THE BRIDGE

タグ TalentEx

バンコクのTalentEx、タイ市場向け日本語人材採用サイト「WakuWaku」を完全リニューアル

SHARE:

バンコクを拠点に求人メディアや人事向け SaaS を提供する TalentEx は16日、同社のタイ市場向け日本語人材採用サイト「WakuWaku」をリニューアルしたと発表した。 2013年に設立された TalentEx は、当時日本で先行していた成功報酬型の求人サービスを展開していたリブセンスに似たモデルで、タイ市場向けの人材募集サイト「JobTalents」を同年12月にローンチ。その後、20…

WakuWaku
Image credit: TalentEx

バンコクを拠点に求人メディアや人事向け SaaS を提供する TalentEx は16日、同社のタイ市場向け日本語人材採用サイト「WakuWaku」をリニューアルしたと発表した。

2013年に設立された TalentEx は、当時日本で先行していた成功報酬型の求人サービスを展開していたリブセンスに似たモデルで、タイ市場向けの人材募集サイト「JobTalents」を同年12月にローンチ。その後、2015年11月に、日本語人材に特化した就職情報サービス「WakuWaku」をローンチした。

WakuWaku は日本語人材に特化していることから想像に易いように、その多くのクライアントはタイに進出している日本企業だ。WakuWaku と連動して、WakuWaku Job Fair を年に2回の頻度でバンコク市内で開催しており、日本語人材を求める日本企業のタイ現法30〜40社と、日本語に長けたタイ人500名ほどをマッチングする、タイ随一の就職支援イベントへと成長した。

今回のリニューアルで、WakuWaku は以前のサイトからドメインも変更され、ユーザが履歴書をアップロードするだけでデータベースへ自動転機する機能、企業が検索上位に自社求人を掲載する機能、などが備わり、UI/UX が大幅に改善されることとなった。将来的には、HR 企業や日本企業の採用部門の RPA などと連携することも視野に入れているようだ。

また、同社は昨年モンスター・ラボやスカイライトコンサルティングと資本提携し、ロシア各地や東欧のエンジニアに日本語教育を行い、日本企業で勤務してもらう事業を開始している(来日就職支援)。これらの事業も、WakuWaku のブランドの下で展開していくになるようで、gTLD に「.world」を採用した理由の一つだとしている。

WakuWaku の「W」のサインをする皆さん。最前列最左が TalentEx CEO の 越陽二郎氏
Image credit: TalentEx

今回、TalentEx の従前のサービスだった JobTalents のウェブサイトも閉じられたので、WakuWaku に完全ピボットを図った形だが、TalentEx の創業者で CEO の越陽二郎氏によれば、事実上のピボットはずっと前、WakuWaku は始まった2015年11月に起こっていたようだ。

(スタートアップを対象とした JobTalents では)市場も小さすぎたし、ユーザであるスタートアップも金無なさ過ぎたし、(創業から)2年目に WakuWaku 始めたときからずっと放置でした。(越氏)

データベースやドメインが相乗りしていた関係で、サービス単独でサイトを閉じることができず、これまで TalentEx のコーポレイトサイトや JobTalents のサイトは開店休業状態が続いていたが、新生 WakuWaku のサーバへ一連のサービスが集約できたことで、晴れて整理がついた、というところだろう。

ダイレクトリクルーティングが良くて、ソーシャルリクルーティングがダメとか、そういうことではなく、初プロダクト(JobTalents)が的はずれだった、というだけですね。でもつくづくビジネスは、モデルじゃなくてオペレーションと市場へのフィットだなと痛感させられます。(越氏)

とはいえ、ブロックチェーンスタートアップの Omise や、4月にシリーズ C ラウンドで資金調達したスタディストをはじめとして、日本のスタートアップや起業家のタイへの進出は勢いを増しており、また、日タイ間のオープンイノベーション活性化にも TalentEx は一役買っている。モンスター・ラボがバンコク市内で運営する Monstar Hub Bangkok もまた、実質的に TalentEx によって運営されており、バンコクを拠点にスタートアップを営む日本人起業家の心の拠り所となっている。

----------[AD]----------

バンコクのTalentEx、モンスター・ラボとスカイライトコンサルティングから数千万円を調達——日本のエンジニア不足解消のためロシアへ進出

SHARE:

バンコクを拠点に、求人メディアや人事向け SaaS を提供する TalentEx は31日、モンスター・ラボとスカイライトコンサルティングから資金調達を実施したと発表した。調達ラウンドや調達金額は明らかになっていないが、公開されている資料などからシードラウンド相当の数千万円程度の調達と見られる。同社にとっては、前回のエンジェルラウンド(調達額、調達先は非公表)に続くものだ。 TalentEx では…

ヒューマンホールディングス、カザン連邦大学、TalentEx でロシア人学生の来日就職支援で覚書を締結(2017年6月)
Image credit: Human Holdings

バンコクを拠点に、求人メディアや人事向け SaaS を提供する TalentEx は31日、モンスター・ラボスカイライトコンサルティングから資金調達を実施したと発表した。調達ラウンドや調達金額は明らかになっていないが、公開されている資料などからシードラウンド相当の数千万円程度の調達と見られる。同社にとっては、前回のエンジェルラウンド(調達額、調達先は非公表)に続くものだ。

TalentEx では調達した資金を使って、日本企業向けにエンジニア人材を供給すべくロシア市場に進出する。

今回の TalentEx のロシア進出は、安倍首相とプーチン大統領に間で交わされた日ロ間のデジタル経済に関する民間協力の申し合わせに沿って、今年2月にロシア NIS 貿易会(ROTOBO)が実施した「日ロデジタル分野協力セミナー」に端を発する。日本のスタートアップ有識者10名ほどがモスクワ、サンクトペテルブルク、カザン(タタールスタン共和国)のスタートアップシーンに招かれ、情報交換や現地視察を行った。

この際、TalentEx 創業者で代表取締役の越陽二郎氏は、ロシアの圧倒的なエンジニア供給力に驚き、日本とロシアヨーロッパにおける IT 開発分野で、人材交流・共同研究・共同事業開発が重要になると確信。ヒューマンホールディングスの協力のもと、カザン連邦大学の IT エンジニア学生に日本語を教えるプロジェクトに着手した。養成された学生たちは将来、ヒューマンホールディングスらのアレンジにより、日本企業でエンジニアとして勤務することが期待される(来日就職支援)。

「COPELL」をふまえた、モンスター・ラボと TalentEx の協力関係
Image credit: Monstar Lab

今回、資金を調達した2社のうちモンスター・ラボは、先ごろローンチしたコーワキングスペース「Monstar Hub Bangkok」の運営で TalentEx と協力関係にある。また、今回の出資を元にした業務提携により、モンスター・ラボが今年6月にβローンチしたアジア人材のための IT 人材検索・スクリーニングプラットフォーム「COPELL」を、TalentEx は自社の本拠を置くタイや、新たに事業進出するロシアで展開していくとしている。

資金を提供したもう1社であるスカイライトコンサルティングは、前出の「日ロデジタル分野協力セミナー」の企画協力を行っており、ロシアやアジアで優良スタートアップを発掘して日本企業に紹介する、越境型のオープンイノベーションを行なっている。スカイライトコンサルティングに対して、今回の出資に関する意図や関わり方を問い合わせているが、本稿執筆時までにはコメントが得られていない。

(31日17時更新)

スカイライトコンサルティング代表取締役の羽物俊樹氏からのコメントが得られたの追記しておく。

日本企業がグローバル展開するにあたり適切な人を確保することの重要性は、今後ますます高まっていくと考えています。この度の TalentEx へのご支援を通じて、弊社が行ってきた日本企業のグローバル展開のご支援や、グローバルオープンイノベーション事業において人材面で連携していきます。

<関連記事>

----------[AD]----------

完全成功報酬型の転職サイトで、タイの人材採用業界に風穴を開ける日本人起業家——「Job Talents」の越陽二郎氏(ビデオ)

SHARE:

完全成功報酬型の料金体系を取り入れ、転職者に採用確定時の〝お祝い金〟を提供するモデルが功を奏し、日本のリブセンスはスタートアップから東証一部への上場を果たすまでに成長した。このモデルは他のスタートアップにも受け継がれ、先月には同じモデルを持つ台湾の転職サイト「178 人力銀行(英文名称:Job178)」に対し、日本のミクシィが出資したのは記憶に新しい。 今年3月、タイでもこの流れを汲むサービスとし…

完全成功報酬型の料金体系を取り入れ、転職者に採用確定時の〝お祝い金〟を提供するモデルが功を奏し、日本のリブセンスはスタートアップから東証一部への上場を果たすまでに成長した。このモデルは他のスタートアップにも受け継がれ、先月には同じモデルを持つ台湾の転職サイト「178 人力銀行(英文名称:Job178)」に対し、日本のミクシィが出資したのは記憶に新しい。

今年3月、タイでもこの流れを汲むサービスとして、「Job Talents」が正式にローンチした。立ち上げたのは、以前ノボット(2011年 Mediba が買収)でタイの事業開拓を担当していた越陽二郎(こし・ようじろう)氏だ。彼はタイの人材採用業界にイノベーションの波がたどり着いていないことに目をつけ、今までのタイには無かった新しいサービスを次々とリリースしようとしている。

履歴書の作成を支援する機能を提供する予定です。履歴書を書くのに慣れていない人が多かったり、顔写真を添える習慣が無かったりするのです。このほか、レイオフされた人を再就職させるのが得意なコンサルタントのタイ人女性にも加わってもらい、履歴書の書き方や面接のアドバイスなども提供していきたいと考えています。(越氏)

jobtalents-donuts
日本のゲームパブリッシャ Donuts のタイ法人が JobTalents でゲームデザイナーを募集している例。

Job Talents には現在、越氏を含む日本人・タイ人・アメリカ人からなる5人の社員が居るが、喫緊の課題は、越氏が語ってくれたような機能追加やインターフェース改善のための開発スピードなのだそうだ。同社はこの問題を解決すべくエンジニアを増員するため、今夏に向けて資金調達に動いている。

東南アジアのこの分野には、Jobtopgun(タイ)、jobsDB(香港)、JobStreet.com(マレーシア)などの競合がいる。越氏は、タイのスタートアップ・コミュニティでは有名な、Ookbee(先頃、トランスコスモスから資金調達)の CEO Natavudh Pungcharoenpon 氏らから恒常的にアドバイスを受けており、よりタイ人に愛されるサービス作りに邁進している。

Job Talents に登録している求職者数は約1,000人、取引企業は約100社と成長の余地が大きいが、今はまだ Facebook や Google Adwords しか使っていないとのことなので、タイで世界2位のユーザ数を誇る LINE を駆使して、よりバイラルな宣伝効果が成功することを期待したい。

----------[AD]----------

ノボットのアジア部門担当OBが、タイで人材募集プラットフォームJobTalentsをローンチ

SHARE:

タイの失業率は 0.67% と世界的にも4番目に低い数字だ。LinkedIn がタイ語版をローンチしたり、JobTalents というサイトが立ち上がったりしていることを考えれば、この値は来年さらに低くなるだろう。 JobTalents はタイを拠点とするスタートアップで、人材採用業界をディスラプトしようとしている。優秀な人材の確保に苦しむ企業を助ける、リクルーティング・プラットフォームを提供する…

jobtalents_screenshot

タイの失業率は 0.67% と世界的にも4番目に低い数字だ。LinkedIn がタイ語版をローンチしたり、JobTalents というサイトが立ち上がったりしていることを考えれば、この値は来年さらに低くなるだろう。

JobTalents はタイを拠点とするスタートアップで、人材採用業界をディスラプトしようとしている。優秀な人材の確保に苦しむ企業を助ける、リクルーティング・プラットフォームを提供する。同社の売りは、人材採用案内の投稿が無料であることで、応募のあった人材を採用したときにのみ料金が発生する。つまり、よい人材が見つからなければ、出稿した企業は料金を支払う必要がない。JobTalents は人材が採用されたとき、一人当たり5,000バーツ(約1.6万円)を出稿企業に請求する。

JobTalents は、タイのオンライン・ヘッドハンティング業界においては、極めて新しいビジネスモデルを採用している。リクルーターの多くは給料に対するパーセンテージで料金を請求するし、オンラインサイトは古いやり方、つまり、案内投稿を目立つ場所に掲出させるために広告料を求めるからだ。

JobTalents は候補者を試験するスキルテストの機能も実装しており、履歴書のみならず、仕事に必要な特定のスキルを見ることもできる。例えば、プログラマの職種に応募するにはコーディングテストを受ける必要があり、英語教師に応募するには、誰かに英語を教えているビデオをアップロードするよう求められる、といった具合だ。

同社は JobTalents を始めた理由を次のように述べている。

雇用主らが、現在の人材サービスに満足していないと知ったからです。我々が実装した機能は、タイの雇用主から聞いた意見を元にしており、彼らが優秀な人材を効率よく見つけられるよう、コストと時間の両方を節約できるようにします。

経験豊かなスタートアップ成功者によるバックアップ

yojiro-koshi_portrait
越陽二郎氏

JobTalents を運営する TalentEx 社は2013年、越陽二郎(こし・ようじろう)氏によって設立された。彼は以前、広告最適化・交換プラットフォームのスタートアップ、ノボットに勤務していた。[1] ノボットの創業者である小林清剛氏は今回、越氏のアドバイザーを務める。越氏はノボット時代にアジア地域のビジネス開発を担当しており、この経験を通じて彼はアジア市場の知見を獲得した。

さらに、JobTalents は、タイのデジタル出版プラットフォーム Ookbee の経営陣からエンジェル投資を受けている。Ookbee の CEO Moo Nattavudh は、出資の経緯を次のように説明している。

スタートアップの創業者として、私はタイのさまざまな人材募集サービスを使っています。越氏が無料投稿可能という興味深いビジネスモデルを話したので、スタートアップ創業者や人材採用担当者は誰もが使いたがると思いました。私の共同創業者である Charn や Joe、それに私自身も、越氏がこのビジネスをやるのにふさわしい人物だと考えています。

JbTalents.com(ドメイン名では job の「o」を除く)は2014年に正式オープンする予定だ。企業登録は既に開始しており、ローンチの際には割引が適用される見込みだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】


  1. 原文では、人材系のスタートアップで勤務していたとあるが、その詳細が確認できないため、訳文では表現を割愛した。 ↩
----------[AD]----------