BRIDGE

タグ Swiggy

インドのフードデリバリスタートアップSwiggy、Uber Eatsの現地事業を取得へ——格安ホテル予約のOYOは、FreshMenu買収に向け交渉中

SHARE:

インドのフードデリバリスタートアップ大手の Swiggy が、UberEats のインド事業取得に向けて事前協議をしていると、関係筋の情報として Economic Times (ET)が報じている。バンガロールに本社を置く Swiggy にとって、3月で完了するとみられるこの買収は過去最大規模のものだ。UberEats にとっても国外で事業を売却するのは初めてのケースである。 関係筋によると、買収…

Image credit: Swiggy

インドのフードデリバリスタートアップ大手の Swiggy が、UberEats のインド事業取得に向けて事前協議をしていると、関係筋の情報として Economic Times (ET)が報じている。バンガロールに本社を置く Swiggy にとって、3月で完了するとみられるこの買収は過去最大規模のものだ。UberEats にとっても国外で事業を売却するのは初めてのケースである。

関係筋によると、買収は株式交換で行われる。これにより UberEats は、現在時価総額33億米ドルの Swiggy の持分を10%保有することになる。報道をみたところ、1,200億ドルにもなる株式公開に向けた準備を UberEats が進めている中にあって、今回の動きは、損失を抑えようとする戦略に沿ったものだといえる。

2014年に設立された Swiggy は、50ヶ所を超える都市に5万ものレストランパートナーを抱える。業界でも最高のリピート率とネットプロモータースコア(NPS)で市場シェアを確保しつつ、半年前に行われた資金調達以降、42の都市に進出して流通総額(GMV)を倍増させた。

昨年12月には、既存投資家で世界的なインターネットエンターテインメントグループの Naspers がリードする10億ドルのシリーズ H ラウンドに関する正式契約を締結した。2017年5月には、Naspers がリードし、既存投資家の Accel India、SAIF Partners India、Bessemer Venture Partners、Harmony Partners、Norwest Venture Partners が参加したラウンドで8,000万ドルを調達した

フードデリバリー業界における他の大がかりな統合事例として、OYO がクラウドキッチンスタートアップの FreshMenu を5,000~6,000万ドルで買収する交渉をしていると ET が別の報道で伝えたものがある。ET に情報提供した人物によると、これにより OYO が1年以上にわたり社内で取り組んできた施策、ホテル全体に及ぶ食事体験の標準化につなげられるという。

2014年に設立された FreshMenu はオンラインのフードオーダープラットフォームで、Lightspeed Venture Partners などの企業が出資している。昨年には TPG、General Atlantic、Temasek Holdings、国内の PE ファンドである Kedaara Capital から7500万ドルを調達する交渉をしているとの報道が流れた。

【via e27】 @E27co

【原文】

インドのフードデリバリプラットフォーム大手「Swiggy」、 NaspersがリードしたシリーズHラウンドで10億米ドルを資金調達

SHARE:

インドのバンガロールに拠点を置くフードデリバリプラットフォーム大手「Swiggy」は20日、既存投資家で世界的なインターネット・エンターテイメントグループ Naspers がリードする、10億米ドル規模のシリーズHラウンドに関する最終契約をクローズしたと発表した。 Naspers の他に DST Global、Meituan Dianping(美団点評)、Coatue Management などの…

Swiggy
Image credit: Swiggy

インドのバンガロールに拠点を置くフードデリバリプラットフォーム大手「Swiggy」は20日、既存投資家で世界的なインターネット・エンターテイメントグループ Naspers がリードする、10億米ドル規模のシリーズHラウンドに関する最終契約をクローズしたと発表した。

Naspers の他に DST Global、Meituan Dianping(美団点評)、Coatue Management などの既存投資家のほか、Tencent(騰訊)、Hillhouse Capital、Wellington Management Company といった新規の投資家も参加している。

同ラウンドはインドのフードテクノロジー部門において、最大規模のものとなっている。これにより Swiggy の合計調達額は、12億6,000万米ドルに達した。

同社の声明によると、調達した資金で、より高品質な食品ブランドを消費者にとって身近なものにし、提携先の飲食店に向けた「Access 戦略」の下で、デリバリー専用キッチンを通じ供給の格差問題に取り組んでいくとしている。

さらに、一流の人材を採用するために資金が使われる。特に機械学習や中・上級レベルのエンジニアリング部門の人材を確保するという。同社のテクノロジー基幹をさらに強化し、地元密着のオンデマンド配達を目的とした次世代の人工知能(AI)プラットフォームの立ち上げに尽力する。

Swiggy の CEO である Sriharsha Majety 氏は、以下のように話している。

Swiggy は変わりゆく産業革新の中で、インドにおけるフードデリバリーのポテンシャルを上げるため最前線に立ち、何百万人ものインド人の皆様に最高のおもてなしをお届けできるよう尽力しています。「今までにない利便性を提供することで、都市圏に住む消費者の生活の質を向上させる」というビジョンにさらに注力できるので、先見の明がある世界の投資家が弊社の目標を共有し、将来に対し多大な投資をしてくれたことに喜びを感じています。

Naspers の Food and Ventures 部門で CEO を務めている Larry Illg 氏は、以下のように語っている。

弊社が Swiggy と最初に提携を結んだのは2017年の4月のことです。Swiggy のチームはインド国内の他社より優れた、持続可能で長期的なビジネスを構築していました。ほぼ2年たった現在、Swiggyは勝利の方程式を持ち、同国で最先端のビジネスを創造し続けると弊社は自信を持って言えます。

Naspers が初めて出資して以来、Swiggy の月間受注数は10倍となり、インドの第1級、第2級、第3級の都市へと事業拡大を続けています。そして何より重要な点は、国内の消費者に最高のサービスを提供する、インドでもっとも愛されたフードデリバリーブランドであるということです。

Swiggy は2014年に設立。現在、50都市以上で5万を超える飲食店と提携を結んでいる。半年前に行われた前回の投資ラウンド以後、新たに42の都市へ進出を果たした。業界トップのリピート率とネットプロモータースコア、マーケットシェアへと強化した結果、総流通総額(GMV)は2倍に達した。

2017年5月、同社は Naspers がリードした投資ラウンドで8,000万米ドルを調達している。参加企業は既存投資家である Accel India、SAIF Partners India、Bessemer Venture Partners、Harmony Partners、Norwest Venture Partnersであった。

【via e27】 @E27co

【原文】