THE BRIDGE

タグ Taralite

インドネシアのデジタルウォレット「OVO」、P2Pレンディングの「Taralite」を買収

SHARE:

KrAsia が最初に報じたように、インドネシアのコングロマリットが所有するデジタルウォレット OVO が、オンラインレンディングの分野で実績を残すべくインドネシア拠点の P2P レンディングサービス Taralite を買収した。 買収手続きは2月に完了したと言われているが、契約条件については明らかにされていない。 Taralite の設立者である Abraham Viktor 氏は、この買収劇…

Image Credit: Taralite

KrAsia が最初に報じたように、インドネシアのコングロマリットが所有するデジタルウォレット OVO が、オンラインレンディングの分野で実績を残すべくインドネシア拠点の P2P レンディングサービス Taralite を買収した。

買収手続きは2月に完了したと言われているが、契約条件については明らかにされていない。

Taralite の設立者である Abraham Viktor 氏は、この買収劇について以下のように語っている。なお、Viktor 氏は買収後も同社 CEO に留まる予定だという。

OVO に参加する主な理由は、この合併で Taralite が手掛ける融資サービスの多様化、そしてより大きなスケールを実現できると考えたからです。

今日まで OVO は、Grab と Tokopedia の両方に統合したサードパーティのウォレットとして機能していた。Taralite のオンラインレンディング機能を追加することで、OVO は自社のエコシステム内において買物客や業者にお金を融資することが可能となる。

Viktor 氏はこのように語った。

この取引以前は、Tokopedia で OVO の「後払い」オプションをサポートしていました。弊社は昨年から OVO と連携しているので、この合併は実にタイムリーです。

Taralite にとって最後の投資ラウンドは、日本の SBI ホールディングスから630万米ドルを調達した2017年である。

Taralite は2015年に設立され、当初 Wedlite という名前だった。個人利用向けに融資を行うフィンテックプラットフォームとして、60人のチームでサービスを提供していた。

買収後、Taralite チームはジャカルタにある OVO 本社に移籍した。

Taralite はインドネシアで最初のフィンテックスタートアップの1つとされている。また、OVO は同国で有名なコングロマリット Lippo Group の関連企業である。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

インドネシアのスモールビジネス向けP2Pレンディング「Taralite」、日本のSBIグループから630万米ドルを調達

SHARE:

個人や企業がスモールビジネスにお金を貸せるインドネシアのスタートアップ Taralite は、日本の金融サービスコングロマリット SBI グループから630万米ドルを調達した。 今日(原文掲載日:5月12日)のプレスリリースで、この調達の詳細は明らかになっていないが、Taralite は資金の一部が Taralite の貸金サービスに使われるとしている。つまり、調達した資金の一部は Taralit…

個人や企業がスモールビジネスにお金を貸せるインドネシアのスタートアップ Taralite は、日本の金融サービスコングロマリット SBI グループから630万米ドルを調達した。

今日(原文掲載日:5月12日)のプレスリリースで、この調達の詳細は明らかになっていないが、Taralite は資金の一部が Taralite の貸金サービスに使われるとしている。つまり、調達した資金の一部は Taralite の調達というより、資金を借りるユーザに充当されるというわけだ。

Taralite は2015年に設立され、当初は「Wedlite」というサービスが開発され、ウエディングパーティーという一つの目的に限ったローンを提供するものだった。

CEO の Abraham Viktor にリードされ、Taralite はまもなくスモールビジネス向け、特に、オンラインでモノを販売する人のためのオンライン・レンディングにピボットした。ただ、同社はサービス用途として、オンラインでモノを販売するための機会だけに言及していない。

写真は、Taralite CEO の Abraham Viktor 氏(左)が、SBI グループを2016年9月に訪問したときのもの。右は、SBI ベリトランス取締役執行役員専務 CFO の山口智宏氏
Image credit: Taralite

Modalku、Crowdo、Koinworks と同様、Taralite は Lazada や Tokopedia などの Eコマースプラットフォームと連携してサービスを提供する。ローンを提供することで、Taralite はこれらのプラットフォームでモノを販売する人にビジネスを拡大する機会を提供する。

<関連記事>

Eコマースでモノを販売する人を相手にすることで、彼らのビジネスの健康状態を比較的に容易に計測できる優位性がもたらされる。取引数、顧客レーティング、製品のリスティングなどのデータが信用リスクの評価に使えるからだ。

今回の新たな投資の一部は、Taralite が R&D チームの増強にも使われる予定だ。さらなるローンやクレジット製品の拡大が展望されている。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

Startup Worldcup東南アジア予選で10社がピッチ、インドネシアのオンデマンド・ランドリーサービス「Ahlijasa」が優勝

SHARE:

Startup Worldcup は新たに設けられたグローバルスタートアップコンペティションだ。規模的にも意義的にも Seedstars World にひけをとらない。このコンペは Fenox Venture Capital が主催している。 Startup Worldcup では、数十ヶ国で行われるピッチバトルの勝者をサンフランシスコのグランドフィナーレに召集している。 8月23日、Startu…

Ahlijasa won the regional final of Startup Worldcup yesterday.
8月23日、Startup Worldcupの地域別予選で優勝したAhlijasa

Startup Worldcup は新たに設けられたグローバルスタートアップコンペティションだ。規模的にも意義的にも Seedstars World にひけをとらない。このコンペは Fenox Venture Capital が主催している。

Startup Worldcup では、数十ヶ国で行われるピッチバトルの勝者をサンフランシスコのグランドフィナーレに召集している。

8月23日、Startup Worldcup の地域別予選がジャカルタで幕を開けた。東南アジアから参加した700社の中から選ばれたファイナリスト10社がピッチした。優勝したのはインドネシアの Ahlijasa だ。

Ahlijasa

1_Ahlijasa

さまざまなオンデマンドサービスを提供してきた Ahlijasa は、ランドリーサービスにその照準を定めたところだ。同社は提携しているジャカルタの高級ランドリーの有効活用に一役買っている。顧客にランドリーボックスを貸し出し、たまった洗濯物を回収して洗い、アイロンをかけた状態にして配達する。

Taralite

2_Taralite-lending-money-to-poor

Taralite はインドネシアに拠点を置くオンラインレンディングプラットフォームだ。2015年8月頃から活動を開始している。結婚、出産や教育など主なライフイベントに必要な個人向けローンの貸し付けを行っている。

Talenta

3_talenta-saas-road-to-tokyo-jakarta

Talenta は企業の従業員管理を行う SaaS プラットフォームだ。主に給与計算を行っているが、多くの従業員を抱える企業の多様な人材募集など複雑な機能も備えている。こちらもインドネシアの会社だ。

Recomn

4_recomn-team-1

Recomn はサービスの需要と供給をマッチングするマレーシアのスタートアップだ。家のリノベーションサービス、ウェディングカメラマンや配管工などを探すのに便利だ。地元ではすでにサービスを開始している。

ProSehat

5_ProSehat-healthcare-startup-INdonesia-screenshot

ProSehat はインドネシアの医師によって設立された。薬局のためのマーケットプレイスで、患者はオンラインで薬を注文できる。患者が専門家に健康について相談できるオンラインサービス機能も備えている。

Qlue

6_Qlue-screenshot

Qlue は市民を市当局の担当者につなぐレポートアプリだ。アプリはジャカルタのスマートシティプログラムの一部となっている。Qlueは自社ダッシュボードとレポート機能をクライアントとその顧客に公開することで利益を上げる計画を立てている。

Kioson

7_Kioson

Kioson はインドネシアのデジタルデバイド解消を目的としたスタートアップだ。小店舗オーナーにアプリやデバイスを提供してデジタルクーポンや商品の販売を支援し、コミッションを得ている。

KlikDaily

8_Klikdaily

KlikDaily は飲料水や調理用ガスといったインドネシア人が日常的に必要なものを注文できるモバイルアプリだ。注文手順の簡素化とサプライチェーンの効率アップを目指している。インドネシア6都市で利用可能だ。

U-Hop

9_u-hop-featured-image

U-Hop はフィリピンの運輸会社だ。主に通勤者の多いルートでミニバンやバスの運行を行っている。Uber と違い、乗客は都度料金を支払うのではなく月額制となっている。

Kashmi

10_kashmi

Kashmi は友達同士で送金を行うデジタルウォレットを提供するシンガポールのスタートアップだ。食事や旅行後に支払いを分けるのにうってつけだ。また、支出の把握と管理に役立つ機能も付いている。

これは Aditya Hadi 氏によるインドネシア語の記事を元にしたものである。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------