BRIDGE

タグ Storr

サンフランシスコ発、インフルエンサーが簡単にオリジナルオンラインストアを開設できるアプリ「Storr」

SHARE:

オンラインでモノを売るということであれば、新たに小売業を始める起業家には、eBay ストアや Amazon Marketplace を通じてでも、Shopify や Squarespace 上であっても、いくらでも選択肢がある。 こういったさまざまな小売のやり方によって、専門的な技術がない者でも簡単に自らの e コマースサイトをローンチできるようになっているが、それでもセラーは適切な仕入れ価格や在…

Storr

オンラインでモノを売るということであれば、新たに小売業を始める起業家には、eBay ストアや Amazon Marketplace を通じてでも、Shopify や Squarespace 上であっても、いくらでも選択肢がある。

こういったさまざまな小売のやり方によって、専門的な技術がない者でも簡単に自らの e コマースサイトをローンチできるようになっているが、それでもセラーは適切な仕入れ価格や在庫管理、利益幅の見極め、発送スケジュールやコストの最適化その他多くの、ビジネスの幅広い厄介事を処理しなければならない。言い換えれば、多くの人が自分の小売店をローンチすることを妨げる参入障壁が、今でもまだあるのだ。

だからこそ、Storr5,000億米ドルのアメリカ e コマース業界の中で、ピアツーピア(P2P)のマーケットプレイスでニッチを掴もうとしている。このマーケットプレイスでは誰でもしっかりしたブランドの商品を扱うバーチャルなショップをローンチし、歩合でお金を稼ぐことができる。

Storr は「小売を民主化する」プラットフォームであると自らを位置づけており、一般的に小売業者が果たしている役割を、そういう業者が行っている資源集約的なすべての面を心配することなしに、普通の人ができるようにしている。Mary Kay と Amazon が合わさったものに少し似ていると言えるかもしれない。

2016年にサンフランシスコから生まれた Storr は、今年の初めに David Sacks 氏の Craft Ventures、そして Neiman Marcus や Macy’s.com の元 CEO らが支援する400万米ドルのシードラウンドを発表した。その後の数か月間で Storr は Spark Capital や様々なシリコンバレーのエンジェル投資家および戦略的投資家から、380万米ドルを追加で調達している。

仕組み

AndroidiOS 上のモバイルアプリを通じて、数分のうちに店を開くことができる。店名を決め、プラットフォームと在庫を統合している様々なブランドから商品を選ぶ。

ブランド自身が歩合を設定するが、これは15~30%の間でなければならない。おそらくもっと重要なことに、セラーは他に何もしなくてよいのだ。在庫管理や発送、返品の受付はブランドが行う。

簡単にオンラインストアを立ち上げ、手数料を取り戻せる「Storr」

一見すると Storr のコンセプトはよく分からない。なぜブランドは無作為の一般人に、店を開き自分の商品を売ることを任せるのだろうか?本質的には、Storr とその顧客はネットワーク効果を見込んでいるのだ。Storr に店をローンチした者は、男性用下着からスポーツ用シューズまで何かに特化した小売商店を作り上げることができ、そして友人や同僚もしくは広く一般に向けて、マーケティングのすべてを自分で行う。

Storr の CEO である Eric Senn 氏はこう述べている。

アメリカの買い物客の21%は、ソーシャルメディアの仲間のお勧めを受けて買い物をします。ですが3兆米ドルの世界的な e コマース産業は、確立された大手小売業者に旧来通りに手数料を払っています。今や Storr 上の人々は、Amazon や Instagram、その他第三者の小売の代わりに、この利益の一部を得ることができるようになるのです。

Storr はソーシャルメディア上で多くのフォロワーを持つ「インフルエンサー」に人気となるだろうことは簡単に見て取れる。

とある「インフルエンサー」による Storr ショップ

買い物客は Storr のモバイルアプリやウェブサイトを通じてセラーの店から商品を買うことができるが、もちろんセラーは Instagram を含む一般的な SNS 全般のプロフィールに自身のオンラインストアのリンクを載せることができる。Storr は Instagram に直に組み込まれはしないが、Instagram が独自に備え付けたショッピング機能に直接的に競合しようとしていると言えるかもしれない。

Storr から直接購入することができる

現実的に考えて、オンラインのコネクションを活用して幾らかの現金を得ようとする人であれば誰もが Storr を使うかもしれない。5月第3週まで Storr は限定的な「ソフトローンチ」のパイロット段階にあったが、この期間内に3万人のセラーが登録したと同社は述べている。現在は誰でも利用できるよう公式にオープンしている。

Senn 氏はこう付け加えた。

中には、その多くはまだ学生ですが、すでに Storr での今年の売り上げが10万米ドルに達しそうなペースのセラーもいます。

Storr のようなプラットフォームでは、同じ商品をうるさく宣伝するほぼ同じような店が氾濫するのではないかとも思える。だが同社は、現在175のブランドが提供している3万5,000点の商品から選ぶことができるため、そのようなことが起きる確率は「非常に低い」としている。さらに、Storr のアイデアとは個人が自分の品揃えを精選したり、知人やオンラインのフォロワーグループに売り込んだりできるようにするものであるため、おそらく買い物客が一般的な買い物のために Storr へと直接向かうことはあまりなく、同じような店が並ぶ可能性は低いと思われる。

Craft Ventures のバイスプレジデント Brian Murray 氏はこう付け加えた。

Storr は3つのメガトレンドを活用しています。ピアツーピアエコノミーの勃興、Amazon に支配された小売市場におけるパーソナライゼーションの欠如、そして Instagram の正当でない商業化です。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------