BRIDGE

タグ Terra Motors

テラモーターズが、一度の充電で150km走れる業務用電動バイク「BIZMOⅡ」を4,000ドルで発売

SHARE:

東京を拠点に環境にやさしい電動スクーターの開発に特化するテラモーターズは、明日から(原文掲載日:6月30日)、一度の充電で150km走れる業務用バイクを発売する。同社によれば、現行モデルの3倍の距離が距離が走れることになるそうだ。 BIZMO II と名付けられたこの電動バイクは、前後のカゴに30kgまでの荷物を積むことができるため、さまざまな用途に適している。同社の創業者兼CEOの徳重徹氏は、次…

BIZMO-II

東京を拠点に環境にやさしい電動スクーターの開発に特化するテラモーターズは、明日から(原文掲載日:6月30日)、一度の充電で150km走れる業務用バイクを発売する。同社によれば、現行モデルの3倍の距離が距離が走れることになるそうだ。

BIZMO II と名付けられたこの電動バイクは、前後のカゴに30kgまでの荷物を積むことができるため、さまざまな用途に適している。同社の創業者兼CEOの徳重徹氏は、次のようにコメントしている。

従来の電動バイクは、そのバッテリ容量の不足から、短距離移動用のソリューションとして考えられていた。Bizmo II は業務用として、世界で初めてニーズを満たした電動バイクだ。

テラモーターズによれば、BIZMO II の運用コストは、ガソリンで走る電動バイクの10分の1以下だという。ホイールに装着されたモーターが、減速時には発電しバッテリに充電する。ガソリンコストや二酸化炭素の排出を抑えるだけでなく、静かな住宅街では迷惑になるバイク騒音を、静動モーターによって驚くほど抑えることにも成功した。

BIZMO-II-2

BIZMO II には、高速、通常、省電力の3つの運転モードがある。高速モードでは時速55kmで走行可能だ。カゴの無い状態で重さは85kg、14度の勾配まで上ることが可能だ。BIZMO II のフレームは、荷物をフルに積んだ状態でも強度が維持できるよう補強鋼でできており、後部のカゴは重心をとりやすいように低めに配置されている。

多くの電動バイクでは、一度の充電で約40〜50km走行可能な 48V 20Ah(960Wh)のバッテリを使っているのに対し、BIZMO II は着脱可能な 72V 44Ah(3168Wh)の電源を使用している。バッテリ容量は従来の典型的なバイクの3倍以上となった。

テラモーターズの広報責任者の大橋哲也氏は Tech in Asia に対し、BIZMO II は開発に4年間を要し、一台あたりのコストは約4,000ドルになるだろうと語った。国外での小売価格は、それぞれの地域の販売会社によって変わってくるとのことだ。

同社は今年5月、みずほキャピタルをリードインベスターとして、Fenox Venture Capital、新生銀行、SMBCベンチャーキャピタル、アイザワ証券から1,000万ドルを調達している。これまでに開発した電動バイクが東南アジアを主要市場としているのに対し、BIZMO II は日本でのみデビューする。

2010年に設立されたテラモーターズは、なるべく早い段階で世界展開し、2015年までに世界で10万台を販売したいとしている。同社はベトナムとフィリピンの海外代理店を持ち、日本の成長するスタートアップ・エコシステムの象徴的存在だ。特筆すべき投資家として、ソニー元社長の出井伸之氏、グーグル日本法人元社長の辻野晃一郎氏、アップル・ジャパン元社長の山本賢治氏らが名前を連ねている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

テラモーターズがネパールに支社を開いた理由——桒原康史(くわはら・こうし)海外営業部長に聞く

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 日本を拠点とする電動バイクのスタートアップ、テラモーターズは、ベトナム、フィリピン、インドに支社を開設するなど、この一年間休む間もなく活動してきた。同社は世界中のディーラーとの提携も進めており、先週はネパールでのバイク販売の提携を発表した。確かにネパールは大きな市場ではない。しかし、今週はじめ、私はテラモーターズのオ…

terra-showroom-620x463
ネパールに開業した、テラモーターズのショールーム。

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

日本を拠点とする電動バイクのスタートアップ、テラモーターズは、ベトナムフィリピンインドに支社を開設するなど、この一年間休む間もなく活動してきた。同社は世界中のディーラーとの提携も進めており、先週はネパールでのバイク販売の提携を発表した。確かにネパールは大きな市場ではない。しかし、今週はじめ、私はテラモーターズのオフィスを訪問し、海外営業の責任者を務める桒原康史(くわはら・こうし)氏がネパールが理想的な市場である理由を教えてくれた。

市場参入するか、現地法人や工場をつくるかを判断するには多くの要素があります。確かに、中国には大きな市場があり、インドネシアにも大きな市場があります。しかし、それぞれの市場での競合の存在、提携相手の存在、政府の意向を考える必要があります。我々が支社を構えたところは、いずれも現地の政府が電動バイクの導入に熱心なのです。ネパールが電気自動車に関心を持っているのは、アジアでガソリンが一番高いからです。

欧米の視点から見れば、電化するという決断は環境保護に起因することが多い。しかし、桒原氏は、国別のガソリン価格と一人あたりGDPの対応表を見せてくれた。それには、ガソリンが高くGDPが低い国がリストアップされており、地球の環境保護とは全く関係のないものだった。

すべては、お金を節約するためというわけだ。

terra-press-meet-photos¥DVS140206_2184-280x136
カトマンズで開催した記者会見は満員御礼。

従来のバイクと電動バイクの関税の違いから、テラモーターズはガソリンバイクよりも約100ドル安く電動バイクを販売できることになる。近年ガソリンや軽油が値上がりしているネパールで、同社は今後の展開を楽観視している。[1] カトマンズでの営業開始を発表した記者会見には有名メデイアから約150人が集まった。これは、将来に対する期待の現れだろう。

桒原氏によれば、カトマンズは端から端まで15キロほどの小さな街なので、フル充電で45キロ走れるテラモーターズのバイクがあれば、市内を走り回るのに十分だ。カトマンズの大気汚染は世界でも最悪と言われるほど悪名高く、現地政府はテラモーターズをより歓迎したがるわけだ。

同社はこれからの一年で電動バイク1,000台の販売を目標としており、これまでにディーラーを通じて500台を販売した。市場はネパールではよい状態だが、それでも年間20万台しか売れない小さな市場だ。しかし、まだアーリーステージのテラモーターズにとっては、無理をせずに拡大できる最適な市場と言えるだろう。

同社は現在27人の社員を擁し、現地オフィスのスタッフを募集中だ。

日本企業というアドバンテージ

おそらくテラモーターズで最も興味深い点は、同社が日本企業だということで、どれだけ恩恵を受けているかということだと思う。桒原氏によれば、同社が営業している国々で、同社が電動バイクを販売する最初の会社というわけではないが、日本発ということで、よいサービスを提供するだろうという信頼を得ている。競合他社の多くは、バッテリ性能が悪かったり、品質に問題が生じたりして、すぐに悪評を買ってしまった。

(競合他社は)中国から輸入してバイクに組み上げた後、販売していました。人々は電動バイクに興味はあったものの、その品質に満足しうていませんでした。日本発の電動バイク製造企業は、我々だけだったのです。人々は日本車や日本製品がよいことを知っています。日本企業が電動バイクを製造するなら、それはよいものに違いないと考えるわけです。

日本の家電メーカー各社の多くが勢いを失っているとはいえ、この国の品質に対する評判は保たれているようで、次々と海外のビジネスパートナーと協力関係に至っている。以前にも書いたように、これが中国が今も克服しようとしているハードルであり、そして克服するにはまだしばらく時間を要するだろう。

アジアから世界へ

同社の海外オフィスに加え、テラモーターズには、シンガポール、トルコ、メキシコ、イタリア、エジプト、ナイジェリアにディーラーが居る。桒原氏自身も、ここ数ヶ月、海外展開に忙しい日々を送っている。

2ヶ月かけてアフリカを巡りました。エチオピア、タンザニア、ケニア、ナイジェリア、エジプト、南アフリカです。少し日に焼けているでしょ(笑)。同僚は、南アメリカ、グアテマラ、ペルー、コロンビアを回りました。三輪バイクが多い地域ですね。三輪バイクを販売できるような、アジア以外の地域にも注力しているところです。

近いうちに、アメリカでもテラモーターズのバイクが見られるのだろうか。桒原氏によれば、アメリカはバイク市場が大きくなく、州によってバイクに対する規制が違うため、今のところ、大きな興味を持っていないとのことだ。

おそらくアジアこそが彼らの主要な市場であり、インドでは確実な前進を見せている。最近、インド最大の自動車ショー「Delhi Auto 2014」に出展したところ、同社の評判は上々だった。カトマンズ同様、デリーも大気汚染問題に頭を悩ませており、インド政府は2020年までに、街を走る車のうち電動バイクを現在の3倍に増やしたいと考えている。

テラモーターズがさらなる成長を見せるのを楽しみにしたい。おそらく、日本で最も面白い最近の日本企業であり、起業当初から海外戦略をうまく取り入れているスタートアップである。

terra-press-meet-photos¥DVS140206_2188-620x346

terra-press-meet-photos¥DVS140206_2101-620x329

terra-press-meet-photos¥DVS140206_2271-620x413

terra-showroom2-620x465


  1. 桒原氏が示した数値によれば、2012年の石油や軽油価格は10年前の2倍以上だそうだ。最近のメディア報道も、この状態を反映している。
----------[AD]----------

モビリティとデータの未来へーーテラモーターズがスマホと連携する新型車を発表

SHARE:

テラモーターズはアジア市場向けに一般向けおよびハイエンドの電気バイクを製造しているベンチャー企業だ。読者の方の中には、「テラモーターズとアジアの電動バイクの展望」と題した記事を覚えている方もいるかもしれない。 2010年4月に徳重徹氏によって設立された同スタートアップは、新たにスマートフォンと連携した新型車種「A4000i」の記者発表を実施した。 発表された新型車種、「A4000i」は、iPhon…

_MG_8656

テラモーターズはアジア市場向けに一般向けおよびハイエンドの電気バイクを製造しているベンチャー企業だ。読者の方の中には、「テラモーターズとアジアの電動バイクの展望」と題した記事を覚えている方もいるかもしれない。

2010年4月に徳重徹氏によって設立された同スタートアップは、新たにスマートフォンと連携した新型車種「A4000i」の記者発表を実施した。

発表された新型車種、「A4000i」は、iPhoneとつながる機能を搭載したもの。電動バイクにスマートフォンを取り付けることで、燃費性能、走行経路、消費電力などが表示されるようになり、日本市場では特に宅配業者を中心に提供、配送の効率化を図ることが可能になる。テラモーターズでは、日本市場においては今後高齢社会になっていくにつれて、配送業が広がりを見せると考えており、この新型車種を用いて配送の効率化を可能にすることの需要があると見ている。

_MG_8654

「A4000i」は、現在のところiPhoneのみでの提供を予定している。これはプロダクトに対するイメージを重視しているからで、アジアの人々にとってテラモーターズの電動バイクを所持することがステータスだと思ってもらえるようなブランディングを意識しているからだという。日本での販売価格は45万円ほどを予定しており、アジアでも同程度の値段での販売を健闘している。これはアジア地域の人々にとっても、決して安くはない金額。テラモーターズは価格の競争ではなく、ブランディングによって販売をしていく方針だ。

中長期的には、スマートフォンを通じてデータを収集し、そのデータをビッグデータを扱うことを専門とした業者と連携しながら、新しいサービスを提供していくことを考えているという。ナビゲーション機能は現在のところ検討中で、先に機能を限定した状態で新型車を利用してもらってデータを収集し、情報が蓄積したところでそのデータを活用して新たなサービスを提供していきたいと考えている。

_MG_8672

GoogleによるiPhone、Android用の無料カーナビアプリを提供するイスラエルのスタートアップWazeの買収トヨタのビッグデータ公開など、モビリティとデータの融合の動きは加速している。

「A4000i」は、現在プロトタイプの段階、2013年の冬から量産化を予定している。2015年までに10万台を販売することを目標としており、現在はアジアの代理店を募集中だ。

EVベンチャーの先駆者といえば、テスラモーターズが思い浮かぶ。テラモーターズは、「今後アジアの市場において電動バイクにおけるテスラのようなポジションをとっていきたい」と語った。

----------[AD]----------

テラモーターズとアジアの電動バイクの展望

SHARE:

【原文】 筆者は、長編ドキュメンタリー「Revenge of the Electric Car」という番組が大好きだ。この番組はTeslaの取り組みにも見られるような、電気自動車の再起をテーマにしている。だから、林信吾氏に会った時、私は本当に嬉しかった。同氏はテラモーターズ・ベトナムの代表取締役社長だ。 テラモーターズはアジア市場向けに一般向けおよびハイエンドの電気バイクを製造している。そのほとん…

【原文】

terra-motors-seed-e-motorbike-315x255

筆者は、長編ドキュメンタリー「Revenge of the Electric Car」という番組が大好きだ。この番組はTeslaの取り組みにも見られるような、電気自動車の再起をテーマにしている。だから、林信吾氏に会った時、私は本当に嬉しかった。同氏はテラモーターズ・ベトナムの代表取締役社長だ。

テラモーターズはアジア市場向けに一般向けおよびハイエンドの電気バイクを製造している。そのほとんどが日本とフィリピン向けで、最近ではベトナム向けにも製造をしている。

同社は2010年4月に徳重徹氏によって設立された。徳重氏はシリコンバレーで働いた後、ソニーやヤマハなどの大手テクノロジー製造企業が海外展開したように、グローバルな展開のできるスタートアップを築くという夢を抱いて日本に帰国した。

同氏は、事業開始に800万ドルを準備し、林氏のように若くてエネルギッシュな人材や、ホンダ、スズキ、ヤマハから経験豊かなエンジニアを雇った。また、Appleの元バイスプレジデントや、ソニーのCEO、GoogleジャパンのCEO、McKinsey社のパートナーなどの株主を集めた。これらの人が周りにいれば、テラモーターズが破産することはないだろう。

だが、成功をもたらす本当の要素は情熱だ。徳重氏は、わずか15人の社員でごったがえす、東京の小さなオフィスを案内しながらこう語った。

「私たちは大きなオフィスにお金を費やすかわりに、バイクの開発にそのお金を投入しています。」

toru-tokushige-terra-motors-315x236

林氏は、以前そのオフィスの床で寝ていたと言う。そして、同チームは一生懸命に営業に取り組んだ。その甲斐あって、テラモーターズは2011年までに日本の電気バイク市場を牽引するようになり、2012年までには市場の40%を確保していた。15人の社員について?彼らによって月1000台の電気バイクを生産している。

そして、2012年の中頃までに、徳重氏は2人の社員をフィリピンとベトナムに派遣した。

フィリピンでは、フィリピン政府とともに取り組んで、今後の5年間で10万台のバイクを生産することを目指している。フィリピン当局は5年前、たくさんの排気ガスを出すトゥクトゥクに取って代わることを期待して、新しくて安価な中国製の電気バイクを導入した。だが数か月も経たないうちに、中国製の電気バイクは壊れてしまった。そこで、テラモーターズがフィリピン政府のために質の良い三輪自動車を作ろうと、同市場に参入しつつあるのだ。林氏はベトナムの例を取り上げ、同社が今年9月にベトナムで工場を開設する予定であることを述べた。

「ベトナムでも、中国製の電気バイクで同じようなことが起こりました。2006年、電気バイクの販売は大きく伸びました。中国製電気バイクは300ドルから500ドルと安いのです。ですが消費者は、ほとんどが学生ですが、バッテリーが古くなり、それらの電気バイクでは2人乗りが安全ではないことに気付いたのです。消費者がバッテリーの切れたバイクをそのまま使い続ければ、数か月後にはただの自転車となります。」

terra-motors-e-tricycle

そういったことから、テラモーターズは「ハイエンドな電気バイク市場に参入し、価格帯の低い市場を避ける」という戦略を最初にとったのだ。

「当社がベトナム市場に参入したのは、ベトナムの人たちはバイクが大好きだからです。中国はリスクが大きすぎるし、インドネシアは大きすぎます。タイでは需要が車に移行しつつあります。また、ベトナム人はスクーターやバイクに多額のお金をかけます。ヴェスパ(Vespa)が生まれた国イタリアでは、イタリア人の同僚がベトナム人がバイクに3,000~5,000ドルも費やすと聞いて驚いていました。

ベトナムでは、良いバイクを持つことがステータスの象徴となります。ですから、当社がベトナム参入する時には、裕福なセレブをターゲットにした5,000ドルくらいの高価で豪華な電気バイクを市場に出そうと思ったのです。そして私たちは、電気バイクに関する消費者の認識も変えなければなりません。」

林氏は、それによってベトナムの顧客が躊躇することはないと自信満々だ。最終的には、同氏の言う通りだろう。

「ガソリンの価格が高くなっていますし、ベトナム人は新しいテクノロジーに非常に高い関心をもっています。経済状態が悪くても、当社は大きな市場をつかむことができると思っています。」

そして、同氏がどうしてそう思うのか私には理解ができる。最初の電気バイクは途中で充電することなく、最大で60キロの走行が可能で、デザインも美しく、どんなコンセントでも充電ができる。そして、ドライバーはスマートフォンをバイクのダッシュボードに接続して、スピードやバッテリーの消耗、その他の関連データを追跡することができる。

テラモータズがその次に市場に導入するのは安価なモデルで、価格帯はおよそ1,500~3,000ドル、1回の充電で40キロの走行が可能なバイクだ。これらの2つのモデルは遠出をする必要のない都会に住む人をターゲットにしている。

徳重氏の夢は、日本のハイテク技術を活用して大きなグローバルビジネスを構築すると同時に世の中を変えることだ。同氏はテラモーターズを「電気バイクのiPhone」、もしくは、おそらくもっと適切な表現は「電気バイクのTesla」にしたいと思っている。そして、私はそれに大賛成だ。煙たい街にはもう住みたくない —— 健康に悪いから。そして、アメリカのエネルギー省が現状の5倍のパワーを持つバッテリー開発に1億2,000万ドルを注入していることからも、電気バイクの将来に可能性はあるかもしれない。

中国の広州を訪れた友人が、電気バイクしかない街が中国にはあって、その街の空気はきれいなのだが、電気バイクが自分の方に向かって走ってきていても音が聞こえないのが唯一の問題だと言っていた。そんなことは、私に言わせれば大した問題ではないのが。

情報開示:筆者はTeslaの大ファンで、アル・ゴア氏や世界中の環境保護主義者の取り組みは熱心にチェックをしている。なので、私が少し熱狂的すぎた感があった場合はどうか許してほしい。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------