タグ Tech in Asia Tokyo 2015

【Tech in Asia Tokyo 2015予告】チケット販売が開始、2-for-1割引にハズれた人にも新たな割引をご用意

SHARE:

東京での2回目の開催となる Tech in Asia Tokyo 2015 のチケットが発売中だ。料金は、Startup Pass が1枚200米ドル、General Pass が1枚500米ドル、Investor Pass が1枚650米ドルとなっている。 「2-for-1 early bird deal(一人分の入場料で二人が参加できる早割)」の割引コードを持っている人は、それぞれ Start…

feature-image-01

東京での2回目の開催となる Tech in Asia Tokyo 2015 のチケットが発売中だ。料金は、Startup Pass が1枚200米ドル、General Pass が1枚500米ドル、Investor Pass が1枚650米ドルとなっている。

2-for-1 early bird deal(一人分の入場料で二人が参加できる早割)」の割引コードを持っている人は、それぞれ Startup Pass が1枚100米ドル、General Pass が1枚250米ドル、Investor Pass が1枚325米ドルで購入できることになる。割引コードは既に手元に届いているはずなので、半額で購入するには、チケット発券ページでコードを入力するだけでよい。2-for-1 のパスは300枚分しか用意されていないので、在庫が尽きて後から悔やまぬよう早めにチケットを申し込んでほしい。

2-for-1 の割引コードが入手できなかった方には、別の魅力的な割引が用意してある。現在から6月21日まで、すべてのカンファレンス・パスが25%割引で購入できる。この割引が適用される魔法の割引コードは「thebridgejpxtiatokyo」だ。

質問があれば、気軽に conference [at] techinasia.com までメールしてほしい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

【Tech in Asia Tokyo 2015予告】Bootstrap Alleyへのブース出展無料パスが抽選で当たる

SHARE:

Tech in Asia Singapore 2015 で、我々はある実験を行った。イベントの2日間それぞれ全く異なるスタートアップにブース展示をしてもらうことにし、より多くのスタートアップが投資家や顧客にアピールすることができた。この試みには参加者から好意的なフィードバックが得られたので、東京でも同じことをやりたいと思う。 Tech in Asia Tokyo 2015 では、イベント期間中の2…

Startup-Asia-Tokyo-e1432709715560

Tech in Asia Singapore 2015 で、我々はある実験を行った。イベントの2日間それぞれ全く異なるスタートアップにブース展示をしてもらうことにし、より多くのスタートアップが投資家や顧客にアピールすることができた。この試みには参加者から好意的なフィードバックが得られたので、東京でも同じことをやりたいと思う。

Tech in Asia Tokyo 2015 では、イベント期間中の2日間、Bootstrap Alley にそれぞれの日に少なくとも100社以上の新しいスタートアップが取り上げられる。参加者は二度にわたり展示ブースを歩き回れば、日によって、それぞれ異なるスタートアップの出展を目にすることになるだろう。

Bootstrap Alley への申込は現在受付中で、関心のあるすべてのスタートアップから登録をお待ちしている。

Bootstrap Alley へのブース出展で得られるメリットは?

  1. 数百人に及ぶ投資家、企業の買収担当者、M&A 担当部署への露出。昨年の Tech in Asia Tokyo には参加した投資家には、500 Startups、サイバーエージェント・ベンチャーズ、East Ventures、Y Combinator などがいる。
  2. 自ら作ったプロダクトを試し、アジア各地から来た多くのテクノロジーに敏感な人たちからフィードバックを集めることができる。
  3. ブース出展しているスタートアップ、参加しているスタートアップとのパートナーシップを模索できる。
  4. Tech in Asia Tokyo のメディアパートナーから取材を受ける機会が得られる。これまでに参加したメディアには、Bloomberg、Nikkei Asian Review、Thomson Reuters、Wall Street Journal などがいる。

この話に乗った。無料ブースをゲットするには?

ステップ1: 参加資格があるかどうかを確認。

  • 開発中のプロトタイプ。モックアップやスクリーンショットのあるスタートアップからの申込も歓迎するが、開発中のプロダクトのあるスタートアップを優先する。
  • これまでの外部からの資金調達が150万ドル未満であること。
  • サービス会社、イベント会社、メディア会社、VC、アクセラレータ、インキュベータからの申込は受付できない。Tech in Asia への出展や Tech in Asia とのコラボレーションを希望する、これらの(スタートアップ以外の)企業は、shintaro [at] techinasia.com または noriaki [at] techinasia.com にコンタクトしてほしい。

ステップ2: 無料ブース当選を目指して申し込もう。申込書を英語日本語でオンライン登録。

ステップ3: メールの受信ボックスを確認すべし。毎月1日と15日に抽選を行い、その結果、無料ブースが当選したスタートアップにはメールで通知が届く。最終締切は2015年7月27日。

ステップ4: 当選したスタートアップには、メールで Tech in Asia Tokyo 2015 で無料ブースが出展可能なユニークなコードが届く。

ステップ5: カンファレンスの入場パスを購入してほしい(出展ブースのみが無料となるため、入場料は別途必要)。無料ブース出展に当選したスタートアップも Bootstrap Alley  pass(ブース出展パス)が必要だが、一枚購入すると自動的に Startup Pass(スタートアップ向け入場パス)二枚が提供される。同じスタートアップから Tech in Asia Tokyo に3名以上参加したい場合は、超過人数分入場パスを購入する必要がある。

詳しくは、Bootstrap Alley のページを参照してほしい。Tech in Asia Tokyo 2015 の「2-for-1 early bird deal(一人分の入場料で二人が参加できる早割)」は期間延長で受け付けているので、5月28日23時59分迄にディスカウント・コードを手に入れてほしい。コードの入手方法はこちらから(訳注:この早割は、既に期間終了済)。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

【Tech in Asia Tokyo 2015予告】アジア10都市で開催される予選ピッチイベントへの参加申込を受付開始

SHARE:

2ヶ月前、我々はシンガポールで開催する Tech in Asia Singapore 2015 で披露するスタートアップ10社を探しに、アジア9都市へのツアーを敢行した。そして、これから3ヶ月後、9月8日と9日の Tech in Asia Tokyo 2015 に向けて、2回目のツアーに船出しようとしているところだ。 今回のツアー Tech in Asia Tour: Road to Tokyo …

tia-tour-road-to-tokyo_featuredimage

2ヶ月前、我々はシンガポールで開催する Tech in Asia Singapore 2015 で披露するスタートアップ10社を探しに、アジア9都市へのツアーを敢行した。そして、これから3ヶ月後、9月8日と9日の Tech in Asia Tokyo 2015 に向けて、2回目のツアーに船出しようとしているところだ。

今回のツアー Tech in Asia Tour: Road to Tokyo 2015 では10都市を巡る。6月下旬に大阪、7月には、ジャカルタ、仙台、香港、バンコク、福岡、シンガポール、東京、台北、そしてソウルだ。

それぞれの都市で、集まってくれる聴衆と投資家審査員を前にピッチしてくれる、最良のスタートアップを求めることになるだろう。これら10都市での予選ピッチへの申込が開始されており、まずは、大阪、仙台、香港でのピッチ申込が6月16日に締め切られる。これらの都市でピッチを希望するなら、ぜひそれまでに申し込んでほしい。

Tech in Asia Tour に参加するメリットは以下の通りだ。

コンテンツ

よりよいコンテンツで、Tech in Asia Tour 体験を高めます。ブランディングや広告の代理店と提携し、ピッチの改善を支援。創業者に起業家としての道のりを共有してもらうことは、我々が用意しているイベントのハイライトの一部になります。

投資家との出会い

各都市でピッチできるファイナリストに選ばれれば、複数の投資家に会い、彼らの目の前でピッチできる機会を得られます。

Tech in Asia Tokyo 2015 への出展参加費用・チケットを提供

10都市それぞれの勝者には、フライト、宿泊、二人分のイベント入場パス、そして、2,000人の来場者に披露できる2日間のスタートアップ・ブースを提供します。

Arena への登壇チャンスを手に入れられるかも

Tech in Asia Tokyo 2015 で最も期待を集めるハイライト、ピッチ・セッションの「Arena」には、アジア各地から最良のスタートアップが一堂に集まります。Tech in Asia Tour でファイナリストに選ばれれば、Arena でピッチし、1万ドルの魅力的な賞金、数百人の投資家、国際メディア、これからの顧客への露出の機会を獲得できます。

【申込方法】

  • ステップ1: 参加資格があるかどうかを確認。ソフトウェアかハードウェアのスタートアップで、これまでの外部からの資金調達金額が150万ドル未満であること。十分なトラクションを望めるイノベーティブなソリューションを持ち合わせていること。もし、この条件に見合うなら、参加してほしい。
  • ステップ2: ピッチ予選に参加する都市を10都市の中から選択。選択肢は、大阪、ジャカルタ、仙台、香港、バンコク、福岡、シンガポール、東京、台北、ソウルだ。
  • ステップ3: 申込書を英語日本語でオンライン登録。
  • ステップ4: メールの受信ボックスを確認すべし。ファイナリストには、ツアーの各都市予選開催前にお知らせが届く。そのほか、すべての詳細については、メールで連絡がもたらされる。
  • ステップ5: ピッチの準備を万全に。

あなたからの申込をお待ちしたい。締切までに早めの申込完了をお忘れなく。

Tech in Asia Tour: Road to Tokyo に関する日程
(赤字部分については、当初発表から日付を変更)

Screen-Shot-2015-05-27-at-5.47.41-pm

Tech in Asia Tour について、最新のアップデイトや詳細については、こちらのウェブサイトを見てほしい。Tech in Asia Tokyo 2015 の「2-for-1 early bird deal(一人分の入場料で二人が参加できる早割)」は期間延長で受け付けているので、5月28日23時59分迄にディスカウント・コードを手に入れてほしい。コードの入手方法はこちらから(訳注:この早割は、既に期間終了済)。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録