Lu Valle、Southern Lightsなどレストランの一覧の中から配達を行っている。ブリッジウォーター州立大学では、StarbucksのカフェやBears Denなどキャンパス内に多数あるレストランからの配達サービスを提供している。

StarshipとSodexoのような食品や施設の管理プロバイダーとの継続的なコラボレーションのおかげで、Starshipは2018年にノーザンアリゾナ大学のフラッグスタッフキャンパスジョージメイソン大学のフェアファックスキャンパスに無人配達ロボットを配置した。これはドイツのドミノ社、ロンドンの食品配送会社Just Eat、米国のDoorDashとのパートナーシップに続くものだ。9月と10月にはオレゴン州立大学とアリゾナ州立大学がStarshipの配達ロボットの利用を開始し、食料品チェーンのセーブマートもカリフォルニア州モデストにある店舗での利用を始めた。そして4月、Starshipは2年間パイロットテストを実施していた英国の町ミルトンケインズで商業展開を開始した。

Starshipだけが自動運転ロボット市場のシェアを狙っている、というようなことは全くなく、MarbleStarship TechnologiesNuro、Robomart、Boxbot、FedEx、Yandex、Refraction AI、Dispatch、 Robbyなどが資金の豊富なスタートアップとして挙げられる。ちょうど今月、Amazonはワシントン州スノホーミッシュ郡で行っていた自動配達ロボット「Scout」のパイロットプログラムの範囲を拡大し南カリフォルニアの一部で展開する。TechCrunchによれば、このセグメントの競争力が高まっている兆候として、自動運転配達ロボットを開発しているUberが所有するPostmates Xという部門が、別会社化を目指して投資家を募っている件を伝えている。

Starshipは、米国とその他世界20か国以上で数百件の試験を完了した。同社によれば、ロボットは数百万マイルを移動し、毎日5万個を超える横断歩道を渡っており、今後2年間で100を超えるキャンパスへとサービスを拡大する予定だ。Heinla氏はeメールでVentureBeatにこう伝えている。

「100万回の配達を完了したことは、Starshipの全員で祝うべきマイルストーンの達成です。私たちは24時間年中無休で完全な商用サービスを5か国で提供しており、現在1日に数千回の配達を行っています。昨年の走行マイル数に関して言えば、Starshipのこの規模は自動運転車市場の最大手企業と肩を並べることになります。何百万人もの人々の日常生活の一部になりつつある重要なサービスを提供できることを誇りに思います」。

TDK Ventures、Goodyear Ventures、Ambient Sound Investmentsは、本日発表されたStarshipの資金調達ラウンドに参加した。これにより、同社の資金調達総額は1億200万ドルとなる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


無人配達ロボ「Starship Technologies」が新たな資金調達とエリア拡大(1/2)

SHARE:

無人の配達ロボットを開発するスタートアップStarship Technologiesは今朝(訳注:1月27日)、1700万ドルの資金を調達し、サービス提供場所にカリフォルニアのUCLAとマサチューセッツのブリッジウォーター州立大学を追加したことを発表した。また、同社は2019年8月時点で10万件だった配達件数を100万件にするというマイルストーンを達成したことも明らかにしており、これは無人配達ロボ…

Starship Technologiesの無人配達ロボット

無人の配達ロボットを開発するスタートアップStarship Technologiesは今朝(訳注:1月27日)、1700万ドルの資金を調達し、サービス提供場所にカリフォルニアのUCLAとマサチューセッツのブリッジウォーター州立大学を追加したことを発表した。また、同社は2019年8月時点で10万件だった配達件数を100万件にするというマイルストーンを達成したことも明らかにしており、これは無人配達ロボットを手がける企業として初であると述べている。

2018年には119億ドルだった自動運転ロボット市場は2024年までに340億ドル規模になると予想される。一部の専門家は、今回の新型コロナウィルスの流行による影響で自動運転車によるデリバリーの普及は早まるとみている。自動運転の車やバン、トラックは、ドライバーとの接触が制限されることで感染拡大のリスクを最小限に抑えることは間違いない。この傾向はウィルスの流行で急増する短距離配送では特に顕著で、米国労働統計局によれば、7月から8月にかけて短距離トラック輸送の生産者物価指数は20.4%上昇した。これは倉庫や配送センターからeコマースのフルフィルメントセンター、店舗などへの短距離配送需要の増加によるものである可能性が高い。

Skypeに長年在籍していたAhti Heinla氏とJanus Friis氏によって2014年に設立されたStarshipは、周囲を360度見渡せる9台のカメラや超音波センサーなど豊富な電子機器を搭載した6輪ロボットを展開している。ロボットの最高速度は時速10マイルで、充電、道路の横断、段差の乗り越え、夜間の移動、雨や雪の中でも人間の監視なしに動作する。予防措置として遠隔操縦チームがロボットの進行状況を監視し、必要に応じて制御を行う。

UCLAのキャンパスのような場所ではAndroidおよびiOS用のモバイルアプリを仕様して注文をする。顧客はメニューから希望するものを選択し、配達物を届けたい場所に地図のピンをドロップする。Starshipのロボット — パスワードでロックすることが可能な最大20ポンド(買い物袋約3つ分相当)の商品を運ぶことができるスペース — は継続的に位置情報を報告しながら移動し、目的地に到着するとアプリを介してアラートを送る。

Starshipは、企業および個人消費者向けに配達サービスを月額10ドルのパッケージで提供し、欧米の企業や大学のキャンパス向けにはさらに大規模なフードデリバリープログラムも提供する。注文内容に関係なく顧客は約2ドルの定額料金を支払う。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Skypeの共同創業者がStarship Technologiesを立ち上げ、自動運転輸送ロボで輸送コストゼロに挑戦

SHARE:

SKYPE CO-FOUNDERS LAUNCH A COMPANY WITH A MISSION TO MAKE LOCAL DELIVERY FREE ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up Skypeの共同創業者Ahti Heinla氏が今度は、Starship Technologies…

starship

<ピックアップ>SKYPE CO-FOUNDERS LAUNCH A COMPANY WITH A MISSION TO MAKE LOCAL DELIVERY FREE

Skypeの共同創業者Ahti Heinla氏が今度は、Starship Technologiesという会社を立ち上げ、ローカルにおける食品や商品の輸送をほぼ無料にするべく自動運転の輸送ロボットの開発に挑戦しています。

Starshipが目指しているのは、いろいろな側面での「ゼロ」。コスト、待ち時間、環境への負荷など、様々な面をゼロに近づけていくという意欲的な目標をAhtiは掲げています。

ロボットによる自動輸送というと空を飛ぶドローンを思い浮かべますが、Starshipが開発するのは地上を走るタイプ。発表されているデザインがカッコいい。



Amazonも輸送センター内の荷物を運ぶのはロボットが行っていますし、地面を走る輸送ロボットのほうが確実性が高そうです。ローカルにおける輸送コストがゼロになるのか、気になるところ。

サービスは現在、プロトタイプのテストを実施しており、2016年にはパートナーの企業等と一緒にサービスをスタートする予定だとか。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録