THE BRIDGE

タグ Synapse

AIスタートアップのシナプス、エンジェルラウンドで約1億円を調達——出張需要を自動取込、旅行予約サイトへ送客する「deppari」を開発

SHARE:

東京に拠点を置く AI スタートアップのシナプスは27日、エンジェルラウンドで資金調達を実施したことを発表した。エボラブルアジア(東証:6191)、名称非開示の事業会社1社、イグニション・ポイント代表取締役の青柳和洋氏をはじめ個人投資家数名から3,800万円を調達済。また今後、日本政策金融公庫の資本性ローン、東京都や江戸川区の中小企業向け制度融資などで合計6,000万円程度を確保する見込みだ。投資…

synapse-team
左から:シナプス CSMO 久保田哲也氏、CSO 片平吉昭氏、CEO 片山善博氏、社外取締役に就任した青柳和洋氏(イグニション・ポイント代表取締役)
Image credit: Masaru Ikeda

東京に拠点を置く AI スタートアップのシナプスは27日、エンジェルラウンドで資金調達を実施したことを発表した。エボラブルアジア(東証:6191)、名称非開示の事業会社1社、イグニション・ポイント代表取締役の青柳和洋氏をはじめ個人投資家数名から3,800万円を調達済。また今後、日本政策金融公庫の資本性ローン、東京都や江戸川区の中小企業向け制度融資などで合計6,000万円程度を確保する見込みだ。投資・融資を合計した調達額総和は約1億円となる。なお、今回の調達にあわせ、イグニション・ポイント代表取締役の青柳和洋氏と、ニューラルネットワークの権威である東京大学教授の伊庭斉志氏が、シナプスの社外取締役に就任することも明らかになった。

シナプスは2018年4月、エボラブルアジアで執行役員技術 GM を務めた片山善博氏(CEO)、中古自転車販売業ちゃりカンパニー(7月にクララオンラインが買収)の代表を務めた久保田哲也氏(CSMO)らにより設立。出張の需要がある企業ユーザを対象に、スケジューラに投入された出張予定をもとに、移動や宿泊方法をレコメンドするサービス「deppari」を開発している。サービス開始当初は、エボラビルアジアが運営する「エアトリ」への送客によるアフィリエイトでマネタイズするが、出資者にエボラブルアジアが含まれるものの、シナプスは将来、送客先を他の OTA に拡大する可能性を否定していない。今年11月からβ運用を開始し、来年1月に正式ローンチを迎える予定だ。

兼ねてから、筆者は出張のスケジューリングに TripIt というサービスを多用している。フライトの便名や宿泊先を投入するだけで、あるいは、OTA からの予約確認メールを読み込ませるだけで、移動時間などが自動管理できる便利なサービスだ。TripIt は出張精算ツール大手の Concur に買収され、この Concur はその後 ERP 大手の SAP に買収された。SAP – Concur – TripIt というスイートは、欧米では出張精算の簡素化需要を取り込む陣営へと成長しつつあるが、いかんせん中小企業が手を出すには高価なパッケージだ。シナプスはこの需要を、中小企業やスタートアップ向けに最適化した形で取り込み、AI の力を活用して既存サービスをディスラプトしようと考えているようだ。

deppari では、ローンチ当初はデータが十分に溜まっていないので AI によるレコメンド機能は限定的な提供となるが、ユーザは自分で好みを設定することで、特定の出張目的地に出向くのに飛行機を使うのか新幹線を使うのか、日帰りか宿泊か、禁煙席か喫煙席か、東海道新幹線なら太平洋側か富士山が望める陸側か、普通席がいいかグリーン席がいいかなども選べ、これらを AI が学習し将来のレコメンドに役立てる(ダイナミックレコメンド)。個人ユーザが使う分には無料だが、将来的には会計 SaaS などと接続し、会計事務所や税理士事務所を通じたパートナーセールスで、中小企業への浸透を加速したい考えだ。

----------[AD]----------

オンラインサロン「Synapse」有料会員数が1万人突破、匿名利用を可能にしたiOSアプリも公開

SHARE:

オンラインサロンを提供するシナプスは6月15日、独自のコミュニティ機能を利用可能なiOSアプリを公開した。また同社は同時にサロン数が180件に、有料会員数が1万人を突破したことも伝えている。 Synapseは著名人を中心とした有料のオンラインコミュニティを提供しているプラットフォーム。サロンを開設したいオーナーはSynapseに申請し、内容を許可されると独自の有料コミュニティを開設できる。 サービ…

synapse_01

オンラインサロンを提供するシナプスは6月15日、独自のコミュニティ機能を利用可能なiOSアプリを公開した。また同社は同時にサロン数が180件に、有料会員数が1万人を突破したことも伝えている。

Synapseは著名人を中心とした有料のオンラインコミュニティを提供しているプラットフォーム。サロンを開設したいオーナーはSynapseに申請し、内容を許可されると独自の有料コミュニティを開設できる。

サービス公開当初はサロンの承認、集客ページの公開、およびユーザー課金の管理などが主な機能として提供され、実際の参加者コミュニティについてはFacebookグループで別途開設する必要があった。

screen-schott_ios-02 screen-schott_ios-01

2015年9月にはこのコミュニティ機能についてもオリジナルのサービスに移行を開始。今回はこのコミュニティ機能部分だけがiOSアプリとして提供されることになる。

オンラインサロン「Synapse」の月次流通は2000万円規模に成長、次の一手は独自プラットフォーム #bdash

ウェブベースで提供されていたサービスと同様、実名ベースのFacebookと異なり、ニックネーム等での参加も可能になるほか、情報のリアルタイム通知やコンテンツのアップロードなど、独自のサロン運営を可能にする。同社では今回のリリースを機に改めてFacebookグループで運用していたサロン運営者に対して移行手続きを進めるとしている。(従来通りのFacebookグループでの運用も並行する)

前回取材時には月次の流通額も2000万円と好調に推移していたが、一方で同様のサロンプラットフォームを開始する事業者も散見されるようになった。ビジネスの状況はどうなっているだろうか?同社代表取締役の田村健太郎氏に状況を聞いた。(以下、回答は全て田村氏)

「サロンの新規開設・ユーザー獲得の伸び率に関しては、類似サービスの参入後、多少ですが向上しています。一部大型サロンの終了などもありましたが影響は軽微で、当社売上としては順調にギネス更新を続けています。また「オンラインサロン」という仕組み自体の認知が進んだことで、当社からの提案によるサロン開設がしやすくなったことが大きいです。以前よりブラウザ版にて非実名での独自システムを持っていることが効いている印象です。 今回のリリースはその状況をさらに後押しするためのものですね」。

また、このサロンプラットフォームというのはあまり類似のサービスを思いつかない。巨大掲示板やソーシャルネットワークのコミュニティグループの派生版であるのは間違いないのだが、同サービスを切り出して運用しているのはやはり珍しいのではないだろうか。運用を始めて数年が経過し、どのような感触を持っているのか聞いてみた。

「サロンビジネスは広義のコミュニティサービスと認識していますが、コミュニティサービスにありがちな「参加者同士での揉め事」「古参ユーザーによる新規ユーザーの居心地の悪さ」「迷惑ユーザーによる盛り下がり」などが4年の運営の中でほとんどありませんでした。この状況はサービス開始時の想定を大きく超えるものでした。 元々は有料コンテンツ軸で開始したオンラインサロンですが、インターネットコミュニティのあり方自体を変革していけるポテンシャルを今は感じています」(田村氏)。

同時に前回取材時にも聞いているが、やはり情報商材系のサロンオーナーなど、香ばしい人間というのは後を絶たない。現状での対応についても改めて聞いてみた。

「いわゆる「情報商材系の怪しい人」については開設をお断りしています。これまでの運営で蓄積した判断基準があるので、ほとんどのジャンルで詐欺的なトラブルになるコンテンツを見分けることができているように思います。価格とサービス内容がアンバランスな場合は開設手続き進行時に調整をお願いするケースもあります。開設後についても提供コンテンツについては人力でも機械的にもトラッキングしていて、当初提示内容とかけはなれた運営がされている場合は是正依頼、聞いていただけない場合は閉鎖・返金なども厳しく実施しています」。

なるほど、やはり開設した後に全然違う内容を提供する人もいるのだ。まあ、目視で根絶できるレベルなので、これについてはプラットフォーム側で頑張って対応して欲しい。

----------[AD]----------

オンラインサロン「Synapse」の月次流通は2000万円規模に成長、次の一手は独自プラットフォーム #bdash

SHARE:

本稿は、京都で開催中の B Dash Camp 2015 Fall in Kyoto の取材の一部だ。 オンライン・サロンという新しいサービスモデルを編み出し、今年3月にはプライマルキャピタル、DeNAという新しい協力者を得て更なる成長を目指すシナプスがシステムを一新する。 同社は9月17日、Synapseをリニューアルし、独自のプラットフォームによるオンラインサロン運営を10月1日より開始すると…

IMGP3826
シナプス代表取締役の田村健太郎氏

本稿は、京都で開催中の B Dash Camp 2015 Fall in Kyoto の取材の一部だ。

オンライン・サロンという新しいサービスモデルを編み出し、今年3月にはプライマルキャピタル、DeNAという新しい協力者を得て更なる成長を目指すシナプスがシステムを一新する。

同社は9月17日、Synapseをリニューアルし、独自のプラットフォームによるオンラインサロン運営を10月1日より開始すると発表した。

これまでコミュニティ運営の中心だったfacebookグループでの運用をサイト内で実施できるようにし、サロン運営者が会員の利用状況を把握しやすいようにする。また、運営者が動画などのコンテンツやイベントといった取り組みをよりやりやすくなる仕組みも提供するとしている。

12033424_10207664013340961_165526400_n 11850840_10207664013140956_1974816782_n-1

また、招待制カンファレンス「B Dash Camp」の会場で代表取締役の田村健太郎氏に現在のチャレンジの状況を聞いたところ、現在の月次流通総額は2000万円を突破、運営するサロンの種類も政治やスポーツ、エンタメなど100件を超えたという。

好調な話題がある一方で、シナプスが始めたオンラインサロンというのは運営者サイドにサロン運営のほとんどを任せるため、その運営ノウハウにばらつきが出やすい。結果として会費を支払ったのにサービスがうまく提供されない、というトラブルなどの問題もあり得る。

この点について田村氏はこのようにコメントをくれた。

まずサロン開設申込時に、サロンの継続運営が可能かどうかの確認も含めた審査を厳しくおこなっています。審査通過率は概ね30%程度です。
サロンを開始する前に運営方法や更新頻度のヒアリング、初期の立ち上げマニュアルの送付、継続更新のためのご提案などをおこなうようにしています。

このような方法で質の悪いサロンが生まれるのを事前に防ぐようにしているという。また、運営の質のばらつきについてはこのような方法をとっているという。

サロン開設後もすべてのサロンに担当者が付き、投稿や運営状況の監視をしています。その際、他のサロンとのコラボレーションを含む盛り上げ施策などの提案も適宜やっていますね。

また、問題が発生した場合についてはこのような方法でトラブルを防ぐようにしているそうだ。

事前の予告なく更新頻度が著しく少ないサロンについては、利用規約に基づきSynapseの判断でのユーザー返金を行う仕組みがあります。その基準に抵触した場合はサロン主宰者にも売上が分配されないことになっています。ただ、本項目が適用された事例はこれまでなく、事前の警告にて回避ができています。

コミュニティサービスの特性上、ユーザーどうしの揉め事が起こるケースはあります。その際に主宰者が直接警告することによるコミュニケーションコストを減らすために、Synapse運営側から警告、場合によっては強制退会をおこなうようなオペレーションになっています。

これにより熱心なファンとの揉め事に主宰者が極力関わらなくて済み、コンテンツ作りと良いコミュニケーションに集中できる仕組みを提供することをSynapseでは意識しています。なお、これまで強制退会をした事例は一桁人程度です。

同社ではiOSでのネイティブアプリの開発も進めており、10月から11月の提供開始を目指している。

----------[AD]----------

ネットコミュニティの新たな姿を目指してーー有料オンラインサロン「Synapse」がプライマルキャピタル、DeNAから資金調達を実施

SHARE:

有料オンラインサロンプラットフォーム「Synapse」を運営するモバキッズが、プライマルキャピタルとディー・エヌ・エーの2社を引き受け先とする第三者割当増資を実施した。金額は非公開となっている。またモバキッズは、今回の資金調達に合わせて社名もシナプスへと変更している。 苦労を重ねながら成長してきたサービス 「Synapse」が立ち上がったのは2012年2月。当時はまだオンラインサロンプラットフォー…

左から:プライマルキャピタル代表パートナー佐々木浩史氏、シナプス代表取締役田村健太郎氏、DeNA 戦略投資推進室室長 原田明典氏
左から:プライマルキャピタル代表パートナー佐々木浩史氏、シナプス代表取締役田村健太郎氏、DeNA 戦略投資推進室室長 原田明典氏

有料オンラインサロンプラットフォーム「Synapse」を運営するモバキッズが、プライマルキャピタルとディー・エヌ・エーの2社を引き受け先とする第三者割当増資を実施した。金額は非公開となっている。またモバキッズは、今回の資金調達に合わせて社名もシナプスへと変更している。

苦労を重ねながら成長してきたサービス

「Synapse」が立ち上がったのは2012年2月。当時はまだオンラインサロンプラットフォームになる前で、「Gumroad」のような単発でコンテンツが販売できるプラットフォームだった。この時期にサムライインキュベートから出資を受け、同年5月に現状のオンラインサロンモデルへとピボットした。

その後、「ちゅうもえサロン」という人気サロンが誕生し、サービスを成長させていこうというタイミングでトラブルが起こった。

田村氏「当時は受託をしながらサービスの開発をしていたのですが、2013年2月ごろにメインの取引先に納品直後に逃亡されてしまってキャッシュアウトしてしまいました。個人のお金をつぎ込んで当時の社員の給料は出せたんですが、給料を払い続けることが厳しくなったため辞めてもらい、1人になっていました」

そうシナプス代表取締役の田村健太郎氏は当時のことを振り返る。1人分の収益くらいはあったため、受託の仕事をしながら借り入れも行ってサービスを継続してきたという。転機となったのは、2014年8月。「Synapse」に堀江貴文氏のオンラインサロンが開設されて以降、サービスが順調に成長し始めた。

田村氏「この時期から申し込みの質と会員費の相場観に変化がありました。堀江さんのサロンが開設されてから、月の会員費が数千円のサロンがいくつも生まれました。また、より広い範囲で有名人の方が参加したり、サロンを開設にするのに向いている人、たとえば専門知識を持っていたり、コミュニティ運営に長けている人などからの申し込みが多くなりました」

2014年10月にはインキュベーションプログラムの「IncubateCamp 7th」に参加。今回出資した投資家たちとの関係を深め、サービスについて議論を重ねて今回の出資に至った。最近では、2015年2月23日には元サッカー日本代表監督の岡田武史氏のサロンがスタートして、3日間で定員100名が埋まるなどコアなファンの支持を集める人物のサロンも増えて来ているという。

新しいインターネットカルチャーを作る挑戦

DeNA 戦略投資推進室室長 原田明典氏は、インターネットでのコミュニティに関してこのように語った。

原田氏「無料で参加できるコミュニティは数多く登場していますが、どれも深さは同じくらい。無料だと、奥行きと深さに限界が生じます。お金を支払ってもらう部分も含めて、インターネットだからこそ可能な深いコミュニティを作るという挑戦に果敢にトライしている姿勢に共感しました。

コミュニティなので、熱量をどう保存するかがとても重要だと思います。現状では月額定額課金のモデルですが、将来的には深くコミュニティにハマっているときは多く支払い、あまりハマらなかった月は支払う額も少ない、というような従量課金制のような仕組みが実現できると面白いですよね。

インターネットは、オープンで、フラットで、数秒で理解できるものだけではないと思います。深く、奥行きがあるような部分がインターネット上に生み出していくことがこれからのミッションではないでしょうか。シナプスにはずっと人が触っているスマホだからこそ可能な深いオンライン・コミュニティの世界を実現してもらいたいと思います」

今回調達した資金は、サロン開設・運営におけるサロン主宰者へのサポート体制の強化と、独自プラットフォームとするためのスマートフォンアプリの開発に充てる。加えて、コミュニティを盛り上げるために必要な編集部的な機能の仕組み化にも取り組んでいくという。

田村氏「短期的には既存のファンクラブ仕組みを代替をしていくサービスになると考えています。ユーザには、同じものが好きな人たちとライブ、書籍等のパッケージコンテンツ、音楽や映像などのコンテンツを共有できる環境を提供していきます」

短期的にはファンクラブシステムのリプレイスを図りつつ、長期的にはサロンからコンテンツが生まれていくようなパブリッシングの仕組みに切り込んでいくことも視野に入れているそうだ。

原田氏が語ったような新しいインターネットの文化を生み出していく挑戦でもあると捉えると、「Synapse」の取り組みはとても興味深い。プライマルキャピタル代表パートナーの佐々木浩史氏は、

佐々木氏「田村さんが見ている世界観には共感しているので、それを実現するための手段を一緒に考えていくサポートをしていければと思います。田村さんの頭の中を一緒に紐解いていくイメージですね」

と今回の出資に関してコメントしている。田村氏自身、まだ正解が完全に見えているわけではないと語っているが、これまでの苦労を乗り越えてきた彼であれば、正解を見つけるまで諦めずに挑戦し続けるのではないだろうか。

----------[AD]----------