BRIDGE

タグ StumbleUpon

ソーシャルウェブ初代ブームの立役者「StumbleUpon」が終了へ、16年の運営に終止符

SHARE:

2001年に創業したソーシャルコンテンツ発見プラットフォームのStumbleUponがクローズする。 共同創業者のギャレット・キャンプ氏は、24日にブログでこの決定について発表した。StumbleUponのアカウントはキャンプ氏の別のプロダクトである Mix.com に「今後数カ月かけて」移管されるという。 キャンプ氏は次のようにコメントする。 「私たちは、移行ができる限りスムーズにいくようにすべ…

image: screenshot

2001年に創業したソーシャルコンテンツ発見プラットフォームのStumbleUponがクローズする。

共同創業者のギャレット・キャンプ氏は、24日にブログでこの決定について発表した。StumbleUponのアカウントはキャンプ氏の別のプロダクトである Mix.com に「今後数カ月かけて」移管されるという。

キャンプ氏は次のようにコメントする。

「私たちは、移行ができる限りスムーズにいくようにすべてのブラウザとスマートフォン上でMixが動くように開発をしました。数回のクリックで、登録とSU(StumbleUpon)のお気に入り、興味、タグをインポートすることができ、Mix Collectionsを簡単に友人と共有することができます」

StumbleUponはウェブ上で人気を博した初期のコンテンツ共有プラットフォームの一つで、キャンプ氏いわく創業以来およそ4000万人に使用されてきた。ユーザーはお気に入りのウェブページを共有、評価とレビューを登録、他のコンテンツの推薦の受け取りをすることができた。

現在も運用中のDiggとRedditと共に、StumbleUponは今日のようにTwitterとFacebookが主流になる以前、ソーシャルウェブの盛り上がりに貢献していた存在の一つだった。

転落の道

StumbleUponは、2007年にeBayによって7500万ドルほどで買収され、その後2009年に投資家ともともとの創業者に再度売却された。新たな資金の調達に失敗したのち、多くのスタッフを解雇し、キャンプ氏は2015年にStumbleUponの過半数の株を再度買った。

キャンプ氏はUberの共同創業者としても知られており、現在は同社の会長を務める。2013年には、「企業をつくる企業」で起業家のネットワークで構成されるExpaを設立した。MixはExpaのスピンアウトで、2015年に発表された。モバイル時代のコンテンツディスカバリサイトであるとうたっている。

StumbleUponの終了を悲しみとともに受け止める人もいる一方で、まだ存続していることに驚きを抱く人もまたいるだろう。だが、よく言われるように、すべての良いことにも最後が訪れるのだ。あなたがまだStumbeUponの熱心なユーザーである場合は、6月30日までにMixにコンテンツを移そう。

今回の発表の少し前には、ソーシャルインターネットブランドのKloutもまた今年の5月25日に終了することを発表したばかりだった。

関連記事:ソーシャルランキングシステムのKloutが今月クローズ予定、長期的な戦略と合わず

(本記事は抄訳になります。)
【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

一時はユーザー数が2500万に達したコンテンツ発見サイト「StumbleUpon」、大量解雇へ

SHARE:

<ピックアップ>StumbleUpon lays off dozens after failing to raise new round, source says ユーザーの興味に合わせてコンテンツを発見してくれるサービスとして知られているStumbleUponが従業員の解雇を進めていることをVentureBeatが伝えている。関係筋がVentureBeatに伝えた内容によると、100名あまりいた…

Screen Shot 2015-08-12 at 21.19.38
<ピックアップ>StumbleUpon lays off dozens after failing to raise new round, source says

ユーザーの興味に合わせてコンテンツを発見してくれるサービスとして知られているStumbleUponが従業員の解雇を進めていることをVentureBeatが伝えている。関係筋がVentureBeatに伝えた内容によると、100名あまりいた同社の従業員は今週末には30名ほどまでに整理される予定とのこと。同社は2012年にはユーザー数が2500万人に達したと発表し、注目を集めていたが、その後の状況は険しかったようだ。

StumbleUponは2002 年にスタートし、2007年にはeBayが7500万ドルで買収した。その2年後に、再度同社はeBayから独立して事業を経営することとなった。最後の資金調達は2011年の1700万ドルだった。

同記事によると、StumbleUponの収益の要は広告収入とのことで、12万のブランドとパブリッシャーが同社の広告システムを使用しており、その中にはLevi’sやNikeといった大手ブランドも含まれる。

VentureBeatの分析によれば、Facebookやツイッター、YouTubeといったサービスが広告手段として人気を高め、特にモバイル向けの広告において差をつけられてしまったこと、またモバイル用アプリにおいては、Flipboardといったその他のアプリの人気が増していたことを今回の解雇の背景として指摘している。

via. VentureBeat