THE BRIDGE

タグ TenX

ICOを成功に導くには?——シンガポールの仮想通貨デビットカード・スタートアップTenXの共同設立者Julian Hosp博士に聞く(後編)

SHARE:

仮想通貨のスタートアップ TenX がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)、つまり企業がバーチャルトークンを拠出者に発行し資金を集めるメカニズムを始めたとき、たった7分間で4,300万米ドルもの額を調達した。 e27とのインタビューで Hosp 博士は ICO についての詳細な分析と、何が TenX の ICO を大成功に導いたのかを語ってくれた。 以下は、前編に続く後編である。 Faceb…

Julian_Hosp_TenX.jpg
Image Credit: TenX

仮想通貨のスタートアップ TenX がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)、つまり企業がバーチャルトークンを拠出者に発行し資金を集めるメカニズムを始めたとき、たった7分間で4,300万米ドルもの額を調達した。

e27とのインタビューで Hosp 博士は ICO についての詳細な分析と、何が TenX の ICO を大成功に導いたのかを語ってくれた。

以下は、前編に続く後編である。

Facebook が仮想通貨の広告を禁止したことについてどうお感じになりますか。

それが、弊社は Facebook を使ったことがないのです。前述のように、良い動画を作り、無料配布をし、パートナーシップを結ぶといったことをしてください。

たとえブロックチェーンであっても信用と透明度がすべてです。弊社の透明性と誠実なコミュニケーションは、トークン販売の成功において多大なインパクトがありました。「信用が存在しない」とされるブロックチェーン環境においても、人々は本当は誰かを信用したいのだということに弊社は気付きました。

しかし最終的には、たとえ優れた製品を持っていても、チームに近づくことが容易でなければ役には立たないでしょう。だからこそ弊社はトークン販売の前にマネジメントのトップの人材をカスタマーサービスに配し、人々が弊社のことを確実に知ることができるようにしたのです。弊社は定期的にニュースレター、YouTube の動画、Facebook の投稿、Slack チャンネルのコミュニティの管理、WeChat などを行っていました。

Facebook で「皆ちょっと聞いてくれよ、これは私の ICO なんだけど、君もぜひ投資すべきだよ」と大声で言って回っても役には立ちません。誰も気に留めません。バナー広告も同様です。誰もバナー広告をクリックしたりしません。皆さんがバナー広告を最後にクリックしたのがいつかは分かりませんが、私はついうっかりでもなければ絶対にクリックしません。あれは最悪です!

どういった種類のトークンがあるのでしょうか。どのようにしてトークンを生成し販売するのでしょうか。

イーサリアムが ICO で実際にやったように、自分でブロックチェーンを作ることもできます。ですが非常に手間も労力もかかるため、そうする会社はめったにありません。なので多くの会社はイーサリアムのようなプラットフォームで ERC20と呼ばれるトークンを使います。

ERC20はスマートコントラクトであり、ただのコンピュータプログラムです。ですのでイーサリアム上で動作し、自分のバーチャルコインを他の人がどれだけ所持しているかを追跡することができるプログラムを持つということです。

標準化された ERC20コントラクトを作成します。私は30分以内に ERC20コントラクトを作ることもできます。あらかじめ書かれたコントラクトのテンプレートもあります。検索してみてください。役に立つコントラクトをあらかじめ書いて監査している開発者が大勢います。

コントラクトが手元に来たら、いくつかの事項を記入します。ERC20で決めなければならないことは普通は6つです。

  1. ティッカーシンボル。TenX を例にすると、「PAY」です。
  2. 名前。Tenx では TenX PAY です。
  3. トークンの供給量。TenX の場合、2億トークン程度でした。
  4. コントラクトのオーナーがどれくらいのトークンを手に入れるのか。ほとんどの場合、100%です。そうすればオーナーがトークンを流通させることができるからです。
  5. トークンは小数点以下何桁までか。例えば18桁まで設定することができ、つまりトークンを非常に細かく分割することもできるのです。
  6. 後からさらに多くのトークンを作ることができるようにしておく(これがソフトキャップです)かどうか。

これらの6項目を決めたら、それをコードであるスマートコントラクトに変えます。その後イーサリアム上で作動させ、コントラクトを実行します。コードを実行するには少量のイーサが必要になるため100米ドルほどの支払いをします。するとコントラクトが有効になります。

誰かがあなたに特定の仮想通貨を送ると、トークンが送り返されます。TenX で言えば、1イーサを送るごとに350PAY のトークンが返ってくるのです。

会社は ICO の資金をすぐに法定通貨に変えなくてはならないのでしょうか。

すぐに変える必要はありません。後のステージで変えることもできます。弊社は半分をすぐに変えて、残りの半分はイーサのままにしています。

リスクをとって全部をイーサのままにしている会社もあります。もしイーサが1,000米ドルに値上がりすればその会社は得をしますし、もしイーサが5ドルに値下がりすれば損をします。これは関連リスクであり、多くの人が理解していない部分でもあります。

弊社 TenX は常にリスク回避的なアプローチをとります。

どのようにして貴社の ICO に良い拠出者を引きつけているのでしょうか。

コミュニケーションです。価値は何か、会社が何のためにあるのか、何を成そうとしているのか、そういったことを明確に共有することです。

もっとも危険なことはすべての人を捉えようとすることです。すべての人に好かれようとするべきではありません。しかし対象とする人々に対しては非常に明確であるべきです。

分かりやすい例を挙げます。弊社 TenX が求める買い手はデイトレードしようとせず長期にわたって保有するような人々であると明確にしています。5年、6年、7年といった期間でものを見る人々です。弊社が求めているのはそういった人々です。一晩で儲けたいと考える近視眼的な人々ではありません。

そういうクリアなコミュニケーションをとれば、もちろん対象外の人々、一晩で大儲けしたいような多くの人々を怒らせることにはなると思います。しかし TenX が素晴らしい姿勢を持つしっかりした会社であることを理解していただける人々を引きつけることができます。

すべてはコミュニケーションなのです。

最後に、ICO を行おうと考えている起業家にアドバイスをいただけますか。

私のアドバイスは忍耐が美徳であることを理解してほしいということです。安易な金儲けに走らないこと。少しだけ我慢してみること。もう1ヶ月もしくは2ヶ月待ってみること。MVP(minimum viable product)を試してみること。金儲けのためだけに、いきなり ICO をやらないこと。

一つ話をさせてください。弊社はもともと昨年の3月に ICO をしたいと思っていましたが、Ethereum の共同設立者である Vitalik Buterin 氏に言われたことがあります。もし ICO を3ヶ月後に行うのであれば、弊社への投資に興味があるとのことでした。

当初、弊社はこう言っていました。「おいおい、もう投資家から1,000万米ドル集めてるんだから、すぐに ICO をやればいいじゃないか」と。

しかし弊社は待ちました。そして急激により多くのものを得ました。さらに多くの顧客、信用性を得て、そして製品を得ました。6月に ICO を行い8倍の額を得ることができたのです。待って良かったと思っています。

同様のことを強くお勧めします。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

ICOを成功に導くには?——シンガポールの仮想通貨デビットカード・スタートアップTenXの共同設立者Julian Hosp博士に聞く(前編)

SHARE:

仮想通貨のスタートアップ TenX がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)、つまり企業がバーチャルトークンを拠出者に発行し資金を集めるメカニズムを始めたとき、たった7分間で4,300万米ドルもの額を調達した。 同社はプレセール(先行販売)で3,700万米ドルを調達しており、合計で8,000万米ドルを ICO のみで集めたことになる。しかし、どのようにして彼らはこの驚くべき額を調達できたのか?…

Julian_Hosp_TenX.jpg
Image Credit: TenX

仮想通貨のスタートアップ TenX がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)、つまり企業がバーチャルトークンを拠出者に発行し資金を集めるメカニズムを始めたとき、たった7分間で4,300万米ドルもの額を調達した。

同社はプレセール(先行販売)で3,700万米ドルを調達しており、合計で8,000万米ドルを ICO のみで集めたことになる。しかし、どのようにして彼らはこの驚くべき額を調達できたのか? どのようにしてこの熱狂を生み出せたのだろうか?

「価値の創出です」と TenX の共同設立者で社長である Julian Hosp 博士は述べた。同社の製品はユーザがオンラインおよびオフラインで仮想通貨を用いて売買できるようにする物理的なカードであるが、彼はこの製品についてのみ語っているわけではない。

企業はテクノロジーコミュニティだけではなく一般大衆に対しても手を伸ばし、仮想通貨エコシステムや現在進行中の発展について周知し、人々に知ってもらわねばならないという事実について Hosp 博士は語っている。関心を高める(仮想通貨の世界はまだ生まれたばかりなので、大切なことである)ということだ。

e27とのインタビューで Hosp 博士は ICO についての詳細な分析と、何が TenX の ICO を大成功に導いたのかを語ってくれた。

以下は抜粋および編集したものである。

まずは基本的なことから、ICO とは何ですか? IPO とはどう違うのでしょうか?

スタートアップが資金を調達するには様々な方法があると思います。投資会社、エンジェル投資家、補助金や借金、もしくは ICO というふうに。それぞれの資金調達方法にはそれぞれのメリットとデメリットがあります。

IPO と ICO の違いについてお話ししましょう。

IPO は最終段階での資金調達プロセスです。IPO を行うには会社が確立されていなければなりません。何らかのトラクションがどうしても必要なのです、普通は数百億、もしくは数千万や億単位で見積もられます。

現在のところ、ICO はアーリーステージにある会社が大きな額の資金を調達する方法の一つです。ですが困難も伴います。

非常に人目にさらされ吟味されることになるのです。数百人数千人のトークンの買い手が、何をしようとしているのか何に挑戦しようとしているのかを問いただし、あらゆる方法で急き立て、締め付けようとします。

当然これは価値が上がることを願ってトークンを買ったからです。

そのため多くのプレッシャーがありますし、(投資会社やエンジェル投資家のような)アドバイスやサポートをしてくれる中心的な存在もいません。

弊社 TenX は旧来のエンジェルラウンドと、同じく旧来のシードラウンドを前もって行っていました。

そうしておいて本当に良かったと思います。強力なアドバイザーと強力な人脈を会社の支えに得ることができ、特に ICO の間は大きな助けとなったからです。私は強くお勧めしますが必須というわけではありません。

ICO ではより簡単に資金を調達でき、手放す持ち分は少なくて済みます。ですが、エンジェルラウンドやシードラウンドなら得られたかもしれないノウハウや業界内部の人脈を欠くことになります。

ICO にはいくつのステージがあるのでしょうか?

5つといったところではないでしょうか。最初のステージは全体的な準備のステージです。私見ですが、ここに一番時間をかけるべきだと思います。たとえば、弊社の準備ステージはだいたい6ヶ月間でした。

法的な準備、技術面のスライドの準備、マーケティングの準備、財務の準備もするということです。ひたすら準備、準備、準備です。そしてもちろん製品や顧客へのスライドの準備も含まれます。

非常にきついステージです。なぜなら、一般的にこの段階では何も資金が得られず、ただ働いて働いて働いて、けれどまだ何も見えないという期間だからです。いくら働いても、そこから何か得られると希望を持つことしかできないからです。

次に第2ステージは先行販売ステージもしくはプレ ICO ステージです。うまくいけば大きな注目とトラクションを得ることができます。

ここでやろうとしていることは、熱心なフォロワーを早い段階で集めるということです。そうすれば代弁者として話題を広めてもらうことができます。先行販売ステージは実際の ICO の1ヶ月から2週間ほど前に実施することができます。

そして完全な ICO のステージです。

完全な ICO のステージはもっとも熱狂的で、そしてもっとも忙しいときです。

弊社は7分間でしたが、他の会社では数時間、数日間、あるいは数週間かもしれません。今までのすべてをこの期間にキャッシュに換えます。お金を得るのはここであり、結果が示されるのはここ、そうでしょう? ゴールテープを切るのはここなのです。

ICO をどう設定するかにもよりますが、24時間もしくは1週間の間実施するソフトキャップと、特定の額もしくは時間に達したら完了することを明言しておくハードキャップがあります。

ICO が終わったら次は中間段階です。

これは ICO とトークンの取引との間のステージで、流通市場や買い手などにアクセスできます。このフェーズは非常に短い場合もあり、会社によっては1日ということもあります。TenX は1ヶ月程度でした。

なぜ1ヶ月も時間を取ったかといいますと、その期間にもう一度落ち着いて仮想通貨取引に取り組み、その後のことがきちんとできているという確信を得られるようにするためでした。これは中間ステージで重要な点です。

そして次は ICO 後のステージです。これはその後も続いていくステージです。

会社としてのパフォーマンスが本当に見極められるステージです。言ったとおりのことを本当にできるのか。トークンの買い手による本当の投資ではなく、投資合意も投資契約もありません。なので信用がすべてです。

そこで重要なのが次の疑問です。トークンの価格と提供価値、どちらにどれくらい集中するつもりなのか。

これは非常に重要な分かれ道です。価値を提供したいのか、それともトークンの値段を上げたいだけなのか。

私は価格の高騰よりも価値の提供に専念することをお勧めします。価値の提供に専念していれば価格は自然と上がっていくものです。

それはとても困難なことでもあります。数千人もの人々がトークンを所有しプレッシャーをかけてきますから。ですので、落ち着きを保ってしっかりした製品を提供することに専念しなければならないのです。

準備段階では正確にはどのようなことをするのでしょうか。

ICO では3つのことをきちんとしておかねばなりません。

きちんとしなければいけない最初のことは、技術面です。最初のパートはスマートコントラクトですが、非常に標準化されいて、おそらく2日ほどかかります。これはとても平易です。

きちんとする必要がある2つ目のことは、トークンの全体的な構造であり、これは法的および財務的な作業のコンビネーションです。これも非常に標準化されていて、法律事務所に頼めば2週間か3週間、もしくは1ヶ月以内には終わるでしょう。

作業の大部分はマーケティングとコミュニティの管理です。

TenX にとってこの6ヶ月間はずっと注目度を上げ、盛り上がりを起こし、人々に ICO を知ってもらうための期間でした。

大事なのは価値の提供です。多くの会社はいつも「あなたが投資すべき ICO は弊社の ICO です」と言おうとしている点が間違いなのだと思います。

それは間違いです。外へ出て人々に知ってもらう必要があります。弊社は仮想通貨について知ってもらい、弊社が何をしているかを知ってもらい、他社とパートナーシップを結んできました。他社にフリートークンを提供している場で無料配布を行うこともできます。

ですから、動画を公開したり、ブログを書いたり、vlog を作ったりといったことが本当に大事です。トラクションを作り出し、いい意味で何かを起こすことが大事です。時間がかかります。

一夜で注目を集めることはできません。無理にそうしようとしても、それは長続きせず、とても高くつくことでしょう。たくさんのお金をつぎ込まなければなりませんから。

弊社は有機的な成長をしてきたため、マーケティングには1ドルも使っていません。

後編に続く

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

シンガポール6月のICOから:ブロックチェーン・スタートアップTenXが8,000万米ドルを調達完了、Starta Acceleratorが500万米ドル超を調達

SHARE:

シンガポールでイニシャルコインオファリング(ICO)が波に乗っているようだ。最近この新しい資金調達形式に関連した発表が2件あった。 ブロックチェーンのスタートアップ TenX は先週(6月第4週)開催されたトークン販売で8,000万米ドルに近い資金を調達した。また、東ヨーロッパに焦点を当てた SPV(特別目的事業体)でアメリカを本拠とする Starta Accelerator の Cross Co…

paypal-incubator-tenx-750x422.jpg
TenX 設立者兼 CEO Toby Hoenisch 氏
Photo credit: PayPal.

シンガポールでイニシャルコインオファリング(ICO)が波に乗っているようだ。最近この新しい資金調達形式に関連した発表が2件あった。

ブロックチェーンのスタートアップ TenX は先週(6月第4週)開催されたトークン販売で8,000万米ドルに近い資金を調達した。また、東ヨーロッパに焦点を当てた SPV(特別目的事業体)でアメリカを本拠とする Starta AcceleratorCross Coin は、来たる ICO で500万米ドルの資金調達を目指している。

要するに、いわゆる ICO とはブロックチェーンと暗号通貨技術を利用したクラウドファンディングの新たな手法である。人によってはイニシャルトークンオファリングと呼ぶ場合もある。

ICO が既存のクラウドファンディング形態と違うのは、株式や特典の代わりに、資金(ビットコインやイーサといった暗号通貨の形態で投資される)に対する見返りとしてデジタルトークンが発行されることだ。わかりやすく言うと、これらのトークン自身がその企業やプロジェクトに固有の暗号通貨を形成し、その企業が成功していれば、所有者は後に二次市場で取引して利益を得ることができる。

TenX

異なるブロックチェーン間での迅速かつ安全な取引を実現するプロトコルを開発した TenX は月曜日(6月26日)、最近終了したトークン販売の詳細を発表した

同社のブログ記事によると、TenX は金額にして約8,000万米ドルの価値となる24万5,832イーサ(略称は ETH、イーサリアムブロックチェーンに関連した暗号通貨)相当を調達したという。これらは1 ETH = 350 PAY のレートで同社独自の PAY トークンに交換された。

これらの PAY トークンは、同社ユーザ向けロイヤルティースキームとしての機能に加え、TenX の決済サービスから生み出される売り上げの一部へのアクセスを提供する。

約4,000人が個人としてトークン販売(7分も経たずに終了した)に直接参加したが、団体として資金をプールしてトークンを購入した者もいる(団体数は不明)。来月(7月)から PAY トークンはグローバル暗号通貨市場でトレード可能となり、販売量が限定されていた最初の販売でトークンを購入できなかった4万人近くの参加者が、もう一度トークン購入の機会を得ることになる。

編注:

Toby Hoenisch 氏 は以前、日本を拠点に StudyPact を起業していた(関連記事)。その後、シンガポールでビットコイン・スタートアップの OneBit を起業し、TenX にピボットした。

Cross Coin

今週(6月第5週)発表されたシンガポールの他の ICO ニュースとしては、Starta Accelerator 参加のスタートアップ向けファンドの調達を目的に、地元企業の Cross Coin が最大500万トークンを販売すると公表している。Starta は資本調達を唯一の目的として Cross Coin を設立している。

Cross Coin は ICO を通じ、トークン単価1米ドルで150万〜500万米ドルの投資確保を目指している。この最初の150万米ドルは、Starta の2016-2017年アクセラレータプログラムに合格したスタートアップ21社に割り当てられることとなる。これを超える調達資金は先々、同アクセラレータのスタートアップコホートに割り当てられる予定。

Cross Coin トークンを購入して二次市場で売却しない場合、投資家は Starta のスタートアップが将来イグジットした際に、2016-2017年発行株式分から確保される利益の一部を受け取ることになる。

Starta の ICO は7月4日に開催予定。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------