タグ Superplastic

Gucciモデルも務めるバーチャルキャラクター:「Superplastic」2,000万ドルを調達(3)

SHARE:

(前回からのつづき)同社は現在これまでに3,800万ドルを調達している。今回のラウンドの出資者は、Google Ventures、Index Ventures、Founders Fund、Craft Ventures、Galaxy Digital、Mantis VC/The Chainsmokers、Kakao Entertainment、LINE Friends、Electric Feel En…

Above: OGSlick’s NFT creation
Image Credit: Superplastic

(前回からのつづき)同社は現在これまでに3,800万ドルを調達している。今回のラウンドの出資者は、Google Ventures、Index Ventures、Founders Fund、Craft Ventures、Galaxy Digital、Mantis VC/The Chainsmokers、Kakao Entertainment、LINE Friends、Electric Feel Entertainment、Day One Ventures、Betaworks、Sean Qiao Venturesのほか、Cyan Bannister氏、Jared Leto氏、Chamillionaire氏、Justin Timberlake氏、Scooter Braun氏、Scott Belsky氏などの個人投資家が名を連ねている。

Budnitz氏は今回出資者となったCyan Bannister氏がニューヨークでマカロニ・アンド・チーズを食べながら一緒に話してくれたことを高く評価している。二人はBannister氏が大いに支援しているバーチャル・ビーイングの時代に、非常に理にかなった会社の未来像を描いたという。

Superplasticは、知的財産が他のメディアや世界とクロスオーバーし、ファンがソーシャルメディア上でSuperplasticのバーチャルセレブたちと直接交流するメタバースを作ろうとしている。そしてそこを通じてセレブリティ、ソーシャルメディア、ファッション、エンターテイメントのルールを書き換えたいと考えている。

「今回の調達でスマートな人材を採用するため準備ができました。人数が増えたことで、何人かは睡眠時間を確保できるようになりそうです」(Bannister氏)。

800万人以上のフォロワーを持つバーチャルタレントのJanky & Guggimonは、Fortniteをはじめとするオンラインゲームのプレイアブルキャラクターでもあり、J BalvinやLil Nas Xなどのセレブリティとコラボレーションし、Gucciなどのハイファッションブランドのモデルとしても活動を続けている。

Above: This is one of the recombined crypto Guggimon characters.

9月にSuperplasticは非常に活発なDiscordコミュニティに「The Jankyverse Roadmap」を登場させ、同社のNFTを使った今後の展開として、Jankykoinトークンやその他のデジタルアートやブロックチェーン関連のプロジェクトを発表している。またSuperplasticは、新たな資金調達の支援を受けて、Superplasticのグローバル・キャラクターたちを主役にした長編アニメーション映画の制作を開始する。

8月12日には、Superplasticのおもちゃ「King Janky」が同社のウェブサイトで販売され、4,000個が3分以内に完売した。また、8月には「UberJanky J Balvin」、9月には「Guggimon Chop Chop」のコレクターズトイが発売されたが、これまたいずれも発売後数分で完売している。

GVのジェネラルパートナーであるM.G. Siegler氏(元・本誌VentureBeat)は次のようにコメントしている。

「21世紀のメディアとエンタテインメントの未来について、Paulのビジョン実現を見れることを素晴らしく思っています。Superplasticによって、彼は異なるメディア間でシームレスに移行するアニメーションキャラクターの全く新しい世界を創造しました。Superplasticは、アニメーションエンターテインメントのルールを完全に変え、熱狂的なファン、デザイナーズトイの愛好家、NFTコレクターなどによって支えられた、Marvelのような独自のIPの世界を創造する道を歩むことになるでしょう」。

また、2022年初頭には、マイアミとニューヨークに小売店をオープンする予定で、アジア市場にも進出している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


次世代キャラはソーシャルメディアから生まれる:「Superplastic」2,000万ドルを調達(2)

SHARE:

(前回からのつづき)Budnitz氏は、以前からバーチャルインフルエンサーの波を追いかけていた。おもちゃから生まれたキャラクターが好きだという彼は、それを生かしてKidRobotを設立し、2012年に売却した。Budnitz氏(KidRobot、Ello、Budnitz Bicyclesの生みの親)は、エンターテインメントのグローバルブランドとして新たにSuperplasticを立ち上げた。 Su…

Above: Superplastic’s Janky (left) & Guggimon.
Image Credit: Superplastic

(前回からのつづき)Budnitz氏は、以前からバーチャルインフルエンサーの波を追いかけていた。おもちゃから生まれたキャラクターが好きだという彼は、それを生かしてKidRobotを設立し、2012年に売却した。Budnitz氏(KidRobot、Ello、Budnitz Bicyclesの生みの親)は、エンターテインメントのグローバルブランドとして新たにSuperplasticを立ち上げた。

Superplasticでは、次世代の有名なアニメキャラクターの世界がテレビや映画からではなく、ソーシャルメディアから生まれたら素敵だと考えた。最初のものは、人間の外見が非常にリアルなものが多かった。しかしBudnitz氏は、そのようなものは不気味であり、これからはアニメーションキャラクターが主流になると考えている。

「アニメを使うことで、これまで誰もできなかったような方法でストーリーを伝えることができるんです。ストーリーはインタラクティブなので、素晴らしいストーリーを語ることができる。楽しいことに夢中になれるんです」(Budnitz氏)。

1年半ほど前にJankyなどの3Dアニメーション・キャラクターを発売したところ、バイラルで成功した。NFTの場合はキャラクターがアーティストとなり、そのキャラクターがデザインしたおもちゃやアートを集める人がいる。

数百万人のフォロワーがおり、InstagramやTikTokでは、Janky、Guggimon、Dayzee、Staxx、Pandakat、Kranky、Shüdogなどがセンセーションを巻き起こしている。2021年6月にGuggimonは「Fortnite」の新しいプレイアブルキャラクター8人のうちの1人となった。

「キャラクターの世界は広がっています。他のキャラクターにも取り組んでいますし、来年にはヒップホップグループのアニメーションが登場します。2つの映画にも取り組んでいて、そのうち1つは資金提供を受けていますよ」(Budnitz氏)。

(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


バーチャルキャラクター+NFTで新たなディズニーを狙う「Superplastic」2,000万ドルを調達(1)

SHARE:

Superplasticは、ノンファンジブル・トークン(NFT)、バーチャル・キャラクター、バイラル・ビデオの時代において世界的なエンターテインメント・ブランドを構築するために2,000万ドルを調達した。 今回の資金調達は、Superplasticがクリスティーズのオークションで、バーチャルタレントのJanky氏とGuggimon氏をモチーフにしたNFTを落札したことによるものだ。Superpla…

Superplasticは、ノンファンジブル・トークン(NFT)、バーチャル・キャラクター、バイラル・ビデオの時代において世界的なエンターテインメント・ブランドを構築するために2,000万ドルを調達した。

今回の資金調達は、Superplasticがクリスティーズのオークションで、バーチャルタレントのJanky氏とGuggimon氏をモチーフにしたNFTを落札したことによるものだ。Superplasticは、NFTやその他の新しいビジネスモデルによって、「Janky & Guggimon」のようなキャラクターを収益化することを目指している。また、クリスティーズとのコラボレーションにより同社とキャラクターは、2021年に700万ドル以上のNFTを販売することに成功している。

SuperplasticのCEOであるPaul Budnitz氏は、GamesBeatのインタビューで、同社が今回の資金調達を行ったのは、NFT(ブロックチェーンの透明かつ安全なデジタル台帳を利用して、ユニークなデジタルアイテムを認証するもの)やアニメーション映画、小売店での体験などを通じて、ファンが交流できる世界初のバーチャル・エコシステムを拡大するためだと回答している。つまり、MarvelやDisneyといった他のビッグブランドを参考にしているのだ。

「私たちはバーチャルな存在を生み出しましたが、彼らはアニメのキャラクターとしても機能しています。つまり彼らは架空のキャラクターであると同時に、現実の世界で交流しているのです」。

DappRadarによると、NFTの市場は2021年第3四半期に最高値を更新し、今年の最初の9カ月間で132億ドルの売上を記録した。NFTはアート、スポーツのコレクターズアイテム、音楽など、他の用途でも爆発的に普及している。NBA Top Shot(バスケットボールカードをデジタル化したもの)はその一例だ。

Dapper Labsから発売されたNBA Top Shotは、わずか1年で7億8000万ドルの売り上げを突破した。また、BeepleというアーティストによるNFTのデジタルコラージュ作品は、クリスティーズで6,930万ドルで落札されている。投資家はNFTに資金を投入しており、その中にはゲームファンも含まれている。NFTの週間収益は、5月にピークを迎えた後に暴落しているが、8月、9月には再び上昇し、下落し、その後は安定している

そして、Superplasticは実在しない有名人から報酬を得ている「バーチャル・ビーイング企業」というトレンドを掴んだ一社でもある。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録