タグ Technode

Xiaomi(小米)、自動運転技術スタートアップDeepmotion(深動科技)を7,737万米ドルで買収

SHARE:

スマートフォン大手の Xiaomi(小米)は20日、自動運転車向けのデジタルマッピング技術を開発する北京のスタートアップ Deepmotion(深動科技)を買収すると発表した。 重要視すべき理由:今回の買収は、Xiaomi が独自のインテリジェント・コネクテッドカーを構築するための最新の動きだ。同社の中国自動車業界への進出は、Xiaomi のモバイルエコシステムを大きく拡大し、同社に新たな収益源を…

Image credit: Deepmotion(深動科技)を

スマートフォン大手の Xiaomi(小米)は20日、自動運転車向けのデジタルマッピング技術を開発する北京のスタートアップ Deepmotion(深動科技)を買収すると発表した。

重要視すべき理由:今回の買収は、Xiaomi が独自のインテリジェント・コネクテッドカーを構築するための最新の動きだ。同社の中国自動車業界への進出は、Xiaomi のモバイルエコシステムを大きく拡大し、同社に新たな収益源をもたらす可能性がある。

詳細:25日に発表された Xiaomi の四半期決算によると、 Xiaomi は Deepmotionを7,737万米ドル相当の現金と株式で買収することで合意した。同社は、この買収がいつ完了するのかについては明らかにしていない。

  • Xiaomi 社長の Wang Xiang(王翔)氏は、今回の買収は、 Xiaomi が計画している自動運転技術の開発を加速させるためのものだと述べた。
  • Wang 氏は、Xiaomi が自動車技術者を積極的に採用しており、3月に電気自動車プロジェクトを開始した後、500人の専門家を集めて自動運転チームを設立したと付け加えた。

背景:Xiaomi はここ数カ月、自動運転関連スタートアップに投資する契約をいくつか結んでいる。これは、Xiaomi が今後3年間でドライバーレスカー技術を開発し、初の EV を量産するための取り組みを強化しているためだ。

  • Xiaomi は今月初め、自動運転車のレーダーセンサーが環境を感知できるようにするソフトウェアソリューションを開発するスタートアップ Geometrical Pal(幾何夥伴)への出資比率を引き上げた。また、同社は6月、自動運転ソフトウェア開発企業 Zongmu Technology(縦目科技)に投資したと Bloomberg が報じている
  • Deepmotionは、Microsoft Research Asia に所属する4人のコンピュータ科学者によって、2017年半ばに設立された。同社は2018年3月、ベンチャーキャピタルのRedpoint China Ventures(紅点創投)と Source Code Capital(源碼資本)から数千万米ドルを調達した。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


中国最大のマンガプラットフォーム「Kuaikan(快看漫画)」、2.4億米ドルを調達しユニコーンに

SHARE:

中国で人気のオンラインコミックプラットフォーム「Kuaikan Manhua(快看漫画)」が、新たなラウンドで2億4,000万米ドルを調達したと発表した。今回の資金調達額は、中国のオンラインコミック業界において過去最大規模であると、Kuaikan(快看)は WeChat(微博)で発表した。 重要視すべき理由:アプリとウェブサイトでデジタルコミックを提供する Kuaikan は、競争の激しいオンライ…

「Kuaikan(快看漫画)」
Image credit: Kuaikan(快看)

中国で人気のオンラインコミックプラットフォーム「Kuaikan Manhua(快看漫画)」が、新たなラウンドで2億4,000万米ドルを調達したと発表した。今回の資金調達額は、中国のオンラインコミック業界において過去最大規模であると、Kuaikan(快看)は WeChat(微博)で発表した

重要視すべき理由:アプリとウェブサイトでデジタルコミックを提供する Kuaikan は、競争の激しいオンラインコミック分野で投資家の注目を集めることに成功した。

  • 2014年に設立された Kuaikan は、中国のコミックの読者にとって主要なデジタルコンテンツのハブとなっている。

詳細情報:投資家には、既存投資家の Tencent(騰訊)、Coatue Management、Tiantu Capital(天図資本)のほか、中国建設銀行の投資部門 CCB International(建銀国際)、世界最大のデジタルコミックプラットフォーム「Naver Webtoon」を運営する Naver が共同所有する韓国のアプリ市場運営会社 One Store などの新規投資家が含まれる。

  • 中国メディア「AI Caijing(財経)」は、韓国メディアの情報源を引用して、One Store が Kuaikan に約2億2,300万人民元(約37.8億円)を投資し、Kuaikan 株式の約3%を取得する計画だと報じた。Kuaikan の時価総額は、このラウンド後に約80億人民元(約1,356億円)になるという。
  • 今回のラウンドで得られた資金は、同プラットフォームのコンテンツエコシステムの育成に充てられるという。同社の発表によると、作家への助成金やコミックのアニメ化作品の制作に総額20億人民元(約339億円)を投じるという。
  • Kuaikan CEO の Chen An’ni(陳安妮)氏は、社員に宛てたメモの中で、同社のコミック事業は過去数年間で黒字化し、50%以上の収益成長を維持していると述べている。

背景:Kuaikan は、中国最大のオンラインコミックプラットフォームだ。中国の市場コンサルティング会社 Bigdata-Research(比達)によると、2月には月間アクティブユーザ数が約2,900万人となり、人気コミックアプリランキングで1位となった。

  • 同社は2017年にシリーズ D ラウンドで1億7,700万米ドルの資金調達を行い、2019年には Tencent から1億2,500万米ドルの資金調達を行った。
  • ByteDance(字節跳動)はかつて同社の投資家だったが、Tencent が介入した後に撤退した。
  • iMedia Research(艾媒)によると、中国の電子コミック業界は過去5年間で20%以上の成長率を示しており、2021年には市場規模が46億人民元(約780億円)に達すると予想されている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


仮想通貨投資は「保護対象外」と裁判所、LympoがスポーツスターNFT販売へ——中国ブロックチェーン界週間振り返り(8月18日〜8月24日)

SHARE:

中国の裁判所は、仮想通貨による投資は「法で保護されない」と判断した。雲南省当局は、水力発電所が仮想通貨マイナーに電力を供給することを禁止した。Lympo は8月30日、スポーツスターのNFTのオークションを開始する。中国東部の蘇州市は、自動運転バスでのデジタル人民元の試行を完了した。 仮想通貨のさらなる苦境 中国北部の山東省の高等裁判所は、最近の事件を検討した結果、仮想通貨による投資は「法で保護さ…

Image credit: Lympo

中国の裁判所は、仮想通貨による投資は「法で保護されない」と判断した。雲南省当局は、水力発電所が仮想通貨マイナーに電力を供給することを禁止した。Lympo は8月30日、スポーツスターのNFTのオークションを開始する。中国東部の蘇州市は、自動運転バスでのデジタル人民元の試行を完了した。

仮想通貨のさらなる苦境

  • 中国北部の山東省の高等裁判所は、最近の事件を検討した結果、仮想通貨による投資は「法で保護されない」と声明で述べた。この事件では、原告はが仮想通貨口座に投資した7万人民元(約119万円)へのアクセスを失い、他の3人を訴えた。この口座は2018年、中国当局が仮想通貨取引の決済サービスを禁止したことで閉鎖された。Cointelegraph
  • 中国南西部の雲南省では、規制当局が水力発電所に対し、仮想通貨マイナーへの電力供給を停止するよう命じたと、中国メディア「IT’s Family(IT 之家)が報じた。省内の発電所は、8月24日までに近くのマイニング工場やビッグデータ工場に移動を求める必要がある。規制当局の通知によると、従わなかった場合、工場は「強制的な解体」に直面し、発電所は国家送電網から外される。Cointelegraph

スポーツスターの NFT

ゲーム開発・ブロックチェーン企業 Animoca Brands の子会社 Lympo は、8月30日から Binance NFT Marketplace(幣安 NFT 市場)と Opensea でスポーツスター関連の NFT のオークションを開始すると発表した。Lympo の親会社 Animoca Brands は最近、Jack Ma(馬雲)氏ファミリーの資産の一部を管理する Blue Pool Capital(藍池資本)から資金提供を受けた。科創板

蘇州で自動運転バスでのデジタル人民元決済を試行

中国東部の蘇州市はこのほど、一般市民が自動運転バスの乗車料金をデジタル人民元で支払うことができる、国内初の試みを完了したと中国メディアが報じた。決済デバイスのハードウェアはフィンテック企業 Chengfangyun(成方雲)が開発し、自動運転スタートアップ Qcraft(軽舟智航)が無人運転バスを開発した。今回の実験では、蘇州高鉄新城の住民がデジタル人民元での運賃支払に成功した。財訊

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


著名女優の徐静蕾がNFTアートに投資、AlipayがNFTユーザポリシー変更など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(8月11日〜8月17日)

SHARE:

中国の著名女優である Xu Jinglei(徐静蕾)氏は、約500枚のNFTアートワークに投資している。Alipay(支付宝)は、NFT 投機を防ぐためにユーザ規約を更新した。上海市はブロックチェーン技術をガバナンスに活用し、成都市政府はブロックチェーン技術のリーディングカンパニーを育成したいと考えている。Honor(荣耀)がデジタル人民元のハードウォレットに対応したスマートフォンを発売した。 中…

中国の著名映画監督・女優の Xu Jinglei(徐静蕾)氏は、自身の Instagram のプロフィール写真を NFT アートワークに更新
Image credit: Instagram

中国の著名女優である Xu Jinglei(徐静蕾)氏は、約500枚のNFTアートワークに投資している。Alipay(支付宝)は、NFT 投機を防ぐためにユーザ規約を更新した。上海市はブロックチェーン技術をガバナンスに活用し、成都市政府はブロックチェーン技術のリーディングカンパニーを育成したいと考えている。Honor(荣耀)がデジタル人民元のハードウォレットに対応したスマートフォンを発売した。

中国での NFT

中国の著名映画監督・女優の Xu Jinglei(徐静蕾)氏は、Instagram のプロフィール写真を、Animetas という NFT のデザインチームが作成した NFT(非代替トークン)のアートワークで更新した。Xu 氏は8月6日、この NFT を0.88イーサリアム(約31.7万円)で購入した。NFT のマーケットプレイス「Opensea」の彼女のアカウントを見ると、497枚の NFT アートを集めていることがわかる。彼女のコレクションの多くは、イーサリアムのブロックチェーン上でデジタルアバターのアート作品を作成しているチーム「Animetas」のものだ。8BTCnews

Alipay(支付宝)の NFT ポリシー変更

中国のモバイル決済アプリ「Alipay(支付宝)」は、ユーザサービス規約を更新し、ユーザに NFT を他人に送る前に最低でも180日間保管するよう求め、NFT の投機を抑制しようとするプラットフォームの姿勢を示した。また、NFT の送信者および受信者は14歳以上であること、実名認証に合格していることが条件となっている。Alipay は、6月下旬に2種類の NFT アートワークを発行した。購入者は、このアートワークを Alipay アプリの背景に設定することができる。AI 財務経済

地方政府とブロックチェーン

  • 人民日報は、上海の浦東地区をデジタルガバナンスのモデルとして賞賛する記事を掲載した。15日に掲載されたこの記事によると、浦東区は5G、ブロックチェーン、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、IoT などの技術を採用し、政府が区内1,200平方キロメートルのホログラフィックパノラマを得るためのアプリケーションを構築したという。人民日報
  • 成都市政府は16日、いくつかの最先端技術分野で有力企業を育成する計画を発表した。政府機関である成都新経済発展委員会は、少なくとも24の新技術分野をリストアップした。このリストには、6G、プライバシー保護コンピューティング、ブロックチェーン、量子コンピューティング、衛星インターネットなどが含まれている。科創板

デジタル人民元のハードウォレット

中国のスマートフォンメーカー Honor(荣耀)は、デジタル人民元のハードウェアウォレットをサポートする旗艦スマートフォン「Magic 3」を発売した。発売イベントで CEO の George Zhao(趙明)氏が語ったところによると、Magic 3 は Qualcomm の最新チップ「Snapdragon 888」を搭載し、ウォレットをサポートしているという。中国人民銀行が発表した白書によると、アプリなどのソフトウェアにインストールされるデジタルウォレットに比べて、ハードウェアウォレットはデジタル資産を保管するためのセキュリティが高い。Honor は、2020年11月まで Huawei(華為)の格安サブブランドだった。Coindesk

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Waymoの元エンジニアらが設立、ロボットバス開発のQcraft(軽舟智航)がシリーズA+で1億米ドルを調達

SHARE:

複数の著名投資家の支援を受けている自動運転スタートアップ Qcraft(軽舟智航)は16日、1億米ドルを資金調達したと発表した。投資家には、Jack Ma(馬雲)氏が設立したプライベートエクイティファーム YF Capital(雲鋒金融)や、ライフサービスアプリ「Meituan(美団)」の投資部門 Longzhu Capital(竜珠資本)などが含まれる。 重要視すべき理由:Google の親会社…

2021年5月、江蘇省蘇州で道端に駐車する Qcraft(軽舟智航)の自動運転技術を搭載したミニバス
Image credit: Qcraft(軽舟智航)

複数の著名投資家の支援を受けている自動運転スタートアップ Qcraft(軽舟智航)は16日、1億米ドルを資金調達したと発表した。投資家には、Jack Ma(馬雲)氏が設立したプライベートエクイティファーム YF Capital(雲鋒金融)や、ライフサービスアプリ「Meituan(美団)」の投資部門 Longzhu Capital(竜珠資本)などが含まれる。

重要視すべき理由:Google の親会社 Alphabet が所有する自動運転車開発会社 Waymo の元エンジニアたちが設立したこの会社は、設立2年目の会社にして、このラウンドで承認されたことになる。中国のテック大手各社は、ロボットカー分野に本格的に参入するにあたり、Qcraft に大きな期待を寄せている。

詳細情報:Qcraft は、YF Capital とベンチャーキャピタルの Genesis Capital(元生資本)が中心となって、新たに1億米ドルのシリーズ A+ ラウンドを調達した。このラウンドには、中国のオンデマンドサービス大手 Meituan のベンチャーキャピタルファンドである Longzhu Capital も参加している。

  • Qraft は現在、中国の5つの都市で約70台のロボットバスを一般公開している。同社が16日に発表した声明によれば、今年末までに100台以上のロボットバスを導入する予定だ。
  • また、Qcraft は自動運転技術の新たなアプリケーションを模索しており、今年後半には中国東部の蘇州で配車サービスを開始する予定であると、LatePost(晩点)が16日、同社 CEO Yu Qian(于騫)氏の言葉を引用して報じた
  • Qcraft は、TechNode からの問い合わせに対し、調達時の時価総額の開示を拒否した。

背景:自動運転車開発各社は、自動運転のトラックやバスに、より多くの時間とエネルギーを投資している。この傾向は、自動運転のトラックやバスが、自動運転のタクシーよりもルートが予測しやすく、管理が容易であることが背景にある。

  • 検索サービス大手 の Baidu(百度)は今月初め、自動運転ミニバス「Apolong(阿波竜)」の新バージョンを発表した。Baidu は、中国南部の広州市政府と提携して、このロボバスの導入を開始した。Baidu は、2018年半ばから国内22都市で非公開の第1世代Apolong バスを運行しているという。
  • 中国のロボットタクシーユニコーン WeRide(文遠知行)は昨年12月、中国最大のバスメーカー Yutong(宇通客車)から2億米ドルを調達した。今年1月以降、同社は広州や南京などでロボットバスのテストを開始している。
  • ビジネス情報プラットフォーム「Crunchbase」の統計によると、Qcraft は2020年初め、IDG Capital や、Alibaba の共同創業者 Eddie Wu(呉泳銘)氏が率いる投資会社 Vision Plus Capital(元璟資本)などの投資家から2,400万米ドルを調達しシードラウンドをクローズした。また、Bloomberg は今年3月、ByteDance(字節跳動)が Qfraft に2,500万米ドルの投資を計画していると報じた

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


不正会計で会社を追われたLuckin Coffee(瑞幸咖啡)創業者、麺屋を開店するもイノベーションは確認できず

SHARE:

Luckin Coffee(瑞幸咖啡)の創業者で、2020年に同コーヒーチェーンの売上の半分が虚構であることを認め会社を追われた Lu Zhengyao(陸正耀)氏が、小売業に戻ってきた。今回、彼が経営しているのは、ただの麺屋にしか見えない。この麺屋は Qu Xiaomian(趣小面、「面」は「麺」の意)という店名で、今月8日に北京と重慶に最初の2店舗をオープンした。 この店では、重慶スタイルの麺…

開店2日目の8月9日、Qu Xiaomian(趣小面)では、ランチタイムに賑わいが見られた。
Image credit: David Cohen

Luckin Coffee(瑞幸咖啡)の創業者で、2020年に同コーヒーチェーンの売上の半分が虚構であることを認め会社を追われた Lu Zhengyao(陸正耀)氏が、小売業に戻ってきた。今回、彼が経営しているのは、ただの麺屋にしか見えない。この麺屋は Qu Xiaomian(趣小面、「面」は「麺」の意)という店名で、今月8日に北京と重慶に最初の2店舗をオープンした。

この店では、重慶スタイルの麺と、四川で人気の甘いゼリー状のデザートである氷粉(ビンフェン)を提供している。報道によれば、同社は第一弾として500店舗を目標にしているとのことだ。小売業の戦略に詳しい人にとっては、この麺類チェーンは期待はずれだ。

Luckin には、「消費者に新しい習慣を紹介する」「無駄がない」「商品がめちゃくちゃ安い」という3つの利点があった。ローンチ当時、中国のコーヒーは高級なニッチ商品で、スターバックスや専門カフェが席巻していた。Luckin は、何百万人ものオフィスワーカーの日常的な必需品として、オフィスビル内の店舗、デリバリ、割引などを利用し、コーヒーを消費者の手に届けた。アプリを使ったピックアップとデリバリに重点を置くことで、店舗の人件費を抑えることができたが、50件の注文の列を店員が1人で処理することも珍しくなかった。

Luckin は利益を上げることはなかったが、外来種のように成長し、2019年のピーク時には約4,500店舗にまで拡大した。会計スキャンダルの影響で削減を余儀なくされたときには、Manner Coffee のような新しいチェーンを市場開拓した。Luckin は決して消え去ることなく、店頭市場で取引されていた長い沈黙の期間を経て再び拡大しており、1店舗あたり利益を上げていると主張する。しかし、Qu Xiaomian は、Luckin の長所を何一つ引き継いでいないようだ。

Qu Xiaomian の商品は、中国の都市部では誰にとっても目新しい商品ではない。重慶の小麺は、真っ赤なラー油の入った丼に豆の酢漬けと麺を入れたもので、重慶では朝食としてよく食べられているものだ。2015年か2016年頃には、手軽なランチとして国民に浸透し、重慶麺ブームで中国の都市部には重慶麺を売る店があふれた。現在はピーク時よりは少し落ち着いたが、北京のショッピングモールやオフィス街のレストラン群で、重慶麺の店が1軒もないところを探すのは至難の業だ。Qu Xiaomian は目立たない存在だ。

北京の店舗は、地下のフードコートに出店しており、近隣のレストランと席を共有している。一度に20人ほどの客が訪れ、店の赤い器がフードコートの隣店の前に押し出されるほどだったが、席を見つけるのが難しいほどではなかった。

Luckin で見られたオペレーション上の工夫は、Qu Xiaomian では見られない。客はスマホで注文するが、WeChat ミニアプリ(微信小程序)は比較的不便で、アプリを開くために1回スキャンし、どの店にいるのかを確認するためにもう1回スキャンする必要がある。カウンターの中で料理を作っている人が7人、テーブルを囲んでいる人が4〜5人、注文番号を呼んで客にどの麺がその人のものかを教えるのが仕事のような人が2人いた。また、ポロシャツを着た3人の中年男性が、壁際で熱心に商談をしていた。これまでの業績を聞かれた彼らは「かなり良い」と答えた。

Qu Xiaomian(趣小面)では、豌雑麺、魯蛋(ルーダン・煮卵)、水1本で33人民元(約560円)だった。
Image credit: David Cohen

この店の料理の特徴は、価格の安さや質の高さではない。客は、過不足なく楽しんでいるようだ。麺を食べ終えた女性は、「ちょっと辛いですね」と言った。「辛いのが好きな人にはいいかもしれませんね」。

料理は少し値段が高いが、ボリュームがある。豌雑麺(えんどう豆と肉味噌の混ぜ麺)、魯蛋(ルーダン・煮卵)、水1本で33元(約560円)だった。一般的な重慶のラーメン店よりも高いが、朝陽区の大使館街にある店としては妥当なところだろう。初めての客には割引をしていないとのことだ。

麺には濃厚なスープがかかっており、伝統的なトッピングも充実している。辛さは1段階のみで、辛くても核心を突かないように調整されており、他の素材の味を楽しむことができる。しかし、麺自体は茹ですぎ、もしくは急いで解凍したのか、アルデンテ感が足りない。煮卵はゴムのようで味がない。

メニューの3分の1は、プラスチックカップに入った色鮮やかなシロップをかけたビンフェンで占められている。カラフルなゼリーは、Luckin が2019年に参入して反応が薄かった巨大なファンシーティーの市場を模倣したものかもしれない。結論として、Qu Xiaomian は麺類の Luckin には見えない。今のところ、ただの麺屋である。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Tencent(騰訊)が音楽配信にNFT導入、マイニング禁止で余った電力でEV推進など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(8月4日〜8月10日)

SHARE:

Tencent Music(騰訊音楽) は、NFT(非代替トークン)技術で構築された「デジタルコレクション」をリリースする。貴州省が、解放された仮想通貨マイニングの電気を EV の充電容量に変える野心的な計画を明らかにした。 Tencent(騰訊)がブロックチェーンの特許を取得した。 Tencent(騰訊)、NFT とブロックチェーンの動きをさらに強化 Tencent Music(騰訊音楽) は9…

Photo credit: Tencent(騰訊)

Tencent Music(騰訊音楽) は、NFT(非代替トークン)技術で構築された「デジタルコレクション」をリリースする。貴州省が、解放された仮想通貨マイニングの電気を EV の充電容量に変える野心的な計画を明らかにした。 Tencent(騰訊)がブロックチェーンの特許を取得した。

Tencent(騰訊)、NFT とブロックチェーンの動きをさらに強化

  • Tencent Music(騰訊音楽) は9日、同社の音楽ストリーミングサービス「QQ Music(QQ 音楽)」で今月から「デジタルコレクション」をリリースする予定であるとを発表した。同社は中国メディアに対し、このコレクションが NFT 技術を取り入れたものになることを確認した。このコレクションには、動画、音声、デジタルレコード、有名人のグッズなどが含まれる予定だ。この発表より一週間前、Tencent は NFT 取引プラットフォーム「Huanhe(幻核)」をローンチしたTechWeb
  • 中国の企業情報データベース「Tianyancha(天眼査)」によると、 Tencent は「ブロックチェーンネットワーク上で学生のアイデンティティ情報を処理する」特許を取得した。同社は2019年9月にこの特許を申請。この技術は異なる期間のユーザの学校のアイデンティティ情報をブロックチェーンネットワークに保存し、データが安全で改ざんされないようにすることができるというのが要旨だ。科創板日報

仮想通貨マイニング事業の係争

中国を拠点とするビットコインマイニングメーカー Ebang International(億邦国際)は、9日のプレスイベントで、中国で上場している Huatie Emergency(華鉄応急設備)との間で約4億人民元(約68.2億円)のビジネス紛争の最中にあると述べた。中国メディアは以前、Huatie の新疆にある子会社が、2018年に Ebang から4億人民元相当のクラウドコンピューティングサーバを購入する契約を結んだと報じていた。科創板日報

マイニング禁止で EV 導入が加速

中国南西部の貴州省は最近、2021年に4,500カ所、今後2年間でさらに1万カ所の電気自動車用充電ステーションを建設する計画を発表した。同省では、中国政府がビットコインや仮想通貨マイニングを取り締まったことで得られた電力を利用している。貴州省では、2023年までに38,000カ所の EV 充電ステーションを設置し、各都市に最低1カ所ずつ設置することを目標としている。また、ショッピングモールの駐車場の20%を EV 充電ポイント用に確保する。Cointelegraph

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


自動運転トラック開発のInceptio(嬴彻)、中国テック大手2社などから2.7億米ドルを調達

SHARE:

中国のロボットトラックスタートアップ Inceptio(嬴彻)は5日、2億7,000万米ドルを調達しシリーズ B ラウンドを完了したと発表した。JD Logistics(京東物流)、Meituan(美団)、PAG(太盟投資集団)がこのラウンドをリードした。 重要視すべき理由: 中国のテック大手2社が同じラウンドに参加するのは異例で、これは Inceptio を重要なプレイヤーとして見ていることを示…

Inceptio(嬴彻)が 上海で開催された CES Asia 2019 で披露した最新モデル「Inceptio No.1」
Image credit: TechNode/Eugene Tang

中国のロボットトラックスタートアップ Inceptio(嬴彻)は5日、2億7,000万米ドルを調達しシリーズ B ラウンドを完了したと発表した。JD Logistics(京東物流)、Meituan(美団)、PAG(太盟投資集団)がこのラウンドをリードした。

重要視すべき理由:

中国のテック大手2社が同じラウンドに参加するのは異例で、これは Inceptio を重要なプレイヤーとして見ていることを示唆している。

詳細情報:

  • 今回の資金調達ラウンドは、オンライン小売 JD の配送部門 JD Logistics、ライフサービスプラットフォーム Meituan、プライベートエクイティファーム PAG がリードした。その他の投資家には、エクスプレス配達の Deppon(徳邦快逓)と IDG Capitalが含まれていると、Inceptio は3日の発表で述べている。投資家らは、同社の評価額を明らかにしていない。
  • Inceptio は2018年の創業以来、4億9,000万ドル以上を調達している。
    上海に拠点を置く同社は、新たな資金を自動運転システムに関する社内研究の拡大と、電気トラックへの投資の加速に使用すると発表している。

背景:

  • JD と Meituan はともに自動運転に投資しているが、無人運転技術の進展は多くの人の予想よりも遅れている。JD では、自社の自動運転トラックプロジェクトのスケジュールが遅れているようだ。
  • JD は、2018年半ばに北京で高度な自動運転トラックのモデルを発表し、そのテスト車両が2020年に商業運転を開始すると予想していたと The Paper(澎湃)が報じた。しかし、同社はまだ何のアップデートも発表していない。JD の広報担当者は、目標達成についての TechNode(動点科技)の取材に応じなかった。
  • Meituan は、数年前から自動運転車への投資も行っている。同社は、乗用車の自動運転システムを開発しているスタートアップの Haomo.ai(毫末智行)や、電気自動車のスタートアップ Leading Ideal(理想汽車)に投資している。
  • Inceptio は今年3月、今年末までに自動運転トラック2モデルを量産すると発表した。これらのモデルは、それぞれ中国の自動車メーカーである Dongfeng(東風)と Sinotruk(中国重汽)と共同開発される。
  • Inceptio は昨年11月、シリーズ A ラウンドで2億2,000万ドルを調達した。このラウンドの投資家には、バッテリ大手 CATL(寧徳時代)、物流企業 GLP、電気自動車メーカーの Nio(蔚来)が一部出資する投資会社 Nio Capital(蔚来資本)などが名を連ねていた。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Tencent(騰訊)がNFT取引に参入、地方裁判所が司法ブロックチェーン構築など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(7月28日〜8月3日)

SHARE:

Tencent(騰訊)は NFT(非代替トークン)の取引プラットフォームを立ち上げた。中国の地方裁判所が、知的財産権の訴訟プロセスを改善するために司法ブロックチェーンを構築している。中国人民銀行は作業会議で、仮想通貨の取り締まりを継続すると述べた。 Tencent(騰訊)が NFT プラットフォームをローンチ 中国のテック大手 Tencent(騰訊)は2日、「Huanhe(幻核)」という NFT …

左:Tencent(騰訊)の NFT プラットフォーム「Huanhe(幻核)」で公開された「Shisanyao(十三邀)」の NFT
右:北京地下鉄で使えるアプリ「Ruubypay(億通行)」
Image credit: 騰訊、如易行

Tencent(騰訊)は NFT(非代替トークン)の取引プラットフォームを立ち上げた。中国の地方裁判所が、知的財産権の訴訟プロセスを改善するために司法ブロックチェーンを構築している。中国人民銀行は作業会議で、仮想通貨の取り締まりを継続すると述べた。

Tencent(騰訊)が NFT プラットフォームをローンチ

中国のテック大手 Tencent(騰訊)は2日、「Huanhe(幻核)」という NFT 取引プラットフォームを立ち上げた。このプラットフォームでは、Tencent が開発した人気の芸能人トークショー「Shisanyao(十三邀)」をモチーフにしたレコード風の NFT を300枚発行し、発売をアピールした。1枚の価格は18人民元(約300円)となっている。同プラットフォームの紹介文によると、ビデオ、音声、写真、3D モデルなどの形で NFT を販売する予定だという。Wu Blockchain

裁判所が司法ブロックチェーンを構築

中国北東部の内モンゴル自治区フルンビュール市の地方裁判所が、知的財産権案件の訴訟プロセスを改善するために司法ブロックチェーンを構築していると、WeChat(微博)の公式投稿で発表した。フルンビュール中級人民法院(日本の地方裁判所に相当)は、人々がブロックチェーンを通じて証拠を提出し、タイムスタンプ機能を使って証拠を保存することを望んでいると述べている。同裁判所は現在、ブロックチェーンのテストを行っている。フルンビュール中級人民法院

中国人民銀行、仮想通貨の取り締まり継続を誓う

中国人民銀行は、年内の作業会議で仮想通貨の取り締まりを継続すると述べた。7月29日に発表された作業報告書では、フィンテック・プラットフォームの成長を規制し、違法な仮想通貨活動を処罰することを優先事項として挙げている。

デジタル人民元の導入拡大

  • 21世紀経済報道が報じたところによると、中国の10以上の商業銀行がデジタル人民元サービスをサポートするチームの構築を開始したという。中国人民銀行は現在、2019年後半に始まったデジタル人民元の試験運用を主導している。報告書によると、多くの小規模商業銀行、一部の民営銀行はデジタル人民元のサポートに取り組んでいるが、すべてではない。中国民生銀行は最近、デジタル人民元管理者の採用広告を掲載した。その他の銀行としては、蘇州農村商業銀行、上海銀行、長沙銀行、西安銀行などがある。21世紀経済報道
  • 北京市地下鉄は8月1日、デジタル人民元の対応を交通カード機と有人チケットブースに拡大した。同地下鉄では6月下旬から地下鉄当局のアプリ「Ruubypay(億通行)」を使って、デジタル人民元で運賃を支払うことができるパイロットプログラムを開始した。移動支付

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Meituan(美団)、バッテリレンタル事業縮小するも配車アプリを復活——中国オンライン小売業界週間振り返り(7月8日〜7月14日)

SHARE:

ローカルサービスのスーパーアプリ「Meituan(美団)」は、配車サービス市場のリーダーである Didi(滴滴出行)がサイバーセキュリティの見直しに直面しているため、モバイルバッテリのレンタル事業を削減する一方で、配車アプリを復活させている。茶飲料チェーン店の Heytea(喜茶)はシリーズ D ラウンドで5億米ドルを調達した。Amazon は中国の販売事業者に対する取り締まりを拡大している。 M…

注文品をピックアップする Meituan(美団)のドライバ
Image credit: TechNode/Coco Gao

ローカルサービスのスーパーアプリ「Meituan(美団)」は、配車サービス市場のリーダーである Didi(滴滴出行)がサイバーセキュリティの見直しに直面しているため、モバイルバッテリのレンタル事業を削減する一方で、配車アプリを復活させている。茶飲料チェーン店の Heytea(喜茶)はシリーズ D ラウンドで5億米ドルを調達した。Amazon は中国の販売事業者に対する取り締まりを拡大している。

Meituan(美団)、提供サービスを入れ替え

  • 中国のメディアが14日に報じたところによると、Meituan(美団)は、モバイルバッテリのレンタルサービスを縮小する予定だという。Donews の報道によると、Meituan は中国の33都市でレンタルサービスを地元の事業者に売却しているという。これらの都市のほとんどは、済南、保定、長沙などの二級都市である。Meituan のレンタルサービス部門の責任者である Gao Cheng 氏は、最近 Meituan を離れた。同部門のビジネス開発スタッフの多くは、コミュニティグロッサリー部門 Meituan Youxuan(美団優鮮)に異動した。Donews
  • Meituan は3年前、事業拡大コスト削減のため「Meituan Dache(美団打車)」を削除していたが、8日、独立した配車アプリを再起動した。これは、市場リーダー Didi(滴滴出行)のアプリが、サイバーセキュリティ審査で新規ユーザーの受け入れを禁止されているために行われたものだ。Meituan の配車サービスは、アプリの休止中も Meituan スーパーアプリ内のミニプログラム(小程序)として運営されいた。南華早報

Heytea(喜茶)が5億米ドルを調達

モダンなティードリンクチェーン店 Heytea(喜茶)は、5億米ドルのシリーズ D ラウンドを完了した。投資家には Sequoia Capital China(紅杉資本)、Hillhouse Capital(高瓴資本)、Tencent Investment(騰訊)、Temasek が含まれる。2012年に設立されたHeytea は、チーズティーを普及させ、中国全土で約695店舗を運営している。このブランドは、中国の都市部の若い消費者に人気がある。億邦動力

Amazon、中国人販売者の取り締まりを拡大

Amazon は、 同社のルールに違反した疑いがあるとして、プラットフォーム上の中国最大の小売業者の一つが運営する340のオンラインストアを閉鎖した。Shenzhen Youkeshu Technology(深圳市有棵树科技)は、電子ガジェット、玩具、アウトドア用品など、さまざまな商品を販売している。 Amazon は、この小売業者に支払われるべき2,000万米ドルの支払いを凍結した。この禁止措置により、Youkeshu の上半期の売上は40%から60%減少する可能性があると、深圳市場に上場する同社の親会社 Tiza Information Industry(天沢信息産業)が最近提出した報告書で明らかにした。Amazon は6月、深圳の電子機器会社 Sun Valley Group(沢宝電子商務)傘下の3つの電子機器ブランドが、ギフトを使ってポジティブなレビューを募っていたとして、販売を禁止した。南華早報

Suning(蘇寧)の会長、救済を受けた後に退任

Suning(蘇寧)創業者で億万長者の Zhang Jindong(張金東)氏は12日、同グループの会長を辞任した。Suning が17%近い自社株式を政府主導のコンソーシアムに売却したことで、Zhang 氏は同社の経営権を失った。7月5日、Suning は5日、南京市・江蘇省両政府の国家資産管理委員会が率いる投資家グループから13億6,000万米ドルの救済案を獲得した。Alibaba(阿里巴巴)も、中国の電子機器メーカー Midea(美的)、Haier(海尔)、Xiaomi(小米)、TCL Technology Group(TCL 集団)とともに、この資金調達コンソーシアムに参加した。ブルームバーグ

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録