THE BRIDGE

タグ tado°

寒い冬も暑い夏も快適な室温で迎えてくれる冷暖房制御システム「tado」がIFTTTと連携、またAPIを公開

SHARE:

2011年に立ち上げられた、スマホと連携した暖房制御システム「tado」。家から人がいなくなると自動的に暖房や冷房を弱めて節電モードに入り、人が帰路について家に近づいてくると室温を調整しておいてくれる。既存のエアコンと組み合わせて使うことで、消費電力を最大31%も節約できるとか。米国の一般家庭なら、年間340ドルの節約になるそう。 2014年10月に発表された最新バージョンは、世に存在するほぼ全て…

tado_Lifestyle

2011年に立ち上げられた、スマホと連携した暖房制御システム「tado」。家から人がいなくなると自動的に暖房や冷房を弱めて節電モードに入り、人が帰路について家に近づいてくると室温を調整しておいてくれる。既存のエアコンと組み合わせて使うことで、消費電力を最大31%も節約できるとか。米国の一般家庭なら、年間340ドルの節約になるそう。

2014年10月に発表された最新バージョンは、世に存在するほぼ全ての冷暖房システムと連携。また、デザイン面ではLEDのドットマトリクスを採用し、tadoのタッチディスプレイで直接触って操作できるように。デザインに定評があるということで、以前にプロダクトのデザイナーさんへのインタビューを実施しているので良ければどうぞ。

そんなtadoが3月16日、CeBITで発表したのが、IFTTTとの連携。IFTTTを活用することで、様々な家電製品とtadoを連携できるとのこと。tadoの位置情報機能を使うことで、これまでの冷暖房システムの制御だけでなく、同時に電気を消す、車庫のドアに鍵をかける、さらには家の固定電話への電話がスマートフォンに転送されるといった利便性が提供されます。

また、APIの公開にも踏み切ったtado。Pebble WatchやAndroid Wearなどのウェアラブルにも対応していますが、これらはtadoのデベロッパーコミュニティのエンジニア2名が開発したもの。優れたエンジニアに対してAPIを積極的に公開することで、tadoを使ったスマートホームの可能性がぐんと広がることが期待されます。

「IoTのデバイスやアプリケーションが次々に登場しています。将来、今日存在する製品の大半はオンライン製品になるでしょう。いい製品と素晴らしい製品を隔てる最大の要因は、デジタルなユーザーエクスペリエンスにあります。ユーザーインタフェースがどれだけ優れているか、私たちのライフスタイルにどれだけシームレスに取り込めるか、また、異なるデバイスやアプリケーション間でどれだけスムーズにやり取りできるかといったことが鍵を握ります」(CEOのChristian Deilmann氏)

以前に、tadoのKickstarterのプロジェクトについて紹介した時にも触れた、サービス名称「tado」の由来が日本語だという話。家に帰ってきた時に使う「ただいま」と、それを迎える人が使う「おかえり」を組み合わています。IFTTTとの連携やAPIの公開で、「おかえり」も「いってらっしゃい」もますます快適にしてくれそうです。

----------[AD]----------

エアコンに取り付けると自動でスイッチのオンオフを可能にするデバイス「tado°」がKickstarterで資金調達を達成

SHARE:

エアコンに取り付けることでエアコンをスマート化するデバイス「tado°」が、Kickstarterでの資金調達に成功した。プロジェクトの期間はまだ6日残っているが、目標金額の15万ドル以上を集めている。 「tado°」は、Bluetooth Low Energy/iBeacon® technologyを活用している。tado°のスマホアプリと連動させることで、人が家を出たことや人が帰宅中であること…


unnamed

エアコンに取り付けることでエアコンをスマート化するデバイス「tado°」が、Kickstarterでの資金調達に成功した。プロジェクトの期間はまだ6日残っているが、目標金額の15万ドル以上を集めている。

「tado°」は、Bluetooth Low Energy/iBeacon® technologyを活用している。tado°のスマホアプリと連動させることで、人が家を出たことや人が帰宅中であることを探知する。自動でエアコンのスイッチをオフにし、帰宅するより前にスイッチを入れることができる。

「tado°」は、古いものから最新のものまで、世の中に出回っているほとんどのエアコンで使えること。エアコンに取り付けることで、消費電力を平均33%も節約でき、米国の一般家庭なら、年間340ドルの節約になるそうだ。

「tado°」の価格は149ドル。Kickstarterの支援者に向けて出荷されるのは2014年の9月を予定している。


----------[AD]----------

外出時、家に近づくと自動でエアコンをつけて部屋を涼しくしておいてくれる「tado°」がKickstarterで支援者を募集中

SHARE:

最近いきなり気温が上がって、6月にして既にエアコンをつけてしまっているなんて人もいるのでは? エアコンの季節になると、家を出る前に、「エアコン消した?」「あ、忘れてた!」なんて会話が必ずやり取りされる。この繰り返しを面倒に思ったChristian Deilmann は、2011年、友人のJohannes Schwarzと共同で「tado°」を立ち上げた。 このスマートな暖房制御システムは、Blue…

tado-cooling

最近いきなり気温が上がって、6月にして既にエアコンをつけてしまっているなんて人もいるのでは?

エアコンの季節になると、家を出る前に、「エアコン消した?」「あ、忘れてた!」なんて会話が必ずやり取りされる。この繰り返しを面倒に思ったChristian Deilmann は、2011年、友人のJohannes Schwarzと共同で「tado°」を立ち上げた。

このスマートな暖房制御システムは、Bluetooth Low Energy/iBeacon® technologyを活用。tado°のスマホアプリと一緒に使うことで、人が家を出たこと、また人が帰宅中であることを探知する。それによって、家から人がいなくなるとエアコンを自動的に消してくれたり、あらかじめ部屋を涼しくしてくれたりする。

これまでは拠点であるドイツを中心に展開してきたものの、今後、大量生産して製品をグローバルに展開していくために、現在Kickstarterでプロジェクトが進行中。1ヶ月間の目標調達額である15万ドルをちょうど超えたところ。これまでに集まったサポーターの数は、1,200人超。tado°は、こんな感じで届くらしい。

tado_package

tado°の素晴らしい点は、古いものから最新のものまで、世の中に出回っているほとんどのエアコンで使えること。既存のエアコンと組み合わせて使うことで、消費電力を平均33%も節約できるとか。米国の一般家庭なら、年間340ドルの節約になるそう。

プロダクト名は、実は日本にちなんだもの。日本食レストランでランチをしながら、プロダクト名について話し合っていた時のこと。そこに参加していた友人が、「日本では家に帰ると“ただいま”、それを迎える人は“おかえり”と言う」と教えてくれた。

快適で帰ってきたくなる家を、という意味を込めて、2つを組み合わせた名前「tado°」が誕生した。tado°の紹介動画もわかりやすいので、ご覧あれ。

----------[AD]----------