THE BRIDGE

タグ Tada(타다)

韓国の配車サービス「Tada(타다)」、タクシー業界からの苦情を受けて現地検察が起訴——ソウル中央裁は聴聞会を開く事態に

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ソウル中央裁判所が2日、韓国の配車サービス「Tada(타다)」に対し、韓国の交通法に違反しているという申し立てについて、聴聞会を開く予定であると、Bloomberg が聯合ニュースの…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ソウル中央裁判所が2日、韓国の配車サービス「Tada(타다)」に対し、韓国の交通法に違反しているという申し立てについて、聴聞会を開く予定であると、Bloomberg が聯合ニュースの記事を引用する形で報じた

Image credit: Tada

Tada はアプリを使ったサービスで、主に大容量のバンで人々に移動手段を提供する。昨年 Tada を買収したカーシェアリングアプリ「Socar(쏘카)」の子会社 VCNC が運営している。

2019年10月、検察は VCNC の最高経営責任者であるパク・ジェウク(박재욱)氏と Socar CEO のイ・ジェウン(이재웅)氏を、バンによる配車サービスが韓国の旅客輸送サービス法に違反しているという疑いで起訴した。法律は、11〜15席のレンタルバンを除き、企業がレンタカーで有料の乗車サービスを運営することを禁止している。ただし、パク氏とイ氏は起訴も逮捕もされていない。

今回の起訴は、Tada のサービスが韓国のタクシー業界に害を及ぼすという、従来型タクシー会社からの苦情を受けてのものだ。

イ氏は Facebookの投稿で、約130万人のユーザと9,000人のドライバーが Tada の恩恵を受けており、バン配車アプリは AI 技術を最も活用しているモビリティ企業の1つであると主張している。

このサービスは法律で許可されている。警察は法律に違反しないと判断し、国土交通部(日本の国土交通省に相当)は、サービスが開始されてから1年以上にわたり停止を命令することは無かった。(イ氏の Facebook 投稿)

<関連記事>

VCNC は2018年10月に Tada をローンチ。以来、配車サービス大手の Grab や Uber がリーダーシップを得られず苦労していた韓国で人気を博している。

SoCar は、韓国最大の配車サービスオペレータの一つだ。今年初め、Altos Ventures、KB Investment、Stonebridge Ventures、SoftBank Ventures から4,400万米ドルの資金を調達した

SoCar は Tada に加え、「Elecle(일레클)」のオペレータ Nine2One(나인투원) に出資した後(出資額非開示)、e バイクのシェアリングにも進出している。Elecle は e バイク350台で正式サービスを開始、2019年末までに2,000台に拡大する計画だ。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

「Between」開発のVCNCが手がける韓国の総合モビリティサービス「Tada(타다)」、βローンチから1ヶ月でダウンロード10万件を突破

SHARE:

VCNC の総合モビリティープラットホーム「Tada(타다)」が、オープンβサービス開始から1ヶ月でダウンロード数10万件を突破したと明らかにした。 カーシェアリングプラットフォーム「Socar(쏘카)」の子会社 VCNC が開発した Tada は、レンタカー(11人乗り以上のバン)と代行運転(ドライバー)を組み合わせたサービスで、これまでのタクシーの不便さを大幅に改善した。タクシー業界団体は T…

VCNC の総合モビリティープラットホーム「Tada(타다)」が、オープンβサービス開始から1ヶ月でダウンロード数10万件を突破したと明らかにした。

カーシェアリングプラットフォーム「Socar(쏘카)」の子会社 VCNC が開発した Tada は、レンタカー(11人乗り以上のバン)と代行運転(ドライバー)を組み合わせたサービスで、これまでのタクシーの不便さを大幅に改善した。タクシー業界団体は Tada を類似タクシー営業とみなし、不法サービスだとしてサービス中止を要請している最中だけに、今回のダウンロード数10万件は意味が大きい。

顧客は迅速な配車システム、フレンドリーなドライバ、標準化された乗車サービス、快適で便利な空間の利用が、最大のメリットとして Tada は明らかにしている。Tada はタクシーよりも約10〜30%以上の金額が高いが、その程度の金額を出してでも、基本と安全が保たれたサービスを受けることができるということに、大きく満足しているというユーザレビューが残されている。

Tada をユーザが初利用後にリピートする割合は、サービス開始から2週間で50%を超え、この値はさらに継続的に伸びつつあり最大で80%を記録するなど、新規流入顧客とリピート顧客が増え、激しい成長につながっていると VCNC は説明した。

VCNC 代表のパク・ジェウク(박재욱)氏は、次のように語っている。

Tada の顧客とドライバーの反応には驚いていて、心から感謝している。ローンチからの1ヶ月は、プラットフォームとしての Tada の可能性を確認できるものとなった。今後 Tada は、プラットフォームとして、ユーザ、ドライバ、さまざまな移動サービスをつなぐことで、需要と供給の最適化に焦点を当てる予定だ。これらの要素を積極的に連絡をとりながら協力モデルを作っていく。

アプリ分析プロバイダの Wiseapp(와이즈앱)によると、10万ダウンロードのうち、Google Play からのダウンロード数は約56,000件で、残りは iOS AppStore からダウンロードされたものと類推できる。VCNC は詳細な数値を明らかにできないが、Android の件数がやや高いものの、Android と iOS はともに、ダウンロード数と利用件数で似たような値となっているとした。

Tada を開発した VCNC は、カップルアプリ「Between(비트윈)」の開発会社で、2018年7月にカーシェアリングプラットフォームの Socar に買収された

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------