BRIDGE

タグ swiff

変動を続ける決済市場ーーアジア地域のモバイル決済エコシステムを担うプレイヤーたち

SHARE:

昨日、Coineyのオープン化宣言についての記事を掲載した。簡単に決済機能を導入できる開発者向けのSDKを提供し、プラットフォーム化を目指していく。モバイルペイメント周辺の動きがにわかに盛り上がってきている。 少し前に、WiredにSquareが出す新しいiPadと組み合わせて利用するPOS端末「Square Stand」についての記事が掲載された。Square Standはクレジットカードリーダ…

昨日、Coineyのオープン化宣言についての記事を掲載した。簡単に決済機能を導入できる開発者向けのSDKを提供し、プラットフォーム化を目指していく。モバイルペイメント周辺の動きがにわかに盛り上がってきている。

少し前に、WiredにSquareが出す新しいiPadと組み合わせて利用するPOS端末「Square Stand」についての記事が掲載された。Square Standはクレジットカードリーダーを内蔵し、レシートのプリンターやキャッシュドロアーなどの端末とも接続可能となっている。店舗がこの端末を導入すれば、顧客の識別が可能になりオンラインストア同様、実店舗で顧客の購買行動を追跡・分析も可能になる。

square stand

ビジネスメディア誠には、PayPal Hereが宅配ビジネスに用いられていることが紹介された。固定の店舗でなくとも、金銭のやり取りが行われる場面でクレジットカードの利用が可能になり、決済の簡略化、顧客の購買行動の追跡、分析も可能になる。

これらの動きは、まさしく以前Sd Japanがゼウスの代表取締役、地引一由氏にインタビューを行い、紹介した予測に近いものだ。

「決済ビジネスは新時代に入る」ーー国内ネット決済が次にみる夢は「O2O」と「ロングテール」

大小含め、世界中で様々なプレイヤーがこのデジタル、モバイルの決済において一歩リードしようとしのぎを削っている。Coineyの発表に、Squareの創業者、ジャック・ドーシー氏が来日し開催されるイベントを今夜に控え、ますます注目が集まるモバイルペイメントのアジアにおけるプレイヤーを、まとめて振り返ってみたいと思う。

Coiney

coiney

まずは日本のスタートアップが提供する Coiney から。冒頭でも紹介したように、Coieny は最近オープン化ついて発表した。地方での利用も進んでおり、先日もCoiney加盟店となる宮古島の電気屋さんがお客さんに商品を届けた際、そこでCoineyを使って決済が行われたそうだ。

スマートフォン決済サービス「Coiney」が国内決済市場を変革する方法モバイルペイメントのCoineyが突然のオープン化宣言ーー「決済周りの各種サービスと連携して」早期に開始とコメントモバイルペイメントのCoiney地方を攻めるーー宮古島の電気店がCoineyでエアコンを売る

Square

square

Squareは、スマートフォンにアプリをインストールし、イヤフォンジャックに小さな読み取り端末を接続することで、カード決済を可能にするサービスだ。Twitterの創業者のJack Dorsey氏が創業した。

Squareの端末は無料。北米ですでに300万個普及しているという。収益は決済手数料から得ており、年間の決済処理額は昨年の11月の時点で100億ドルに達している。

本日日本語版サイトがローンチされた。

Paypal Here

paypal here

オンライン決済サービスをリードするPaypalが提供している携帯端末を対象としたグローバル決済ソリューションがPayPal Here。米国、カナダ、豪州、香港などの地域でサービスの提供が行われている。

日本においてはPayPalがソフトバンクと提携しており、全国のソフトバンクショップで端末の購入が可能となっている。

PayPalがスマートフォン用カードリーダーによるモバイル決済を広げ、アジアでの成長を目論む

楽天スマートペイ

rakuten smartpay

日本の大手IT企業、楽天もモバイル決済システム「楽天スマートペイ」を提供している。登録の申込には加盟店の審査が必要で、免許証などの本人確認資料。登録とアプリは無料だが、カードリーダーを手に入れるんは2980円を支払う必要がある。

入金サイクルが最短翌日と早いのが特徴のひとつ。

MasterPass

masterpass

今年の3月、MasterCardは新たな決済システム「MasterPass」を発表した。

MasterPassとは、PayPass Wallet Servicesをアップグレードしたものである。この新しいサービスによって、NFC(モバイルペイメント)、QRコード、一般的なオンラインを経た支払いの記録を統合することができる。

MasterCardがPCとモバイルでクレジットカードによるオンライン決済を可能にする「MasterPass」を提供開始

Swiff

swiff

シンガポール生まれのSwiffは、Squareと同じようなモバイル決済サービス。Swiffの生みの親は、約10年にわたって決済ビジネスを行ってきたSCCPという決済処理・ソリューション会社だ。

このモバイルカードリーダーは、iOSとAndroid のスマートフォンやタブレットで利用できる。Squareが中小企業や個人事業主を含む誰もが利用できるサービスである一方、Swiff は認証された企業アカウントだけに特化している点で違いがある。

シンガポールのSwiffは、Squareライクなモバイル決済を企業向けに提供新たなSquare系決済サービス「Swiff」がアジアで正式ローンチフィリピン銀行がSwiffと提携、スマートフォンとタブレットのPOSシステムを提供

中国の決済サービスAlipay(支付宝)

中国において、登録アカウント数が7億人となりPaypalを凌ぐ勢いという「Alipay」もSquareに似た決済デバイスの開発に投資を行なっている。

・中国の決済サービス「Alipay」がSquareに似た決済デバイスの開発に7900万米ドルを投資

その他、アジア圏におけるモバイルペイメントプレイヤー

その他クレジットカード会社の大手Visaもモバイル決済のためのデバイスを開発し、サービスを提供している。また、アジアのeコマース企業では、宅配時にクレジットカードで支払いができる“カードオンデリバリー”が行われている。

インドの宅配時にクレジットカードで支払いができる「MyGrahak」、インドネシアのオンライン決済サービス「UNIK」、インドネシアの決済プラットフォーム「INDOMOG」、インドネシアの2大銀行がそれぞれ取り組む決済ソリューションなど、他にもいくつか例が挙げられる。

PaypalやAlibabaの「Alipay」など、アジア圏に続々と登場するオンライン&スマートフォン決済サービスまとめVisaがプラグアンドプレイのモバイル決済プラットフォームをローンチインド発のカード支払いサービスがローンチ−Squareを含むカード決済の盛り上がり中国Yeahka(楽刷)が米Squareのようなモバイル決済サービスを他に先がけて一般提供開始99Bill(快銭)がSquareライクなモバイル決済ソリューションのKuaishua(快刷)を発表

モバイルの普及が進んでいるアジアでは、モバイルでの決済が可能になることによる経済的な影響は大きい。クレジットカード決済が普及することで得られるデータがもたらす影響も大きいだろう。

ますます動きが激しくなってきているこの領域からは目が離せない。

フィリピン銀行がSwiffと提携、スマートフォンとタブレットのPOSシステムを提供

SHARE:

BPI(Bank of the Philippine Islands)はスマートフォンやタブレットをクレジット決済のためのPOS端末として使えることができるサービスをフィリピンの中小企業向けに提供している。 フィリピンではPayPalなどのオンラインやモバイル決済システムの利用が高まっているが、中小企業の中には「簡単に利用できるインフラに対応したPOS決済システム」のケータリングを必要としている分…

BPI-mPOSBPI(Bank of the Philippine Islands)はスマートフォンやタブレットをクレジット決済のためのPOS端末として使えることができるサービスをフィリピンの中小企業向けに提供している。

フィリピンではPayPalなどのオンラインやモバイル決済システムの利用が高まっているが、中小企業の中には「簡単に利用できるインフラに対応したPOS決済システム」のケータリングを必要としている分野がある。小規模企業にとってこれに当たるのがスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスだ。

アジア太平洋地域ではSwiffMOLcube、アメリカではSquareなどのソリューションが提供されている。PayPalもPayPal Hereというソリューションを提供している。販売業者はモバイルデバイスに取り付けたリーダーを使ってクレジットカードによる決済を受け付けることができる。

フィリピンではWiFiあるいはデータ対応のスマートフォンやタブレットをモバイルPOSシステムとして使えるBPI mPOSというサービスをBank of the Philippine Islands(BPI)が開始している。このシステムではVisaやMasterCard、デビットカードが利用できる。

現在このシステムが動作するのはAndroidとiOSデバイスだがBlackBerry用アプリの開発が進められている。BPI mPOSを利用するにはアプリをインストールしmPOS端末をデバイスの3.5mmステレオジャックに取り付ける。これでデバイスはクレジットカードをスキャンすることができ、決済情報はBPIの中央サーバー経由で送信される仕組みだ。

顧客は紙ではなくスマートフォンあるいはタブレットのスクリーン上にサインし、レシートはeメールで顧客に送られる。BPIによると、mPOSはPayment Card Industry Data Security Standard(PCIDSS)とPayment Application Data Security Standard(PA-DSS)に準拠しており、スマートフォンやタブレット上に情報が保存されることはないという。さらにセキュリティを高めるため、改造されたデバイスでは動作しない。

Newsbytesによると、同デバイスは最初のユーザとなる600の販売業者により試験運用されている。

swiff

【via e27】 @E27sg

【原文】

Square似のサービス「Swiff」、現地のアユタヤ銀行と提携してタイ進出へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 小売店がスマートフォンを使ってクレジットカードでの支払いを回収できる「Swiff」が、タイ市場へ大きな一歩を踏み出した。Swiffを運営するスタートアップ、SCCPグループが9月27日、タイのトップ商業銀行アユタヤ銀行(Bank of Ayudhaya)と提携し、低価格モバイルPOSシステムを顧客に提供すると発表した。 Swiffを利用する小売店は、モバイル…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

小売店がスマートフォンを使ってクレジットカードでの支払いを回収できる「Swiff」が、タイ市場へ大きな一歩を踏み出した。Swiffを運営するスタートアップ、SCCPグループが9月27日、タイのトップ商業銀行アユタヤ銀行(Bank of Ayudhaya)と提携し、低価格モバイルPOSシステムを顧客に提供すると発表した。

Swiffを利用する小売店は、モバイルアプリ、モバイル機器、タブレット端末またはスマートフォンに搭載されたクレジットカードリーダーのみで作動するPOSシステムを使用して、潜在的コストを削減することができる。従来のPOSシステムを購入する必要はない。

2012年3月のサービス開始以来、HSBC銀行の子会社であるGlobal Paymentsとの提携を通じ、シンガポール国内の100以上の小売店に導入されている。飲食品、電気通信、物流、サービス等、様々な産業へのサービス拡大を考えている。

6月には、モバイルアプリ向け認証プラットフォームに特化したヨーロッパ企業4G Secure SASの株式の過半数を獲得した。彼らの技術によってSwiffはより安全なものになるだろう。タイ市場はそのクレジットカード普及率の低さから難しい市場とみなされてきた。クレジットカードを持つタイ人は2008年に約600万人程度で、総人口6,900万人に対して10%にも満たない。

しかしクレジットカード利用者の大部分が、バンコクのような都市部に住んでいることがSwiffを後押ししている。それに低い普及率は、成長のポテンシャルがあるともいえる。加えて、タイの収入源は観光産業であるため、Swiffはそこにも何かしら仕掛けていくことができるだろう。

このスタートアップは、アジアだけでなく、アフリカ、アメリカ、そして欧州連合地域にも拡大していきたいとしている。

彼らにとって、アジアでは競合はPayPal Hereだ。アメリカではSquareが大手で、ヨーロッパではPayLeven、Verifone、iZettle、SumUp、そしてmPowaなどが市場シェアを獲得するべく戦いを繰り広げている。Amazonもまた市場に参入するとの報告もある。Swiffにはこれら他企業との類似点が多くある。だが、小売店ではなく銀行との直接取引を進めていくことに力を入れていることが他企業との大きな違いだ。

しかし、Swiffではなく銀行とやり取りすることで小売店側にとって大きな違いが生まれるだろうか?おそらくそれはない。それでも、Swiffは銀行にとって大きな違いを生むことができる。今では彼らの顧客にモバイルPOSソリューションという付加価値サービスを提供することができるからだ。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

PaypalやAlibabaの「Alipay」など、アジア圏に続々と登場するオンライン&スマートフォン決済サービスまとめ

SHARE:

今週はアジア圏における決済サービスのニュースが相次ぎました。例えばインドネシア。Nielsenによるインドネシアのモバイル浸透率は78%、1億5000万人以上のモバイルユーザーが存在します。そんなインドネシアにはまだこれといったオンライン決済サービスがないそう。そんな市場に目を付けて、米国のSquareに対抗するようなサービスを含む様々なサービスがローンチしています。先週レポートした新たな決済サー…

今週はアジア圏における決済サービスのニュースが相次ぎました。例えばインドネシア。Nielsenによるインドネシアのモバイル浸透率は78%、1億5000万人以上のモバイルユーザーが存在します。そんなインドネシアにはまだこれといったオンライン決済サービスがないそう。そんな市場に目を付けて、米国のSquareに対抗するようなサービスを含む様々なサービスがローンチしています。先週レポートした新たな決済サービスを中心に、ここ最近紹介したアジア圏のサービスをまとめてみました。

PayPalのスマートフォン用カードリーダー

PayPalの携帯専用のグローバルソリューション「PayPal Here」がアジアでもローンチしました。現在のサービス提供地域は米国、カナダ、豪州、香港。無料の携帯アプリとヘッドホンジャックに装着するタイプのカードリーダーを使用します。PayPal Hereがあれば、ローカルのどんな小さな店舗もスマートフォン決済が可能になります。中国では非金融期間のオンライン決済サービスの経営は国内企業にのみ許可されているため、PayPalは現在許可を申請中だそう。(元の記事

中国最大級の決済サービス「Alipay」が決済デバイスに7900万米ドルを投資

Alipayが開発を進めるのは持ち運びが可能な決済デバイス。Alipayの日々の取引額の約70%が代金引換で、そのほとんどが現金払い。2012年の前半にはすべての第1級都市(北京、上海、広州など)に新デバイスを1万台導入する予定。第2級都市への導入は2012年後半に予定されています。すでに、中国の大手eコマースのDangdang(当当網)がAlipayのデバイスの導入を始めています。原文では「Squareに似た」となっていますが、どちらかというと日本の宅配業者さんが使用する端末のイメージですね。(元の記事

同じ「Alipay」のクロスプラットフォームのモバイルアプリがダウンロード数3000万件を突破しました。アプリによる取引件数は前年比6倍を記録。Alipayの親会社のAlibaba(阿里巴巴)によれば、モバイルアプリの1日あたりのアクティベート数は6万。(元の記事

Square系決済サービス「Swiff」がアジアで正式ローンチ

スマートフォンのイヤホンジャックに接続することで、クレジットカードおよびデビットカードの読み取りが可能な装置「Swiff」。iOS、Blackberry、Androidで利用でき、Windows Phoneへの対応も予定しています。Squareとの大きな違いは、Squareが個人を含む誰もが利用できるサービスであるのに対して、Swiffはあくまで認証された企業アカウントに特化していること。(元の記事

インド発のカード支払いサービス

インドでeコマース周辺の動きが活発。先日も、インド最大手のeコマース「Snapdeal」がスポーツのオンラインコマース「Esportsbuy」を買収しました。そんなインドでは、カードオンデリバリー(宅配時のカード決済)が普及してきているとか。インド最大のオンライン食品サイトMyGrahak.comがカード決済サービスを開始しました。同社は、金額や取引の数が増えるにしたがい、より完全な支払い方法に移行する必要があったことを説明。GSM対応(グローバル・システム・フォー・モバイル・コミュニケーションズの世界基準)で、支払いと配達のデータを同時に送信することができる。あくまで自社で使うサービスのよう。(元の記事

インドネシアのオンライン決済サービス「UNIK」

インドネシアには統一されたオンライン決済サービスが存在しない。電話オペレータに支払い請求をしてもらうなど、未だにすごく古いやり方が主流。そんな問題を解決するべく登場したのがUNIKで、PayPalとM-Pesa(銀行ネッッとワークと統合したモバイルネットワーク決済ソリューション)を一つにしたようなサービス。eコマースの支払い、電話料金の支払い、携帯の追加チャージなどあらゆる決済をこれで済ませられる。サービス開始は2011年12月、契約ユーザ数は現在17,000人でTokopediaと提携を結んでいます。(元の記事

インドネシアの決済プラットフォーム「INDOMOG」

オンラインペイメントシステムで、中でもオンラインゲームの支払いにおけるトッププレイヤー。INDOMOGのユーザ数は35万人、取引販売業者は90社。Zyngaの独占パートナーでもあり、総売上のうちおよそ30%、金額にすると毎月50万ドルの売り上げがZyngaによるもの。(元の記事

インドネシアの2大銀行がそれぞれ取り組む決済ソリューション

最大の民間銀行BCA (IDX:BBCA)が発表した「KlickPay」という製品。時期を同じくして国営銀行のMandiri (IDX:BMRI)も「ClickPay」を発表しました。「KlikPay」は銀行のサイトで登録し、アカウントを有効化するだけですぐに使用できます。現在までに「KlickPay」が獲得しているオンラインパートナーには、Bhinekka, BliBli, CBN, Gudang Voucher, Living Socialなどがいます。「ClickPay」はこれまでに8つのeコマースパートナー(Garuda Indonesia, Plasa.com, IndoMOG,RakutenBliBli, EnjoySpin.com, Kagum Hotel, Bhinekka)を獲得しているそう。(元の記事

新たなSquare系決済サービス「Swiff」がアジアで正式ローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Swiffについては数か月前にも書いたが、このソリューションについてもっと知りたい人も多いだろう。ついにそのモバイル決済デバイスが本日(原文掲載3月23日)正式ローンチした。 簡単に言うとSwiffはSquare系の決済ソリューションだ。同サービスはクレジットカードおよびデビットカードの読み取り装置を提供する。読み取り装置は携帯電話のオーディオポートに接続で…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Swiffについては数か月前にも書いたが、このソリューションについてもっと知りたい人も多いだろう。ついにそのモバイル決済デバイスが本日(原文掲載3月23日)正式ローンチした。

簡単に言うとSwiffSquare系の決済ソリューションだ。同サービスはクレジットカードおよびデビットカードの読み取り装置を提供する。読み取り装置は携帯電話のオーディオポートに接続できるため、どこででも決済ができる。iOS、Blackberry、Androidなどほとんどの携帯電話で利用でき、Windowsの携帯でもまもなく利用が可能となる。

「Square」はまだアジアに上陸していないためSwiff のローンチは大歓迎だ。ただ、Squareがフリーランサーも含む誰もが利用できるサービスである一方、Swiff は認証された企業アカウントだけに特化している点は頭にいれておきたい。Swiff はカード情報を暗号化して銀行に送るため携帯に情報を残らない。

決済認証は4段階で行われる。消費者、消費者のデバイス、販売者、そして販売者のデバイスだ。下のビデオでも分かるようにソリューションはなかなか良い。だが、アジアには Swiff 以外のサービスもある。最近ではPayPal が「PayPal Here」をローンチしているし、Alipay(支付宝)にも独自のモバイル向けクレジットカードリーダーがある。といっても見た目はSquareのものとは全然違って、どちらかと言うとスーパーで毎日見る店頭端末機に似ているのだが。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

シンガポールのSwiffは、Squareライクなモバイル決済を企業向けに提供

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Squareは最高に便利なモバイル支払いサービスなのだが、ご存じのようにこれはアメリカでしか使えなかった。そういうわけで、私を含むアジア人はもっぱらSquareについての記事を読むたびに、アジアでも使えるようになることを心待ちにしているしかなかった。 しかし、「Swiff」の登場でそんな日々ももう終わりである。シンガポール生まれのSwiffは、Squareと…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Squareは最高に便利なモバイル支払いサービスなのだが、ご存じのようにこれはアメリカでしか使えなかった。そういうわけで、私を含むアジア人はもっぱらSquareについての記事を読むたびに、アジアでも使えるようになることを心待ちにしているしかなかった。

しかし、「Swiff」の登場でそんな日々ももう終わりである。シンガポール生まれのSwiffは、Squareと同じようなモバイル決済サービスだ。このモバイルカードリーダーは、iOSとAndroid のスマートフォンやタブレットで利用できる。

Swiffの生みの親は、SCCPという決済処理・ソリューション会社だ。この会社は9年にわたって決済ビジネスを行ってきた。だが、Squareが既に話題になっているので、SCCP社がSquareのアイデアを盗んだのだと思う方も多いのではないだろうか。

しかし、SCCP社マーケティング・コミュニケーション部のリーダーであるStephanie Yeoはこれを否定する。彼女は、「SCCP社は何年もの間、プロダクトの研究開発を行ってきたものの、Square社に先に市場に出されてしまったのです」と語った。

Square社はB2Cモデルのサービスを提供している。すなわち、消費者どうしがSquare社のシステムを通じて互いに支払いを行うことが出来るのだ。これは売春にうってつけの支払い方法になる可能性があると考えている人たちもいる。

一方、Swiff社は企業のみをターゲットとしている。「きちんと企業として登録されていて、法人口座も持っている企業しかSwiffを利用することが出来 ません」と、Stephanieは説明する。また、Squareにおいてはアメリカの銀行しか受け付けられないが、対するSwiffは「全ての銀行に平等 (Stephanie談)」である。

さらに彼女は以下のように語った。

「Swiffは、クレジットカード処理端末よりも経済的で使いやすい。加盟店(企業)にとってはありがたいものになるでしょう。ですから、私たちはクレジットカードの決済銀行(アクワイアラー)と提携し、加盟店にモバイル決済サービスを提供しているのです。」

「私たちの仕事は決済手続を簡単にすることですが、取引関係はあくまで銀行と加盟店(顧客)の間に実施されます。ですから、取引手数料やレートを決めるのは銀行になります。会社によってレートが違うということもありえます。また、新興の加盟店銀行と取引をしたいという事業者がこの先出てきた際にも、受け入れる用意はあります。」

Swiffは、今はシンガポール国内でのみ利用可能だ。現在のところ、Sakae SushiBuyan Russian Haute Cuisine、Cavar Barといった顧客がいる。

SCCP社は現在資金を集めており、マレーシア・インドネシア・インドへの進出を計画している。私が分かっているかぎり、来年(2012年)の2月ごろには本格的に進出が始まる予定のようだ。Squareはアメリカ市場を席巻しているが、果たしてSwiffはアジア市場を席巻出来るだろうか? それは見てのお楽しみだ!

【via Penn Olson】 @pennolson