THE BRIDGE

タグ すむたす

不動産スタートアップのすむたす、シリーズAラウンドで約5億円を調達——WiLなどから

SHARE:

不動産スタートアップのすむたすは4日、シリーズ A ラウンドで約5億円を調達したことを明らかにした。リードインベスターは WiL(4億円)、それ以外の投資家については本稿執筆時点で不明。複数金融機関からの借入可能金額を含めた調達額は10億円。すむたすにとっては、シードラウンド、プレシリーズ A ラウンドに続く調達となる。 すむたすは2018年1月、Speee で不動産流通メディア「イエウール」の立…

左から:すむたす代表取締役の角高広氏、WiL パートナー 難波俊充氏
Image credit: Masaru Ikeda

不動産スタートアップのすむたすは4日、シリーズ A ラウンドで約5億円を調達したことを明らかにした。リードインベスターは WiL(4億円)、それ以外の投資家については本稿執筆時点で不明。複数金融機関からの借入可能金額を含めた調達額は10億円。すむたすにとっては、シードラウンドプレシリーズ A ラウンドに続く調達となる。

すむたすは2018年1月、Speee で不動産流通メディア「イエウール」の立ち上げに関わり、イタンジ(今年10月、GA Technologies が買収)で無店舗型の不動産仲介サービス「nomad」(2018年1月、ジャパンインベスターパートナーズに事業譲渡)の責任者を務めた角高広氏らにより設立。

Image credit: Masaru Ikeda

すむたすは、不動産価格をほぼ自動的に査定できる独自アルゴリズムを開発したことにより、通常は申込から数週間から数ヶ月以上かかる不動産の買取を、最短2日間で可能にしている。昨年以降、さまざまな理由で保有不動産を早期売却したい不動産オーナーを対象に「すむたす買取」、不動産仲介会社経由で不動産を買い取る「すむたす買取エージェント」リノベーションマンション販売サイト「すむたす直販」を提供している。

今回、複数金融機関からの借入が可能になったことで、すむたすは不動産物件の調達に必要な資金を投資資金のみに依存する必要が無くなる。すむたすの iBuyer サービスである「すむたす買取」では、これまで月に3件程度だった物件購入を、10件程度にまで引き上げる計画。日本の不動産業界全体で見ても、物件購入をする事業者としては20位程度の規模に入るとしている。先頃、アメリカの不動産情報大手 Zillow も iBuyer サービスを開始しており、不動産テック界においては新たなトレンドとなっているようだ。

すむたすは昨年3月、保有不動産を早期売却したいユーザを不動産仲介会社から集める「すむたす買取エージェント」をローンチしている。この際、すむたす代表取締役の角高広氏は、不動産オーナーが「税理士や弁護士といった士業の方に直接相談をされるケースが多い」ことを指摘し、士業向けサービスの展開も検討していきたいとしていた。この士業向けサービスについても目下開発・試験運用中で、角氏は近日中に正式ローンチを迎える可能性を示唆した。

----------[AD]----------

不動産スタートアップのすむたす、売り手と買い手の双方が手数料完全無料のリノベーションマンション販売サイト「すむたす直販」をローンチ

SHARE:

不動産スタートアップのすむたすは22日、売り手と買い手の双方が仲介手数料・掲載手数料が不要となるリノベーションマンション販売サイト「すむたす直販」をローンチした。手数料が完全無料となる不動産販売サイトとしては国内初とみられる。 すむたすは、首都圏のマンションを対象に、不動産オーナーが保有不動産を早期売却できる「すむたす買取」、不動産仲介会社がオーナーから依頼を受けて不動産を早期売却できる「すむたす…

「すむたす直販」
Image credit: すむたす直販

不動産スタートアップのすむたすは22日、売り手と買い手の双方が仲介手数料・掲載手数料が不要となるリノベーションマンション販売サイト「すむたす直販」をローンチした。手数料が完全無料となる不動産販売サイトとしては国内初とみられる。

すむたすは、首都圏のマンションを対象に、不動産オーナーが保有不動産を早期売却できる「すむたす買取」、不動産仲介会社がオーナーから依頼を受けて不動産を早期売却できる「すむたす買取エージェント」を展開している。いずれも、すむたすが開発した不動産価格の自動査定アルゴリズムにより、通常は申込から数週間から数ヶ月以上かかる不動産の買取を、最短2日間で可能にしているのが特徴だ。

今回ローンチする「すむたす直販」はリノベーションマンションに特化した、一般消費者向けの販売物件情報サイトだ。すむたすが買い取ったのちリノベーションを施したマンションに加え、「すむたす直販」に情報を掲載することを承諾した他の不動産会社のリノベーション物件も掲載する。すむたすにとっては、「すむたす買取」や「すむたす買取エージェント」の認知度向上と、販売可能な物件を多く取り揃える意図から、掲載手数料を完全無料にした。「すむたす買取」からの利益は想定しない。

「すむたす直販」に掲載されているリノベーションマンションは、すむたすか、不動産会社が中古マンションを買い取り、リノベーションを施したものだ。自社物件をリノベーションを施していることで付加価値がつき既に販売価格に転嫁されているため、不動産会社は販売時に仲介手数料(不動産取引価格の3%プラス6万円)を別途求める必要がない。

一般的な不動産情報サイトでは、それ単体がビジネスモデルであるため掲載手数料は有料で、また、顧客が物件を選ぶ際の偏りを排除する意図から(特定の不動産会社のみが選ばれるのを避ける)、不動産会社が各物件に付いて仲介手数料の有無に言及することを許可していないことが多い。「すむたす直販」では、すべての物件について、購入者にとって仲介手数料無料、販売者にとって掲載手数料無料とすることで差別化を図る。

「すむたす直販」では22日のローンチ時点で、約100件の販売中の物件を掲載しており、年内には常時約500件以上の掲載を確保したいとしている。

----------[AD]----------

日本版OpenDoorの「すむたす」、プレシリーズAラウンドで資金調達——不動産仲介会社向け買取査定SaaSをローンチ、流入経路を拡大

SHARE:

不動産スタートアップのすむたすは25日、プレシリーズ A ラウンドで資金調達を実施していたことを明らかにした。調達実施は2018年12月とみられ、調達金額は非開示。このラウンドに参加したのは、500 Startups Japan(出資払込当時)、Gunosy Capital、SMBC ベンチャーキャピタル、デジタルマーケティングの STAUT、名前非開示の個人投資家1名。 同社にとっては、昨年10…

左から;すむたす代表の角高広氏、
「すむたす買取エージェント」成約第1号案件を仲介したセンチュリー21イズミ東京の泉乃梨子氏
Image credit: Sumutasu

不動産スタートアップのすむたすは25日、プレシリーズ A ラウンドで資金調達を実施していたことを明らかにした。調達実施は2018年12月とみられ、調達金額は非開示。このラウンドに参加したのは、500 Startups Japan(出資払込当時)、Gunosy Capital、SMBC ベンチャーキャピタル、デジタルマーケティングの STAUT、名前非開示の個人投資家1名。

同社にとっては、昨年10月に実施したシードラウンドでの5,000万円の調達に続くもので、500 Startups Japan は前回ラウンドに続く2度目の出資参加となる。

すむたすは、不動産価格をほぼ自動的に査定できる独自アルゴリズムを開発したことにより、通常は申込から数週間から数ヶ月以上かかる不動産の買取を、最短2日間で可能にしている。昨年以降、さまざまな理由で保有不動産を早期売却したい不動産オーナーを対象に「すむたす買取」を運営しているが、今回新たにローンチした「すむたす買取エージェント」では、対象ユーザを不動産オーナーから不動産仲介会社へと拡大するようだ。

すむたす買取エージェントでは、不動産仲介会社が不動産オーナーに代わり物件情報を投入してから最短1時間で買取価格を査定、条件が折り合えば、すむたすが物件を買い取る。こうすることで不動産オーナーにとっては、時間をかけてでも好条件(高い価格)で買い取ってくれる買い手を探すか(売却を依頼した不動産会社のネットワーク)、条件を譲歩しても早期に売却するか(すむたす経由)の選択肢が広がることになる。

「すむたす買取エージェント」
Image credit: Sumutasu

すむたす買取エージェントを開発した背景について、すむたす代表取締役の角高広氏は、THE BRIDGE に次のように教えてくれた。

転勤などで住み替えを希望する「ポジティブな理由」で早期売却したいユーザ、離婚や相続といった「ネガティブな理由」で早期売却したいユーザがいます。後者の場合は、(すむたす買取の)サイトには訪れず、不動産会社、税理士や弁護士といった士業の方に直接相談をされるケースが多いことがわかりました。

つまり、ポジティブ理由ユーザはすむたす買取で、ネガティブ理由ユーザはすむたす買取エージェントでキャッチしていこうという戦略だ。すむたす買取エージェントのターゲットは当面、都内近郊の不動産仲介会社に限定されるが、将来は士業向けサービスの展開も検討していきたいという。

すむたすでは、2019年2月にすむたす買取エージェントをβローンチ、プロダクトマーケットフィット(PMF)の観点から、EQON の協力を得て同社の「EGENT(イージェント)」に登録する複数の仲介会社にサービスの提供を行ってきた。βローンチから2週間で、EGENT 登録のセンチュリー21イズミ東京からの物件買取を実施できたそうだ。すむたすでは、すむたす買取を通じた累積価格査定額は400億円に上るとしている。

すむたす買取エージェントに参加するには、不動産仲介会社ですむたすの審査を通過する必要がある。不動産仲介会社は無料で利用でき、登録した不動産の買取成約時には、すむたすからオーナーへの買取金支払に加え、不動産仲介会社に紹介料が支払われる。すむたすは、市場価格よりも安価に買取をした物件をリフォームやリノベーションを加え再販、買取価格と再販売上の差分でマネタイズを図る。

<関連記事>

----------[AD]----------

日本版OpenDoorの「すむたす」が正式ローンチ、500 Startups Japanから5,000万円をシード調達——都内マンション、申込から最短2日で買取

SHARE:

不動産スタートアップのすむたすは9日、シードラウンドで 500 Startups Japan から5,000万円を調達したと発表した。あわせて、同社は東京都23区内のマンションを中心に展開する不動産買取サービス「すむたす買取」の正式サービスを開始する。 すむたすは2018年1月、Speee で不動産流通メディア「イエウール」の立ち上げに関わり、イタンジ(今年10月、GA Technologies …

sumutasu-team
後方左から:James Riney 氏(500 Startups Japan)、開輝幸氏(すむたす)、郡嶋貴大氏(すむたす)、澤山陽平氏(500 Startups Japan)
前方左2番目から:Chihiro Iwata 氏(すむたす), 角高広氏(すむたす代表取締役)、片山由稀氏(すむたす)、吉澤美弥子氏(500 Startups Japan)
Image credit: Sumutasu

不動産スタートアップのすむたすは9日、シードラウンドで 500 Startups Japan から5,000万円を調達したと発表した。あわせて、同社は東京都23区内のマンションを中心に展開する不動産買取サービス「すむたす買取」の正式サービスを開始する。

すむたすは2018年1月、Speee で不動産流通メディア「イエウール」の立ち上げに関わり、イタンジ(今年10月、GA Technologies が買収)で無店舗型の不動産仲介サービス「nomad」(2018年1月、ジャパンインベスターパートナーズに事業譲渡)の責任者を務めた角高広氏らにより設立。

不動産価格をほぼ自動的に査定できる独自アルゴリズムを開発したことにより、通常は申込から数週間から数ヶ月以上かかる不動産の買取を、最短2日間で可能にした。極限を追求すれば「CASH」や「DMM AUTO」に代表されるようなノールック買取もできそうだが、不動産取引には「心理的瑕疵」などアルゴリズムだけでは査定しきれない要素が含まれるため、査定にあたって実地訪問が容易な東京都23区内のマンションの買取から着手するそうだ。将来的に、体制整備やアルゴリズムの開発進捗にあわせ、他の地域や戸建住宅にも取扱を広げる予定。

sumutasu_screenshots
すむたす買取
Image credit: Sumutasu

「今住んでいる不動産がなかなか売れないために、次の不動産を購入するタイミングを逃してしまった方」、「海外転勤となりすぐに不動産を売る必要がある方」、「離婚して次の生活のために早く不動産を売りたい方」、そういった方々が利用できるサービスが無いことを、業界の課題だと感じていました。また、不動産の取引は一般の方には複雑な手続きが多く、どんな方でも手軽に利用できるサービスを提供したいと思い、すむたすを創業しました。(角氏)

同様のサービスとしては、先ごろソフトバンク・ビジョン・ファンドから4億米ドルを調達した OpenDoor がある。早期に買い取ることを条件に、相場よりも多少安い価格で不動産を買い取り、それを手早く市場へ売却するというやり方で OpenDoor のビジネスモデルはうまく回っているようだ。すむたす買取でも今年7月のα版公開から、1日7〜8人が査定を申し込んでおり、うち6人が実際に提示価格での買取を希望したという。

すむたすではこれまで買取機能のサービス開発にリソースを集中してきたが、今回の資金調達を受けて、今後、買取範囲を拡大するとともに、買い取った不動産を短期間で売却するする方法についても開発していくとしている。

<関連記事>

----------[AD]----------