BRIDGE

タグ Stash

デビット決済で企業の株が「ポイント」としてもらえる「Stock-Back」ーーミレニアル世代向け投資アプリStashが開始

SHARE:

ピックアップ:Investing app Stash raises $65M, launches banking and ‘stock-back’ rewards with Green Dot ニュースサマリー:誰でも投資家になれるアプリ「Stash」が3月12日、シリーズEにて6500万ドルの資金調達を実施している。TechCrunchなどが伝えているもので、調達元は明かされていないが、Brey…

white ipad
Photo by rawpixel.com on Pexels.com

ピックアップInvesting app Stash raises $65M, launches banking and ‘stock-back’ rewards with Green Dot

ニュースサマリー:誰でも投資家になれるアプリ「Stash」が3月12日、シリーズEにて6500万ドルの資金調達を実施している。TechCrunchなどが伝えているもので、調達元は明かされていないが、Breyer Capitalなどが引き続きラウンドに参加していると見込まれている。また、同社は前ラウンドのシリーズDにて約3億5000万ドルのポストマネーバリュエーションの評価が報じられており、今回はそれを上回る評価額と想定されている。

同社は2015年に米国で創業したFintechスタートアップ。誰でも投資家になれるをコンセプトに少額投資の仕組みを提供しており、アプリを通じてAppleなどの株式を最低5ドルから投資できる。

今回の調達に伴い、同社はGreen Dot Bankを利用したモバイルベースの銀行口座の提供を開始することを発表している。また、それに伴ったサービスとして”Stock-Back”と呼ばれるリワードプログラムも開始する。ユーザーはStashのデビットカードを使って決済するたびに、購入した物品の企業の株式を少額ポイントとして手にすることができる。

話題のポイント:Stashは少額のコイン貯金みたいなノリで少額投資ができるアプリです。株式を購入する際、一般的な証券会社から購入すると単位や価格が大きく、また専門的な知識も必要なことから誰もが手を出せるものではありません。そのペインを解決しているのがStashです。

さらに彼らが新たに提供する「Stock-Back」、個人的にミレニアル世代の投資に対する興味のきっかけとして大きく役立っていくのではと期待が膨らみます。Stashのユーザーが銀行口座を開設して、発行されるデビットカードを使って決済するごとにポイントとして企業の株式が溜まっていく仕組みはなかなか斬新ではないでしょうか。

スクリーンショット 0031-03-21 10.57.02.png

以下はUSA TODAYが公開した(元ソースは2016 Fidelity Investments Millenial)、2016年度における米国ミレニアル世代の投資に対する興味の割合を示したものです。「Millenials dont’s view themselves as investors.(ミレニアル世代は自らを投資家と思っていない)」が説明しているように、実際に投資をしている割合は全体の9%と圧倒的低さを示していました。

Credit: USA TODAY

Stashの「Stock-Back」を利用すれば、例えばAmazonでショッピングをするとAmazonの株式が、Starbucksでコーヒーを注文するとStarbucksの株式が、自動的にStashのアカウントに入ってきます。

投資的に利益が出るに越したことはないですが、それ以上に「企業の株式を知らない間に手にすることができる」というきっかけが得られるフローには魅力を感じます。

誰でも投資家になれるアプリ「Stash」が2,500万米ドルを調達

SHARE:

苦労して稼いだお金を初心者でも投資できるモバイルアプリの Stash は、Valar Ventures がリードしたシリーズ B ラウンドで2,500万米ドルの資金を調達した。このラウンドには他にも Breyer Capital、Goodwater Capital および Entrée Capital が参加した。 今回のラウンドは、950万米ドルを調達したシリーズ A ラウンドから4ヶ月も経たな…

stash_featuredimage

苦労して稼いだお金を初心者でも投資できるモバイルアプリの Stash は、Valar Ventures がリードしたシリーズ B ラウンドで2,500万米ドルの資金を調達した。このラウンドには他にも Breyer Capital、Goodwater Capital および Entrée Capital が参加した。

今回のラウンドは、950万米ドルを調達したシリーズ A ラウンドから4ヶ月も経たないうちのことで、これまで同社が調達した資金の総額はおよそ4,000万米ドルに及ぶ。

2015年にニューヨークで設立された Stash は、資金調達ラウンドで VC からそれぞれ6,200万米ドルと6,600万米ドルを獲得した AcornsRobinhood と同様、モバイルファーストのプラットフォームを通じて「新世代の投資家」、つまり投資に集中する時間もやる気もないような人をターゲットとしている。

Stash の声明によれば、同社は30を超える ETF(上場投資信託)の選択肢を提供し、投資プロセスを簡潔にしている。これらも「実績、経費率、リスクプロファイル、アセットアロケーション」に基づき、同社の専門家らによって選別されている。

投資家は興味ある特定分野に投資することもできる。例えば、環境問題に関心がある人は「クリーン&グリーン」といった具合だ。

Stash はポートフォリオの総額が5,000ドル未満のアカウントには月額1米ドル、5,000ドルを超える場合の利用料は年率0.25%である。入出金には手数料はかからない。

Stash の CEO で共同設立者である Brandon Krieg 氏は次のように述べている。

私たちのゴールは、金融リテラシー向上を促進し、投資に縁がなかった人々に賢明なマネー習慣を身につけるお手伝いや金融サービス業界のサービスを利用してこなかった人々を支援することで、投資に対するバリアを取り払うことです。

8月のシリーズ A ラウンドから4ヶ月経った Stash は今「飛躍的な成長」の最中にあり、ユーザベースは倍以上、毎週1万ユーザを新たに獲得しているという。投資家グループは、軍関係、看護師、Uber のドライバーや建設現場の作業員など「多岐」に渡るとしている。

私たちは人口が多く多岐にわたるアメリカ人グループに対して、投資がより簡単で手軽なものになるようお手伝いをしています。こうした人々の一部には、投資は難しくてわかりづらく、敷居が高いという認識がありました。

4ヶ月を経て約3,500万米ドルの資金をさらに得た同社は、新たな機能、サービスそして製品を開発する計画である。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】