BRIDGE

タグ Tell My Friends

音楽著作権侵害の撲滅を目指すソーシャル音楽サービス「Tell My Friends」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 これまで音楽を違法にダウンロードしてきたすべての人に、欲しい曲を手に入れる新たな方法が誕生した。シンガポールのスタートアップTell My Friends(TMF)では、1曲あたり2シンガポールドル(1.6米ドル)足らずで音楽を購入でき、購入した曲から報酬を得ることもできる。 ユーザが欲しい曲を購入し、独自の購入リンクをお気に入りのソーシャルネットワークでシ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

これまで音楽を違法にダウンロードしてきたすべての人に、欲しい曲を手に入れる新たな方法が誕生した。シンガポールのスタートアップTell My Friends(TMF)では、1曲あたり2シンガポールドル(1.6米ドル)足らずで音楽を購入でき、購入した曲から報酬を得ることもできる。

ユーザが欲しい曲を購入し、独自の購入リンクをお気に入りのソーシャルネットワークでシェアすると、友人やネットワーク繋がりの人達がそのリンクをシェアし報酬が得られるというもの。購入した曲から最終的に利益が得られることもあるのだ。

同スタートアップはライセンス曲を簡単に購入できる方法を提供することで、著作権侵害問題に対抗していくことを目指す。TMFは、同意した使用料の支払と引き換えに、配信権利を得たレコード会社、ミュージシャン、デジタルプロダクト所有者らの音楽のみを販売する。それで、ユーザが音楽をシェアすると同時に、どこでその音楽を合法に手に入れたのかを友達に伝えるリンクもシェアされる。

Tell My FriendsのCEOであるBen Looi氏は次のように説明している。

「Tell My Friendsは音楽を入手する方法を変えます。私たちが解決を試みる問題は、オンライン上の音楽(および他のデジタルプロダクト)の著作権侵害です。みんな音楽が大好きですが、世の中に溢れかえる合法とは言えないMegaupload系のサイトを通じて無料で音楽を入手できるので、音楽のダウンロードにわざわざお金を使いたくないのです。

私たちは、『無料』を越える価値を消費者に提供するシステムを開発しました。『無料で入手できるものにどうしてお金を払うのか?』その答えは、「報酬」です。ユーザは1曲に支払った金額以上の報酬を得ることもできます。しかも、これまでと同じやり方、つまり友達と音楽をシェアするだけで報酬が得られるのです。

テクノロジーを駆使したり強制することではなく、正しい行動を積極的に強化することで著作権侵害問題に対抗することを目指しています。ユーザ自身のページに記されている『Commissions Earned』の数字をクリックすると、そのユーザがシェアしたリンクから購入者やその後のリファーラルなどの詳細を見ることができます。」

Benは、Nat HoやThomas Ongなどシンガポールの人気アーティストがローンチから参加することや、地元のインディーズアーティストのJessica Irawan(サンプルはこちら)やThe Gladstonesも参加していることを語った。

また、彼らの素晴らしいビジョンについても語った。

「ロイヤルティープログラムやアプリ、ゲームのように、先駆者をコピーする波に乗っていないという点で私たちは他と異なります。音楽を守りたいと思うと同時に、私たちは社会的な企業でもあります。私たちのシステムには『Secret Angel Programme』というものがあり、ユーザはチャリティーや災害基金のために報酬を寄付することもできます。」

同ウェブサイトに掲載されているパートナーのなかには、Universal Music、EMI、Sony ATVなども含まれていて興味深い。TMFというサービスについてさらに知りたい人は、下の短いデモ動画を見てほしい。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------