THE BRIDGE

タグ Swingdo

BHIが一連の情報過多対策アプリを「Swing!」として統合、同社初となるweb版リリースでPCからのアクセスも可能に

SHARE:

東京に拠点を置く BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。 これまでに各種SNS宛のダイレクトメッセージやメールをアグリゲートし、推測される優先順位に沿ってメール返信を支援する「SwingMail」(iOS 版、Android 版)や、現在の時刻に沿って To-Do 管理を自動化できるアプリ「Swingdo」…

東京に拠点を置く BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。

これまでに各種SNS宛のダイレクトメッセージやメールをアグリゲートし、推測される優先順位に沿ってメール返信を支援する「SwingMail」(iOS 版、Android 版)や、現在の時刻に沿って To-Do 管理を自動化できるアプリ「Swingdo」(iOS 版、Mac アプリ版、Google Chrome エクステンション版)、LINEでメールの送受信やTo-Do管理ができるチャットボット「SwingBot(リンク先は、LINE 連携用URL)」、ECサイトやチケッティングサイトの通知メールから購入履歴などを自動整理してくれるアプリ「Swingtrack(iOS 版)」をリリースしてきた。

同社は15日、これらのシリーズアプリのうち SwingMail、Swingdo、Swingnews、Swingtrack の機能をまとめ、「Swing!」というスイートブランドで統合展開していくことを明らかにした。また、モバイルアプリとしてはこれまで通り独立したままだが、Swing! については同社初となる web 版をリリース、モバイルだけでなく PC からも一連の機能にアクセスが可能となった。

「Swing!」web 版のニュース機能(Image credit: BHI)
クリックして拡大

BHI ではインフォメーション・オーバーロード対策を特化してきたため、これまでのソリューションはモバイルアプリのみを提供していた(Swingdo の Google Chrome エクステンション版を除く)。このため、ユーザはメールの機能を使う場合、PC では仕様の異なる別のメーラを併用せざるを得ない状況が続いていた。同社では web 版のリリースにより、ユーザはモバイルアプリと同様の画面仕様での操作が PC からも行えるほか、モバイルでは面倒な細かい設定や長文の返信などは、シチュエーションに合わせて PC から行えるようになるとしている。

「Swing!」web 版のお買物機能(Image credit: BHI)
クリックして拡大

また、web 版については、ホワイトラベルによる OEM 展開をスタートし、マネタイズを開始する。メール・/Todo/お買物/ニュースを顧客要望に応じてパッケージにして提供することや、一部機能を他社の既存サービスに組み込ませることを狙う。お買物機能については現時点で楽天と Amazon のみに対応しているが、10月上旬までに約90の EC サイトに対応させ、簡単操作による商品再購入や商品情報とニュース情報の連携などを図る。

BHI は2013年の創業、それより遡る2012年にサムライインキュベートから430万円の出資を受けた(ラウンド不明)。以降、2014年4月にシリーズ A ラウンドで大和企業投資から(調達額非開示、推定調達額1億円程度)、2016年12月にフリービットインベストメントやニッセイ・キャピタルから(ラウンドおよび調達額非開示)出資を受けている。

(編注:iTunes の仕様変更に伴い、PC および Mac 用の iTunes Ver 12.7 以降では記事中リンクから iOS アプリをダウンロードできません。iPad や iPhone のブラウザ上で当該リンクをクリックしてください。)

----------[AD]----------

To-Do管理の自動化アプリ「Swingdo」がバージョンアップ、位置情報と連携するタスクのレコメンド機能が追加

SHARE:

東京に拠点を置くスタートアップ BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。昨年末にリリースした同社の To-Do 管理アプリ「Swingdo」の iOS 版が17日に ver 2.0 にアップデートされ、興味深い機能が4つ追加された。 1. タスクと場所が紐付いているときに、位置情報に応じてタスクの優先度が上が…

swingdo_featuredimage

東京に拠点を置くスタートアップ BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。昨年末にリリースした同社の To-Do 管理アプリ「Swingdo」の iOS 版が17日に ver 2.0 にアップデートされ、興味深い機能が4つ追加された。

1. タスクと場所が紐付いているときに、位置情報に応じてタスクの優先度が上がってレコメンドされる機能、2. メールの返信漏れ抽出機能、3. To-Do 完了時の「イイネ」アイコンやメールタスク完了時の「紙飛行機」アイコン、4. 姉妹アプリである「Swingmail」のメール返信履歴からタスクを作る連携機能の強化、だ。

また、2月には Swingdo は既存の iOS 版に加えて、Chrome エクステンションがリリースされた。これにより、モバイルのみならず、デスクトップからも Swingdo の基本機能が利用できるようになっている。Chrome エクステンション、iOS 版は両者間で情報が同期連携する。

Swingdo のユーザからは、エクステンションでいいからデスクトップでも使えるインターフェイスを出してほしいという要望が多くありました。それに応えた形です。

Wunderlist をはじめとする To-Do 管理の世界3強においても、Chrome エクステンションとスマートフォンの併用ユーザが多いので、その流れに沿った形です。(BHI CEO 日昔靖裕氏)

4月には Mac 用デスクトップ版、5月には Android 版がリリースされるということなので楽しみにしたい。

一方、Swingdo の前身であり、現在は姉妹アプリとも言える SwingmailTHE BRIDGE で初めて紹介したのは2013年6月にさかのぼる。当時からメッセージングの効率化や、メッセージからタスクを自動抽出・生成するためのエンジンを3度にわたって作り直したそうだ。

1度目と2度目(のエンジン)ははっきり言って失敗でした。世界的にもメールからタスクを自動生成しているところは、あまりない。人や履歴を紐付けたり外したりするロジックが非常に難しかった(日昔氏)

SwingMail についても Swingdo 同様、アップデートが続けられており、最近では重要なメッセージのみを表示させたり、重要ではないメッセージをミュートしたりできる機能が追加されている。

BHI は2014年4月、シリーズAラウンドで資金を調達しているが、調達金額、調達先については開示していない。

----------[AD]----------

情報過多対策スタートアップのBHIが、To-Do管理を自動化してくれるモバイルアプリ「Swingdo」をリリース

SHARE:

東京に拠点を置くスタートアップ BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。これまでに、インフォメーション・オーバーロード対策のために3つのアプリを、日本国内と世界向けにリリースしている。 各種SNS宛のダイレクトメッセージやメールをアグリゲートし、推測される優先順位に沿ってメール返信を支援する Swingmai…

swingdo_featuredimage

東京に拠点を置くスタートアップ BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。これまでに、インフォメーション・オーバーロード対策のために3つのアプリを、日本国内と世界向けにリリースしている。

各種SNS宛のダイレクトメッセージやメールをアグリゲートし、推測される優先順位に沿ってメール返信を支援する Swingmail過去のメッセージのやりとり、現在時刻、現在位置から、推測される優先順位に沿って連絡先を表示する Swingbook。現時点から向こう一週間の間に、誰かと打合せする内容にのみフォーカスしたカレンターアプリ Swingcal だ。
(12/18 17時訂正:Swingbook および Swingcal の機能は、Swingmail に統合済)

<関連記事>

そして今日、また新たなアプリが一つお目見えした。To-Do 管理、カレンダー予定、返信を忘れているメールなど、次にやるべきタスクを教えてくれるアプリ「Swingdo」である。Swingdo は、ユーザが入力した情報や過去の履歴をもとに、アプリがタスクの優先順位を自動的に判断、途中に Swingcal やスケジューラで指定されたアポなどがある場合は、必要に応じてタスクの間にそれが差し込まれる。

一般的にタスク管理において、To-Do の未済という観点で管理する場合には、Trello のようなストック型の情報管理ツールが重宝する。コミュニケーションにおいては、Slack やチャット・メールなどフロー型のツール。そして、タスクの予定や履歴を時系列で見る場合には、カレンダツールといった具合だ。

すなわち、仕事のパートナーとやりとりしながら、あるタスクを3つの軸(To-Do の未済・時系列・連絡)で完全管理しようとすると、最低でも3種類のツールを並行して使う必要が生じるわけだが、往々にして、この3つのツールは完全には同期しない(例えば、Slack でやりとりした情報をもとに、Trello にタスクが自動追加されることは無い)。

swingdo_screenshots

Swingdo はこれら、未済・時系列・連絡の3つの軸を統合してタスク管理しようというモバイルアプリだ。タスクを処理する優先順位は、ユーザがタスクを入力した際の期限と想定工数により自動的に決定される。メール連絡やカレンダー登録を元にしたタスクは、Swingdo 上で工数がデフォルトで15分に設定されるが、ユーザは工数を個別に変更することができる。あとは、Swingdo が表示した優先順位に応じて、ユーザは身を委ねて順に作業をしていけばいいことになる。

bhi_yasuhiro-himukashi_portrait
日昔靖裕氏

俺、次に何をやればよかったんだっけ? というようなことがなくなります。

チームの中でも賛否両論あったのですが、優先順位の決定は完全にアプリまかせにして、敢えてユーザは自分では優先順位を上下入れ替えできないようにしました。手動で動かせるようにすると、結局、やるべきタスクが後回しになり、やるのを忘れてしまいがちだからです。(BHI CEO 日昔靖裕氏

今回の Swingdo はバージョン 1.0 であるため技術的にまだ心もとない部分が残るが、今後、開発の進捗にあわせてアプリのアップデートを進め、例えば、メールやカレンダーに登録された内容をもとにタスクを追加する場合は、言語解析を行い機械学習を応用して優先順位に反映させていく。

将来的には自動運転車などにも連携が可能か…

Swingdo が日常的に使われるようになれば、自動運転車などとの連携も将来的に可能ではないかと日昔氏は語る。

例えば外出をする場合、要件がわかれば、行き先の推測がつけられることになります。Swingdo にタスクが入っていれば、行き先を告げるまでもなく、自動運転車に運転を任せるようなことが可能になるのではないでしょうか。

Swingdo 上で情報が管理されていれば、移動が必要となる時間帯に、アプリから自動的に Uber に配車依頼をかけるようなこともできるかもしれない。Swingmail が過去を振り返るためのツール、Swingdo は未来を見据えるためのツールという位置付けだ。

位置情報などとあわせ、Swingdo 上に登録されたタスク情報を駆使すれば、プラットフォーム上でユーザが次に何をしようとしているかを人工知能が予測することもできるだろう。これらをビッグデータ的に扱えれば、道路の渋滞予測などにも応用できる可能性がある。

今回の Swingdo リリースとあわせ、BHI ではメールツールの Swingmail についてもバージョン7.0へとアップデートし、キュレーション機能や重要メールを確認できる機能を追加している。来年には世界各国のキャリアメールにも順次対応させ、ユーザの利便性向上につなげたいとしている。

----------[AD]----------