タグ Synspective

小型SAR衛星を開発するSynspective、デット含め119億円をシリーズB調達——累計調達額は228億円に

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 小型 SAR(合成開口レーダー)衛星を開発する Synspective は29日、シリーズ B ラウンドで119億円を資金調達したと発表した。これは同社にとって、2019年7月に実施したシリーズ A ラウンドに続くものだ。累積調達金額は228億円に達した。今回ラウンドに参加したのは、投資家は次の通り。また、調達金額に…

2022年3月1日、ニュージーランド・マヒア半島の Onenui Station 射場から打ち上げられた小型 SAR 衛星2号機。
Image credit: Synspective

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

小型 SAR(合成開口レーダー)衛星を開発する Synspective は29日、シリーズ B ラウンドで119億円を資金調達したと発表した。これは同社にとって、2019年7月に実施したシリーズ A ラウンドに続くものだ。累積調達金額は228億円に達した。今回ラウンドに参加したのは、投資家は次の通り。また、調達金額には、商工組合中央金庫と三菱 UFJ 銀行からの融資を含んでいる。

  • 損害保険ジャパン
  • 森トラスト
  • 野村スパークス・インベストメント
  • Pavilion Capital
  • スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー
  • ジャフコグループ(東証:8595)
  • 三井住友トラスト・インベストメント
  • SBI グループ
  • Nikon-SBI Innovation Fund
  • 新生企業投資グループ
  • 日本郵政キャピタル
  • エースタート
  • 環境エネルギー投資
  • Abies Ventures
  • みずほキャピタル

このうち、エースタート、ジャフコグループ、Abies Ventures、森とラスト、SBI グループ(以前は SBI インベストメントとして)は以前のラウンドにも参加している。

Synspective 共同創業者で CEO の新井元行氏
Image credit: Masaru Ikeda

Synspective は2018年2月、新井元行氏(現 CEO)、白坂成功氏(現取締役、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)らにより設立。新井氏は米会計系コンサルティングファームに在職中に東京大学に入学。技術経営戦略学博士号を取得後、サウジアラビアの再エネ導入支援や経済産業省と日本企業の現地進出支援に従事した経験を持つ。

Synspective は、SAR 衛星コンステレーションシステムを構築、同システムから取得したデータと多様なデータを統合し、機械学習等を活用して情報抽出することで、顧客の課題に対するソリューションを提供。小型 SAR 衛星は技術的難易度が高く、また SAR データ処理も専門知識が必要になる。2020年9月には、SAR 衛星の画像解析によりミリメートル単位の地盤変動モニタリングが可能なサービス「Land Displacement Monitoring」をローンチしている。

同社では今回の調達を受けて、SAR衛星30機からなるコンステレーション構築とそのデータ解析技術をより一層加速させるとしている。

この分野のスタートアップとしては、日本国内では SAR 衛星開発の QPS 研究所、衛星データ分析の Sigma-SAR などがある。QPS 研究所は今年2月、49億円を調達してシリーズ B ラウンドをクローズし、累計調達額が82.5億円に達したことを明らかにしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


Synspective:小型SAR衛星を開発、衛星データのソリューション提供【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。 1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、…

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

Synspective

Image credit: Synspective

<事業内容>

Synspective(シンスペクティブ)は「新たなデータとテクノロジーにより人の可能性を拡げ着実に進歩する「学習する世界」の実現」をミッションに掲げ、独自の小型 SAR 衛星により高頻度観測を可能にするコンステレーション(衛星群)の構築と、そこから得られるデータの販売、および、多様な衛星、IoT データなどを機械学習やデータサイエンスを用い組み合わせ、政府・企業向けの解析ソリューションを提供しています。

<推薦者>  ジャフコ グループ

<推薦者コメント>

当社は、内閣府主導の ImPACT プログラムを母体とし、世界初となる「高頻度、高分解能、低価格」な SAR(合成開口レーダー)衛星画像データの提供及びその解析によるソリューション提供を事業化する目的で設立されたベンチャー企業です。

SAR 衛星は、比較的普及している光学衛星よりも恒常的かつ高精度にデータ取得できることから、各国政府の他、建設、損保、など民間にもデータ利用が広がりつつあります。一方、技術的ハードル(衛星開発及びデータ解析)やコスト面から、データ提供者(SAR 衛星保有者)が各国の宇宙機関等に限定されており、SAR データの供給量が乏しく、解析事業者も世界で数社しか存在しないことから、日本をはじめ各国で、必要な時に必要なデータを取得することができないという課題が顕在化しています(自然災害や不審船監視、その他商用利用等)。

当社は、小型衛星開発・衛星画像解析の両面において、世界トップクラスの研究陣及びデータサイエンティストを揃え、独自SARデータの取得から解析提供までを世界で唯一実現できるチームを創り上げており、2020年12月に実証1号機の打ち上げに成功し、2021年2月には日本の民間企業として初めてSAR画像の取得に成功しました。また、ソリューション提供においては、特にニーズの強かった分野から順次正式サービスとしてローンチする中、地盤変動モニタリング、浸水被害評価サービスを提供開始し、継続利用企業が積み上がりつつあります。

今後は、衛星開発の量産化を進めつつ、自社独自のデータを活用したサービス展開を国内外にて加速させる計画です。JAFCO としても、小型 SAR 衛星開発から画像解析サービスまでを一貫して提供できる、日本発・世界初のグローバル宇宙スタートアップである Synspective を是非推薦したいと考えております。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


小型SAR衛星開発のSynspective、衛星データソリューションサービスをローンチ——シンガポール土地管理局とPoCも

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから 衛星データ解析によるソリューション提供や小型 SAR(合成開口レーダー)衛星の開発や運用を行う Synspective は9日、SAR 衛星の画像解析によりミリメートル単位の地盤変動モニタリングが可能なサービス「Land Displacement Monitoring」をローンチした。衛星データを用いて広域の地盤変動の…

「Land Displacement Monitoring」
Image credit: Synspective

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

衛星データ解析によるソリューション提供や小型 SAR(合成開口レーダー)衛星の開発や運用を行う Synspective は9日、SAR 衛星の画像解析によりミリメートル単位の地盤変動モニタリングが可能なサービス「Land Displacement Monitoring」をローンチした。衛星データを用いて広域の地盤変動の解析が可能になる。

従来から、広域に土地の沈降や地滑りリスクを把握するには、多くの時間と手間を必要としてきた。Synspective では、このサービスを活用することで地盤変動リスクの観察や管理に関わるコストと時間を削減できるため、建設や工事プロジェクト、空港メンテナンス、地下工事に関わるリスク管理に利用できるとしている。

同社では民間企業複数社に加えシンガポール土地管理局と PoC を実施しており、そのフィードバックをもとに改良を重ねてきた。ソフトウェアをインストールする必要のないサブスク型の web サービスやユーザ視点に立った UI/UX により、衛星データの知識が無い人でも直感的に解析結果を理解できるサービスに仕上がったという。

Synspective は2018年2月、新井元行氏(現 CEO)、白坂成功氏(現取締役、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)らにより設立。昨年 シリーズ A ラウンドで86.7億円の調達を発表し、世界最速となる創業から1年5ヶ月での109.1億円調達を達成した(宇宙開発コンサルティング会社シー・エス・ピー・ジャパン調べ)。

Synspective は2019年4月にフランスのロケット打ち上げ大手 Arianespace と、また今年4月にアメリカの RocketLab と SAR 衛星「StriX-α」の打ち上げ契約を締結しており、年内に打ち上げ予定。StriX によるコンステーレーション(衛星群)を構築し、そこから得られた SAR データを使って、高頻度で安定したモニタリングを実現する計画だ。

Synspective は小型 SAR 衛星を2020年までに1基、2022年までに6基、それ以降、25基の打ち上げを計画している。これまでに調達済の資金で衛星6基の打ち上げが可能で、これらの稼働によりアジアに99ある人口100万人都市の1日1回以上の観測が可能になることを明らかにしていた。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


小型SAR衛星を開発するSynspective、シリーズAラウンドで86.7億円を資金調達——創業17ヶ月で累積調達額109億円、世界最速・国内最大規模

SHARE:

小型 SAR(合成開口レーダー)衛星を開発する Synspective は26日、シリーズ A ラウンドで86.7億円を資金調達したと発表した。同社は昨年12月に、東京大学協創プラットフォーム(東大 IPC)やジャフコなどから3億円を調達しており、それに続くものと見られる。以前には孫泰蔵氏らが率いるディープテック向けファンド Abies Ventures などからも調達しており、累積調達額は109…

Synspective の創業者と投資家の皆さん
Image credit: Masaru Ikeda

小型 SAR(合成開口レーダー)衛星を開発する Synspective は26日、シリーズ A ラウンドで86.7億円を資金調達したと発表した。同社は昨年12月に、東京大学協創プラットフォーム(東大 IPC)やジャフコなどから3億円を調達しており、それに続くものと見られる。以前には孫泰蔵氏らが率いるディープテック向けファンド Abies Ventures などからも調達しており、累積調達額は109.1億円となる。宇宙開発コンサルティング会社シー・エス・ピー・ジャパンの調べによると、創業から1年5ヶ月での109.1億円調達は世界最速。

今回の調達に参加した投資家は次の通り(ジャフコ、東大 IPC、Abies Ventures は以前のラウンドに続くフォローオン出資)。なお、今回リードインベスターを務めたエースタートは今年初め、50億円の宇宙ビジネス特化ファンドを発表しており、宇宙ゴミを掃除する衛星スタートアップ Astroscale のシリーズ C ラウンドシリーズ D ラウンドにも参加している。

  • エースタート
  • 清水建設(東証:1803)
  • ジャフコ(東証:8595)
  • 東京大学協創プラットフォーム(東大 IPC)
  • 慶応イノベーション・イニシアティブ(KII)
  • Abies Ventures
  • みらい創造機構(東工大関連 VC ファンド)
  • 三菱 UFJ 信託銀行
  • 芙蓉総合リース(東証:8424)
  • 森トラスト
  • SBI インベストメント(SBI AI & Blockchain)
  • みずほキャピタル
Synspective 共同創業者で CEO の新井元行氏
Image credit: Masaru Ikeda

Synspective は2018年2月、新井元行氏(現 CEO)、白坂成功氏(現取締役、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)らにより設立。新井氏は米会計系コンサルティングファームに在職中に東京大学に入学。技術経営戦略学博士号を取得後、サウジアラビアの再エネ導入支援や経済産業省と日本企業の現地進出支援に従事した経験を持つ。

Synspective は、SAR 衛星コンステレーションシステムを構築、同システムから取得したデータと多様なデータを統合し、機械学習等を活用して情報抽出することで、顧客の課題に対するソリューションを提供。小型 SAR 衛星は技術的難易度が高く、また SAR データ処理も専門知識が必要になる。同社には、内閣府の革新的研究開発プログラム「ImPACT」の小型 SAR 衛星開発メンバーが深く関わっており、衛星開発と衛星画像解析の両方に研究チームとデータサイエンティストを配置することでこれを実現している。

提供するソリューションのユースケースとしては、取得した画像やデータ活用による鉱山資源開発、途上国のインフラ建設・不正の監視、防災および減災など。Synspective は2019年4月、フランスのロケット打ち上げ大手 Arianespace と SAR 衛星「StriX-α」の打ち上げ契約を締結したと発表している。

既存の SAR 衛星と Synspective の SAR 衛星「StriX」の比較
Image credit: Masaru Ikeda

26日の記者会見での新井氏の説明によれば、Synspective は小型 SAR 衛星を2020年までに1基、2022年までに6基、それ以降、25基の打ち上げを計画している。衛星6基の稼働によりアジアに99ある人口100万人都市の1日1回以上の観測、衛星25基の稼働により世界に292ある人口100万人都市の1日1回以上の観測が可能になるという。今回のファイナンスでは、2022年までに計画している小型 SAR 衛星6基の打ち上げとソリューション開発までの費用確保を意図している。

この分野のスタートアップとしては、日本国内では SAR 衛星開発の QPS 研究所、衛星データ分析の Sigma-SAR などがある。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録