BRIDGE

タグ Tech in Asia Singapore 2015

Tech in Asia Singapore 2015: アジア各国9チームがしのぎを削る「Arena」で、香港発のEコマース事業者向けフルフィルメント・サービス「Easyship」が優勝 #TIASG2015

SHARE:

5月6〜7日、シンガポールで開催された Tech in Asia Singapore 2015 で、スタートアップがピッチで凌ぎを削る「Arena」では、香港発のオンライン小売業向けフルフィルメント・サービス「Easyship」が優勝した。 <関連記事> Tech in Asia Singapore 2015: ピッチセッション「Arena」でアジア各国から予選を勝ち抜いた9チームが凌ぎを削る 優…

tiasg-2015-arena-all-finalists

5月6〜7日、シンガポールで開催された Tech in Asia Singapore 2015 で、スタートアップがピッチで凌ぎを削る「Arena」では、香港発のオンライン小売業向けフルフィルメント・サービス「Easyship」が優勝した。

<関連記事>

優勝以下、受賞スタートアップ・チームは以下の通りだ。

【優勝】Easyship(香港)

tiasg-2015-arena-all-easyship

Easyship は、Eコマース事業者が、国外の顧客への発送をアウトソースできるフルフィルメントサービスを提供。Eコマース事業者は、ボタン一つで商品のピックアップ、梱包、発送などを依頼できる。アジア地域への商品発送に特化している。

【2位】Eatigo(シンガポール/タイ)

tiasg-2015-arena-eatigo

Eatigo は、レストランが時間単位の割引を提供できるようにし、閑散な時間帯(オフピーク・アワー)にお客を呼び込めるモバイルアプリ。バンコクのインターコンチネンタルホテルでは、Eatigo の導入により84%の客がオフピーク・アワーに訪れた。

2014年6月にローンチ、これまでに25,000件以上がダウンロードされ、食べ物・飲み物部門でタイの iOS アプリストアでは Foodpanda を破って2位。

【3位】Ononpay(ベトナム)

tiasg-2015-arena-ononpay

Ononpay は、クーポン、ギフト券、くじ引きなどの賞品として、プリペイド携帯向けにトップアップ(通話料/データ料クレジットの追加)ができるモバイルアプリ。ユーザは、スクラッチカードを購入して(コードを読むために)擦る必要がなくなり、通信会社は顧客の他社乗換を防ぎ ARPU を上げることができる。

通信会社のエグゼクティブである Sy Phong が設立し、ベトナムでサービスを開始した後、他の急進国に進出予定。 トップアップの取扱、広告主のダイレクトマーケティング、通信会社向けの OEM によりマネタイズを計画。6万人のユーザが獲得できれば黒字化する。今後70万ドルを資金調達し、顧客獲得のためのマーケティングを強化する予定だ。

なお、2015年12月に東京で開催される Global Brain Alliance Forum (GBAF) に招待される Global Brain Award は Eatigo に、Paypal の利用権のクレジットが進呈される  Paypal Award は Easyship に贈られた。

ononpay_screenshot

 

Tech in Asia Singapore 2015: ピッチセッション「Arena」でアジア各国から予選を勝ち抜いた9チームがしのぎを削る #TIASG2015

SHARE:

5月6〜7日、シンガポール市内の Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre では、Tech in Asia Singapore 2015 が開催中だ。このイベントで最も人気を集めるセッション、スタートアップがピッチで凌ぎを削る「Arena」では、アジア各地で開催された予選を勝ち抜いた9チームがピッチした。 この中から優勝するのは、どのチ…

tiasg-2015-arena-featuredimage

5月6〜7日、シンガポール市内の Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre では、Tech in Asia Singapore 2015 が開催中だ。このイベントで最も人気を集めるセッション、スタートアップがピッチで凌ぎを削る「Arena」では、アジア各地で開催された予選を勝ち抜いた9チームがピッチした。

この中から優勝するのは、どのチームか。最優秀賞以下、各受賞チームはこのあとシンガポール時間の17:45(日本時間の18:45)から発表される。 審査員を務めたのは、

  • Dmitry Levit 氏, Partner, Digital Media Partners
  • Saemin Ahn 氏, Managing Partner, Rakuten Ventures
  • 高宮慎一氏, General Partner and Chief Strategy Officer, Globis Capital Partners
  • Kevin Hale 氏, Partner, Y Combinator

では、ピッチに挑んだ9社の顔ぶれを見てみることにしよう。

<関連記事>

Parking Duck(タイ)

tiasg-2015-arena-parking-duck

人口が集中するバンコクでは自動車が700万台登録されているが、駐車場は40万台分しかない。しかも、そのような駐車場の多くは、コンドミニアム、アパート、住宅の所有者が持っているものだ。Parking Duck は駐車場の AirBnB、持っている駐車場を必要としている誰かに貸し出すことができる。

昨年12月のローンチ以降、のべ106ヶ月分29件の予約(21.2万バーツ分=日本円換算で約76万円分の取引)が Parking Duck を通じて申し込まれた。この3ヶ月で330人のドライバーが登録したのに対し、駐車場を提供するホストは134人しかおらず、創業者の Paruey Anadirekkul は、需要に供給が追いつかない状況が発生していると話した。

Eatigo(シンガポール/タイ)

tiasg-2015-arena-eatigo

Eatigo は、レストランが時間単位の割引を提供できるようにし、閑散な時間帯(オフピーク・アワー)にお客を呼び込めるモバイルアプリ。バンコクのインターコンチネンタルホテルでは、Eatigo の導入により84%の客がオフピーク・アワーに訪れた。

2014年6月にローンチ、これまでに25,000件以上がダウンロードされ、食べ物・飲み物部門でタイの iOS アプリストアでは Foodpanda を破って2位。

Nana

tiasg-2015-arena-nana

Nana は、9インチ(約20センチ)の厚みのセンサー付きマットレスを敷くことにより、赤ん坊の睡眠をモニターできる IoT。睡眠習慣、心拍数などをモニターし、クラウドでそのパターンを分析、両親が持っているモバイルアプリにフィードバックする。先ごろ、プリオーダーを始めたところで、2015年11月に出荷開始予定。

Pepper Talk

tiasg-2015-arena-pepper-talk

Pepper Talk は、12行のコードを埋め込み、1時間の開発だけで、モバイルアプリ上にコミュニケーション機能を追加できるSDK。アプリから他のアプリやウェブサイトに離脱することなくコミュニケーションが続けられるようになるので、ユーザ同士やB2C におけるサービス提供者とユーザとのエンゲージメントを高める効果が得られる。

2015年3月にローンチ以降、現在300万の月間アクティブユーザがいて、天気アプリ、商品売買アプリ、スポーツ情報を伝えるアプリなどへの導入実績がある。アクティブユーザの人数によってデベロッパは課金を受ける。

Tagalys(インド)

tiasg-2015-arena-tagalys

チェンナイを拠点とするスタートアップ Tagalys が提供するのは、Eコマースサイトの売上を伸ばすために、商品の検索性を分析し、改善を支援するプラットフォーム。現在クライアント8社、売上が出ているのが4社、2つの小売分野で利用されている。

タグ付け自動化、カスタマイゼーション、レコメンデーション、情報の自動修正、オーガニック検索によるユーザ誘導自動化などが可能。

Echoes(ベトナム)

tiasg-2015-arena-echoes

ハノイ拠点で開発される Echoes は、位置情報ベースの音アプリ。創業者はデンマーク人のミュージシャン。観光スポットを回りながら、その場所に合った音を聞くことができる。このアプリによるプラットフォームをベースに、コンテンツを作成するユーザのエコシステムを形成しようとしている。デンマーク大使館から資金調達。向こう3年の運営のため、15万ドルを資金調達中。

Ononpay(ベトナム)

tiasg-2015-arena-ononpay

Ononpay は、クーポン、ギフト券、くじ引きなどの賞品として、プリペイド携帯向けにトップアップ(通話料/データ料クレジットの追加)ができるモバイルアプリ。ユーザは、スクラッチカードを購入して(コードを読むために)擦る必要がなくなり、通信会社は顧客の他社乗換を防ぎ ARPU を上げることができる。

通信会社のエグゼクティブである Sy Phong が設立し、ベトナムでサービスを開始した後、他の急進国に進出予定。 トップアップの取扱、広告主のダイレクトマーケティング、通信会社向けの OEM によりマネタイズを計画。6万人のユーザが獲得できれば黒字化する。今後70万ドルを資金調達し、顧客獲得のためのマーケティングを強化する予定だ。

Roomfilla(シンガポール/タイ)

tiasg-2015-arena-roomfilla

Roomfilla は、AirBnB や Travelmob など複数のバケーション・レンタル・サービスをアグリゲートし、ホストが登録するのを支援するサービス。AirBnB 単体でも、バケーション・レンタル・サービスの40%しか掌握していないとされる(残りの60% は AirBnB 以外のバケーション・レンタル・サービスがシェアを分け合っている)。

ホストは複数のバケーション・サービスを見比べることなく、簡単な操作のみで自分が持っている貸し出す不動産を一括登録し、貸し出し希望者からのリクエストを一括管理ができる。

Easyship(香港)

tiasg-2015-arena-easyship

Easyship は、Eコマース事業者が、国外の顧客への発送をアウトソースできるフルフィルメントサービスを提供。Eコマース事業者は、ボタン一つで商品のピックアップ、梱包、発送などを依頼できる。アジア地域への商品発送に特化している。