THE BRIDGE

タグ Tapas Media

ウェブトゥーンのタパスメディアが、500 Startupsなどから65万ドルを資金調達

SHARE:

(訳注:文中に頻出する「ウェブトゥーン(웹툰)」とは、韓国で流行しているネットで読める漫画のことで、Naver や Daum などの大手ポータルサイトが無料で提供している。) ウェブトゥーンのスタートアップ「タパスメディア(타파스미디어)」の代表キム・チャンウォン(김창원)氏は15日、TechCrunch を通じて65万ドルの資金調達を完了したと表明した。(これまでの関連記事) 今回の投資に参加し…

tapastic-logo(訳注:文中に頻出する「ウェブトゥーン(웹툰)」とは、韓国で流行しているネットで読める漫画のことで、Naver や Daum などの大手ポータルサイトが無料で提供している。)

ウェブトゥーンのスタートアップ「タパスメディア(타파스미디어)」の代表キム・チャンウォン(김창원)氏は15日、TechCrunch を通じて65万ドルの資金調達を完了したと表明した。(これまでの関連記事

스크린샷-2013-08-15-오후-1.20.52

今回の投資に参加したのは、Facebook 前CTO の Adam D’Angelo氏500 StartupsStrong Ventures だ。タパスメディアはアメリカ初のウェブトゥーン・ポータルサービスとして2012年3月にローンチし、最初の資金調達となった昨年11月には、SKプラネット、500 Startups、Strong Ventures から75万ドルを調達しており、今回の65万ドルと合わせると、あわせて、140万ドルを集めたことになる。

adam
左から:Adam D’Angelo氏、500 Startups Dave McClure氏、
Strong Ventures ペ・キホン=배기홍氏

代表のキム・チャンウォン氏は、ソウル大学、ミシガン大学物理学科を経て、サムスン電子に就職、後に、ノ・ジョンソク(노정석)氏が率いるブログ・プラットフォーム開発スタートアップ TNC(Tatter and Company/태터앤컴퍼니)に2006年、共同代表として経営に参画した。TNCを Google に売却後、Google Korea と Google 本社にブログ環境担当として勤務した後、2012年タパスメディアをシリコンバレーで創業した。タパスメディアは、韓国Naver のウェブトゥーンのようなモデルをアメリカに持ち込み、アメリカのみならず、アジアの漫画作家らに、世界の漫画愛好家がアクセスできるプラットフォームを構築しており、現時点で20カ国から毎月100万人のユニークビジターが訪問しているとされる。

Chang-Kim現在、韓国人がシリコンバレーから投資を受けているケースはまれで、キム・チャンウォン氏の場合、ビザの問題は Google に勤務している際に解決し、500 Startups のメンターとして活動しながら、現地のスタートアップ業界で信頼を築いてきた。タパスメディアの成長を、従来からの投資家に示すことで、継続的な資金調達が得られたものと考えられる。「スーパーマン」のニックネームを持つキム氏のタパスメディアが、激戦地アメリカで韓国モデルのスタートアップとして、その将来を示すことができるか楽しみだ。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

TapasticがSK Planetと提携、韓国ウェブトゥーンのアメリカ進出を加速

SHARE:

【原文】 (訳注:文中に頻出する「ウェブトゥーン(웹툰)」とは、韓国で流行しているネットで読める漫画のことで、Naver や Daum などの大手ポータルサイトが無料で提供している。) アメリカ発のウェブトゥーン・ポータル Tapastic(타파스틱)をサービスする Tapas Media(타파스미디어、代表 Kim Changwon =김창원)は21日、SK Planet(代表 Seo Jinw…

【原文】

(訳注:文中に頻出する「ウェブトゥーン(웹툰)」とは、韓国で流行しているネットで読める漫画のことで、Naver や Daum などの大手ポータルサイトが無料で提供している。)

t2

アメリカ発のウェブトゥーン・ポータル Tapastic(타파스틱)をサービスする Tapas Media(타파스미디어、代表 Kim Changwon =김창원)は21日、SK Planet(代表 Seo Jinwoo=서진우)とコンテンツ提携を締結、Tapasticを通じて、T-Store(訳注:SK Planetのアプリストア)に提供されているウェブトゥーンの配信をアメリカにも拡大すると発表した。

昨年ローンチしたウェブトゥーン・ポータルの Tapastic は、DC や Marvel など大手出版社が独占するアメリカのコミック市場に、クリエイティブの新しいエコシステムを作り、ウェブトゥーン・プラットフォームを構築すべく、最近韓国のストーリーテリング企業「風流一家(풍류일가、代表Kim Woojang=김우정)」と覚書を締結し、トラフィック量を基にしたウェブトゥーン収益配分システム「PPP(Primetime Publisher Program)」を導入するなど、国内のウェブトゥーンの海外進出支援に拍車をかけている。

Tapasmedia とコンテンツ提携を締結した SK Planet のモバイルコンテンツ向けオープンマーケット T-Store は、ゲーム、アプリ、オンデマンド・ビデオ(VOD)、音楽、電子書籍(e-book)、ウェブトゥーン、ショッピング・クーポンなど総数40万件の膨大なコンテンツを提供しており、最近では加入者数1,900万人を突破するなど、モバイルユーザを中心にサービス領域を拡大している。

SK Planet の T-Store は、60シリーズあまりのウェブトゥーンをサービスしており、純情、コミック、アクションなど、多様なジャンルの作品を提供している。一方、アメリカのウェブトゥーン・ポータル Tapastic は100シリーズあまりのウェブトゥーンをサービスしており、今後、漫画家 Mind C(마인드C)の「2次元ギャグ(2차원 개그)」などを筆頭に、T-Store のウェブトゥーンを継続的に提供する計画だ。既に Tapastic では、20人あまりの韓国の漫画家が活動している。

今迄韓国の漫画家の作家の海外進出を積極的に支援してきた Tapasmedia は最近、ページビューの多さに比例して多くのペイバックを支払う「PPP」を導入し、業界の注目を集めている。PPP は制作者と収益を分配する Kakao のページと似ているが、年会費でコンテンツを提供する Kakao とは異なり、コンテンツそのものは無料提供の形態をとっている。

SK Planet とのコンテンツ提携やPPPの導入により、Tapasmedia のウェブトゥーンの海外進出支援はさらに加速されるだろう。SK Planet ストアコンテンツチームの Cho Yongbo(조용보)部長は次のように述べている。

「韓国のウェブトゥーンは、世界で最も優れたクォリティとノウハウを持っている。今後、Tapastic と共に T-Store の優秀なウェブトゥーン・コンテンツを、継続的にアメリカに展開してゆきたい。」

一方、2月15日に Tapasmedia が主催した「韓国ウェブトゥーンの海外進出セミナー」には、70人あまりのウェブトゥーン漫画家が参加するなど、多くの関心を集めた。今後も、韓国ウェブトゥーンの海外進出のため無料で翻訳支援を提供するなど、さまざまな活動を広げる予定だ。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓流コンテンツ・ウェブ漫画の「タパスティック(타파스틱)」が北米市場に進出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 (訳注:本稿原文が BeSuccess に掲載されたのは10月8日だが、先ごろ 米国TechCrunch が報じたところによると、タパスティックは、韓国 SK Planet、米国 500 Startups、Strong Ventures から75万ドルを調達した。また、文中に頻出する「ウェブトゥーン(웹툰)」とは、韓国で流行しているネットで読める漫画のことで…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

(訳注:本稿原文が BeSuccess に掲載されたのは10月8日だが、先ごろ 米国TechCrunch が報じたところによると、タパスティックは、韓国 SK Planet、米国 500 StartupsStrong Ventures から75万ドルを調達した。また、文中に頻出する「ウェブトゥーン(웹툰)」とは、韓国で流行しているネットで読める漫画のことで、Naver や Daum などの大手ポータルサイトが無料で提供している。)

IT強国大韓民国、インターネットの速度と同様、インターネットコンテンツも早い速度で発展した。その中でもウェブトゥーンは、他の国には例の無い、韓国生まれのオンライン文化コンテンツだ。ウェブチューンはこれまでの紙を一枚ずつめくって見る漫画本とは異なり縦に続いていくので、画面を下にスクロールすることで見ることができる。

その上、BGM を挿入することもでき、展開するシーンに合わせて効果音を入れたりアニメーション効果を挿入する試みも行われている。このような特性から、ウェブトゥーンは既存の漫画本とはまったく違う、新しいメディアとして評価されている。アバンギャルドな新しいメディアとしての特性以外にも、コンピュータとスマートフォンでアクセスできることから、人気も引き続き上昇している。

ウェブトゥーンの可能性がアメリカ市場で受け入れられるか? ウェブトゥーンは、アメリカでは Visual Story と呼ばれるが、これをアメリカで広めるため、タパスメディア(타파스미디어)は10月8日、北米市場を対象としたウェブトゥーン専門ポータルサイト「タパスティック(타파스틱)」をローンチした。

タパスメディアのキム・チャンウォン(김창원)代表は、2008年アジアで初めて Google に買収された Tatter and Company(태터앤컴퍼니)の共同創業者で、チャン・ヨンジュン(장영준)最高コンテンツ責任者(COO)と共に、アメリカ市場進出を目標として、アメリカで事業を展開中だ。Google 本社のブログ関連事業を総括したキム・チャンウォン代表は、韓国の人気コンテンツであるウェブトゥーンに新しい可能性を見出したと話す。

ウェブトゥーンが人気を博す韓国とは違い、アメリカの漫画市場は、紙を媒体とした漫画を扱う大企業のDCとマーブルコミックスが90%以上のシェアを占めている。限られたジャンル、少数の作家達が漫画市場を独占しているため、北米市場で、タパスティックというウェブトゥーン・プラットホームは、既存の漫画市場を改編する始発点になるだろうと期待されている。

ウェブを基盤とする新しい漫画生態系を志向するタパスティックには、現在50編あまりの作品が連載されており、そのうち10編の韓国作品を専門翻訳チームが無償で翻訳し、コンテンツ展開を支援している。キム氏は、球スティックを事業化した理由として、ウェブトゥーンの先駆者である韓国に、すばらしいウェブトゥーンが多いのはもちろん、今後持続的に韓国の人材と作品を発掘するためでもあると語った。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------